会員登録はこちら

文字サイズを変更する

サイト内検索

大会情報

第32回近代柔道杯全国中学生柔道大会 組合せ情報掲載(19.3.23-24)

組合せ

大会要項

主催 公益財団法人全日本柔道連盟、株式会社ベースボール・マガジン社「近代柔道」
後援 公益財団法人講道館、公益財団法人日本中学校体育連盟
主管 埼玉県柔道連盟、株式会社BBMスポーツ・コミッション
運営協力 埼玉県中学校体育連盟柔道部、東京都中学校体育連盟柔道部、春日部工業高校、伊奈学園高校
日程 平成31年3月23日(土)、24日(日)
会場 埼玉県立武道館
参加資格(抜粋) (1)出場するチームは全日本柔道連盟に今年度の団体登録をしていること。
(2)選手は、競技者登録をしており、大会当日に同一中学校の1、2年生に在籍しているもの。
※同一中学校からの複数チームの出場は認める。
その場合は、チーム名の最後に順番にアルファベットを割り当てる。
(例;近代柔道中学校A、近代柔道中学校B)
※単一校でチームを編成できない場合は、合同チームで出場できる。
ただし、同一市区町村内で2校の合同チームであること。
(合同チームの規定については別紙をご参照ください)
※外国人学校の出場も可能(海外チームの招聘については予定しておりませんが、
自費での参加については可能です。
海外チームの参加資格は主催者が協議のうえ決定する)
※参加資格の特例(全国中学校柔道大会と同様)
・学校教育法第134条の各種学校(1条校以外)に在籍し、
都道府県中学校体育連盟に参加を認められた生徒であること。
・参加を希望する各種学校は以下の条件を具備すること。
①全国大会の参加を認める条件
ア)(公財)日本中学校体育連盟の目的および長年にわたる活動を理解し、
それを尊重すること。
イ)生徒の年齢および就業年限が、我国の中学校と一致している単独の学校で構成されていること。
ウ)参加を希望する学校にあたっては、運動部活が学校教育の一環として、日常継続的に当該校顧問教師の指導のもとに、
適切に行われていること。
②全国大会に参加した場合に守るべき条件
ア)全国大会開催基準を守り、出場する競技種目の大会申し合わせ事項等に従うとともに、
大会の円滑な運営に協力すること。
イ)全国大会参加に際しては、責任ある当該校校長または教員が生徒を引率すること。
また、万一事故の発生に備え、傷害保険等に加入するなどして、万全の事故対策を立てておくこと。
(3) 監督は、全柔連公認指導者資格(B指導員以上)を有し、コーチは、
全柔連公認指導者資格(C指導員以上)を有した、いずれも今年度の全柔連登録を完了した者とする
上記の場合の監督・コーチは、資格あるものであれば当該校所属でなくても可とする
単独の学校で複数チーム出場する場合は、当該校に限り監督、コーチの兼務を認める

大会公式HPはこちら

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
ENEOS
丸大食品

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
スポーツくじ
スポーツ振興基金
JALネクスト
Sport for Tomorrow
東京オリンピックticket ID
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
GROWING
アンチ・ドーピング