第7回東アジア柔道選手権大会 大会結果(14.5.9-10)

第7回東アジア柔道選手権大会

日程 平成26年5月9日(金)~10日(土)
派遣先名 モンゴル・ウランバートル
会場 Buyant Ukhaa Sport Complex
参加数 ケ国・名(男子名・女子名)

日本選手団名簿

監督 井上 康生(東海大学) 監督 松本 勇治(神奈川県警察)
コーチ 賀持 道明(日本中央競馬会) コーチ 松雪  博(兵庫県警察)
100kg超級 百瀬  優(旭化成㈱) 優勝 78kg超級 市橋寿々華(大阪府警察) 優勝
100kg級 乙津 瑞希(東芝プラントシステム㈱) 3位 78kg級 日髙美沙希(大阪体育大学4年) 優勝
90kg級 菅原 健志(パーク24㈱) 2位 70kg級 大野 陽子(コマツ) 2位
81kg級 安田 知史(福岡県警察) 5位 63kg級 西川 真帆(龍谷大学4年) 優勝
73kg級 太田 慶一((学)了徳寺学園職) 3位 57kg級 金子 瑛美(自衛隊体育学校) 3位
66kg級 橋口 祐葵(明治大学2年) 優勝 52kg級 谷本  和(ALSOK) 優勝
60kg級 大島 優磨(国士舘大学2年) 優勝 48kg級 山﨑 珠美(山梨学院大学3年) 2位
団体戦 2位 団体戦 優勝

大会結果(男子)

― 100kg超級 ―

優勝 百瀬  優(日本)
2位 テムーレン(MGL)
3位 バツウリ(MGL)
キム・ムンシク(KOR)
5位 リ・ポイェン(TPE)

百瀬  優(旭化成㈱)優勝
p100momose2

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合
相手名 キム・ムンシク テムーレン バツウリ り・ポイェン
国名 KOR MGL MGL TPE
決め技 一本勝(合技) 優勢勝(有効・大内刈) 一本勝(送襟絞) 一本勝(足車)

― 100kg級 ―

優勝 キム・リユン(KOR)
2位 ジャンチフドルジ(KGL)
3位 乙津 瑞希(日本)
アリウンエルデン(MGL)
5位 ホン・イチ(TPE)

乙津 瑞希(東芝プラントシステム㈱)3位
100otsu2

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合
相手名 アリウンエルデン ホン・イチ ジャンチフドルジ キム・リユン
国名 MGL TPE MGL KOR
決め技 反則勝(指導4) 一本勝(小外刈) 一本負(腰車) 一本負(内股)

― 90kg級 ―

優勝 ツォグトジェレル(MGL)
2位 菅原 健志(日本)
3位 アルタンバガナ(MGL)
キム・ジェユン(KOR)
5位 ハンチェンユ(TPE)

菅原 健志(パーク24㈱)2位
90sugahara2

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合
相手名 ツォグトジェレル ハン・チェンユ キム・ジェユン アルタンバガナ
国名 MGL TPE KOR MGL
決め技 反則負(指導4) 一本勝(縦四方固) 優勢勝(有効・体落) 一本勝(大内刈)

― 81kg級 ―

優勝 ダブガスレン(MGL)
2位 バット・エルデン(MGL)
3位 パク・ハンウィ(PRK)
ジョン・ジュンホ(KOR)
5位 安田 知史(日本)
リン・チャンチ(TPE)

安田 知史(福岡県警察)5位

1回戦 準決勝戦 3位決定戦
相手名 リン・チャンチ バット・エルデン パク・ハンウィ
国名 TPE MGL PKR
決め技 一本勝(合技) 一本勝(隅返) 一本負(背負投)

― 73kg級 ―

優勝 オドバヤル(MGL)
2位 ソン・ミンギ(KOR)
3位 太田 慶一(日本)
ミヤラグチャ(MGL)
5位 リ・ホティン(HKG)
リ・フェンマオ(HKG)

