【国際委員会】上田正昭氏、ケムサート・ピラパンデット氏が外務大臣賞を受賞

外務省より、今年度の外務大臣賞(※)の表彰者が発表されました。柔道関係者では、上田 正昭 氏(オーストリア柔道連盟コーチ)とケムサート・ピラパンデット(ラオス柔道連盟会長)が受賞されました。受賞理由は、以下の通りです。(外務省文章より引用)
○ 上田 正昭 オーストリア柔道連盟コーチ
柔道の指導活動を通じオーストリアにおける柔道の普及と技術向上に貢献された。帰化後オーストリア選手として活動の後、1989年以降はオーストリア柔道連盟のコーチとしてメダリストを含む数多くのオーストリア柔道選手育成に尽力され、また、同国代表選手、少年柔道チームと日本選手との柔道交流に寄与された他、全日本柔道連盟国際委員会在外委員として日本代表チームの同国遠征の現地滞在をサポートされた。
2014gaimudaijinsyou

オーストリアチームと共に(左端が上田氏)

○ ケムサート・ピラパンデット ラオス柔道連盟会長
ラオスにおいて日系企業の現地パートナーとして活躍される傍ら、JICA及び日本側柔道関係者と協力し、同国における柔道普及に貢献された。複数の柔道家の競技生活支援、また、有力選手の日本への柔道留学サポート等将来の指導者的人材育成に寄与され、さらにラオス日本武道センターの運営体制変更時には、運営アドバイスの他私財を投じ同センター財政基盤整備に取り組まれ、日本武道全般振興のため貢献された。
2014gaimudaijinsyou2

ラオス選手団と共に(右端がケマサ会長)

2014gaimudaijinsyou3

ラオスの柔道家と共に(中央がケマサ会長)

※外務大臣表彰は、多くの方々が国際関係の様々な分野で活躍し我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体についてその功績を称えるとともに、その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としています。
2014gaimudaijinsyou4

岸田外務大臣からの授与式