November 23, 2017

第38回全国教員柔道大会 大会結果掲載(8.3)

第38回全国教員柔道大会 大会結果掲載(8.3)

大会結果

【5人制の部】
優 勝 神奈川県
準優勝 三重県
第三位 大阪府
第三位 東京都

【3人制の部】
優 勝 愛媛県
準優勝 鳥取県

大会結果(PDFファイル)
詳細結果(PDFファイル)
 

大会ポスター


 

大会概要

(平成25年度新たに全柔連公認柔道衣使用が義務付けられる大会)

大会要項
日時 平成25年8月3日(土)
開会9:00/閉会16:00(予定)
会場 講道館(〒112-0003 東京都文京区春日1-16-30)
主催 (公財)全日本柔道連盟
主管 (公財)東京都柔道連盟
後援 文部科学省、(公財)講道館、日本武道協議会、朝日新聞社
参加者 (1) 各都道府県柔道連盟(協会)から1チームの参加とし、「5人制の部」または、「3人制の部」のどちらか一方に申し込みすることができる。
(2) チーム編成は監督1名、選手5名(または3名)とし、監督と選手の兼任を認める。
(3) 選手・監督は、本年度の全日本柔道連盟登録を出場する都道府県柔道連盟(協会)を通じて完了している者であること。
(4) 選手は出場する都道府県内の小・中・高等・盲・聾・養護学校及び幼稚園に常勤している教員のほか、高等専門学校及び大学の教員1名までの参加を認める。但し、非常勤講師及び事務職員は参加できない。なお、平成25年4月30日以前から、大会当日まで引き続き当該校に勤務していること。
(5) 選手区分は、次の通りとする。
①5人制の部
(先鋒)体重73kg以下の者で年齢制限なし。
(次鋒)体重90kg以下の者(下限なし)で年齢制限なし。
(中堅)体重無差別で昭和56年4月1日以前の出生者。
(副将)体重無差別で年齢制限なし。
(大将)体重無差別で年齢制限なし。
②3人制の部
(先鋒)体重73kg以下の者で年齢制限なし。
(中堅)体重90㎏以下の者(下限なし)で年齢制限なし。
(大将)体重無差別で年齢制限なし。
競技方法 (1) 「5人制の部」と「3人制の部」の2部制とし、各部ともトーナメント方式による団体戦で行う。
(2) チーム間の勝敗は次により決定する。
ア.勝者数(「一本勝ち」、「優勢勝ち」を問わない)の多いチームを勝ちとする。
イ.勝者数が同等の場合は、勝ちの内容により勝敗を決定する。
ウ.勝ちの内容も同等の場合は、代表戦で勝敗を決定する。
エ.代表戦は、「引き分け」であった対戦の中から1組を抽選で選び、3分間のゴールデンスコア方式で行う。
審判規定 (1) 試合は国際柔道連盟試合審判規定で行い、試合時間は4分間とする。
(2) 「優勢勝ち」の判定基準は、「有効」又は「指導2」以上とし、得点差がない場合は「引き分け」とする。
抽選 7月上旬に主催者が行う。
計量 体重制限のある選手区分に出場する者は、下記の通り計量をうけなければならない。
日時:8月2日(金) 15:30~16:00(非公式計量15:00~15:30)
場所:講道館新館4階更衣室
ゼッケン ゼッケンを各自で下記の要領にて必ず縫い付けること。(無ければ失格とする)
ア.ゼッケンのサイズは、横30㎝~35㎝、縦25㎝~30㎝とする。
イ.縫い付け位置は、後襟から約5~10㎝下部とし、対角線にも縫い付けること。
ウ.表記は、上部2/3に苗字、下部1/3に都道府県名を記載する。
エ.字体はゴシック又は明朝とし、黒文字で記載すること。
諸会議 (1) 審判会議
平成25年8月2日(金) 16:00~17:00 講道館新館2階「教室」
(2) 監督会議
平成25年8月2日(金) 17:30~18:00 講道館新館2階「教室」
練習会場 8月2日(金) 13:00~16:00まで、講道館新館5階「女子部道場」を使用することができる。

◆ 昨年大会結果はこちら