November 27, 2020

2020年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会兼全日本選抜柔道体重別選手権大会 大会結果掲載(20.10.31-11.1)

本大会はスポーツ振興基金助成を受けています。

進行確認/結果速報

seiko sports link(外部サイトへ移動)
進行表
試合番号入り山組を更新しましたのであわせてご確認ください。

組合せ

・組合せ(pdfデータ)
・試合番号入り組合せ(pdfデータ)

当日計量情報

31日(土)【男子】当日計量対象者
31日(日)【女子】当日計量対象者
1日(土)【男子】当日計量対象者
1日(日)【女子】当日計量対象者

写真

出場選手・所属関係団体の皆様については、写真データは以下URLよりダウンロードください。
※スポンサー・所属様の広報誌等でのメディア利用の場合は、取材関係のお問い合わせをご覧いただき、企画課宛に写真申請書の提出をお願い致します。
※画像データの加工・修正、営利目的でのご使用はご遠慮ください。

大会1日目:https://photos.app.goo.gl/gTszEk45q9KqZEADA
大会2日目:https://photos.app.goo.gl/j8jmW6mAiAZJ6Lkj7

欠場選手

●10月30日付
78kg超級 №6 粂田晴乃(筑波大学 4 年)
●10月29日付
100kg超級 №9  熊代 佑輔(ALSOK)
48kg級 №10 白石 響(環太平洋大学1年)
●10月28日付
100kg級 №10  羽賀 龍之介(旭化成)
●10月27日付
73kg級 №6  土井 健史(三重県スポーツ協会)
81kg級 №18 佐々木 健志(ALSOK)
78kg級 №12 佐々木 ちえ(東京学芸大学3年)

テレビ放映

対象試合
ライブ配信は各階級一回戦~三位決定戦まで実施し、決勝戦の配信は行いません。
決勝戦はNHKBS102にて両日とも15:00~17:00に生中継いたします。

視聴方法
大会当日全柔連TVにアクセスしてください。https://www.youtube.com/channel/UCKb9NZxvwLLtx_HJarAGIKg

チケット販売について

無観客試合で開催となりますので、チケット販売は行いません。

大会申込

大会申込ページはこちらから(要パスワード)

大会に関するQ&A

よくある質問はこちらから
◎10/6更新情報:「2020講道館杯兼選抜 大会に関するQ&A」ページの公開
◎10/16更新情報:「2020講道館杯兼選抜 大会に関するQ&A」Q&A更新

