December 17, 2018

【お知らせ】グランドスラム大阪2018/大会三日目見どころ

【men】最重量級新王者ツシシビリが日本初登場、100kg級はスター3名が久々の競演
海外勢、日本勢ともスター揃いの豪華な 1日。最注目選手としては100kg超級の新 世界王者ツシシビリ(ジョージア)を挙げたい。重量級を席捲している担ぎ技トレン ドの発信源であるこの選手は今回が日本初 登場、独特の絞り込みから放つ左右の袖釣 込腰は威力抜群だ。挑むライバルは原沢久喜ら日本勢、昨年2位のクルパレク(チェコ)、世界選手権で原沢を破って3位入賞の ウルジバヤル(モンゴル)ら。

90kg級はマイドフ(セルビア)とガク・ ドンハン(韓国)のもと世界王者がエント リーに名を連ねたが、世界選手権で決勝ま で進んだシウバ=モラレス(キューバ)と、大物を食い続けてひときわ目立っていたト リッペル(ドイツ)の今が旬の若手2人にも注目。日本は講道館杯で復活の狼煙を挙げたベイカー茉秋、独特の担ぎ技を持つ田嶋剛希に爆発力 の向翔一郎と個性派を揃えて迎え撃つ。

100kg 級は2015年世界王者羽賀龍之介、 同2017年王者ウルフアロン、2018年アジア 大会の覇者飯田健太郎のスター3名が久々 同じ畳の上に集った。最若年の飯田は実績 こそ一歩譲るものの今年の世界王者チョ・ グハン(韓国)を退けたばかりで上り調子。 東京五輪代表を巡る巴戦、いよいよ開始だ。

男子・日本代表選手
90kg級:ベイカー茉秋(日本中央競馬会)、向翔一郎(ALSOK)、田嶋剛希(筑波大3年)、村尾三四郎(神奈川・桐蔭学園高3年)
100kg級:ウルフアロン(了德寺学園職)、飯田健太郎(国士舘大2年)、熊代佑輔(ALSOK)、羽賀龍之介(旭化成)
100kg超級:原沢久喜、小川雄勢(明治大4年)、影浦心(日本中央競馬会)、王子谷剛志(旭化成)

【women】朝比奈沙羅と素根輝、再び迫る直接対決に注目!
9月の世界選手権でついに念願の世界一 の座を得た朝比奈沙羅と、4月の全日本選 抜体重別と皇后盃で朝比奈に連勝した国内 王者・素根輝による78kg超級の日本人対 決がこの日最大のみどころ。朝比奈は重心の低い素根に苦戦する一方で海外の有力選 手はそのサイズをテコに圧倒、一方上背が ない素根は大型揃いの海外選手を相手にす ると決着まで時間が掛かるものの朝比奈へ の分は良し、という相性の妙があり、この あたりを心得て観戦したい。昨年大会では 主審が朝比奈の圧力を最大限に評価、素根 が担ぎ技の間合いを図るうちに次々「指導」を宣告して朝比奈が勝利。この傾向は世界王者という看板を背負った朝比奈には追い 風になるはずで、この国際大会の磁場がどう影響するかも、みもの。この階級はキム・ ミンジョン(韓国)にオルティス(キュー バ)、ワン・ヤン(中国)と海外勢にも役者が揃った。

78kg級は現役世界王者の濵田尚里が、優勝して一気に来期の代表の座を得んと目 論む。もと王者アギアール(ブラジル)、同大会で大接戦を繰り広げたグラフ(オー ストリア)ら有力選手の参戦はあるが、梅木真美、髙山莉加、佐藤瑠香と強豪揃った日本勢が濵田の野望を阻止せんと挑みかかるのがトーナメントの主筋である。

女子・日本代表選手
78kg級:濵田尚里(自衛隊体育学校)、佐藤瑠香(コマツ)、梅木真美(ALSOK)、髙山莉加(三井住友海上火災保険)
78kg超級:朝比奈沙羅(パーク24)、素根輝(南筑高3年)、秋場麻優(環太平洋大3年)、稲森奈見(三井住友海上火災保険)

 

-執筆・写真提供 古田英毅(ejudo)-

2018年11月19日現在