November 14, 2019

IJFがコーディネーション委員会を創設
細川伸二全柔連国際委員会委員長が選出!!

マリウス・ビゼールIJF会長とIJF理事会はコーディネーション委員会の創設及び委員の指名を承認しました。
コーディネーション委員会の主な役割と目的はIJF戦略のより広範にわたる促進と実行、及び5つの大陸においての柔道の精神的価値の向上です。

コーディネーション委員会の委員は以下の通り。

細川伸二 (全日本柔道連盟国際委員会委員長)
マニュエル・ララナガ (メキシコ)
モシェ・ポンテ (イスラエル)
アキレス・グズマン (チリ)
マイク・タムラ (カナダ)
カルトゥマ・バットルガ (モンゴル)
サンドラ・コラック (クロアチア)
ハチチャ・スカンデール (チュニジア)
シテニー・ランドリアーナソロニアイコ (マダガスカル)
ドメニコ・ファルコン (イタリア)

細川伸二氏のコメント
「このような責務をIJF会長から打診され、理事会にて承認されたことを名誉に思います。委員全員で国際柔道の発展のために努力します。」
【略歴】
ほそかわ・しんじ/1960年1月2日生
1984年ロサンゼルスオリンピック 金メダル
1985年ソウル世界選手権 金メダリスト

IJFページリンク
http://www.intjudo.eu/News/cikk3305