第37回全国教員柔道大会 詳細結果掲載

第37回全国教員柔道大会 詳細結果掲載

大会結果

・大会結果(PDF)
・詳細結果(PDF)
【五人制の部】

優勝 神奈川県
第2位 秋田県
第3位 大阪府
兵庫県

(決勝戦)

秋田県 1-2 神奈川県
先鋒 佐藤 寛仁 ○ 一本勝ち(肩車) 明先 俊太郎
次鋒 佐藤浩一郎
引き分け
田中 雄士
中堅 藤原 淳一 腕挫十字固 廣川 充志
副将 石井 直人
引き分け
岡村 照大
大将 畠山 翔
一本勝ち(出足払) ○
紫牟田 武徳

【三人制の部】

優勝 石川県
第2位 山梨県

(決勝戦)

山梨県 1-2 石川県
先鋒 山部 伸敏
一本勝ち(一本背負投) ○
江口 遼至
中堅 矢嵜 雄大 ○ 一本勝ち(横四方固) 魚住 洋輔
大将 内山 亮
一本勝ち(大外刈) ○
井口 大輔

前日の監督会議風景

開会式整列

小野沢大会委員長挨拶

選手宣誓 東京都 小野田明史 五段

多年度表彰 15回出場 栃木県 葭葉選手 岐阜県 竹田選手

試合風景

三人制 決勝戦 先鋒戦

三人制 決勝戦 中堅戦

三人制 決勝戦 大将戦

五人制 決勝戦 先鋒戦

五人制 決勝戦 次鋒戦

五人制 決勝戦 中堅戦

五人制 決勝戦 副将戦

五人制 決勝戦 大将戦

五人制 優勝 神奈川県

五人制 準優勝 秋田県

五人制 第三位 大阪府

五人制 第三位 兵庫県

三人制 優勝 石川県

三人制 準優勝 山梨県

大会概要

大会要項
日時 平成24年8月12日(日)
開会9:00/閉会16:00(予定)
会場 講道館(〒112-0003 東京都文京区春日1-16-30)
主催 (公財)全日本柔道連盟
主管 (公財)東京都柔道連盟
後援 文部科学省、(公財)講道館、日本武道協議会、朝日新聞社
参加者 (1) 各都道府県柔道連盟(協会)から1チームの参加とし、「5人制の部」または、「3人制の部」のどちらか一方に申し込みすることができる。
(2) チーム編成は監督1名、選手5名(または3名)とし、監督と選手の兼任を認める。
(3) 選手・監督は、本年度の全日本柔道連盟登録を出場する都道府県柔道連盟(協会)を通じて完了している者であること。
(4) 選手は出場する都道府県内の小・中・高等・盲・聾・養護学校及び幼稚園に常勤している教員のほか、高等専門学校及び大学の教員1名までの参加を認める。但し、非常勤講師及び事務職員は参加できない。なお、平成24年4月30日以前から、大会当日まで引き続き当該校に勤務していること。
競技方法 (1) 「5人制の部」と「3人制の部」の2部制とし、各部ともトーナメント方式による団体戦で行う。
(2) チーム間の勝敗は次により決定する。
ア.勝者数(「一本勝ち」、「優勢勝ち」を問わない)の多いチームを勝ちとする。
イ.勝者数が同等の場合は、勝ちの内容により勝敗を決定する。
ウ.勝ちの内容も同等の場合は、代表戦で勝敗を決定する。
エ.代表戦は、「引き分け」であった対戦の中から1組を抽選で選び、3分間のゴールデンスコア方式で行う。
審判規定 (1) 試合は国際柔道連盟試合審判規定で行い、試合時間は4分間とする。
(2) 「優勢勝ち」の判定基準は、「有効」又は「指導2」以上とし、得点差がない場合は「引き分け」とする。
計量 体重制限のある選手区分に出場する者は、下記の通り計量をうけなければならない。
日時:8月11日(土) 15:30~16:00(非公式計量15:00~15:30)
場所:講道館新館4階更衣室
ゼッケン ゼッケンを各自で下記の要領にて必ず縫い付けること。(無ければ失格とする)
ア.ゼッケンのサイズは、横30㎝~35㎝、縦25㎝~30㎝とする。
イ.縫い付け位置は、後襟から約5~10㎝下部とし、対角線にも縫い付けること。
ウ.表記は、上部2/3に苗字、下部1/3に都道府県名を記載する。
エ.字体はゴシック又は明朝とし、黒文字で記載すること。
諸会議 (1)審判会議
平成24年8月11日(土) 16:00~17:00 講道館新館2階「教室」
(2)監督会議
平成24年8月11日(土) 17:30~18:00 講道館新館2階「教室」
練習会場 8月11日(土)13:00~16:00まで、講道館新館5階「女子部道場」を使用することができる。