会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

大会情報

グランドマスターズ国際大会結果(11.6.20)

グランドマスターズ国際大会(ドイツ・フランクフルト)

大会結果

参加国数:49カ国(男子48カ国、女子25カ国)
参加選手数:1038名(男子891名、女子147名)

氏名 年齢 階級 結果 備考
1 清水 正敬 団体戦(日本1)
2 高橋 勘十 M11 73kg級 優勝
3 杉原 尚 M10 60kg級 3位
4 岡田 庫二郎 2位
5 山本 健夫 66kg級 2位 団体戦(日本2)
6 鬼柳 一宇 M9 60kg級 優勝 団体戦(日本2)
7 中島 忠 66㎏級 3位
8 内藤 純 73㎏級 優勝 団体戦(日本1)
9 栗本 忠弘 90㎏級 2位 団体戦(日本1)
10 西久保 博信 M8 73㎏級 1回戦敗退 団体戦(日本2)
11 三橋 英夫 81㎏級 7位 団体戦(日本2)
12 大上 敏幸 90㎏級 5位
13 上木 保男 M7 81㎏級 5位 団体戦(日本1)
14 大塚 俊彦 M6 81㎏級 5位
15 佐々木 裕二 M5 73㎏級 2回戦敗退
16 宮本 功三 M3 73㎏級 1位
17 中村 年秀 M1 66㎏級 3位

【団体戦】
TM(M7以上)3人制に2チームエントリー

日本1:内藤、栗本、清水、上木

日本2:鬼柳、三橋、山本、西久保

ドイツ、ロシア、ウクライナ、日本1、日本2の5チームのリーグ戦

試合結果

日本1:4位、日本2:5位

グランドマスターズ国際大会参加者募集のお知らせ(11.4.27)

2011年6月16日~19日まで、ドイツ・フランクフルトにてグランドマスターズ国際大会が開催されます。

参加を希望される方は、大会要項をご覧の上、申込書に記入し、全日本柔道連盟まで送付ください。

なお、エントリーは全て、全日本柔道連盟を通じて行います。


エントリー締め切り:5月11日 全日本柔道連盟 必着

大会要項(PDF)
補足情報(PDF)
大会参加までの手続きの流れ(PDF)
大会申込書(PDF)

大会概要


1.日 程

2011年6月16日~19日

2.会 場

Sport- und Freizeitzenturm Kalbach Am Martinszehnten 2, 60437 Frankfurt/Main (Germany)

3.大会公式ホームページ

www.wc-frankfurt-2011.de


4.参加資格

本大会への参加資格として、参加者個人は以下のすべての条件を満たしていなければならない。
a) 2011年1月1日の時点で、最低年齢30歳
b) 現在IJFに加盟している国家連盟により発行された、有効なライセンス(メンバー登録)を保持していること
c) 本文書で定められている締切日までに、適切なエントリー料金を全て支払うこと
d) レジストレーション時に、正しく登録(チェックイン)を行うこと(レジストレーションの日時スケジュールを参照)
e) 規定にある、特定の計量条件を満たしていること
f) 有効なパスポート、もしくは国のIDカードを使って、生年月日と身分を証明する写真付の証明書を提示すること
g) 2011年6 月16日より前に、国の代表の一員として、国際シニアレベルの大会にナショナルチームの代表メンバーとして出場していないこと
h) 選手の正確な国籍は、現在のパスポートもしくは現在の国のIDカードに記されているものであるとする。選手は、1つの国からのみ出場することができ、国籍を変えている場合、2011年6月16日より前の1年間、出場できない期間を過ごしていることが条件であるが、両国内連盟(国籍を変える前と変えた後の)が承認したという書類をもっており、IJFのSORに沿っていれば、その限りではない。
もしこのケースである場合は、証拠の書類をエントリーの際に提出すること。
i) すべての選手は、大会前に、健康診断を受けてくることが推奨される


5.年齢と試合時間


【年齢区分】

誕生年 女子 男子
1981-1977 F1 M1
1976-1972 F2 M2
1971-1967 F3 M3
1966-1962 F4 M4
1961-1957 F5 M5
1956-1952 F6 F7
1951-1947 F7 M7
1946-1942 F8 M8
1941-1937 F9 M9
1936-1932 F10 M10
1932- F11 M11


【試合時間】

年齢幅 年齢区分 試合時間
30-59歳まで M1/F1~M6/F6 3分
60歳以上 M7/F7以上 2.5分


6.階級と年齢区分(団体戦)

男子5人制 階級:-66kg/-73kg/-81kg/-90kg/無差別

年齢区分:M1&M2、M3&M4、M5&M6

男子3人制(60歳以上) 階級:-73kg/-90kg/無差別

年齢区分:M7以上
女子3人制(全てのチームが以下の区分分け) 階級:-57kg/-70kg/無差別

年齢区分:F1&F2、F3&F4、F5以上


7.個人戦階級(公式IJF階級)

女子: -48kg; -52kg; -57kg; -63kg; -70kg; -78kg; +78kg
男子: -60kg; -66kg; -73kg; -81kg; -90kg; -100kg; +100kg


8.団体戦フォーマット

団体戦に参加するチームは、レジストレーションから大会期間中に、団体戦エントリーシートに記入・署名し、レジストレーションに提出しなければならない。尚、エントリーは遅くとも2011年6月18日(土)12:00までにすること。

一度、エントリーシートが受理された場合、変更や選手の追加は認められない。
団体戦は、7つのカテゴリーに分けられる。男子4つ、女子3つで、それぞれ異なる年齢区分に分けられる。