太田 慶一((学)了徳寺学園職)3位
73ota2

1回戦 準決勝戦 3位決定戦
相手名 ミヤラグチャ ソン・ミンギ リ・フェンマオ
国名 MGL KOR TPE
決め技 一本勝(小内刈) 優勢負(指導2) 一本勝(肩車)

― 66kg級 ―

優勝 橋口 祐葵(日本)
2位 リ・ドンロック(KOR)
3位 チョ・ユンシク(PKR)
ダバドルジ(MGL)
5位 チャン・ハオチェン(TPE)
バットジェネル(MGL)

橋口 祐葵(明治大学2年)優勝
66hashiguchi2

1回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 チョ・ユンシク バットジェネル リ・ドンロック
国名 PKR MGL KOR
決め技 優勢勝(指導3) 一本勝(背負投) 一本勝(合技)

― 60kg級 ―

優勝 大島 優磨(日本)
2位 キム・ヒョシュン(KOR)
3位 ツォグトバーター(MGL)
キム・ヒョンヒョク(PKR)
5位 ボルドバーター(MGL)
ラウカ・チュンダニ(HKG)

大島 優磨(国士舘大学2年)優勝
60oshima2

1回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ラウカ・チュンダニ ツォグトバーター キム・ヒョジュン
国名 HKG MGL KOR
決め技 一本勝(上四方固) 一本勝(背負投) 一本勝(肩車)

大会結果 団体戦(男子)

優勝 モンゴル
2位 日本
3位 韓国
台湾

team_men2

― 第1試合目 ―

日本 4-1 韓国
66kg級 橋口 祐葵 優勢負(技有・払腰)○ リ・ドンロック
73kg級 太田 慶一 ○優勢勝(有効・GS小外刈) ソン・ミンギ
81kg級 安田 知史 ○一本勝(合技) ジョン・ジュンホ
90kg級 菅原 健志 ○優勢勝(有効・大内刈) キム・ジェユン
90kg超級 百瀬  優 ○一本勝(大内刈) キム・ムンシク

― 第2試合目 ―

日本 2-3 モンゴル
66kg級 橋口 祐葵 優勢負(指導3)○ リダバドルジ
73kg級 太田 慶一 優勢負(指導2)○ ガンバーター
81kg級 安田 知史 ○一本勝(背負投) ツイシンジャルガル
90kg級 菅原 健志 一本負(小外刈)○ オトゴンバータル
90kg超級 百瀬  優 ○反則勝(指導4) テムーレン

― 第3試合目 ―

日本 5-0 台湾
66kg級 橋口 祐葵 ○一本勝(内股) チャン・ハオチェン
73kg級 太田 慶一 ○一本勝(後袈裟固) リ・フェンマオ
81kg級 安田 知史 ○一本勝(背負投) リン・チャンチ
90kg級 菅原 健志 ○反則勝(指導4) ハン・チェンユ
90kg超級 百瀬  優 ○一本勝(大内刈) リ・ポイェン

大会結果(女子)

― 78kg超級 ―

優勝 市橋寿々華(日本)
2位 ガオマン(CHN)
3位 ガンツガス(MGL)
ユム・ジョングス(KOR)
5位 サン・ペイユ(TPE)
ジャバズマン(MGL)

市橋寿々華(大阪府警察)優勝
p78ichihashi2

準決勝戦 決勝戦
相手名 ガンツガス ガオマン
国名 MGL CHN
決め技 一本勝(払腰) 一本勝(合技)

― 78kg級 ―

優勝 日髙美沙希(日本)
2位 パク・ユジン(KOR)
3位 ムンフツヤ(MGL)
ウグンジャガル(MGL)
5位 チャンユンチュ(TPE)

日髙美沙希(大阪体育大学4年)優勝
78hidaka2

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合
相手名 チャンユンチュ ムンフツヤ パク・ユジン ウグンジャガル
国名 TPE MGL KOR MGL
決め技 一本勝(大外刈) 優勢勝(指導3) 優勢勝(有効・大外刈) 一本勝(合技)

