2019年アジアパシフィック選手権大会(UAE/フジャイラ)大会結果・写真掲載(19.4.20-23)

[ 2019年4月20日 to 2019年4月23日. 2019年4月20日 to 2019年4月23日. ]   2019年アジアパシフィック選手権大会(UAE/フジャイラ) 開催国 アラブ首長国連邦(フジャイラ) 期 間 2019年4月20日~23日 大会写真 [gallery ids="48601,48600,48547,48521,48529,48522,48523,48530,48531"] 日本選手団名簿 【 役 員 】 男子監督 生田 秀和 (大阪体育大学) 女子監督 矢﨑 利加 (国際武道大学) 男子コーチ 金岡 真司 (警視庁) 女子コーチ 池田ひとみ (自衛隊体育学校) トレーナー 西  祐介 (グローバルスポーツ医学研究所) トレーナー 深井 美帆 (グローバルスポーツ医学研究所)   男子 100㎏級 関根 聖隆 (筑波大学2年) 1回戦敗退 90㎏級 増山 香補 (明治大学3年) 優勝 81㎏級 友清  光 (国士舘大学3年) 3位 73㎏級 野上廉太郎 (筑波大学3年) 1回戦敗退 66㎏級 田川 兼三 (㈻了徳寺学園職) 2回戦敗退 60㎏級 古賀 玄暉 (日本体育大学3年) 優勝 女子 78㎏超級 井上あかり (JR東日本) 3位 78㎏級 泉  真生 (コマツ) 優勝 70㎏級 田中 志歩 (環太平洋大学3年) 優勝 63㎏級 土井 雅子 (JR東日本) 欠場 57㎏級 富沢 佳奈 (東海大学2年) 2位 52㎏級 立川 莉奈 (福岡県警察) 3位 48㎏級 坂上  綾 (三井住友海上火災保険㈱) 3位 役員6名 選手13名 計19名   大会結果 [toggle title="大会結果 男子"] 100kg級 関根 聖隆 1回戦敗退 1回戦 相手名 シャー 国名 パキスタン 決り技 優勢負(技有・隅落)   90kg級 増山 香補 優勝 1回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 イマモフ ガク エリアス ウストピリヨン 国名 ウズベキスタン 韓国 レバノン タジキスタン 決り技 優勢勝 (技有・背負投) 優勢勝 (GS・技有・背負投) 反則勝 (GS・指導3) 優勢勝 (技有・背負投)   81kg級 友清  光 3位 1回戦 2回戦 3回戦 敗者復活最終戦 3位決定戦 相手名 シング ゾロエフ ムサエフ ラスロフ クハムザ 国名 インド キルギスタン カザフスタン ウズベキスタン カザフスタン 決り技 優勢勝 (GS・技有・大外刈) 優勢勝 (技有・背負投) 一本負 (合技) 反則勝 (GS・指導3) 優勢勝 (技有・支釣込足)   73kg級 野上廉太郎 1回戦敗退 1回戦 相手名 マカマドベコフ 国名 タジキスタン 決り技 反則負(GS・指導3)   66kg級 田川 兼三 2回戦敗退 2回戦 相手名 バボロフ 国名 タジキスタン 決り技 優勢負(技有・裏投)   60kg級 古賀 玄暉 優勝 1回戦 2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 リヤフィハ ハッサン キルギバエフ リー ヤン 国名 イラン クエート カザフスタン 韓国 台湾 決り技 一本勝 (内股) 一本勝 (上四方固) 優勢勝 (技有・小内巻込) 優勢勝 (GS・技有・大内刈) 反則勝 (GS・指導3)   [/toggle] [toggle title="大会結果 女子"] 78kg超級 井上あかり 3位 1回戦 2回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 エルデンビレグ ワン・ヤン サイ・ジアウェン ジャン・ヤナン 国名 モンゴル 中国 台湾 中国 決り技 一本勝(肩固) 一本負(小外掛) 反則勝(GS・指導3) 反則勝(GS・指導3)   78kg級 泉  真生 優勝 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 オトゴン ライホバ マー・ゼンジャオ 国名 モンゴル カザフスタン 中国 決り技 一本勝(合技) 一本勝(合技) 優勢勝(技有・大内刈)   70kg級 田中 志歩 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 バルバット クオン・スンヨン コグラン マトニヤゾバ 国名 イラン 北朝鮮 オーストラリア ウズベキスタン 決り技 一本勝(横四方固) 優勢勝(技有・大内返) 反則勝(GS・指導3) 反則勝(GS・指導3)   57kg級 富沢 佳奈 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 アルサロマ ドルジスレン キム・ジャンディ ルハグバトゴー キム・ジンア 国名 シリア モンゴル 韓国 モンゴル 北朝鮮 決り技 一本勝 (横四方固) 反則勝 (GS・指導3) 優勢勝 (技有・小内刈) 反則勝 (GS・指導3) 反則負 (GS・指導3)   52kg級 立川 莉奈 3位 1回戦 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 マルマ イーストン ルハグバスレン パク・ダソル 国名 バングラデシュ オーストラリア モンゴル 韓国 決り技 一本勝(合技) 一本勝(大外刈) 一本負(合技) 優勢勝(GS・技有・内股)   48kg級 坂上  綾 3位 2回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 リー・ヘギョン ナザロバ ナウアテベック 国名 韓国 トルクメニスタン カザフスタン 決り技 反則負(指導3) 一本勝(上四方固) 反則勝(GS・指導3)   [/toggle] [toggle title="大会結果 男女混合団体戦"] 準決勝戦 日本 4-1 モンゴル 57㎏級 富沢 佳奈  ○ -   ドルジスレン 反則勝(指導3) 73㎏級 野上廉太郎   - ○  センドオチル 一本負(片手絞) 70㎏級 田中 志歩  ○ -   ボルド 一本勝(腕緘) 90㎏級 増山 香輔  ○ -   エルデネク 優勢勝(技有・隅落) 70㎏超級 井上あかり  ○ -   オトゴン 肩固 90㎏超級   -   ルクハグバスレン     決勝戦 日本 4-2 韓国 73㎏級 野上廉太郎  ○ -   アン・チャンリン 優勢勝(技有・大腰) 70㎏級 田中 志歩  ○ -   ハン・ヒジュ 一本勝(GS・隅返) 90㎏級 増山 香輔  ○ -   ガク・ドンハン 反則勝(指導3) 70㎏超級 井上あかり   - ○  キム・ミンジョン 反則(指導3) 90㎏超級   - ○  キム・ミンジョン 不戦敗 57㎏級 富沢 佳奈  ○ -   キム・ジャンディ 反則(指導3)   [/toggle] ...

