December 18, 2017

「柔道事故ゼロ運動」の実施について

「柔道重大事故根絶月間:4月29日~5月31日」

全日本柔道連盟広報委員会
医科学委員会
指導者養成委員会
重大事故総合対策委員会

この度、当連盟では標記四委員会が連携し、4月29日~5月31日を「柔道重大事故根絶月間」と称し「柔道事故ゼロ(重大事故根絶)運動」を実施することとなりました。

安全指導の資料ページより、「柔道の安全指導」「柔道事故ゼロを目指して(動画)」「道場掲示資料」「大外刈りの指導手順例」「柔道練習ステップ」「全柔連発信通知」などを見ることができます。

また、今後、SNSを活用して「柔道安全資料第四版(動画)」「著名柔道家の安全指導講話」などの情報もフェイスブック等で配信し、柔道事故ゼロの活動を実施いたします。

なお、今後も「怪我をしない、させない」ために下記の事項には特に留意してください。

1.例年5月から8月に頭部打撲による事故が集中しています。
2.初心者、新入部員のために無理のない練習メニューを作成してください。
3.毎回の練習に柔道に必要な体力を高める運動を取り入れてください。
4.指導者、保護者、子どもたち全てが安全な練習法を共有してください。
5.片足立ちで投げる技、組み手と逆方向に掛ける技は後回しにしてください。
6.5月以降は夏日となる日もあるので熱中症にも十分留意してください。

「重大事故ゼロはすべての柔道人の願いです。安全で安心な指導法、練習法で思い切り柔道を楽しみましょう」