会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

お知らせ

各種研修、教育事業について

過去に優秀な成績を収めた選手や指導者に対して実施する研修や教育を受けるための助成事業が日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ振興センター(JSC)で募集されており、全柔連強化委員会から各事業に推薦をしております。
各事業とも対象者要件が定められておりますので、ご希望の方はご自身が要件を満たしているかご確認いただき、下記より様式をダウンロードの上、全柔連強化課までご提出ください。
希望者多数の場合等、強化委員会にて選考、優先順位を付けるため、推薦対象とならないことがありますので、予めご了承ください。
以下に示す資料は全て前年度の内容となっております。事業対象年度は内容の変更、廃止となることもありますので、予めご了承ください。

希望者各様式提出先、問い合わせ先:kyoka@judo.or.jp

●スポーツ指導者海外研修事業(JOC事業)/本連盟募集期限は前年度の11月頃(2022年度事業の募集は締め切りました)
若手指導者を海外に派遣し、競技力向上目的の研修および海外の強化対策、指導者養成の実態調査、研究にあたり、将来の柔道界を担う指導者の育成が目的
期間は1年間または2年間

スポーツ指導者海外研修事業実施要項」(PDF)
研修員調書」(EXCEL)←希望者はこの様式に必要事項を入力し、写真と共にメールにて提出

詳細および最新情報はJOCのHPをご参照ください。

●海外研さん活動(JSC助成事業)/本連盟募集期限は前年度の1月頃
選手および指導者等が競技技術等の向上を図るために実施する海外留学等に対する助成金

●能力育成教育(JSC助成事業)/本連盟募集期限は前年度の1月頃
選手または選手であった者が将来に向けて、職業や実際生活に必要な知識や能力を育成するために受ける学校教育(学校教育法第1条に定める大学、高等専門学校及び第124条に定める専修学校における教育)に対する助成金

スポーツ振興基金助成金実施要領」(PDF)
令和3年度スポーツ振興基金助成金(研さん活動助成)受給手続きの手引」(PDF)
調書(海外研さん活動)」(word)←希望者はこの様式に必要事項を入力し、メールにて提出
調書(能力育成教育)」(word)←希望者はこの様式に必要事項を入力し、メールにて提出

詳細および最新情報はJSCのHPをご参照ください

TOKYO 2020特設ページ
TOKYO 2020パラリンピック特設ページ

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
丸大食品

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
トップアスリートのための暴力・ハラスメント相談窓口
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
JALネクスト
Sport for Tomorrow