第2回IJF世界グランドマスターズ選手権大会結果(10.5.31)

第2回IJF世界グランドマスターズ選手権大会(ハンガリー・ブタペスト)

出場選手(日本選手)

【個人戦】

大会日 年齢区分 年齢 階級 氏名 結果 勝上り表
5月27日 M10 76歳 60kg級 岡田 庫二郎 3位 PDF
M9 70歳 60kg級 鬼柳 一宇 優勝
74歳 杉原 尚 2位
70歳 66kg級 中島 忠 2位 PDF
69歳 73kg級 内藤 純 3位 PDF
M8 66歳 73kg級 内藤 光伸 7位 PDF
68歳 西久保 博信 7位
M7 62歳 73kg級 久宮 登三夫 優勝 PDF
61歳 81kg級 吉成 隆杜 3位 PDF
M6 55歳 90kg級 大塚 俊彦 3位 PDF
5月28日 M3 40歳 73kg級 宮本 功三 3位 PDF
42歳 81kg級 高野 賢司 初戦敗退 PDF
M1 30歳 66kg級 中村 年秀 優勝 PDF
32歳 73kg級 小室 宏二 優勝 PDF
5月29日 M2 34歳 81kg級 相原 友和 初戦敗退 PDF

大会1日目出場者

内藤純さん

吉成隆杜さん

大塚俊彦さん

久宮登三夫さん

岡田庫二郎さん対杉原尚さん

西久保博信さん

大会2日目出場者

高野賢司さん

小室宏二さん

中村年秀さん

相原友和さん

60歳以上の部団体戦メンバー

団体戦日本勝利

ビゼール会長とグランドマスターズ委員

開会式の様子1

開会式の様子2

開会式の様子3

4試合場で行なわれた

観客の様子

帯同した高橋審判員

大会概要

日程 2010年5月27日~30日
会場 Hungexpo Trade Center, Pavilion “G”
大会公式ホームページhttp://www.ijfveterans.com/

参加資格
本大会への参加資格として、参加者個人は以下のすべての条件を満たしていなければならない。
a)最低年齢30歳(生まれた年)、1980年以前生まれ
b)現在IJFに加盟している連盟により発行された、有効なライセンス(メンバー登録)を保持していること
c) 本文書で定められている締切日までに、適切なエントリー料金を支払うこと
d) 登録時に、正しく登録(チェックイン)を行うこと(日時スケジュールを参照)
e) 有効なパスポート、もしくは国のIDカードを使って、写真付の身分証明書を提示すること
f) 2009年5月25日~2010年5月26日までの間に、国の代表チームの一員として、国際レベルの大会に出場していないこと

年齢と試合時間?
【個人戦】

年齢区分 誕生年 試合時間(分) 女子 男子
30-34 1980-1976 F1 M1
35-39 1975-1971 F2 M2
40-44 1970-1966 F3 M3
45-49 1965-1961 F4 M4
50-54 1960-1956 F5 M5
55-59 1955-1951 F6 F7
60-64 1950-1946 2.5 F7 M7
65-69 1945-1941 2.5 F8 M8
70-74 1940-1936 F9 M9
75歳以上 1935- F10 M10

階級

女子: -48kg; -52kg; -57kg; -63kg; -70kg; -78kg; +78kg
男子: -60kg; -66kg; -73kg; -81kg; -90kg; -100kg; +100kg
ゴールデンスコアのルール
ゴールデンスコアのルールが適用される。60歳未満の年齢別カテゴリー(F1/M1~F6/M6)の試合は、ゴールデンスコアの時間は2分、60歳以上(F7/M7以上)は1分とする。団体戦のゴールデンスコアの時間は、すべての試合において1分とする。

個人戦の大会ルール
本規約によって定められ、グランドマスターズのために承認された条件と試合時間の変更が加えられたIJF大会ルールが採用される。各国連盟からのエントリー数は、年齢別、体重別ともに制限はない。

大会方式は、以下の通り、エントリー人数によって異なる。
エントリー1名 試合なし、もしくはカテゴリーを統合する
エントリー2名 2試合行い、結果のよい選手が勝者となる、結果が1-1の場合は、3試合目を行う。もしくは、カテゴリーを統合する。
エントリー3名 3選手の総当り戦、もしくは階級統合
エントリー4名 4選手の総当り戦
エントリー5名 5選手の総当り戦
エントリー6名 3選手ずつ総当り戦を行い、各上位2名が交差して準決勝を行う
エントリー7名 3選手と4選手に分かれて総当り戦を行い、各上位2名が交差して準決勝を行う
エントリー8名以上 ダブルレペチャージ敗者復活ありのトーナメント方式

各カテゴリーの試合は一日で行われる。

1つのカテゴリーの参加者数が十分でないとき、IJFスポーツ理事は、IJFグランドマスターズ委員会テクニカル役員に、カテゴリー同士を一緒にして試合を行う権限を委ねる。
カテゴリー統合の対象となるのは、エントリーが3名以下の階級のみ。
年齢別カテゴリー:選手は、一つ上の年齢階級、もしくは一つ下の年齢階級の選手と統合されることができる。
体重階級:選手は、一つ軽い階級、もしくは一つ重い階級の選手と統合されることができる。
女性及び男性それぞれのカテゴリーにおいて、実際の体重の差が一番軽い、もしくは一番重い選手が関係する場合、特別な配慮がなされる。

メダル
メダルは、一つのカテゴリーにおいて試合が行われ、その試合を行った選手の数によって授与される。
参加選手1名 メダルなし
参加選手2名 2つのメダル
参加選手3名 3つのメダル
参加選手4名 3つのメダル
参加選手5名 3つのメダル
参加選手6名以上 4つのメダル

もしも、選手が、統合されたカテゴリーにおいて試合を行った場合、メダルは1セットのみ、そのカテゴリーで試合をした選手に授与され、試合が行われなかったカテゴリーにおいて、メダルが授与されることはない。