TM1 (M1+M2)—5人制

TM3 (M3+M4)—5 人制

TM5 (M5+M6)—5 人制

TM7 (M7以上)—3人制

TF1 (F1+F2)—3人制

TF3 (F3+F4)—3人制

TF5 (F5以上)-3人制


9.ゴールデンスコアのルール

このルールは、全ての個人戦と団体戦で適用される。ゴールデンスコアの長さは、個人戦ではM1/F1~M6/F6までが2分、個人戦のM7/F7以上と、団体戦のすべての年齢区分で1分とする。


10.予選システム

大会方式は、以下の通り、エントリー人数によって異なる。

エントリー1名 試合なし(もしくはカテゴリーを統合する)

エントリー2名 3試合行う。(もしくは、カテゴリーを統合する)

エントリー3名 3選手の総当り戦、もしくは階級統合

エントリー4名 4選手の総当り戦

エントリー5名 5選手の総当り戦

エントリー6名 3選手ずつ総当り戦を行い、各上位2名が交差して準決勝を行う

エントリー7名 3選手と4選手に分かれて総当り戦を行い、各上位2名が交差して準決勝を行う

エントリー8名以上 ダブルレペチャージ敗者復活ありのトーナメント方式

団体戦の予選システムに関しては、各カテゴリーの出場するチーム数によって決まる。

カテゴリーの統合はしない& 2チームのみの出場の場合は1試合で勝敗が決まる、という点を除いて、個人戦と同じシステムで行う(前述参照)。4チームのみの場合、銅メダルは1組のみ授与される。各カテゴリーの試合は一日で行われる。

エントリー8名以上 ダブルレペチャージ敗者復活ありのトーナメント方式


11.メダル

メダ1は、一つのカテゴリーにおいて試合が行われ、その試合を行った選手の数によって授与される。
参加選手1名 メダルなし
参加選手2名 2つのメダル
参加選手3名 3つのメダル
参加選手4名 3つのメダル
参加選手5名 3つのメダル
参加選手6名以上 4つのメダル

団体選も個人戦と同じようにメダルが割り当てられる。

(たとえば、4チームしかエントリーがなかった場合、金・銀と銅がそれぞれ1組のみ与えられる=3つのメダル)

もし、選手が、統合されたカテゴリーにおいて試合を行った場合、メダルはそれぞれ1組のみ授与される。


12.カテゴリー統合

IJFのテクニカル役員は、主催者の代表に、カテゴリー統合ポリシーの権限を委ねる。このポリシーは個人戦にのみ適用される。

カテゴリー統合の対象となるのは、エントリーが3名以下の階級のみ。

しかしながら、3名のみのエントリーの場合、もしカテゴリー統合で安全に支障をきたす場合は、ガイドラインに沿って、3人の総当たり戦で予選を行うことも考慮される。

A)同じ年齢区分での統合

可能であれば、選手は、自分が属する年齢区分に残ること。

B)同じ階級区分での統合

階級-階級の統合は、一つ軽い階級か、もしくは一つ重い階級のみとすること。

女性及び男性それぞれのカテゴリーにおいて、一番軽い階級、もしくは一番重い階級が関係する場合、特別な配慮がなされる。

(ガイドラインでは、一番軽い階級を統合した場合では最大体重差10kgまで、一番重い階級を統合した場合は、最大体重差は20kgまで、ただし経験などを考慮して例外を認める場合もある。)

下記の年齢区分のガイドラインに従って、同じ年齢区分の中で階級が統合された場合、もしくは他の年齢区分と統合された場合、体重が第一に考慮される。

C)年齢区分

M7/F7もしくはそれ以上の年齢区分の選手の統合は、年齢区分が1つ上か、もしくは1つ下の年齢区分のみとなる。たとえば、M7/F7の選手はM6/F6かM8/F8の年齢区分との統合となる。

M6/F6の区分が統合される場合、1つ上か、もしくは2つ下までの区分となる。たとえばM7/F7、もしくはM5/F5-M4/F4との統合となる。

M5/F5の区分が統合される場合、1つ上か、もしくは2つ下までの区分となる。たとえばM6/F6、もしくはM4/F4-M3/F3との統合となる。

M4/F4の区分が統合される場合、2つ上か下までとなる。たとえば、M3/F3-M2/F2、M5/F5-M6/F6までとなる。

M3/F3の区分が統合される場合、2つ上か下までとなる。たとえば、M1/F1-M2/F2、M4/F4-M5/F5までとなる。

M2/F2の区分が統合される場合、2つ上か、1つ下までとなる。たとえば、M1/F1、M3/F3-M4/F4までとなる。

M1/F1の区分が統合される場合、2つ上までとなる。たとえば、M2/F2-M3/F3までとなる。

年齢区分 統合上限 統合下限
M1/F1 M2/F2-M3/F3 なし
M2/F2 M3/F3-M4/F4 M1/F1
M3/F3 M4/F4-M5/F5 M1/F1-M2/F2
M4/F4 M5/F5-M6/F6 M2/F2-M3/F3
M5/F5 M6/F6 M3/F3-M4/F4
M6/F6 M7/F7 M4/F4-M5/F5
M7/F7 M8/F8 M6/F6
M8/F8 M9/F9 M7/F7
M9/F9 M10/F10 M8/F8
M10/F10 M11/F11 M9/F9
M11/F11 M12/F12 M10/F10
TOKYO 2020特設ページ
TOKYO 2020パラリンピック特設ページ

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
丸大食品
羽田タートルサービス

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR
MAMEZOU K2TOP HOLDINGS

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
トップアスリートのための暴力・ハラスメント相談窓口
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
JALネクスト
Sport for Tomorrow