会員登録はこちら

文字サイズを変更する

サイト内検索

お知らせ

柔道を通じたコミュニケーションは言葉の壁を簡単に超える

――生活にはすぐに馴染めましたか? コロンビアは危険なイメージがありますが。

物を盗られたりとかはありましたが、ただ危険というだけで住むぶんには問題ない。こうして話しているということは、つまり命は取られていないということですから大丈夫です(笑)。はじめは小さなワンルームをあてがわれて、そこから練習に通っていました。朝練をやってそこに戻って、午後からまた稽古に出る。柔道を教えられるというだけで幸せだったので、生活に苦労したというイメージはまったくないです。基本的には月曜から土曜までの練習で、月曜だったら朝6時半から1時間くらい朝練をやって、12時から2時半まで一般クラス、16時から18時くらいまでは子どもの指導のために転々といろいろな道場を回る。知り合いとボランティアでやっている道場もありますし、柔道のおかげで人生本当に楽しいですよ。もっとたくさんやりたいくらいです(笑)。

――お給料は良かったですか?

いやあ、もうその話になると……。初めは、貯金を切り崩してやっていました。コロンビアの中では生活できる範囲なんですけど、贅沢はできなかったですね。何か買うときには、1個1個、これはいくらだろうと調べながら買い物カゴに入れていました。物価は安い国なんですけど、そういうことをちゃんとやらなくてはいけないというくらいです。

――スペイン語をほとんど学ばず、いきなり現地に飛び込んだわけですよね?

英語は勉強していたんですが、当然まったく通じない。ただ、あまり苦労はしなかったですね。柔道があって、こちらは教えたい、向こうは習いたいと思っているわけですから、早い段階からコミュニケーションが成立しました。柔道って本当に凄いんですよ。技や「引き手」や「釣り手」などの用語が日本語だというのもあるんですけど、言葉の壁を簡単に越えてしまう。技術の名前は現地風になっていたりしてこれもおもしろい。「韓国背負い」はトルニーヨ(tornillo)、ネジみたいに入っていく技とか、ケンカ四つという言葉はないんですが、デルチャ・エスケーリダ(Derecha e izquierda)で、右と左、とか。柔道を教えることで言葉も覚えていけます。

――愛弟子の女子70kg級世界王者、ジュリ・アルベール選手との出会いを教えてください。

自分が赴任したカリ市の道場にたまたまいたのがジュリでした。初めて会ったのに、この技はどうやるんだ、この技術はどういうことなんだととにかく物凄い勢いで質問してくる。そうして何日かが過ぎて、彼女だけが稽古に遅刻しないことに気付いたんです。毎日稽古の30分前には来てストレッチしている。この子はちょっと違うなと思って話しかけると北京オリンピックに出ていた選手なんだと。とにかくやる気があったので、こっちが楽しくなってしまって、それから指導にのめりこみました。

――出会ったその年のうちに世界選手権で優勝。どんな指導をされたんですか?。

連盟に早く成績を出させてくれと強く頼まれまして、彼女の特徴に合わせた奇襲技、双手刈や朽木倒を教え込みました。手足が長くて身体能力も高く、独特の間合いがある。ももちろんノーマークだったことも大きかったのですが、ミッションを果たして勝たせることができたことは凄く嬉しかったですね。

 

次ページ > 貧困街での生活を思い出すことで、「つらい練習でも乗り越えられる」というジュリ選手の言葉

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
ENEOS
丸大食品

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
スポーツくじ
スポーツ振興基金
JALネクスト
Sport for Tomorrow
東京オリンピックticket ID
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
GROWING
アンチ・ドーピング