平成21年度「体育の日」中央記念行事 スポーツ祭り2009

平成21年度「体育の日」中央記念行事 スポーツ祭り2009

 10月12日(月・祝)の体育の日に、東京都北区にある味の素ナショナルトレーニングセンターにおいて、「平成21年度「体育の日」中央記念行事 ス ポーツ祭り2009」が開催されました。各スポーツ界からはオリンピアンをはじめとした第一線で活躍した選手などが参加し、一般参加者と合わせ、のべ約1 万人が集まるイベントとなりました。

爽やかに晴れ、スポーツ日和となった当日の9時からイベントはスタートし、午前中は各スポーツ界から参加したオリンピアンとの「ふれあいジョギング」や 「大運動会」が行われました。他にも、体力テストを行えるコーナーや、実際に使用されているレース用の自転車に乗る体験ができるコーナーなど、さまざまな 催しが行われました。「ふれあいジョギング」には大迫明伸全日本男子ジュニアヘッドコーチが参加し、全長約2kmのコースを一般参加ランナーとともに汗を 流しました。

午後には、各スポーツのオリンピアンをコーチとしてのスポーツ教室が開催されました。
柔道では午前中に引き続き大迫明伸全日本男子ジュニアヘッドコーチをメイン講師とし、松本勇治全日本男子ジュニアコーチ、薪谷翠全日本女子シニアコーチも加え、小学生を中心に抽選で選ばれた総勢約120名の子供たちが稽古を受けました。
全員で揃って礼、体操をしたあと、子供たちを中央に集めての技の披露と説明がなされ、子供たちは真剣に見入っていました。その後、柔道未経験者と経験者、 それぞれのグループに分かれて稽古が行われ、未経験の子供たちにはしっかりと投げ方を教えてから自分より体の大きなコーチを投げ飛ばすなどの、柔道の楽し さを伝えるような稽古をし、経験者の子らには技一つ一つを模範演技し、わかりやすく説明して実際にやってみるといった、より実践的な稽古などが行われまし た。
その後、乱取、寝技の稽古、子供たちからコーチへの質問コーナーがあり、最後は礼で締めくくられました。

daiundokai
ふれあい大運動会の様子

屋外の特設ステージでは様々な催しが開かれていました。

松本コーチによる技の披露

経験者には実践的な稽古

柔道をやったことがない子供たちには
hatukyousitu
薪谷コーチがわかりやすく楽しい内容で説明

熱心に指導をする大迫コーチ

乱取稽古の様子

寝技の模範演技を熱心に見つめる
kuki
参加した久喜柔道クラブの子供たち