会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

お知らせ

【女子柔道振興委員会】JJ VoiceNo.48 吉田早希さん

プロフィール

吉田 早希(よしだ さき)1975年 奈良県生まれ
奈良市立二名中学校教諭
講道館柔道女子四段

主な戦績:

1992年 世界ジュニア柔道選手権大会(ブエノスアイレス) 72㎏級 優勝
1995年 ユニバーシアード大会柔道競技(福岡) 72㎏級 優勝
1997年 東アジア競技大会柔道競技(釜山) 72㎏級 優勝

この度浅田ゆかりさんからバトンを受けました吉田早希です。浅田さんとは、全日本女子柔道団体優勝大会で兵庫県代表として一緒にチームを組んだ仲であり、就職先であるミキハウスの先輩でもあります。先輩はすごく優しく声を掛けてくれる人でした。

私の紹介をします。柔道との出会いは、小学4年生の時です。
私の弟は体が弱く、柔道を習っていました。私が父親と練習を見学に行った時に道場の先生から声を掛けられたり、弟の試合を応援に行った時には、技を掛けて相手を投げた姿がすごく印象に残り、私も相手を投げたいと思った事が始まりでした。初試合では、寝技があまり分からないまま出場し、奈良県大会女子の部で優勝した事が私の人生を変えました。小学校の頃はあまり女子の部がなく、男子と試合をする事が多かった時代でした。その中で、男子に勝つために学校が終われば毎日練習していました。中学校では練習相手もいなくて、学校が終われば京都の道場で先生と毎日練習していました。そこで出会った先生との練習が私の財産になり、次の目標が出来ました。兵庫県夙川学院高等学校では部員数も多く、素晴らしい先輩達がいて切磋琢磨する毎日でした。高校の時は全国のタイトルや世界ジュニア大会で成績を残したので、次はシニアの試合で勝ちたいという目標が出来ました。高校3年生の時に行われた福岡国際女子柔道大会で田辺陽子さんが欠場したことにより、私が繰り上がりで出場しました。その大会が初めてのシニア国際大会への出場であり、優勝することとが出来ました。自分でもチャンスを活かすことが出来て本当に嬉しかったです。高校を卒業して筑波大学に進学しました。当時、全日本の試合では筑波大学の選手が必ず決勝に進んでいたので、私の中では中学校の頃から憧れの大学でした。大学の練習は高校の練習と違い、慣れるまで時間が掛りました。トップアスリートが多い中での練習で怪我も多くなりました。大学での4年間は肉体的にも精神的にも鍛えられ、色々な面で勉強になりました。大学で学んだ事は今も活かされています。大学を卒業してミキハウスに入社しました。関西に帰り、当時天理大学におられた藤猪省太先生の元で毎日練習をする中でオリンピックに出たいという目標が出来ました。先生の元で4年間練習をし、残念ながらオリンピック出場は叶いませんでしたが、数々の大会で入賞することも出来たので、悔いなく現役生活を終える事が出来ました。

引退した後、アスリートとして経験した事を活かしていきたいと思い中学校の教師になりました。奈良市は柔道部がある学校が少ないのですが、4年前までは柔道部のある学校に勤務し指導をしていました。そこでは全国大会には行けませんでしたが近畿大会には出場することが出来ました。指導をしていて、教え子が柔道を辞めずに続けてくれる事が本当に嬉しく思います。

4年前に勤務校が変わり、今の学校には柔道部がなくバドミントン部の顧問をしています。部員数が44名もいて、私は専門では無いのですがスポーツには変わりないので、日々バドミントン部の顧問として指導をしています。今年は奈良市の大会で団体2位の成績を残す事が出来ました。柔道ではなく、違う競技でも自分が経験した事が今活かされていると思います。
柔道を通して沢山の人と出会い、経験した事が引退した後に自分の財産になっています。
みなさんも目標を持って夢に進んで欲しいと思います。

私が最後に指導した生徒達
奈良県中学校総合体育大会

次回は、吉田さんと奈良県柔道連盟役員として、共に県内柔道の発展に向けて頑張ってきた、小崎(旧姓:内村)香菜さんが登場します。

TOKYO 2020特設ページ
TOKYO 2020パラリンピック特設ページ

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
丸大食品
羽田タートルサービス
旭化成株式会社

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR
MAMEZOU K2TOP HOLDINGS

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻
ベステラ株式会社

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
トップアスリートのための暴力・ハラスメント相談窓口
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
JALネクスト
Sport for Tomorrow