会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

お知らせ

「柔道ルネッサンス・フォーラム」報告(10.5.18)

平成22年度柔道指導者セミナー 「柔道ルネッサンス・フォーラム」報告

柔道ルネッサンス特別委員会

広報部会長 山田利彦

2010年5月14日(金)~15日(土)に講道館にて、柔道指導者セミナーとして「柔道ルネッサンス・フォーラム」が開催され、各都道府県より推薦を受けた1名ないし2名の代表者、総勢57名が講道館に集いました。今フォーラムは、開催趣旨である充実した柔道ルネッサンスが全国的に展開される事を目指して、各都道府県で展開している活動の現状報告や問題点の共有、そして今後の更なる発展を目指して、さまざまな視点からより良い柔道界の構築に向けて活発な意見交換が行われました。加えて、柔道ルネッサンスの提唱者である中村良三氏の「柔道ルネッサンスが目指したもの」、ルネッサンス特別委員会委員長の山下泰裕氏による「柔道を通した人つくり」などの講演が行われ、参加者全員大いに共感すると共に、今後の活動に向けて大きな示唆を得たものと思われます。又初日のプログラム終了後には懇親会が催され、冒頭に上村春樹講道館館長・全日本柔道連盟会長による挨拶が行われ、柔道のあるべき姿・果たすべく役割についてのお言葉を頂き、出席者一同、改めて柔道の持つ素晴らしさと共にその継承の重要性を再認識しました。

翌2日目にはフォーラムの最後に柔道ルネッサンス宣言2010が採択され、柔道ルネッサンス特別委員会都道府県部会長の寺澤豊志氏より高らかに読み上げられました。


柔道ルネッサンス宣言2010

1.指導者自らが襟を正し、「己を完成し、世を補益する」事を実践します。

1.理にかなった技の習得、「一本」を取る柔道を目指します。

1.老若男女が親しめる、安全に配慮した柔道の普及・発展に努めます。

1.美しい礼、正しいマナーで、品格のある柔道人になり、育てます。

今フォーラムを通して、参加された方々の柔道に対する情熱や熱意に触れ、今後の柔道ルネッサンスの全国的な広がりに更なる期待と明るい未来を予感させるものとなりました。

2001年から始まった柔道ルネッサンスも早10年目を向かえました。今後も柔道が続く限り、柔道ルネッサンスに終わりはありません。これからも柔道を志すもの1人1人が、嘉納治五郎師範が目指し、追及された真の柔道の意味を理解・体現し、これまで以上に柔道の普及発展に励む事が期待されます。

平成22年度柔道指導者セミナー「柔道ルネッサンス・フォーラム」開催要項

・開催趣旨

都道府県単位で実施している柔道ルネッサンスが、全国的な活動に展開していくことが望まれている。現状としては、必ずしも期待する活動に至ってはいない面も見られている。

都道府県ルネッサンス委員会で展開している活動の現状を報告し、22年度以降、活発に展開できるための取り組みとして、都道府県柔道ルネッサンス担当者が指導者となって、充実した柔道ルネッサンスが展開されるための望ましい活動の在り方を求めるためのフォーラムを開催する。

・主  催  財団法人講道館 財団法人全日本柔道連盟

・期  日  平成22年5月14日(金)~15日(土)

・会  場  講道館新館2階 教室

・参加者  全柔連派遣=都道府県柔道連盟(協会)柔道ルネッサンス担当者1名=47名

※その他に、自費参加等の方法で、都道府県柔道連盟(協会)の推薦により、都道府県高体連・中体連柔道部の柔道ルネッサンス担当者等が、各都道府県1名まで参加することができる。

・運営担当  指導者養成プロジェクト・柔道ルネッサンス特別委員会

柔道ルネッサンス都道府県部会

・内  容  (全体進行 寺澤豊志 都道府県柔道ルネッサンス部長)


<第1日目>平成22年5月14日(金)

12:00~12:50  受付

13:00~13:20  オリエンテーション

13:20~14:20  1)開講講演 <テーマ>「柔道ルネッサンスが目指したもの」

筑波大学名誉教授  中 村 良 三 氏

14:20~14:50  2)柔道ルネッサンス活動事例発表

(歴代柔道ルネッサンス活動表彰受賞連盟)

①(18年度)山形県柔道連盟

②(19年度)神奈川県柔道連盟

③(20年度)富山県柔道連盟

15:00~16:30  3)「意見交換会Ⅰ」ブロック別討論会

① 北海道・東北ブロック分科会

② 関東ブロック分科会

③ 北信越・東海ブロッ分科会ク

④ 近畿ブロック分科会

⑤ 中国・四国ブロック分科会

⑥ 九州ブロック分科会

※柔道ルネッサンス活動報告書について

※柔道ルネッサンス活動の事業分類について

※柔道ルネッサンス活動の展開とその課題について

16:30~17:10  4)ブロック分科会報告

18:00~20:00  5)懇親会

司会進行  浅野哲男 都道府県柔道ルネッサンス副部長

挨拶 上村 春樹 講道館長・全日本柔道連盟会長

乾杯 小野沢弘史 全日本柔道連盟専務理事


<第2日目>平成22年5月15日(土)

8:30~ 8:50   6)「柔道ルネッサンス10年間の歩み、及び今後の活動」

講道館企画室課長 小志田憲一氏

8:50~ 9:50   7)基調講演 「柔道を通した人つくり 」

柔道ルネッサンス特別委員長 山下泰裕氏(東海大学教授)

10:00~11:30   8)「意見交換会Ⅱ」テーマ別討論会

第1分科会 「柔道が持つ教育的価値の伝え方は」

第2分科会 「柔道ルネッサンス活動の在るべき姿とは」

第3分科会 「師範の理念(精力善用・自他共栄)の伝え方は」

第4分科会 「正しい柔道とは」(少年柔道の普及・充実・発展)

第5分科会 「求められる指導者の在るべき姿とは」

11:30~11:55   9)分科会報告

11:55~12:00   10)柔道ルネッサンス宣言2010(読み上げと採択)

12:00~12:10   11) まとめ

小野沢弘史全日本柔道連盟専務理事

12:10~12:15   12) 修了証授与

解散(予定)

2022年世界柔道選手権大会

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
丸大食品
羽田タートルサービス
旭化成株式会社

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR
MAMEZOU K2TOP HOLDINGS

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻
ベステラ株式会社

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
トップアスリートのための暴力・ハラスメント相談窓口
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
JALネクスト
Sport for Tomorrow