会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

大会情報

第57回 全日本産業別柔道大会 結果(09.11.25)

第57回 全日本産業別柔道大会

標記大会は2009年11月23日(月・祝)、全日本実業柔道連盟主催、東日本実業柔道連盟主管、(財)全日本柔道連盟、(財)講道館、朝日新聞社後援のもと、講道館大道場において開催された。

本大会は企業別ではなく、業種別に1チーム12名で編成し、点取り試合で勝敗を競う。今年は繊維、JR、警備、医療接骨、エネルギー、鉄鋼、建設・電機、官公庁、食品・印刷、運輸の10チームが参加した。

9時30分からの開会式の後、これらの10チームはAブロックとBブロックにそれぞれ5チームずつ分かれ、リーグ戦を行った。その後、各ブロックの1位同士で決勝戦、2位同士で3位決定戦を行った。

結果は以下の通りである。

▽3位決定戦
警備(Aブロック2位)   7-2   食品・印刷(Bブロック2位)

9名でここまで勝ち上がった食品・印刷チーム、7将・稲澤真人、6将・佐々田裕良(共にダイコロ)が一本勝で気を吐くも、力及ばず、警備部門が3位となる。

▽決勝戦
繊維(Aブロック1位)   7-3   鉄鋼(Bブロック1位)

決勝戦は昨年と同じ顔合わせとなる。序盤、互角の展開を見せたが、7将で繊維部門の辻玄太(旭化成)が一本勝するとその後、5連勝で繊維部門が一気に優勝を決める。旭化成の選手を中心とする繊維部門が7連覇を達成する。

 

 


優勝 繊維

2位 鉄鋼

3位 警備

また、以下の7名が優秀選手として表彰された。

繊維部門  野田 嘉明(旭化成)
増渕  樹(旭化成)
黒澤  平(東 レ)
鉄鋼部門  吉永 慎也(新日鐵・本社)
森田 祥一(新日鐵・広畑))
警備部門  落合 雄太(セコム)
青木 勝士(セコム)

 

TOKYO 2020特設ページ
TOKYO 2020パラリンピック特設ページ

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
丸大食品

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
トップアスリートのための暴力・ハラスメント相談窓口
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
JALネクスト
Sport for Tomorrow