アンチ・ドーピング講習動画


出場する選手・関係者は必ず視聴してください

大会要項

目的 2020年度後期の全日本強化選手を選考する。
期日 2020年10月31日(土)、11月1日(日) 開会10:00/閉会17:00予定 (両日とも)
会場 千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市中央区問屋町1-20 TEL 043-241-0006)
主催 公益財団法人全日本柔道連盟
主管 千葉県柔道連盟
特別後援 公益財団法人講道館
後援 一般財団法人東京スポーツ新聞格技振興財団、一般財団法人上月財団、NHK、読売新聞社、千葉県、千葉県教育委員会、千葉市千葉市教育委員会、公益財団法人千葉市スポーツ協会
特別協賛 コマツ、三井住友海上火災保険
協賛 東建コーポレーション、ミズノ、近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、東洋水産
セイコーホールディングス、三井住友海上火災保険、日本航空、大塚製薬
東日本旅客鉄道、シミズオクト、大和証券グループ本社、パーク24、ブイ・テクノロジー
エアウィーヴ、ALSOK、日本通運、TPR、学校法人了德寺大学
医療支援 日本サッカー協会診療所、千葉大学医学部附属病院
出場資格
  1. 2020年度全柔連登録をしている者。
  2. 強化委員会から選出された者。
  3. 日本国籍を有し、今後、日本代表として活動していく意思のある者。
試合方法
  1. 最新の国際柔道連盟試合審判規定で行う。
  2. 試合はトーナメント戦で行い、敗者復活戦はベスト8以上の選手を対象とする。
日程 10月31日(土)男子60kg級,66kg級,73kg級, 81kg級 女子70kg級,78kg級,78kg超級
11月1日(日)男子90kg級,100kg級,100kg超級 女子48kg級,52kg級,57kg級,63kg級
組み合せ 10月中旬に公開予定
服装 (1)全日本柔道連盟柔道衣規格に合格した柔道衣(上衣、下穿、帯)を着用すること。
※平成27年度より柔道衣規格が変更となっているため、最新の柔道衣リストは全柔連HP参照のこと。
≪上衣・下穿≫
ア.外枠が赤色のIJFラベルがついているもの
イ.(赤色のIJFラベルがついていない場合)
「JU0000」と赤字で表示された全柔連認証番号ラベルがついているもの
≪帯≫
ア.IJFラベルがついているもの(外枠の色は赤・青どちらでも可)
イ.(IJFラベルがついていない場合)
「JU0000」と表示された全柔連認証番号ラベルがついているもの(赤・黒どちらでも可)
(2)柔道衣は白色のみを使用し、男女とも黒帯を着用すること。(白線無し)
(3)柔道衣の大きさ又は規格が規定に合わない場合は出場を認めない。(主催者は予備の柔道衣を準備しない。)
(4) 今大会は、感染防止対策によりリザーブ柔道衣を主催者で用意しないため、各自で2着分用意することを推奨する。
表彰 各階級の1 位~3 位までを表彰する。
その他 (1)皮膚真菌症(トンズランス感染症)の発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。万が一、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある。
(2)全日本柔道連盟ドーピング防止規程によりドーピング検査を行う。
(3)大会にて出場選手の傷害保険に加入し、その費用を負担する。
(4)NHKBS1にて放映予定。
(5)脳振盪対応について、選手及び指導者は以下の事項を遵守すること。
大会前1ヶ月以内に脳振盪を受傷した者は、脳神経外科の診察を受け、出場の許可を得ること。
大会中、脳振盪を受傷した者は継続して当該大会に出場することは認めない。(受傷した時点で必ず専門医を受診すること)練習再開に際しては、脳神経外科の診察を受け、許可を得ること。
上記のいずれかに該当する選手がいる場合、指導者は必ず大会事務局へ事故報告書を提出すること。
(6)個人情報、肖像権の取り扱いについて
参加申込用紙に記載された個人情報、競技結果、大会中に撮影された写真、または動画等の映像が、大会プログラム、競技会場内外の掲示板等、全柔連ホームページ、大会ホームページ、セイコースポーツリンクに掲載される場合がある。また、その他の報道機関等により新聞、雑誌、テレビおよび関連ホームページ等に公開される場合がある。全柔連の許諾を受けたテレビ局等の企業により、試合を撮影した映像の中継・録画放送が、テレビ放映及びインターネット配信されることがある。
提出された個人情報については、上記及び下記(7)の利用目的以外に利用しない。
参加申込用紙の提出により、個人情報、競技結果、肖像権についての上記取り扱い、及び下記(7)に関する承諾を得たものとして対応する。
(7)健康記録表の提出・スマートアンプ検査について
今大会では、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、
①会場に入場する選手、指導者等すべての入場者が健康記録表を提出すること
②出場選手はスマートアンプ検査を行うこと
とする。上記①②は本大会において新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、参加者の健康状態を確認することを目的とする。本記録表に記入頂いた個人情報については、厳正なる管理のもとに保管し、健康状態の把握、来場可否の判断および必要なご連絡のためにのみ利用する。匿名化した集計・検査結果を今後のスポーツ大会開催及びコロナウイルス対策のための研究及び提言のために使用することがある。(研究及び提言のための使用に際しては、個人が特定できないように匿名化された情報を使用するものとし、研究を行う者は、個人が特定できない状態で本件情報を扱うものとする。)試料については、検査後速やかに廃棄する。また、個人情報保護法等の法令において認められる場合を除き本人の同意を得ずに第三者に提供しない。但し、大会会場にて感染症患者またはその疑いのある方が発見された場合に必要な範囲で保健所等に提供することがある。上記①②に基づき、参加可否を判断する。上記①②にご協力いただけない方は大会に参加できないものとする。
(8)大会に関するお問合わせは、本連盟大会事業課(E-mail:taikai@judo.or.jp)まで。

過去大会

◆2019年度大会はこちら
◆平成30年度大会はこちら
◆平成29年度大会はこちら
◆平成28年度大会はこちら
◆平成27年度大会はこちら
◆平成26年度大会はこちら
◆平成25年度大会はこちら
◆平成24年度大会はこちら
◆平成23年度大会はこちら
◆平成22年度大会はこちら
◆平成21年度大会はこちら
◆平成20年度大会はこちら
◆平成19年度大会はこちら