会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

お知らせ

全柔連学童クラブ 児童募集のお知らせ

全日本柔道連盟では、4月より学童クラブを開設いたします。
『全柔連』が行う学童クラブと聞くと、「柔道が強くないといけないのではないか」、「厳しい指導なのではないか…」というようなイメージを持たれる方もいるかと思いますが、決してそんなことはありません。
当連盟では、柔道未経験のお子様でも安心・安全に楽しみながら、柔道場を使用して遊び運動を実施し、基礎体力の向上を目指します。また体を動かした後は、学習時間を設け、東京大学・大学院の学生指導のもと、学校から出されている宿題等のサポートを行います。

1.畳の上でからだ遊び
当連盟では、日本スポーツ協会と連携しJSPO-ACP(アクティブ・チャイルド・プログラム)を取り入れております。運動遊びを通じ、多様な動きを身につけ基礎体力を養うことは、ケガの予防や他のスポーツでも役立つ基本動作を身につけることにつながります。
※アクティブ・チャイルド・プログラム(ACP)とは…?
子どもたちが楽しみながら、積極的にからだを動かす「運動遊び」のことです。
《詳細はこちらから》→アクティブチャイルドプログラム (japan-sports.or.jp)

2.礼法や元気な挨拶を身に付けます
柔道の礼法を通して、元気な挨拶や相手に敬意を感謝する姿勢が自然と身につくようになります。「こんにちは!」という元気な挨拶、「ありがとうございました」「お願いします」などの感謝や礼儀を大切にし、社会に出てからも活かすことのできる、豊かな人間性を育むための指導を行います。

3.柔道の練習
児童それぞれのレベルに合わせ、全柔連公認指導者が指導を行います。
柔道未経験者は礼法や受身の習得を中心とし、経験者は技術練習等(打込・乱取含む)も行います。オリンピックメダリストから指導を受けられる日もあります!

4.学習時間
東京大学・大学院の学生が、宿題等の勉強をサポートします。学習を進める上で分からない箇所を質問し、理解を深めていく時間となります。

◎1日の流れ
16:00~ 挨拶・出欠確認
16:05~ 準備体操・ACPの実施
16:45~ 柔道の練習(未経験者は礼法・受身を中心に実施/経験者は柔道の技術練習等)
17:25~ 整理体操・挨拶
17:30~ 掃除・学習の準備
18:00~ 学習時間
20:00  閉室
*必ず全てに参加する必要はありません。運動のみ、勉強のみの部分的な参加も可能です。

実施場所:講道館本館4階 「全柔連柔道場」
対  象:講道館周辺の小学校に通う、小学3年生から6年生
※上記対象以外の申し込み希望者については、電話・メールにてご相談ください。
料  金:週5日参加/¥20,000
週3日参加/¥13,500
週2日参加/¥10,000
※別途入会料金\20,000、施設利用料\10,000/年 がかかります
→※3月22日(金)までの申込みで入会金半額
申 込 み:下記URLまたはQRコードを読み取り、申込みを行ってください。
https://form.run/@promotion-bxQWXPSMlr7Fqx5X7XUG

問合せ先:全日本柔道連盟 新事業開発室
TEL:03-3818-4688
Mail:gakudo@judo.or.jp

ご相談等、随時受付中です!お気軽にご連絡ください!

TOKYO GRAND SLAM 2023

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
羽田タートルサービス
旭化成株式会社
日本エースサポート
ジャパンエレベーターサービス
センコー株式会社

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR
MAMEZOU K2TOP HOLDINGS
北修

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻
ベステラ株式会社

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
JR九州
トップアスリートのための暴力・ハラスメント相談窓口
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
NO!スポハラ
Sport for Tomorrow