Read More →

【大会取材】平成31年全日本柔道選手権大会(4.29)所属関係団体

本大会を取材ご希望の方はお申込みをお願いいたします。 2019全日本選手権 メディアガイド(所属関係団体) 2019全日本選手権 会場図  (申込み締切:4月25日(木)17時) 会社名 (必須)    媒体名    新聞 雑誌 テレビ その他 取材者氏名 (必須)    電話番号 (必須)    メールアドレス (必須)    分類    ペン スチールカメラ ENG 取材希望日    4/28(日) 4/29(月)   ...

Read More →

【大会取材】平成31年全日本柔道選手権大会(4.29)

本大会を取材ご希望の方はお申込みをお願いいたします 2019全日本選手権 メディアガイド(一般) 2019全日本選手権 会場図  (申込み締切:4月25日(木)17時) 会社名 (必須)    媒体名    新聞 雑誌 テレビ その他 取材者氏名 (必須)    電話番号 (必須)    メールアドレス (必須)    分類    ペン スチールカメラ ENG 取材希望日    4/28(日) 4/29(月)   ...

Read More →

2019年4月7日■近畿高段者大会及び四段特別試合(京都市立武道センター)

4月7日(日)桜が満開の中、京都市立武道センターで開催された近畿高段者大会及び四段特別試合に四段10名、五段2人、六段2人の合計14人が出場しました。今回で二回目になりますが、昨年より人数も増え、昇段に対する前向きな女子柔道家が多いのを実感しています。夫婦での参加や小さい子供さんをあやしながら試合を待つお母さん選手、この大会に出場するために練習を重ねてきた元強化選手、様々な思いで試合に挑みました。 女子の昇段への道を開いてくださった京都府柔道連盟及び近畿柔道連盟に感謝申し上げます。   ...

