November 21, 2019

2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 大会結果・写真掲載(19.11.2-3)

進行確認/結果速報

seiko sports link(外部サイトへ移動)

欠場選手

●11月1日付
66kg級 №16 田中 龍馬(佐賀商業高校3年)
73kg級 №18 立川 新(東海大学4年)
73kg級 №35 内村 秀資(東海大学1年)
57kg級 №5 袴田 佳名瑚(藤枝順心高校3年)
70kg級 №8 嶺井 美穂(桐蔭横浜大学4年)
78kg超級 №28 米川 明穂(藤枝順心高校3年)

●10月21日付
60kg級 №14 市川 龍之介(東海大学2年)
100kg超級 №32 上川 大樹(広島刑務所)
57kg級 №10 岡田 恵里佳(立命館宇治高校3年)
57kg級 №28 富沢 佳奈(東海大学2年)
63kg級 №7 立川 桃(東海大学1年)
78kg級 №24 田中 伶奈(東海大学2年)
78kg超級 №5 渡辺 心実(金沢学院大学4年)

組合せ

・組合せ(PDFデータ)

写真

テレビ放映

11月2日(土) NHK BS1 15:00~
11月3日(日) NHK BS1 15:00~

無料音声解説サービスはこちら
http://kodokancup2019.platcast.iodata.jp

チケット販売について

指定席 2,000円
一般(自由席) 1,000円
高校生以下(自由席) 500円(未就学児無料)
【前売り販売(イープラス)】
10月14日より、イープラスにて販売予定。
【前売り販売(全柔連事務局)】
10月18日より、全柔連事務局にて販売。代金引き換えとなりますので予めご了承ください。
※一般(自由席)、高校生以下(自由席)のみ
指定席は「イープラス」のみでの販売となります
【当日販売】
大会当日(両日共)、7:45から大会会場入場券販売場所にて販売

大会要項

目的 2019年度後期の全日本強化選手を選考すると共に、第32回オリンピック競技大会(日本/東京)の日本代表選手第1次選考会とする。
期日 2019年11月2日(土)、3日(日・祝) 開会9:00/閉会17:00予定 (両日とも)
会場 千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市中央区問屋町1-20 TEL 043-241-0006)
主催 公益財団法人全日本柔道連盟
主管 千葉県柔道連盟
特別後援 公益財団法人講道館
後援 一般財団法人上月財団、NHK、読売新聞社、千葉県、千葉県教育委員会、千葉市千葉市教育委員会、公益財団法人千葉市スポーツ協会
特別協賛 コマツ
協賛 東建コーポレーション、ミズノ、近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、東洋水産
セイコーホールディングス、三井住友海上火災保険、日本航空、大塚製薬
東日本旅客鉄道、シミズオクト、大和証券グループ本社、パーク24、ブイ・テクノロジー
エアウィーヴ、ALSOK、日本通運、TPR、学校法人了德寺大学(予定)
出場資格
  1. 2019年度全柔連登録をしている者。
  2. 強化委員会から選出された者。
  3. 日本国籍を有し、今後、日本代表として活動していく意思のある者。
試合方法
  1. 最新の国際柔道連盟試合審判規定で行う。
  2. 試合はトーナメント戦で行い、敗者復活戦はベスト8以上の選手を対象とする。
日程 2日(土)男子60kg級,66kg級,73kg級, 81kg級 女子70kg級,78kg級,78kg超級
3日(日・祝)男子90kg級,100kg級,100kg超級 女子48kg級,52kg級,57kg級,63kg級
組み合せ 10月下旬に公開予定
柔道衣 (1)全日本柔道連盟柔道衣規格に合格した柔道衣(上衣、下穿、帯)を着用すること。
※平成27年度より柔道衣規格が変更となっているため、最新の柔道衣リストは全柔連HP参照のこと。
≪上衣・下穿≫
ア.外枠が赤色のIJFラベルがついているもの
イ.(赤色のIJFラベルがついていない場合)
「JU0000」と赤字で表示された全柔連認証番号ラベルがついているもの
≪帯≫
ア.IJFラベルがついているもの(外枠の色は赤・青どちらでも可)
イ.(IJFラベルがついていない場合)
「JU0000」と表示された全柔連認証番号ラベルがついているもの(赤・黒どちらでも可)
(2)柔道衣は白色のみを使用し、男女とも黒帯を着用すること。(白線無し)
(3)柔道衣の大きさ又は規格が規定に合わない場合は出場を認めない。(主催者は予備の柔道衣を準備しない。)
表彰 各階級の1 位~3 位までを表彰する。
その他
  1. 皮膚真菌症(トンズランス感染症)の発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。万が一、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある。
  2. 全日本柔道連盟ドーピング防止規程によりドーピング検査を行う。
  3. 大会にて出場選手の傷害保険に加入し、その費用を負担する。
  4. NHK BS1にて放映予定。
  5. 脳振盪対応について、選手及び指導者は以下の事項を遵守すること。
    大会前1ヶ月以内に脳振盪を受傷した者は、脳神経外科の診察を受け、出場の許可を得ること。
    大会中、脳振盪を受傷した者は継続して当該大会に出場することは認めない。(受傷した時点で必ず専門医を受診すること)
    練習再開に際しては、脳神経外科の診察を受け、許可を得ること。
    上記のいずれかに該当する選手がいる場合、指導者は必ず大会事務局へ事故報告書を提出すること。
  6. 個人情報、肖像権の取り扱いについて
    参加申込用紙に記載された個人情報、大会中に撮影された写真、または動画が、大会プログラム、大会ホームページに掲載される場合があります。また、その他の報道機関、本連盟スポンサー等により、新聞、雑誌、テレビおよび関連ホームページ等に公開される場合があります。
    提出された個人情報については、上記の利用目的以外に使用することはありません。
    参加申込用紙の提出により、上記取り扱いに関する承諾を得たものとして対応をさせていただきます。

