September 18, 2020

その道は一本 ~柔道が世界をつなぐ~ 島岡 強さん

アフリカ大陸の東側、タンザニアという国に浮かぶ小さな島「ザンジバル」。畳も柔道衣もなくビーチで始めた柔道指導、秘密警察からの調査、失業率が高く経済的に厳しい選手達、多くの困難を乗り越え、東アフリカ屈指の柔道強豪国の一つにまで育て上げた島岡強さん。今年は柔道の仲間が中心となり、新たな柔道場を自分たちの手で建設するなど更なる普及発展に向けて精力的に活動をされています。
第6回の今回は、ザンジバルで漁業と運送業そして貿易を営む島岡さんに、タンザニア・ザンジバルにおける柔道のお話を伺います。


※タンザニアは、タンガニーカという本土と、ザンジバルという島の連合国家です。
タンガニーカとザンジバルそれぞれに政府があり、柔道連盟も同様に2つに分かれています。
全柔連とNPO法人JUDOsから送られたリサイクル柔道衣は、タンガニーカとザンジバルで活用されています。

 

――島岡先生が柔道を始めたのは何歳のときですか。

小学1年生のときにテレビで『柔道一直線』というドラマを観て、これはおもしろいな、私も強くなりたいな、と思って横浜にあった町道場に通い始めました。中学校までその町道場に通い、高校と大学の途中まで柔道部でした。19歳のとき大学を中退して、フリーのジャーナリストとして海外を回り始めたのですが、このとき柔道衣をかついで行ったんですね。それで訪れた先々で柔道場を見つけては練習させてもらって。みなさん同じ柔道家ということで情報をくれたり、家に招いてくれたり、親切にしてもらいました。いま、柔道を教えているのは、そのときの恩返しだと思っています。

――指導を始めたきっかけは。

1987年にザンジバルに来たとき、柔道をやっていたよ、と言ったら教えてくれと言われました。柔道衣も畳もない中で人の少ないビーチで練習を始めました。でも、革命軍を組織しているのではないかと誤解されてしまい、6年間に渡って、秘密警察の監視下におかれてしまいました。1992年に格闘技が解禁になってから、ようやく柔道ができるようになったのですが、その6年の間にどれだけ私のことを調べても何も出なかった。それが信頼につながって、ザンジバル政府からここで練習してくれ、と土地を提供されました。まずそこで10年間、青空道場で練習し、次に提供された場所に、2004年ザンジバル武道館を建て、2014年ペンバ島の方に、ペンバ武道館を建てました。

――現在のザンジバルの柔道人口はどのくらいですか。

1500人くらいです。練習が厳しいので10人入ってきても1、2人しか残らないのですが、入門者は絶えずいますし、道場が増えるに従って弟子も少しずつ増えています。入門は、6歳から受け付けていますが、年齢層は15歳から35歳くらいまでが主体です。イスラム教の影響で男子が圧倒的に多いですが、女子も5、6人います。ほとんどが結婚してお母さんになったりしていますが続けています。

――ザンジバルで人気のスポーツは?

やはりサッカーです。でも、ザンジバルで、国技として認められているのがサッカーと柔道です。

――すごいです!なぜ柔道が国を代表するスポーツになったのですか。そこまで発展させることができた理由は。

ザンジバルで、唯一国際大会でメダルを獲れる競技だからですね。サッカーでは国際大会では勝てないわけです。
ここまで発展させることができたのは、1987年にこちらに来てから、一生懸命、まじめにやってきたからでしょうね。ただし、こちらで柔道を教えるということは、弟子たちの生活の面倒をすべてみるということです。月謝などもとっていません。そうでなければ彼らは練習に出てこられません。そういうことをしっかりやってきたからだと思います。
アフリカ最大級のザンジバル武道館と、ペンバ武道館という2つの武道館を作ったことも大きいでしょうね。武道館は、結婚式や集会場、演劇の会場などいろんな催し物会場としても使われるんです。日本の高校の体育館くらいの大きさがありますから。それを作ったことも認められた理由の一つでしょうね。