会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

大会情報

第28回皇后盃全日本女子柔道選手権大会【大会結果】(13.4.21)

第28回皇后盃全日本女子柔道選手権大会 大会レポート

柔道女王を決める第28回皇后盃全日本女子柔道選手権大会が横浜で開催された。今年の皇后盃は塚田真希に続き、杉本美香が引退してから初めて行われる大会。誰が新たに日本女子重量級を率いていくのか、今後を占う大事な一戦と位置づけられるものである。

注目されたのは、昨年の大会チャンピオン山部香苗と、ここのところ海外で好成績をあげている田知本愛の2人。予想通り2人は順当に勝ち上がり、準決勝は78kg級五輪代表・緒方亜香里、2012年講道館杯優勝の白石のどかの4人となった。しかし、ここで波乱が起こる。山部が緒方の大内刈「一本」をとられ、姿を消したのである。一方の田知本は白石を上四方固でがっちり抑え込んで、決勝へ進出した。

最後のカードはロンドン五輪で2回戦敗退と夢舞台を悔しいまま終わった緒方と、なんとしてもこの大会を獲りたい田知本との対決。試合は大きな相手に果敢に向かっていった緒方が大内刈で「有効」を奪い、これが決め手となって78kg級の緒方が新しい女王の座についた。

優勝:緒方亜香里

「この大会は本物の日本一を決める大会です。皇后盃がほしかったので、まだ実感はないですけど、すごく嬉しいです。今日はなんだか特別に調子がよかった(ポイントをとったときには)もうちょっと頑張れば勝てると思いました。攻める柔道が自分の柔道です。それができ、最後まで攻めきったのがよかったと思います」

TOKYO 2020特設ページ
TOKYO 2020パラリンピック特設ページ

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
丸大食品

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
JALネクスト
Sport for Tomorrow