November 20, 2019

平成21年度Aライセンス審判員研修会(大阪)報告(10.2.13)

平成21年度Aライセンス審判員研修会(大阪)報告(10.2.13)

 2010年2月13日(土)に平成21年度公認Aライセンス審判員研修会が講道館大阪国際柔道センターにて行われた。

 41名の受講者が揃った午前10時より、川口孝夫(審判委員会委員長)が「国際柔道連盟試合審判規定」の解説を行った。

 午後からは「講道館柔道試合審判規定」を、山崎立実(審判委員会委員)が解説した。

「VTR研究」として、

2010年4月1日から改正された、脚を取ることや防御することの禁止、などについての事例映像を川口委員長が解説した。

今年度の公認Aライセンス審判員研修会は3月14日(日)に講道館にて行われる。

(大会事業課)

川口孝夫 審判委員会委員長による講演

「国際柔道連盟試合審判規定」について

平成21年度公認Aライセンス審判員研修会 実施要項

1.趣旨

  全日本柔道連盟公認審判員規程第6条(審判員研修会)に基づき、Aライセンス審判員の技能及び資質の向上を図る。

2.主催

  (財)全日本柔道連盟

3.日時・会場

  平成22年2月13日(土) 10:00~15:00(予定)

  講道館大阪国際柔道センター (〒536-0022 大阪市城東区永田4-15-11 ℡06-6961-0640)

4.講習内容

  (1)国際柔道連盟試合審判規定

  (2)講道館柔道試合審判規定

  (3)VTR研究

5.受講者

  全柔連公認審判員Sライセンス及びAライセンス有資格者で、平成20年度までに資格を取得した者

6.受講料

  5,000円

7.必携品

  (1)講道館柔道試合審判規定、国際柔道連盟試合審判規定

  (2)審判員マニュアル

  (3)筆記用具(当日、配布資料有り)

8.日程

    9:30~10:00  受付

   10:00~10:10  開講式

   10:10~12:00 「IJF試合審判規定」

   12:00~13:00  休憩

   13:00~14:00 「講道館柔道試合審判規定」

   14:10~15:00 「VTR研究」

   15:00~15:10  閉講式

9.申込み

  (1)受講希望者は、所定の参加回答書により、平成22年1月29日(金)までに、所属の都道府県柔道連盟(協会)まで回答すること。

  (2)都道府県柔道連盟(協会)は、参加回答書をとりまとめ、所定の参加者一覧を添付して平成22年2月5日(金)までに全柔連宛に提出すること。

10.その他

  受講修了者には、主催者が修了証を発行する。