Read More →

【合宿取材】5/4(土・祝) 第2回全日本男子強化合宿・第39回全国少年柔道大会合同錬成 4/30(火・祝) 12:00締切

お一人様一回申請をお願い致します。 2019年第2回全日本男子強化合宿公開及び全国少年大会合同錬成のご案内(お知らせ) 合宿日程表(第2回) 会社名 (必須)    媒体名    新聞 雑誌 テレビ その他 取材者氏名 (必須)    電話番号 (必須)    メールアドレス (必須)    分類    ペン スチールカメラ ENG 取材希望日    強化合宿 合同錬成   ...

Read More →

第34回皇后盃全日本女子柔道選手権大会 大会結果・写真掲載(19.4.21)

[ 2019年4月21日; ] 大会結果 優 勝 素根  輝 環太平洋大学1年 準優勝 朝比奈沙羅 パーク24 第三位 冨田 若春 コマツ 第三位 稲森 奈見 三井住友海上火災保険 第五位 山部 佳苗 ミキハウス 第五位 井上 舞子 警視庁 第五位 児玉ひかる 東海大学1年 第五位 髙山 莉加 三井住友海上火災保険 ・組合せ(pdfファイル) 結果速報・詳細 こちらから(SPORTSLINKサイトへ移動) 組合せ ・組合せ(PDFファイル) 大会写真 [gallery ids="48557,48559,48558,48562,48561,48555"] 大会申込 大会申込ページはこちらから(要パスワード) チケット情報 入場料 一 般 2,000円 中高生 1,000円(小学生以下無料) 販売先 ①【全柔連事務局販売】 全日本柔道連盟事務局 10:00~12:00/13:00~17:00(土日祝日を除く平日) (文京区春日1-16-30講道館本館5階 TEL:03-3818-4199) ②【FAX申込、郵送販売】 入場券申込書に必要事項記入の上、FAXにてお送り頂き事前に振込をして下さい。 申込書はこちらから(PDFファイル) 販売期間 ①平成31年4月1日(月)~19日(金) ②平成31年3月25日(月)~4月15日(月) 大会要項 主催 公益財団法人講道館、公益財団法人全日本柔道連盟 主管 神奈川県柔道連盟 後援 スポーツ庁(申請中)、NHK、東京新聞・東京中日スポーツ、一般財団法人上月財団、神奈川県、公益財団法人神奈川県体育協会、横浜市(申請中) 特別協賛 株式会社ブイ・テクノロジー 日程 平成31年4月21日(日)11:30開始(11:00開場) 会場 横浜文化体育館(横浜市中区不老町2-7 TEL:045-641-5741) 組合せ抽選 3月25日(月)夕方掲載予定 参加選手 推薦選手 (1)前年度優勝者、準優勝者 (2)バクー世界選手権大会優勝者 (3)バクー世界選手権大会78kg超級準優勝者、3位入賞者 (4)2018年グランドスラム大阪78kg超級優勝者 (5)2018年末IJFランキング78kg超級18位以内で、全日本柔道連盟強化委員会で承認された者 地区選出選手 34名とし、地区別の選出数は以下のとおりとする。 北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州 2 2 7 8 2 2 5 2 2 2 欠場の取り扱い (1)推薦選手が欠場する場合は、これを補充しない。 (2)地区選手選手が欠場する場合 ア)欠場が出た地区がこれを補充する。 イ)地区が補充できない場合には、開催地区(関東)がこれを補充する。 ウ)欠場の補充は、平成31年4月19日(金)17:00までに届出のあったものまで認める。 出場資格 日本国籍を有し、当該年度全日本柔道連盟に登録している者。 大会当日において中学2年生以上の者。 地区選出選手は、その地区を構成する都道府県柔道連盟(協会)を通して、前年度の全日本柔道連盟登録手続きを行っており、その地区において居住、勤務、在学の実体の伴ういずれかの条件を満たしていること。 卒業、転勤等により、実体の伴う現住所の変更、勤務する会社、通学する学校の変更がある場合には、変更先の地区から出場することができる。ただし、この場合は速やかに登録変更の手続きを行わなければならない。 審判規定 国際柔道連盟試合審判規定(2018-2020)および全日本選手権大会申し合わせ事項にて行う。 試合時間は4分間とする。試合時間内でスコアに差が無い場合はゴールデンスコアによる時間無制限の延長戦を行う。 スコアは「一本」「技あり」「有効」の3種類とし、「技あり」が2つで合せ技「一本」とする。抑え込みの時間は20秒で「一本」、15秒以上で「技あり」、10秒以上で「有効」とする。 罰則等その他については、国際柔道連盟試合審判規定(2018-2020)にて行う。 試合場は、9m×9mの試合場内とし、周囲に4mの安全地帯を設ける。 全柔連柔道衣規格に合格した柔道衣(上衣、下穿、帯)を着用すること。柔道衣の大きさ又は規格が規定に合わない場合は出場を認めない。(主催者は予備の柔道衣を準備しない。) 柔道衣は白色のみを使用し、黒帯を着用すること。(白線無し) 試合方法 トーナメント戦で行う。(敗者復活戦は行わない。) 審判会議 平成31年4月20日(土) 15:30~ 横浜文化体育館内会議室にて行う。 表彰 優勝者、2位、3位(2名)、5位(4名)を表彰する。 ドーピング検査 全日本柔道連盟ドーピング防止規程により検査を行う。 その他 皮膚真菌症(トンズランス感染症)について、発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手は、迅速に医療機関において的確な治療を行うこと。大会時に、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある。 脳振盪対応について、選手及び指導者は以下の事項を遵守すること。 ・大会前1ヶ月以内に脳振盪を受傷した者は、脳神経外科の診察を受け、出場の許可を得ること。 ・大会中、脳振盪を受傷した者は継続して当該大会に出場することは認めない。(受傷した時点で必ず専門医を受診すること) ・練習再開に際しては、脳神経外科の診察を受け、許可を得ること。 ・上記のいずれかに該当する選手がいる場合、指導者は必ず大会事務局へ事故報告書を提出すること。 指定された広告ゼッケンを、「苗字」「所属名」の下に各自で縫い付けてくること。 個人情報、肖像権の取り扱いについて ・参加申込用紙に記載された個人情報、大会中に撮影された写真、または動画が、大会プログラム、大会ホームページに掲載される場合があります。また、その他の報道機関等により、新聞、雑誌、テレビおよび関連ホームページ等に公開される場合があります。 ・提出された個人情報については、上記の利用目的以外に使用することはありません。 ・参加申込用紙の提出により、上記取り扱いに関する承諾を得たものとして対応をさせていただきます。 大会事務局を全日本柔道連盟内に置く 〒113-0033 東京都文京区本郷1-33-13 春日町ビル7階 公益財団法人全日本柔道連盟 大会事業課 電話03-3818-4392/FAX 03-3818-5447 テレビ放映 NHK総合 4月21日(日)16:00~17:30 生中継(予定) 全日本柔道連盟スマイルルーム(託児室) ご利用について ・要項申込書はこちらから(PDFファイル) 過去大会結果 ・平成30年度(2018)大会結果はこちらから ・平成29年度(2017)大会結果はこちらから ・平成28年度(2016)大会結果はこちらから ・平成27年度(2015)大会結果はこちらから ・平成26年度(2014)大会結果はこちらから ・平成25年度(2013)大会結果はこちらから ・平成24年度(2012)大会結果はこちらから 本大会のドーピング検査事業は、スポーツ振興くじの助成金を受けて実施しております。 ...

