December 19, 2018

東アジア柔道選手権大会報告(06.9.3)

東アジア柔道選手権大会

第1回東アジア柔道選手権大会が行なわれた。

開催日:2006年9月2日(土)
男子 -66Kg級、-73Kg級、-81Kg級、-90Kg級、+100Kg級
女子 -52Kg級、-57Kg級、-63Kg級、-70Kg級、+78Kg級

2006年9月3日(日)
男子 -60Kg級、-100Kg級
女子 -48Kg級、-78Kg級
団体戦(男女開催)

参加国:日本、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華民国、香港、台湾、モンゴル、マカオ

開催会場:ナショナル レスリング パレス(モンゴル・ウランバートル)

男子
階級 選手名 結果
-60Kg 平岡 拓晃 選手 優勝
-66Kg 梅津 敏昭 選手 3位
-73Kg 稲澤 真人 選手 優勝
-81Kg 法兼 真 選手 5位
-90Kg 増渕 樹 選手 3位
-100Kg 猪又 秀和 選手 優勝
+100Kg 生田 秀和 選手 3位
女子
階級 選手名 結果
-48Kg 福見 友子 選手 優勝
-52Kg 宝 寿栄 選手 3位
-57Kg 岩藤 理恵 選手 3位
-63Kg 平井 希 選手 優勝
-70Kg 渡邉 美奈 選手 2位
-78Kg 池田 ひとみ 選手 優勝
+78Kg 駒木 奈緒美 選手 3位

中村行成 全日本男子コーチ
「強豪国が参加する本大会で選手は良くやったと思う。

(最優秀選手に選ばれた稲澤選手について)海外遠征を通じて外国人選手の対策もしっかり出来るようになった。2日目は個人の全階級(4階級)で優勝でき気持ちよく締めくくることが出来た。」

<IJFコンチネンタル審判試験>

東アジア柔道選手権大会では、IJFコンチネンタル審判試験が行われた。11カ国・地域から16名が受験し14名が合格した。日本からは水野博介審判員と山口奈美審判員が受験し合格した。

<在モンゴル日本国大使館から差し入れ>

本大会中に在モンゴル日本国大使館より選手団に差し入れをいただいた。また、市橋 康吉 特命全権大使をはじめ、大使館の職員の方日の丸を持参し応援に駆けつけてくださった。

height=142
大会会場
height=142
試合風景
height=142
開会式
width=198
開会式でのデモンストレーション
width=198
73Kg級優勝の稲澤選手
width=198
73Kg級表彰式
width=198
63Kg級優勝の平井選手
width=198
63Kg級表彰式
width=198
60Kg級優勝の平岡選手
width=198
60Kg級表彰式
width=198
100Kg級優勝の猪又選手
(払い越しで見事一本)
width=198
100Kg級表彰式
width=198
48Kg級優勝の福見選手
width=198
48Kg級表彰式
width=198
78Kg級優勝の池田選手
width=198
78Kg級表彰式
(プレゼンターは小野沢東アジア柔道連盟審判理事)
width=198
市橋特命全権大使にも御臨席賜りました。他にも、大使館、在留邦人の方々が多数来場し応援をしてくださいました
width=198
個人戦で苦杯を喫した中国選手に団体戦で見事一本勝ちを収めた生田選手
width=198
最優秀選手に選ばれた稲澤選手
width=198
男子団体表彰式でチーム代表として受け取ったトロフィーを掲げる中村行成コーチ
width=198
見事優勝した男子チーム
width=198
3位に入賞した女子チーム
width=198
フェアウェルパーティではモンゴル相撲のデモンストレーションが行なわれた
width=198
フェアウェルパーティでの一枚。大会が終わり、コーチも選手もリラックス