― 70kg級 ―

優勝 ツエンダユシュ(MGL)
2位 大野 陽子(日本)
3位 キム・ソンワ(PKR)
ユ・ジェヨング(KOR)
5位 チェン・ユンジン(TPE)
リュウ・ホンヤン(CHN)

大野 陽子(コマツ)2位
70ono2

1回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ユ・ジェヨング キム・ソンワ ツエンダユシュ
国名 KOR PKR MGL
決め技 一本勝(上四方固) 一本勝(崩袈裟固) 優勢負(有効・裏投)

― 63kg級 ―

優勝 西川 真帆(日本)
2位 キム・スギョン(PKR)
3位 ズ・ヤメイ(CHN)
テェデンナタミツ(MGL)
5位 チャン・ヤジュ(TPE)
リ・ヨンジン(KOR)

西川 真帆(龍谷大学4年)優勝
63nishikawa2

1回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 テェデンナタミツ リ・ヨンジン キム・スギョン
国名 MGL KOR PKR
決め技 優勢勝(指導2) 一本勝(大腰) 優勢勝(指導1)

― 57kg級 ―

優勝 ドルジスレン(MGL)
2位 バツル(MGL)
3位 金子 瑛美(日本)
ハンヒージン(KOR)
5位 リ・キャングドング(CHN)
ジョ・チュンシム(PKR)

金子 瑛美(自衛隊体育学校)3位
57kaneko2

1回戦 準決勝戦 3位決定戦
相手名 リ・キャングドング ドルジスレン ジョ・チュンシム
国名 CHN MGL PKR
決め技 反則勝(指導4) 優勢負(GS技有・腕返) 優勢勝(有効・払腰)

― 52kg級 ―

優勝 谷本  和(日本)
2位 パク・ダソル(KOR)
3位 リエンペイシュ(TPE)
リム・ソンシム(PKR)
5位 チェ・アツタヤ(MGL)
リュウジン(CHN)

谷本  和(ALSOK)優勝
52tanimoto2

1回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ウォン・カリ チェ・アツタヤ パク・ダソル
国名 HKG MGL KOR
決め技 一本勝(横四方固) 優勢勝(技有・大外刈) 優勢勝(指導1)

― 48kg級 ―

優勝 ジョン・ユサン(PKR)
2位 山﨑 珠美(日本)
3位 オトゴンセテェグ(MGL)
ゴ・ハリム(KOR)
5位 リ・ホニング(HKG)
チャンタルズラグ(MGL)

山﨑 珠美(山梨学院大学3年)2位
48yamazaki2

1回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ハン オトゴンセテェグ ジョン・ユサン
国名 CHN MGL PKR
決め技 一本勝(大外刈) 優勢勝(指導1) 一本負(合技)

大会結果 団体戦(女子)

優勝 日本
2位 韓国
3位 モンゴル
北朝鮮

team_women2

― 第1試合目 ―

日本 4-1 モンゴル
52kg級 谷本  和 ○優勢勝(指導2) ムンクバータル
57kg級 金子 瑛美 優勢負(GS指導2)○ ドルジスレン
63kg級 西川 真帆 ○一本勝(大外刈) バルドルジ
70kg級 大野 陽子 ○優勢勝(指導1) ツェンズスレン
70kg超級 市橋寿々華 ○一本勝(合技) バタルガ

― 第2試合目 ―

日本 5-0 韓国
52kg級 谷本  和 ○一本勝(横四方固) パクダソル
57kg級 金子 瑛美 ○一本勝(横四方固) ハンヒージン
63kg級 西川 真帆 ○一本勝(大外刈) リ・ヨンジン
70kg級 大野 陽子 ○一本勝(崩上四方固) ユ・ジェヨング
70kg超級 市橋寿々華 ○一本勝(合技) ユム・ジョングス