Read More →

アジア柔道連盟役員改選について

4月18日(木)アラブ首長国連邦フジャイラにおいて、アジア柔道連盟総会が開催され、オベイド・アルアンジ氏(クウェート)が会長に再選されました。 日本からは細川伸二氏が副会長(新任)に、川口孝夫氏が審判理事(再任)に選任されました。 任期は2023年までの4年間で、新体制のもとアジア各国における柔道のさらなる普及、発展に向け活動されます。 ...

Read More →

第13回ロシア警察軍隊国際大会(団体戦)大会結果(19.4.13)

[ 2019年4月13日; ] 第13回ロシア警察軍隊国際大会(団体戦)大会結果(19.4.13) 2019年4月13日(土)にロシアで開催された標記大会に、日本より下記の通り選手団が参加いたしました。 開催国 ロシア 期間 2019年4月13日(土) 会場 Dinamo Sports Palace 参加国数 7カ国   選手団 1 団長 警察庁 山本  良 2 監督 警視庁 持田 達人 3 66kg級 埼玉県警察 関根 優一 4 73kg級 埼玉県警察 早坂 昌敏 5 81㎏級 兵庫県警察 橋本 大悟 6 90㎏級 新潟県警察 五十嵐遼介 7 90㎏超級 愛媛県府警察 影野 裕和   結果 1回戦 シード 2回戦 日本 3-2 オーストリア警察 準決勝 日本 2-3 ベラルーシ 3位決定戦 日本 5-0 リトアニア 決勝戦 ベラルーシ 3-2 ロシア国際警察 1位 ベラルーシ 2位 ロシア国際警察 3位 日本 ロシア内務省 結果詳細(英語)[PDF]   大会写真         ...

