December 18, 2017

平成20年度講道館杯全日本体重別選手権大会(千葉ポートアリーナ)

平成20年度講道館杯全日本体重別選手権大会(千葉ポートアリーナ)

【大会結果】

大会結果

【大会概要】

選手への連絡事項(ルール変更含む)PDF
※既に選手へは発送済みです。確認下さい。

タイムテーブル(PDF)

目   的 平成20年度後期の全日本強化選手を選考すると共に、2009世界柔道選手権大会(オランダ・ロッテルダム)の日本代表第1次選考会とする
期   日 平成20年(2008年)11月15日(土)女子 16日(日)男子 開会9:00/閉会17:00(両日とも)
会   場 「千葉ポートアリーナ」千葉県千葉市中央区問屋町1-20 ℡043-241-0006
主   催 財団法人全日本柔道連盟、財団法人講道館
主   管 千葉県柔道連盟
後   援 千葉県、千葉県教育委員会、千葉市、千葉市教育委員会、財団法人千葉市スポーツ振興財団
フジテレビジョン、読売新聞社
特別協賛 コマツ
協   賛 旭化成、綜合警備保障、了徳寺学園、トヨタ自動車、コナミスポーツ&ライフ
東建コーポレーション、ミズノ、明治製菓、日本航空、大塚製薬、三井住友海上火災保険、近畿日本ツーリスト
テレビ放映 11月16日(日)26:10~27:40
フジテレビ
チケット情報 【入場料】全席自由 一般1,000円 高校生以下500円(未就学児無料)
【前売り販売】?2008年11月6日(木)~11月13日(木)まで全日本柔道連盟事務局にて販売
【受取方法】
(1)申込書(PDF)にて申込、現金書留か振込みで入金する。
入金確認後配達記録郵便にて発送(振込手数料及び郵送料はご負担下さい)
(2)全柔連事務局窓口にて直接購入
【受付時間】土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:00~17:00
出場資格 (1)日本国籍を有するもので、本連盟に登録をしている者
(2)強化委員会から選出された者
試   合 (1)試合は、国際柔道連盟試合審判規定で行なう
(2)優勢勝ちの判定基準は、「有効」又は「指導2」以上とする。得点差がない場合は、延長戦(ゴールデンスコア)により勝敗を決する
(3)敗者復活戦を伴うトーナメント戦で行う
日   程 15日(土) 女子7階級
非公式計量 06:00~06:30 公式計量  06:30~07:00 試合・表彰 09:00~17:00
16日(日) 男子7階級
非公式計量 06:00~06:30 公式計量  06:30~07:00 試合・表彰 09:00~17:00
服   装 白色の柔道衣のみを使用する(女子の黒帯は、白線入りの帯を使用すること)
組合せ表 女子組合せ表(PDF)
男子組合せ表(PDF)
ゼッケン (1)女子・・主催者が広告入りゼッケンを用意し、下記の要領で縫い付ける
①受 付: 14日(金) 13:00~14:00
②引渡し: 14日(金) 17:00~18:00
③場 所: 千葉ポートアリーナ「サブアリーナ」
(2)男子・・各自で用意し、下記の要領で縫い付けること
①布地は白色とし、苗字を上部2/3、所属を下部1/3にゴシック又は楷書の黒文字で記載すること
②サイズは横30cm~35cm、縦25cm~30㎝
③縫い付けの場所は、後ろ襟から5~10㎝下部とし、対角線にも強い糸で縫い付けること
④スポンサー名が入っているものは使用不可とする。
表   彰 各階級の1位~3位までを表彰する
その他 (1)皮膚真菌症(トンズランス感染症)
発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。
感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。
もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある。
(2)アンチドーピング検査
WADAによる使用禁止薬物を用いていないかをIJFの規則に準じて検査する
(3)出場選手の傷害保険は、主催者が加入しその費用を負担する

 

【過去の結果】

平成19年