大会申込

大会申込ページはこちらから(要パスワード)

過去大会

◆平成30年度大会はこちら
◆平成29年度大会はこちら
◆平成28年度大会はこちら
◆平成27年度大会はこちら
◆平成26年度大会はこちら
◆平成25年度大会はこちら
◆平成24年度大会はこちら
◆平成23年度大会はこちら
◆平成22年度大会はこちら
◆平成21年度大会はこちら
◆平成20年度大会はこちら
◆平成19年度大会はこちら

全日本柔道連盟スマイルルーム(託児室)コマツ協賛のご利用について

2019年11月2日(土)・3日(日・祝)に千葉ポートアリーナで開催される2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会において、大会期間中、関係者が利用をできる「スマイルルーム(託児室)コマツ協賛」を設置いたします。
ご利用希望の方は、こちらより申込書をダウンロードいただき、お申し込みをお願いいたします。※10/18付けで定員となりましたので募集を締切させて頂きます

主旨 大会期間中、児童を同伴する必要のある大会役員、審判員、係員および監督・コーチの為の環境を整え、関係者全てが参加しやすい大会とすること。
設置場所 千葉ポートアリーナ
(2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会々場内 1階)
使用条件 利用者資格:講道館杯に参加する大会役員、審判員、係員、監督・コーチ
※男女は問いません
利用時間:開催期間中11月2日(土)・3日(日・祝) 8:15~17:00
対象:年齢0歳3ヶ月以上~12歳以下 定員:10名
使用目的 ①原則として保護者による食事および授乳(昼食持参)
②原則として保護者による着替え、おむつ取り替え
③託児室の定員に余裕のある場合、一時預かり可能な場合あり
(大会IDカード所有者に限る)随時お問い合わせください。
使用手続き 利用ご希望の方は、全日本柔道連盟HPより所定の用紙ダウンロードし、必要事項をご記入の上FAXにてお申し込みください。(10月10日受付開始)
なお、定員の関係もございますので、先着順とさせていただきます。
確定された方には託児業者(株)ポピンズより連絡が入りますので、必要書類をご提出いただいた時点で受付完了とさせていただきます。
申込締切:10月20日(日)*定員になり次第終了
受付FAX №:03-3818-5447
(株)ポピンズ www.popins.co.jp
(公益財団法人全国保育サービス協会加盟)
保険 スマイルルーム内での事故等に際し、(株)ポピンズにて賠償責任保険に加入いたしております。また傷害保険に加入により対象児童の安全を担保することとしております。
個人情報 個人情報保護法に従い、利用申込書に記載の個人情報は本人の同意がある 場合、また法令上の正当な理由を除き、スマイルルーム使用目的以外では使用せず、第三者に開示、提供いたしません。個人情報の紛失及び漏洩などの予防に努めます。