Read More →

2019年スペインジュニア国際大会 日本選手団名簿掲載(19.5.18-19)

[ 2019年5月18日 to 2019年5月19日. 2019年5月18日 to 2019年5月19日. 2019年5月18日 to 2019年5月19日. 2019年5月18日 to 2019年5月19日. ] 2019年スペインジュニア国際大会 開催国 スペイン 期 間 2019年5月18日・19日   日本選手団名簿 【 役 員 】 監督 守安 由充(大阪府警察) コーチ 池田ひとみ(自衛隊体育学校) トレーナー 深井 美帆(グローバルスポーツ医学研究所)   【 選 手 】 78㎏級 黒田 亜紀(山梨・富士学苑高校3年) 63㎏級 結城 彩乃(コマツ) 57㎏級 岡田恵里佳(京都・立命館宇治高校3年) 48㎏級 古賀 若菜(福岡・南筑高校3年) 役員3名 選手4名 計7名 ...

Read More →

強化委員長、全日本監督による安倍首相表敬訪問

4月11日、金野強化委員長、井上、増地監督が安倍首相を表敬訪問しました。 約20分間の会談の中では井上監督が「2020年東京オリンピックに向けて重要な大会となる今年8月の世界選手権代表もほぼ決定し、大会にむけた強化を進めていくと共に強化だけでなく、今後は国際交流や武道必修化等による柔道を通した人間教育、社会貢献のできる人材育成を進め、柔道の価値を高めていきたい」と述べ、増地監督は「安倍首相はこれまでに講道館や柔道大会にお越しいただいたこともあり、柔道に関心をお持ちのようですので、是非世界選手権では盛り上がりの期待される男女混合団体戦にお越しいただきたい」と観戦日を勧めました。 その後、金野強化委員長より安倍首相に2019世界柔道のピンバッジを贈呈し、その場で着用いただきました。 また、安倍首相からは「プレッシャーに負けず、日本柔道らしい戦い方、勝ち方で日本の柔道を世界に発信してほしい。柔道のメダルラッシュを期待しています」との激励の言葉をいただきました。 ▽「首相官邸ホームページ」▽ https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201904/11hyoukei.html #gallery-1 { margin: auto; } #gallery-1 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 25%; } #gallery-1 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-1 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */ ...

Read More →

2019年度 全国少年柔道協議会(少柔協)「みんなでじゅうどう」予定一覧

2019年度 全国少年柔道協議会(少柔協)「みんなでじゅうどう」予定一覧 No. 都道府県名 開催日 申し込み方法 会 場 講師(予定) ※変更の場合あり。 備 考 1 広島 9月7日(土) ・8日(日) 掲載予定 広島市安佐南区スポーツセンター武道場 ※選任中 2 愛知 9月8日(日) 掲載予定 愛知県武道館 ※選任中 3 北海道 9月22日(日) 掲載予定 音更町総合体育館(サンドーム)武道館 ※選任中 4 東京 9月29日(日) 掲載予定 講道館 ※選任中 5 山梨 9月29日(日) 掲載予定 小瀬スポーツ公園武道館 ※選任中 6 鹿児島 10月13日(日) 掲載予定 奄美体験交流会館 ※選任中 7 島根 10月13日(日) 掲載予定 島根県立武道館 ※選任中 8 福井 10月27日(日) 掲載予定 福井県立武道館 ※選任中 9 愛媛 10月27日(日) 掲載予定 宇和島総合体育館 ※選任中 10 神奈川 11月9日(土) 掲載予定 神奈川県立武道館 ※選任中 11 石川 11月30日(土) 掲載予定 石川県立武道館 ※選任中 12 和歌山 12月8日(日) 掲載予定 白浜町立総合体育館 ※選任中 13 新潟 12月22日(日) 掲載予定 新潟市鳥屋野総合体育館 ※選任中 14 沖縄 2月16日(日) 掲載予定 石垣市総合体育館武道場(予定) ※選任中 15 長崎 2月23日(日) 掲載予定 長崎県立総合体育館武道場 ※選任中 16 高知 2月29日(土) 掲載予定 高知県立武道館 ※選任中 17 佐賀 3月1日(日) 掲載予定 佐賀県総合体育館柔道場 ※選任中 18 宮崎 3月8日(日) 掲載予定 KIRISHIMAツワブキ武道館 ※選任中 19 長野 3月29日(日) 掲載予定 長野県立武道館 ※選任中 ◇問合先 全日本柔道連盟 普及振興課  少柔協担当(道村・田中・酒井) 03-3818-4199 ...

