September 23, 2016

全国柔道事故被害者の会との協議会開催のご報告

全国柔道事故被害者の会との協議会開催のご報告

 7月30日(水)、講道館内会議室にて全国柔道事故被害者の会と当連盟の協議会を開催致しました。全国柔道事故被害者の会からは村川義弘会長、田中義之副会長、柔道事故被害者のお母上5名のご参加を頂き、当連盟からは宗岡正二会長、山下泰裕副会長、近石康宏専務理事、木村昌彦指導者養成プロジェクト特別委員会委員長、佐藤幸夫指導者養成プロジェクト特別委員会安全指導部会委員、室田直医科学委員会委員長、溝口紀子評議員兼広報委員会委員が参加し、当連盟事務局からは宇野博昌事務局長、事務局員3名が同席致しました。
宇野事務局長司会進行のもと、会の始めには双方出席者の自己紹介、その後宗岡会長からの挨拶、引き続き村川会長からのご挨拶、並びに柔道事故被害者のお母上からそれぞれの事故状況の報告、今後のご要望に関してお話を頂きました。その後、村川会長より全国柔道事故被害者の会会員から宗岡会長に対する手紙、及び安全な柔道に向けて7項目に渡る要望書が宗岡会長に手渡され、意見交換の場では公認指導者資格制度の運用などの状況報告が行われました。協議会の終わりには柔道指導者一人ひとりが意識改革を行い、安全を第一とする指導の在り方、心構えを今一度見直していくことが確認されました。当連盟と致しましても事故予防の正しい認識、情報発信を柔道に関わる全ての人に発信していく所存ですので、皆様のご協力の程、何卒宜しくお願い致します。
【柔道事故防止】各種資料ご案内(脳振盪への対応等)

以上

IMG_1887 IMG_1889hp
協議会の様子(全柔連関係者) 協議会の様子
(左:近石専務理事 中:宗岡会長 右:山下副会長)
IMG_1890hp IMG_1907
メモを取る全国柔道被害者の会の村川会長(右)と田中副会長(左) 協議会終了後の記者会見の様子

全国柔道事故被害者の会との協議会の開催について

 この度、全国柔道事故被害者の会と当連盟との協議会を開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。当日は柔道の安全についての協議、意見交換会等を行う予定です。

  • 日 時
    平成26年7月30日(水)15:00~
  • 場 所
    講道館新館2階「第4会議室」
  • 出席者
    【全国柔道事故被害者の会】
    村川義弘 会長(他、副会長以下数名が出席予定)
    【全日本柔道連盟】
    宗岡正二 会長
    山下泰裕 副会長
    近石康宏 専務理事
    木村昌彦 指導者養成プロジェクト特別委員会委員長
    佐藤幸夫 同委員会安全指導部会委員
    室田 直 医科学委員会委員長
    溝口紀子 評議員