November 12, 2019

北京オリンピック出場枠および出場資格について(主要点抜粋)

北京オリンピック出場枠および出場資格について(主要点抜粋)

選手が日本代表として北京オリンピックに出場するには、下記の3点全てをクリアーしていなければならない。
(1)日本がその階級において国としての出場枠を取っていること
(2)その選手個人がその階級において出場資格があること
(3)その選手個人が日本代表選手に選考されること

【北京オリンピック出場枠の割り当て】

男 子 女 子 階 級 合 計
1. リオデジャネイロ世界選手権大会 127 84
2. 大陸別
アフリカ + 57 35
アジア + 87
(+2)
58
ヨーロッパ + 147 98
オセアニア + 27 14
パン-アメリカ + 97 63
各大陸への割り当て 合計 24 + 14 387 268
1. ホスト国(中国) 27 14
2. 三者委員会 招待枠
(IOC/ANOC/IJF)
性別及び階級未定 20
TOTAL 386

※アジア特別枠の2および三者委員会特別枠の20の合計22については、性別及び階級未定


国際柔道連盟 (IJF)

2007年リオデジャネイロ世界選手権大会で、各階級5位以上の入賞者の国(各階級6枠)


アジア柔道連盟 (JUA)

JUAは男子各階級5枠(合計 35枠)を、女子各階級3枠(合計21枠)を、そして追加で2選手分の枠を配分する。これらの枠は下記の要領によって配分される。

1. JUAの各国連盟及びNOC(各国オリンピック委員会)への配分


1-1.2008 アジア選手権大会

2008アジア選手権大会において、各階級の優勝者の連盟・NOCは各階級の枠を獲得する。


1-2. ポイント制度

JUAに割り振られた残りの枠は、下記3大会において獲得した合計ポイントの多い順に連盟・NOCに配分される。
(2007世界選手権において出場権を獲得済み、または、2008アジア選手権大会の優勝者である連盟・NOCを除く)

開催年
大会
2006年
アジア競技大会
2007年
アジア選手権大会
2008年
アジア選手権大会
第1位 50 50 出場権獲得
第2位 30 30 60
第3位 20 20 40
第5位 10 10 20
第7位 10
第9位
参加のみ


ポイントが同数の場合

2つ以上の連盟が同数のポイントを獲得し、オリンピック出場資格のための順位を決定できない場合、オリンピック出場決定試合を開催し、順位を最終確定する。

2. 出場資格を与えられた連盟・NOCの柔道選手の条件


2-1. 条件

ポイント付与の対象は2006年から2008年に開催の下記の大会のみ。
*下記大会中、世界選手権大会とアジア競技大会、アジア選手権大会に1度でも出場していること。
または、その他の指定された国際大会に2度以上出場していること。但し、無差別はポイントの対象にはならない。


2-2. JUAポイント付与対象の大会

11月A青島国際大会青島中国12月A嘉納治五郎杯東京国際大会東京日本

グループ 大会名 都市名 国名
2006 11月 青島国際大会 青島 中国
12月 韓国国際大会 済州島 韓国
12月 JUA アジア競技大会 ドーハ カタール
12月 福岡国際女子選手権大会 福岡 日本
2007 3月 カザフスタン国際大会 アルマティ カザフスタン
5月 JUA アジア選手権大会 クウェート クウェート
6月 イラン国際大会 テヘラン イラン
9月 IJF 世界選手権大会 リオデジャネイロ ブラジル
12月 韓国国際大会 済州島 韓国
2008 3月 カザフスタン国際大会 アルマティ カザフスタン
4月 JUA アジア選手権大会 済州島 韓国
(国際委員会)