第27回皇后盃全日本女子柔道選手権大会

第27回皇后盃全日本女子柔道選手権大会

大会結果

【入賞者一覧】

優 勝 山部 佳苗(初優勝)
準優勝 杉本 美香
第三位 立山 真衣 朝比奈沙羅
第五位 市橋寿々華 谷村 美咲 烏帽子美久 田知本 愛

【組合せ結果】
こちらから[PDF]

【大会レポート】
こちらから

【大会写真】

大会ポスター

前日記者会見の様子

大会会場前

大会風景1

大会風景2

大会風景3

初優勝の山部選手

山梨学院大学の集合写真

チケット情報

 4月2日(月)より、全柔連事務局でチケット販売を行います。詳細は以下の通り。

※事務局での直接販売のみとなりますのでご了承ください。

一般2,000円 1,000円(小学生以下は無料) 販売場所全日本柔道連盟 事務局(文京区春日1-16-30講道館5階 TEL:03-3818-4199) 10:00~12:00/13:00~17:00(土日祝日を除く平日)

チケット料金 一般 2,000円
中高生 1,000円(小学生以下は無料)
購入方法 販売場所 全日本柔道連盟 事務局 (文京区春日1-16-30講道館5階 TEL:03-3818-4199)
販売時間 10:00~12:00/13:00~17:00(土日祝日を除く平日)

大会要項

期日 平成24年4月15日(日) 午前11時30分開始(11時開場)
会場 横浜文化体育館(JR線関内駅下車徒歩5分) (横浜市中区不老町2丁目7番地 TEL:045-641-5741)
主催 (公財)講道館 (公財)全日本柔道連盟
後援 文部科学省、NHK、東京新聞・東京中日スポーツ、(財)上月スポーツ・教育財団、神奈川県、神奈川県教育委員会、(財)神奈川県体育協会
組合せ 組合せ表
参加選手 ①推薦選手
前年度優勝者、準優勝者及び世界柔道選手権2011パリ大会優勝者
②地区選出選手
34名とし、地区別の選出数は以下のとおりとする。

北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州 合計
2 2 7 8 2 2 5 2 2 2 34

③欠場の取り扱い
(1)前年度優勝者、準優勝者が出場しない場合は、平成23年4月17日現在において、当該選手が登録を行っていた都道府県柔道連盟(協会)が所属する地区の選出数を1名増する。
(2)世界柔道選手権2011パリ大会の優勝者が出場しない場合の補充は行わない。
(3)地区選出選手が欠場する場合
ア)欠場が出た地区がこれを補充する。
イ)地区が補充できない場合には、開催地区(関東)がこれを補充する。
ウ)欠場の補充は、大会開催の2日午後5時までに届出のあったものまで認める。

出場資格 ①日本国籍を有し、全日本柔道連盟に登録している者。
②大会当日において中学2年以上の者。
③地区選出選手は、その地区を構成する都道府県柔道連盟(協会)を通して、平成23年度の全日本柔道連盟登録手続きを行っており、その地区において居住、勤務、在学の実体の伴ういずれかの条件を満たしていること。
④卒業、転勤等により、実体の伴う現住所の変更、勤務する会社、通学する学校の変更がある場合には、変更先の地区から出場することができる。ただし、この場合は速やかに登録変更の手続きを行わなければならない。
審判規定 ①国際柔道連盟試合審判規定で行う。
②試合時間は6分間とする。
③試合時間内で勝敗が決しない場合は、延長戦は行わず、旗判定にて僅少差をもって勝敗を決する。
④試合場は、8m×8mの試合場内とし、周囲に3mの安全地帯を設ける。
⑤柔道衣は白色のみを使用し、黒帯は中央に白線入りの帯を使用する。
試合方法 トーナメント戦で行う。(敗者復活戦は行わない。)
審判会議 4月14日(土)16:30~17:30まで、横浜文化体育館内会議室にて行う。
表彰 優勝者、2位、3位(2名)、5位(4名)を表彰する。
ドーピング検査 (公財)全日本柔道連盟ドーピング防止規定により検査を行う。
その他 皮膚真菌症(トンズランス感染症)について
発生の有無を各所属の責任において必ず確認すること。観戦が疑わしい、もしくは観戦が判明した選手は、迅速に医療機関において的確な治療を行うこと。大会時に、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある。