December 14, 2019

グランプリ・デュッセルドルフ(ドイツ)大会結果掲載(16.2.19-21)

グランプリ・デュッセルドルフ(ドイツ)

大会概要

開催国 ドイツ(デュッセルドルフ)
期 間 2016年2月19日~21日

日本選手団名簿

【 役 員 】
男子監督 井上 康生
(東海大学)
女子監督 増地 千代里
(筑波大学)
男子コーチ 金丸 雄介
(了德寺大学)
女子コーチ 松本 勇治
(神奈川県警察)
男子トレーナー 幡手 康二
(グローバルスポーツ医学研究所)
女子トレーナー 菅原 靖久
(グローバルスポーツ医学研究所)
【 選 手 】
男子 81kg級 丸山 剛毅(パーク24株式会社) 3回戦敗退
73kg級 大野 将平(旭化成株式会社) 優勝
66kg級 髙上 智史(旭化成株式会社) ※病気のため欠場 2月18日付
髙市 賢悟(東海大学4年) 5位
60㎏級 髙藤 直寿 (東海大学4年) ※怪我のため欠場 2月14日付
女子 78kg超級 稲森 奈見(三井住友海上火災保険株式会社) 5位
70kg級 新井 千鶴(三井住友海上火災保険株式会社) 2位
57kg級 松本  薫(株式会社ベネシード) 優勝
52kg級 志々目 愛(帝京大学4年) 優勝
役員6名  選手9名  計15名

 

大会結果 男子

81kg級 丸山 剛毅 3回戦敗退

1回戦 2回戦 3回戦
相手名 ベンアマリ エリアス イバノフ
国名 チュニジア レバノン ブルガリア
決り技 反則勝(指導4) 優勢勝(有効・袖釣込腰) 優勢負(有効・袖釣込腰)

 

73kg級 大野 将平 優勝

2回戦 3回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 パルラッティー イキバエフ サインジャルガル アンチャンリ オルジョフ
国名 イタリア カザフスタン モンゴル 韓国 アゼルバイジャン
決り技 反則勝
(指導4)
反則勝
(指導4)
一本勝
(大外刈)
優勢勝
(技有・内股)
優勢勝
(技有・内股)

 

66kg超級 髙市 賢悟 5位

2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 3位決定戦
相手名 バーンズ ボウチャード ソビロフ ポラック マルグベラシビリ
国名 イギリス カナダ ウズベキスタン イスラエル グルジア
決り技 一本勝
(横四方固)
優勢勝
(指導2)
一本勝
(縦四方固)
優勢負
(技有・移腰)
一本負
(内股)

 

大会結果 女子

78kg超級 稲森 奈見 5位

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 3位決定戦
相手名 エルブ キムミンジョン ユ・ソン キムジュウン
国名 フランス 韓国 中国 韓国
決り技 優勢勝
(指導3)
優勢勝
(指導1)
優勢負
(指導3)
一本負
(合技)

 

70kg級 新井 千鶴 2位

1回戦 2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ポガクニック フレッチャー ベルナベウ バルガスコッホ グラフ
国名 スロベニア イギリス スペイン ドイツ オーストリア
決り技 優勢勝
(指導2)
優勢勝
(GS・指導2)
優勢勝
(有効・内股)
一本勝
(縦四方固)
一本負
(裏投)

 

57kg級 松本 薫 優勝

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 シルバ キムジャンディー ルスボー
国名 中国 ブラジル 韓国 フランス
決り技 一本勝(合技) 優勢勝(指導1) 一本勝(崩袈裟固) 一本勝(崩袈裟固)

 

52kg級 志々目 愛 優勝

1回戦 2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ナレクス エルトル ミランダ キム・ミリ ネト
国名 スロベニア ドイツ ブラジル 韓国 フランス
決り技 一本勝
(内股)
一本勝
(内股)
優勢勝
(指導2)
優勢勝
(指導1)
優勢勝
(指導3)