2005カイロ国際柔道連盟(IJF)総会報告(05.09.30)

2005カイロ国際柔道連盟(IJF)総会報告(2005.09.30)
日時:2005年9月5日(月)09:00~19:50
場所:エジプト・カイロ市 国際会議場

★IJF加盟国・地域 195 (2005年9月5日現在)
・ アジア(39)、アフリカ(47)、オセアニア(19)、パンナム(41)、ヨーロッパ(49)

★選挙結果
・会   長  ○ヨンソン・パク氏(現職)再選    100票
        ●マリウス・ビゼール氏(欧州柔連会長)85票
・スポーツ理事 ○フランソワ・ベソン氏(現職) 再選(対抗馬なし)
・審判理事   ○ファン・カルロス・バルコス氏(現職)再選(対抗馬なし)

☆パク会長の主な選挙公約
・100万ドルの財政的支援(各国連盟と開発基金に各100万ドル)
 (1)各国連盟への直接的支援(100万ドル)
 ・柔道衣、畳、その他柔道用具等
 (2)柔道開発基金(100万ドル)
 ・女性の登用の活発化
 ・大陸セミナーやイベントの支援
 ・若い柔道家への支援

★今後の世界選手権大会開催国
・2008年世界ジュニア選手権大会
立候補国がなく、開催国決定を理事会に一任

・2009年世界選手権大会  オランダ(ロッテルダム)に決定
フランスが2011年の立候補に変更。

・2010年世界国別団体選手権大会  トルコ(イスタンブール)に決定
kokusai_news_20050930

★ 開催決定済み国からの報告
・ 2007年世界選手権大会(ブラジル・リオデジャネイロ)
 大会は、2007年9月6日~9日
 全ての競技者はマンション型の選手村に、無料で入村。
・ 2008年北京オリンピック(中国・北京)
 2007年11月にテストイベントとして、北京オープンを開催

★ スポーツ関係
(1)ダイビングによる「ダイレクト反則負け」を与えられた選手は、敗者復活戦に出場可能に変更。但し、相手に危害を加えたり柔道精神に反する行為での「ダイレクト反則負け」の場合は、現行通り敗者復活戦への出場不可。
(2)表彰式では、「柔道衣の着用」を強く推奨

★審判関係
(1)IJF審判ライセンス保有者の資格年齢制限の上限を60歳から65歳に延長
(2)審判規定上の小さな変更点等は、今後、IJFのウエッブサイト上の「NOTICE BOARD」に掲載(速やかな情報伝達のために活用)

★教育コーチング関係
山下理事の今後の活動計画
(1)女性コーチングセミナーの開催(平成18年度の福岡国際女子選手権大会とリンク)
(2)護身術会議の開催
(3)DVD制作・配布(柔道護身術、柔道の「形」)

総会日本代表  松下三郎 副会長兼専務理事
藤田真郎 国際委員長