会員登録
取材・
肖像使用
賛助会員

文字サイズを変更する

サイト内検索

大会情報

平成30年全日本柔道形競技大会 大会結果一部訂正 (18.10.21)

採点集計における不備ついて(詫び)

平成30年全日本柔道形競技大会
実行委員長 中里 壮也

拝啓 寒冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は本連盟の諸事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
去る平成30年10月21日(日)に東京・講道館にて実施しました表記大会におきまして、「柔の形」の種目で採点集計に不備があり、順位が変更となることになりました。
出場選手をはじめ関係各位にお詫び申し上げますと共に、今後の再発防止に努めて参りますので、引き続きご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
敬具

  1. 不備が発覚するまでの経緯
    浅野(日)・浅野(華)組の採点結果を集計するためにエクセルシートに入力するデータで、「8.5点」と入力する箇所が「8,5点」と入力されていた。※本来、小数点としてピリオド( .)を入力するが、カンマ( ,)が入力されていた。
    これにより数値として計算されず、100点満点評価が「78.2点」と算出され第四位として大会を終えた。
    本年1月、出場者へ対して大会時の採点集計表を送付した後、出場者より指摘を受けたことで確認を行い、入力の誤りを発見した。
    浅野(日)・浅野(華)組の100点満点評価は正しくは「79.9点」であることが確認され、第三位であった組(78.4点)を抜き第三位となった。
  2.  

  3. 今後の改善策
    来年度大会より、入力される点数(0.0、0.5…9.5、10.0)以外の数字が入力されるとエラーが表示される仕様に変更し、定められた数字以外は入力できないように採点集計を行う。

以上

採点集計における不備ついて(詫び)
柔の形結果

結果


入賞者一覧・結果詳細
※2019/2/4柔の形結果修正

演技順序

大会要項

  • 趣旨
    講道館柔道において「形と乱取」は「文法と作文」に例えられるように修行の一体をなしている。「形」と「乱取」を修行することによって、勝負の理を体得し、修行の成果を得、柔道の奥義に進むことができる。
    特に「形」は柔道技術の基本形態の攻防の原理を学ぶ心身研磨の道である。
    ここに、修行の意味を改めて認識し、「形」を通じて柔道の普及・振興を促進することを目指し、講道館柔道の「形」による競技大会を開催する。
  •  

  • 期日
    平成30年10月21日(日) 開会9:30/閉会16:00(予定)
  •  

  • 会場
    講道館大道場
  •  

  • 主催
    公益財団法人講道館、公益財団法人全日本柔道連盟

TOKYO 2020特設ページ
TOKYO 2020パラリンピック特設ページ

協賛SPONSOR

オフィシャルパートナー

東建コーポレーション
ホームメイト

オフィシャルスポンサー

MIZUNO
近畿日本ツーリスト

オフィシャルサプライヤー

東洋水産
セイコー
コマツ
三井住友海上火災保険株式会社
日本航空
大塚製薬アミノバリュー
JR東日本
シミズオクト
大和証券
パーク24
みずほフィナンシャルグループ
vtec
airweave
丸大食品
羽田タートルサービス
旭化成株式会社

オフィシャルサポーター

ALSOK
Nippon-Express
TPR
MAMEZOU K2TOP HOLDINGS

公認スポンサー

伊藤超短波株式会社
株式会社九櫻
ベステラ株式会社

推薦スポンサー

フジタス工業株式会社
懐石料理 青山
トップアスリートのための暴力・ハラスメント相談窓口
スポーツくじ
GROWING
スポーツ振興基金
競技力向上事業(JAPAN SPORTS COUNCIL)
アンチ・ドーピング
ドーピング通報窓口
JALネクスト
Sport for Tomorrow