平成25年度第10回全国小学生学年別柔道大会 大会結果(13.8.25)

平成25年度第10回全国小学生学年別柔道大会 大会結果(13.8.25)

大会結果

小学5年生男子45kg級

優勝 加藤 公央(三重県・かわごえ柔塾)
準優勝 飯田 健介(福岡県・大刀洗豪武館)
第三位 松井  諭(奈良県・橿原市柔道クラブ)
望月 心人(神奈川県・愛柔会)

小学5年生男子45kg超級

優勝 近藤那生樹(福岡県・大刀洗豪武館)
準優勝 岡田  陸(北海道・直心館苗穂柔道少年団)
第三位 中村 雄太(大阪府・あすなろクラブ)
中村  心(三重県・さざれ道場)

小学6年生男子50kg級

優勝 竹市 大祐(愛知県・羽田野道場)
準優勝 山内 翔太(兵庫県・宝塚柔道教室)
第三位 東山 祐汰(神奈川県・朝飛道場)
野嶋  皐(新潟県・白根柔道連盟鳳雛塾)

小学6年生男子50kg超級

優勝 毛利 允哉(兵庫県・姫路中央柔道塾)
準優勝 名村 慶太(奈良県・桜井市柔道連盟)
第三位 宮本 和志(熊本県・森義塾柔道教室)
下橋 颯斗(静岡県・富士共栄道場)

小学5年生女子40kg級

優勝 田中 愛夢(愛媛県・松前柔道会)
準優勝 寺西  礼(兵庫県・加古川柔佑会)
第三位 大森 朱莉(大阪府・初柔会 西塾)
徳本 千夕(和歌山県・正木道場)

小学5年生女子40kg超級

優勝 中本 琴恵(広島県・廿日市市柔道連盟佐伯支部)
準優勝 松澤 祐栞(新潟県・白根柔道連盟鳳雛塾)
第三位 宮崎 未華(徳島県・板野町柔道教室)
田嶋 海佳(千葉県・下志津柔道クラブ)

小学6年生女子45kg級

優勝 古賀 若菜(福岡県・柔志学舎)
準優勝 藤城  心(千葉県・浦安市柔道協会)
第三位 小幡 恵里(宮城県・太陽塾)
名和田千紘(山口県・松美柔道)

小学6年生女子45kg超級

優勝 朝飛 真実(神奈川県・朝飛道場)
準優勝 内田 希美(福岡県・高武館)
第三位 八巻 衣音(広島県・川口道場)
鈴木 麻由(東京都・鈴木道場)

5年生男子45kg級(トーナメント表&各試合詳細PDF)
5年生男子45kg超級(トーナメント表&各試合詳細PDF)
6年生男子50kg級(トーナメント表&各試合詳細PDF)
6年生男子50kg超級(トーナメント表&各試合詳細PDF)
5年生女子40kg級(トーナメント表&各試合詳細PDF)
5年生女子40kg超級(トーナメント表&各試合詳細PDF)
6年生女子45kg級(トーナメント表&各試合詳細PDF)
6年生女子45kg超級(トーナメント表&各試合詳細PDF)

大会写真

2013082501
監督会議

2013082502
朝のアップ風景

2013082503
選手宣誓(八巻衣音選手・川口道場)

