November 15, 2019

第1回全国中学校(教科)柔道指導者研修会

第1回全国中学校(教科)柔道指導者研修会

1 趣  旨 平成24年度から完全実施される中学校武道必修化に向け、日本全国で柔道を指導する中学・高校・大学・実業団等の指導者を対象に伝達講習ができる中核的指導者を養成し、各都道府県において柔道を専門としない中学校保健体育科教職員の授業力向上に資する。
2 名  称 第1回全国中学校(教科)柔道指導者研修会
3 主  催 財団法人日本武道館、財団法人全日本柔道連盟
4 後援(予定) 文部科学省
5 期  日 平成22年6月24日(木)から26日(土)まで(2泊3日)
6 会場及び宿舎 日本武道館研修センター
(千葉県勝浦市沢倉582 ※勝浦駅から徒歩15分  TEL0470-73-2111)
7 参加対象者 (1)各都道府県において中学校柔道の指導的立場にあり、本研修の全課程を受講し、その内容を伝達講習できる者。
(2)各都道府県各2名
※ただし、都道府県柔道連盟(協会)の推薦により、9の(1)及び(2)の経費によらない自費参加を認める。
8 参加人数 94名(予定)
9 参加者補助 (1)往復交通費(都道府県庁所在地~勝浦)及び宿泊費(2泊6食付)は主催者が負担する。
交通費は原則として、参加者在住都道府県庁所在地から勝浦までの最も経済的な経路により計算した往復鉄道運賃(学生は学割運賃)を補助する。なお、北海道、四国、九州、沖縄については一部を航空運賃で計算する。
(2)参加費(テキスト、資料代等)は主催者が負担する。
(3)研修期間中のみ(会場への往復途上は含まれない)の傷害保険費用は主催者が負担する。万一研修期間中に事故が発生した場合の治療費負担は傷害保険の範囲内とする。※参加者は健康保険証を持参のこと。
10 研修計画 別紙「実施内容・日程表」により実施し、全課程を修了した者には主催者より修了証を授与する。
11 申込先及び期日 (1)所属する都道府県柔道連盟(協会)を通して、(財)全日本柔道連盟事務局総務課(TEL:03-3818-4199 FAX:03-3812-3995)宛に、2名の参加者申込書を提出する。
(2)提出期限:5月28日(金)
(3)自費参加の希望があるときは、各都道府県柔道連盟(協会)は、5月28日(金)までに、全柔連事務局総務課宛に、自費参加者推薦書を提出する。
12 問合先 (財)全日本柔道連盟事務局・総務課(担当:坂本)
TEL:03-3818-4199 FAX:03-3812-3995

・日程表(PDF)