September 19, 2018

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ)柔道競技日本選手(8.29-9.1)大会結果掲載

第18回アジア競技大会

開催国 インドネシア(ジャカルタ)
期 間 2018年8月29日(水)~9月1日(土)

大会概要

■2018年8月29日(水)
開会式
男子個人戦:60㎏級、66kg級 / 女子個人戦:48㎏級、52kg級
■2018年8月30日(木)
男子個人戦:73kg級、81kg級 / 女子個人戦:57kg級、63kg級、70kg級
■2018年8月31日(金)
男子個人戦:90㎏級、100kg級、100kg超級 / 女子個人戦:78㎏級、78kg超級
■2018年9月1日(土)
男女混合団体戦

テレビ放送

■NHK衛星第一(BS1)
8月29日(水) 17時55分~23時30分(生中継)
8月30日(木) 17時55分~23時15分(生中継)
8月31日(金) 17時55分~21時00分(生中継)
■TBS系列 TBS(地上波)
8月29日(水) 20時00分~
8月30日(木) 20時00分~
■TBS系列 BS-TBS
8月29日(水) 23時00分~24時00分
8月30日(木) 23時00分~24時00分
8月31日(金) 23時00分~24時00分

日本代表選手団名簿

【 選手 】
男子選手 100kg超級 王子谷剛志(旭化成株式会社) 5位
100kg級 飯田健太郎(国士館大学2年) 優勝
90kg級 ベイカー茉秋(日本中央競馬会) 3位
81㎏級 佐々木健志(筑波大学4年) 5位
73㎏級 大野 将平(旭化成株式会社) 優勝
66㎏級 丸山城志郎(株式会社ミキハウス) 2位
60㎏級 志々目 徹(学校法人了德寺学園職員) 2位
女子選手 78㎏超級 素根  輝(南筑高校3年) 優勝
78㎏級 佐藤 瑠香(コマツ) 優勝
70㎏級 新添 左季(山梨学院大学4年) 優勝
63kg級 鍋倉 那美(三井住友海上火災保険株式会社) 優勝
57㎏級 玉置  桃(三井住友海上火災保険株式会社) 優勝
52kg級 角田 夏実(学校法人了德寺学園職員) 優勝
48㎏級 近藤 亜美(三井住友海上火災保険株式会社) 2位
団体戦 90㎏超級 影浦  心(日本中央競馬会) 優勝
90kg級 小林 悠輔(旭化成株式会社)
73㎏級 海老沼 匡(パーク24株式会社)
70kg超級 稲森 奈見(三井住友海上火災保険株式会社)
(変更選手)
H30/7/3 山本 沙羅(福井県スポーツ協会)
70kg級 田中 志歩(環太平洋大学2年)
57kg級 舟久保遥香(三井住友海上火災保険株式会社)

 

大会情報

アジア大会公式ページ
https://en.asiangames2018.id/sport/judo/(英語ページ)

国際柔道連盟公式ページ~18th Asian Games Jakarta 2018~
https://www.ijf.org/competition/1659(英語ページ)

日本オリンピック委員会(JOC)オフィシャルページ
https://www.joc.or.jp/games/asia/2018/

2018年ジャカルタアジア大会NHKSportOnline
https://www1.nhk.or.jp/sports2/2018asiangames/index.html

アジア大会2018ジャカルタ|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/asiangames/

大会写真

 

大会結果 男子

100kg超級 王子谷剛志 5位

準々決勝戦 準決勝戦 3位決定戦
相手名 オルティボエフ キム スンミン ミルママドフ
国名 ウズベキスタン 韓国 タジキスタン
内容 一本勝(大外刈) 反則負(脇固) 不戦敗

 

100kg級 飯田健太郎 優勝

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 リ フリン ホジャムハメドフ ルカグワシュレン チョ グハム
国名 中国 トルクメニスタン モンゴル 韓国
内容 一本勝(内股) 一本勝(内股) 反則勝(指導3) 反則勝(GS・指導3)

 

90kg級 ベイカー茉秋 3位

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 3位決定戦
相手名 ブレクロフ ボズバエフ ガク ドンハン サビロフ
国名 キルギスタン カザフスタン 韓国 ウズベキスタン
内容 反則勝(指導3) 反則勝(指導3) 反則負(指導3) 一本勝(横四方固)

 

81kg級 佐々木健志 5位

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 3位決定戦
相手名 サルワイ ボルタボエフ カムザ ゾロエフ
国名 アフガニスタン ウズベキスタン カザフスタン キルギスタン
内容 一本勝(内股) 一本勝(袈裟固) 一本負(隅落) 一本負(隅落)

 

