September 15, 2019

2019世界柔道選手権東京大会並びに2020東京オリンピック試合用畳を発表!4月選抜体重別にて世界初披露

この度、国際柔道連盟(IJF)と本連盟は、Park24 Group presents 2019世界選手権大会において新色の畳を採用することに合意いたしました。

0312New tatami colours to be used at the 2019 World Judo Championships ※IJF発表記事

またIJFによると、新色の畳は2020東京オリンピックにおいても使用予定であり、今年8月25日に開幕する世界選手権大会においてテストされることとなります。この畳は2019年4月6日、7日の全日本選抜体重別選手権大会において世界で初めて披露され、各階級のトップ選手たちが2019世界選手権大会と同じ畳の上で日本代表の座を賭け、熱い闘いを繰り広げます。

山下泰裕本連盟会長のコメント

『使用する畳や色が決定したことで、選手達は世界選手権大会や東京オリンピックをより具体的にイメージ出来るのではないかと思います。2020東京オリンピックまであと500日となりましたが、最高の舞台で選手たちが全力を尽くし、国民に夢や希望を与えられるよう、関係者一丸となり準備に邁進する所存です。』

新色の畳はIJFオフィシャルパートナーである中国のタイシャン社製で、試合場内が青色(305C)、場外は赤色(032C)であり、観客やテレビ視聴者にとってより見やすい色を検討し、今回の変更に至っております。新色の上記大会以外における使用については現在のところ未定です。色のイメージについては以下をご参照下さい。