会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

お知らせ

自分の身体を守れるようになります!

柔道の受身(前受身、後受身、横受身、前方回転受身)を身につけていれば、急に転んだり倒れたりしても自然と受身を取ることができ、ケガを予防できる身のこなしができるようになります。転んでもケガをしない身のこなし方=受身は一生モノの能力です。また、柔道の練習では相手と組み合ったり、お互いに技をかけあったりしますが、そういった練習を通じて、「どのようにしたら相手を投げられるか」ということを考えることはもちろん、同時に「どのようにしたら投げられないか」ということも考えるようになり、練習を通して自分の身体を守る力をつけることができます。

TOKYO GRAND SLAM 2023

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
羽田タートルサービス
旭化成株式会社
日本エースサポート
ジャパンエレベーターサービス
センコー株式会社

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR
MAMEZOU K2TOP HOLDINGS

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻
ベステラ株式会社

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
JR九州
トップアスリートのための暴力・ハラスメント相談窓口
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
NO!スポハラ
Sport for Tomorrow