September 22, 2017

<< Sport for Tomorrow >> バングラデシュへのリサイクル柔道畳供与について

昨秋、山口県周南市より無償にてご提供いただきました柔道畳およそ950枚のうち141枚が、日本郵船株式会社の輸送協力を経てバングラデシュに到着し、2016年12月26日、首都ダッカ市内のスポーツ施設にて引渡式が行われ、その様子が在バングラデシュ日本大使館より伝えられました。早速、この畳を使ってのデモンストレーションが行われ、日本製の畳の良さをあらためて感じてもらえたようです。引渡式のニュースは現地テレビ局でも報道されました。

これらの畳は今後、各地の教室や道場に送られ、練習や試合に広く活用されるとのことです。バングラデシュ柔道の活性化の一助となれば、大変嬉しく思います。
柔道の支援・交流を通じて、日本とバングラデシュがより一層強い絆で結ばれていくことを願っております。

※日本政府のスポーツを通じた国際貢献策<< Sport for Tomorrow >>の一環として外務省が平成27年度より始めた「スポーツ外交推進事業」と共同で、当連盟は各国へリサイクル柔道衣や畳を供与する活動をしております。柔道衣や畳の不足など、十分に柔道ができる環境の整っていない国々からこの活動への期待が高く、今後も積極的に実施していきたいと考えています。