2013082504
開会式

2013082505
男子優勝者

2013082506
女子優勝者

大会ポスター

2013shogakusei_01

大会概要

大会要項
日時 平成25年8月25日(日) 午前9時00分 開会式
会場 広島サンプラザ
〒733-0833 広島市西区商工センター3-1-1 �082-278-5000
主催 公益財団法人全日本柔道連盟
主管 広島県柔道連盟
後援 文部科学省・公益財団法人講道館・公益財団法人日本体育協会
一般財団法人東京スポーツ新聞格技振興財団・読売新聞社・広島県
広島県教育委員会・広島市・広島市教育委員会・公益財団法人広島県体育協会・
公益財団法人広島市スポーツ協会・公益財団法人広島観光コンベンションビューロー
中国新聞社・NHK広島放送局・中国放送
実施種別 □小学5年生男子45kg級 □小学5年生男子45kg超級 □小学6年生男子50kg級 □小学6年生男子50kg超級
□小学5年生女子40kg級 □小学5年生女子40kg超級 □小学6年生女子45kg級 □小学6年生女子45kg超級
参加資格 (1)全日本柔道連盟に競技者登録をしている者であり、各都道府県柔道連盟(協会)が選考した各種別1名とする。
但し、開催地においては各種別に2名が参加できる。
(2)選手の年齢区分は次の通りとする。
小学5年生の部:平成14年4月2日以降に生まれた者
小学6年生の部:平成13年4月2日以降に生まれた者
※但し、帰国子女等についてはこの年齢制限を適用せず、学年齢による種別に出場できる。
(3)全日本柔道連盟に指導者登録をしている監督が引率すること。原則として、監督は男女それぞれ1名ずつとするが、男女兼ねて1名でも可とする。
(4)各都道府県は、選手本人の出場意志を確認し、健康に十分な配慮を行い、保護者の承認を得ること。
※平成28年度より、監督の条件として「全日本柔道連盟に指導者登録を済ませている者」となりますので、予めご確認の上、所定の手続きをお進めくださいますよう、お願いいたします。
審判規定 (1)国際柔道連盟試合審判規定で行ない国際柔道連盟試合審判規定「少年大会申し合わせ事項」を適用する。
(2)試合時間は3分間とし、トーナメント戦で行う。
(3)「優勢勝ち」の判定基準は、「有効」または「指導2」以上とし、得点差がない場合は僅少差(旗判定)をもって勝敗を決する。(GSは行わない)
(4)本大会は、4間四方(32畳)の試合場で行う。
抽選 7月下旬予定
計量 期日:8月24日(土) 16:30~17:30(非公式計量15:30~16:30)
場所:男子 広島サンプラザ・サブホール 女子 広島サンプラザ・サブホール
ゼッケン 各自でゼッケンを下記要領にて必ず縫い付けること。(無ければ失格とする)
□ゼッケンのサイズは概ね横30cm~35cm、縦25cm~30cmとする。
□縫い付ける位置は、後襟から5cm~10cm下部とし、必ず対角線にも縫い付けること。
□ゼッケンの表記は、上部2/3に苗字を、下部1/3に都道府県名を記載すること。
□字体はゴシック又明朝とし、男子は黒文字で、女子は赤文字で記載すること。
諸会議 (1)審判会議  8月24日(土)15:00~16:30 広島サンプラザ本館会議室
(2)監督会議  8月24日(土)16:45~17:15 広島サンプラザ本館会議室
練習会場 広島サンプラザホール・サブホール
8月24日(土) 13:00~17:00 8月25日(日) 7:30~8:30(※8時30分からはサブホールのみ)
経費補助 (1)参加選手8名分の交通費は、別に定める規定により主催者が補助をする。
(2)宿泊費は各自の負担とする。
※支給方法については、別添資料及び交通手配申込書を確認のこと
傷害保険 (1)主催者は、選手の傷害保険に加入し費用を負担する。(参加者は健康保険証を必ず持参すること。)
(2)主催者は、大会中の不慮の負傷・疾病について応急処置を施し、傷害保険の範囲内で責任を負うものとする。
(3)万が一の事故の発生に備え、参加選手各自で傷害保険に加入するなどして、万全の事故対策を立てておくこと。
その他 (1)大切な成長過程にあることを重視し、減量を行ってはならない。
(2)皮膚真菌症(トンズランス感染症)について、発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。
感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行うこと。
選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場が出来ない場合もある。
(3)大会に関する問合わせは下記まで
公益財団法人全日本柔道連盟 TEL03-3818-4392 担当 大会事業課
広島県柔道連盟 TEL082-222-6446 事務局
脳震盪対応について 選手および指導者は下記事項を遵守すること
1. 大会前1ヶ月以内に脳震盪を受傷した者は、脳神経外科の診察を受け、出場の許可を得ること。
2. 大会中、脳震盪を受傷した者は、継続して当該大会に出場することは不可とする。
(なお、至急、専門医(脳神経外科)の精査を受けること。)
3. 練習再開に際しては、脳神経外科の診断を受け、許可を得ること。
4. 当該選手の指導者は大会事務局および全柔連に対し、書面により事故報告書を提出すること。

◆ 昨年大会結果はこちら