第31回近代柔道杯全国中学生柔道大会 大会結果情報掲載(18.3.24-25)

大会結果

【オープンの部】
 優 勝:大蔵中学校A(福岡)
 準優勝:香長中学校(高知)
 第三位:金目中学校(神奈川)国士舘中学校(東京)

【一本勝ち大賞】
 甲木碧(大蔵中学校A)
【優秀選手賞】
 藤本偉央(大蔵中学校A)
 鴛海和輝(大蔵中学校A)
 藤﨑裕也(香長中学校)
 中川倖士朗(香長中学校)
 伊藤優至(国士舘中学校)
 五十嵐健太(金目中学校)
 小仲周太郎(戴星学園中学校)
 松原咲人(田島中学校)
 平見陸(天理中学校)
 原海人(埼玉栄中学校)

【女子の部】
 優 勝:大成中学校A(愛知)
 準優勝:丘中学校A(長野)
 第三位:東松山北中学校(埼玉)大成中学校B(愛知)

【一本勝ち大賞】
 奥井花奈(大成中学校A)
【優秀選手賞】
 澤崎凜(大成中学校A)
 髙橋安未(大成中学校A)
 山下朱音(丘中学校A)
 矢澤愛理(丘中学校A)
 新井万央(東松山北中学校)
 浮田笑子(大成中学校B)

組合せ

組合せはこちら

大会要項

主催 公益財団法人全日本柔道連盟、株式会社ベースボール・マガジン社
後援 公益財団法人講道館、公益財団法人日本中学校体育連盟
主管 埼玉県柔道連盟、株式会社BBMスポーツ・コミッション
運営協力 埼玉県中学校体育連盟柔道専門部、東京都中学校体育連盟柔道競技部、春日部工業高校、上尾鷹の台高校、伊奈学園総合高校、狭山台中学校、(株)ジーエスシー
日程 平成30年3月24日(土)、25日(日)
会場 埼玉県立武道館
参加資格 (1)出場するチームは全日本柔道連盟に今年度の団体登録をしていること
(2)選手は、競技者登録をしており、大会当日に同一中学校の 1、2 年生に在籍しているもの
※同一中学校からの複数チームの出場は認める その場合は、チーム名の最後に順番にアルファベットを割り当てる(例;近代柔道中学校 A、近代柔道中学校 B)
※単一校でチームを編成できない場合は、合同チームで出場できる ただし、同一市区町村内で 2 校の合同チームであること
※外国人学校の出場も可能(海外チームの招聘については予定しておりませんが、自費での参加については可能です 海外チームの参加資格は主催者が協議のうえ決定する)
※参加資格の特例(全国中学校柔道大会と同様)
・学校教育法第 134 条の各種学校(1 条校以外)に在籍し、都道府県中学校体育連盟に参加を認められた生徒であること
・参加を希望する各種学校は以下の条件を具備すること
①全国大会の参加を認める条件
ア)(公財)日本中学校体育連盟の目的および長年にわたる活動を理解し、それを尊重すること
イ)生徒の年齢および就業年限が、我国の中学校と一致している単独の学校で構成されていること
ウ)参加を希望する学校にあたっては、運動部活が学校教育の一環として、日常継続的に当該校顧問教師の指導のもとに、適切に行われていること
②全国大会に参加した場合に守るべき条件
ア)全国大会開催基準を守り、出場する競技種目の大会申し合わせ事項等に従うとともに、大会の円滑な運営に協力すること
イ)全国大会参加に際しては、責任ある当該校校長または教員が生徒を引率すること
また、万一事故の発生に備え、傷害保険等に加入するなどして、万全の事故対策を立てておくこと