73kg級 大野 将平 優勝

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 キン ダガ キム チョルガン スクボルトフ アン チャンリン
国名 中国 北朝鮮 UAE 韓国
内容 一本勝(腕挫十字固) 一本勝(合技) 一本勝(内股) 優勢勝(GS・技有・内股)

 

66kg級 丸山城志郎 2位

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ウー ジキャン テ アルター ズマカノフ アン バウル
国名 中国 キルギスタン カザフスタン 韓国
内容 一本勝(体落) 反則勝(指導3) 一本勝(腕挫十字固) 一本負(背負投)

 

60kg級 志々目 徹 2位

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ポウ キフォク シャン イー アン ジェヨン ウロズボエフ
国名 カンボジア 中国 北朝鮮 ウズベキスタン
内容 一本勝(横四方固) 反則勝(GS・指導3) 優勢勝(技有・大内刈) 優勢負(GS・技有・浮技)

 

大会結果 女子

78kg超級 素根  輝 優勝

2回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 カウル イサノバ キム・ミンジョン
国名 インド カザフスタン 韓国
内容 一本勝(合技) 反則勝(指導3) 優勢勝(GS・技有・背負投)

 

78kg級 佐藤 瑠香 優勝

2回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 チャンハコウマン マー・ゼンジャオ パク・ユジン
国名 ラオス 中国 韓国
内容 一本勝(大外刈) 反則勝(指導3) 一本勝(支釣込足)

 

70kg級 新添 左季 優勝

2回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ジュー・ヤ ベクタスキジー キム・センヨン
国名 中国 カザフスタン 韓国
内容 一本勝(合技) 一本勝(袈裟固) 一本勝(GS・内股)

 

63kg級 鍋倉 那美 優勝

2回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 フラディフタ タン・ジン ワタナベ
国名 インドネシア 中国 フィリピン
内容 一本勝(内股) 一本勝(内股) 一本勝(合技)

 

57kg級 玉置  桃 優勝

2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ワラシハ キム・ジャンディー ル・トンジュアン キム・ジンア
国名 タイ 韓国 中国 北朝鮮
内容 一本勝(合技) 一本勝(腕挫十字固) 一本勝(片手絞) 一本勝(背負投)

 

52kg級 角田 夏実 優勝

2回戦 準々決勝 準決勝戦 決勝戦
相手名 ハカ チェン・チン・リン イム・ソンシム パク・ダソル
国名 ネパール チャイニーズタイペイ 北朝鮮 韓国
内容 反則勝(指導3) 一本勝(合技) 一本勝(巴投) 一本勝(腕挫十字固)

 

48kg級 近藤 亜美 2位

2回戦 準決勝戦 決勝戦
相手名 ケルディヨロバ ガルバドロフ ジョン・ボギョン
国名 ウズベキスタン カザフスタン 韓国
内容 一本勝(横四方固) 一本勝(合技) 優勢負(GS・技有・背負投)

 

大会結果 男女混合団体戦

2回戦

日本 3 - 3 韓国
階級 氏名 勝敗 氏名
内容
57kg級 玉置  桃 ○ – クオン・ユジョン
反則勝(GS・指導3)
73kg級 海老沼 匡   – ○ アン・チャンリン
一本負(GS・体落)
70kg級 新添 左季 ○ – ジョン・ヘジン
一本勝(GS・内股)
90kg級 小林 悠輔   – ○ ガク・ドンハン
優勢勝(GS・技有・大内返)
70kg超級 山本 沙羅   – ○ キム・ミンジョン
反則勝(GS・指導3)
90kg超級 影浦  心 ○ – キム・スンミン
反則勝(GS・指導3)

 

準決勝戦

日本 4 - 0 中国
階級 氏名 勝敗 氏名
内容
57kg級 舟久保遥香 ○ – ジャン・ウェン
一本勝(横四方固)
73kg級 海老沼 匡 ○ – バ・ヤンデリヘイ
一本勝(背負投)
70kg級 田中 志歩 ○ – リュウ・ホンヤン
一本勝(横四方固)
90kg級 小林 悠輔 ○ – ブ・へビリジ
一本勝(大外刈)
70kg超級 山本 沙羅   – ワン・ヤン
90kg超級 影浦  心   – シェン・ズホン

 

決勝戦

日本 4 - 0 カザフスタン
階級 氏名 勝敗 氏名
内容
57kg級 舟久保遥香 ○ – ニシャンナベヤ
一本勝(横四方固)
73kg級 海老沼 匡 ○ – スマグロフ
優勢勝(GS・背負投)
70kg級 田中 志歩 ○ – ベクタスキジー
一本勝(内股)
90kg級 小林 悠輔 ○ – ボズバエフ
優勢勝(内股)
70kg超級 山本 沙羅   – イサノバ
90kg超級 王子谷剛志   – カジバエフ