Read More →

第39回全国少年柔道大会 大会情報掲載(19.5.4-5)

[ 2019年5月4日 to 2019年5月5日. ] 大会情報 大会日時 2019年5月4日(土・祝) 合同錬成 2019年5月5日(日・祝) 試合錬成 会場 講道館大道場 ・大会要項はこちらから(PDFファイル) ・組合せはこちらから(PDFファイル) 過去大会情報 第38回(2018年)大会の情報はこちらから 第37回(2017年)大会の情報はこちらから 第36回(2016年)大会の情報はこちらから 第35回(2015年)大会の情報はこちらから 第34回(2014年)大会の情報はこちらから 第33回(2013年)大会の情報はこちらから 第32回(2012年)大会の情報はこちらから 第31回(2011年)大会の情報はこちらから ...

Read More →

平成30年度女子柔道意見交換会

平成30年度女子柔道意見交換会 2月24日(日)/大阪体育大学アネックス  女子柔道振興委員会として2回目となる女子柔道意見交換会を開催致しました。今年度は開催地を大阪へ移し、32都道府県から36名の方々にご参加いただきました。藤木崇博副会長の挨拶、山下泰裕会長からのビデオメッセージに続き石角洋子氏(バルセロナ五輪銅メダリスト)の講演「柔道から学んだこと」、各県における活動報告として埼玉県・川原久乃氏、山口県・近藤優子氏から報告がなされました。  その後のグループディスカッションでは、「各県における女性が中心となって実践している取り組み」「女性が柔道に関わる際に困難であると感じる部分やその解決策」「女性だからこそできる柔道への関わり方」のテーマで議論が交わされました。最後の全体ディスカッションにおいても資格や登録に関する疑問点、パワハラ・セクハラへの対応等について活発な議論が展開されました。 ...

Read More →

女子柔道キャリアアップセミナー 味の素ナショナルトレーニングセンター

女子柔道キャリアアップセミナー 味の素ナショナルトレーニングセンター 〇3月5日(火)/味の素ナショナルトレーニングセンター(参加者143名)  講 師:年藤 忍、佐藤愛子  実業団、大学チームなどが集まって毎年開催される春季女子柔道合同合宿(主催:全日本実業柔道連盟)にあわせ、女子柔道キャリアアップセミナーが開催された。 「社会を、柔道界をよくしていくためには女性の活躍は必要です。女性の進出が遅れているスポーツ界で、他の競技の模範となれるようにやっていただきたい」という山下泰裕全柔連会長の挨拶でセミナーはスタート。  5年間スロベニアで指導した年藤忍氏(ヤックス女子柔道部監督)が海外でどのようなことを心がけて指導を行ったかを、また現役時代は指導者に興味がなかった佐藤愛子氏(東京女子体育大学柔道部監督)が指導者になるまでの足跡を語り、参加者たちは真剣にメモを取っていた。 ...

Read More →

女子柔道キャリアアップセミナー 徳山大学

女子柔道キャリアアップセミナー 徳山大学 〇2月23日(土)徳山大学(参加者99名) 講 師:出口達也、濱岡睦月、近藤優子  はじめに中里専務理事から全柔連公認資格制度の見直しに関する説明が行われた。その後、パネルディスカッション形式による女子柔道家のキャリアアップ実例を講師の出口達也氏(広島大学柔道部監督)、濱岡睦月氏(島根県江津市立江津中学校教諭/コンチネンタル審判員)、近藤優子氏(徳山大学女子柔道部監督)が様々な実体験を基に伝えた。  質問時間には、学生から多岐にわたる質問があり、その中では「海外で全柔連指導者資格は使えるのか」など、自分の将来に置き換えての疑問の投げかけ等があった。女子柔道家のキャリアアップについて具体的に学ぶことができ、女子柔道家にとって有意義な時間を共有することができた。 ...

Read More →

女子柔道キャリアアップセミナー 仙台大学

女子柔道キャリアアップセミナー 仙台大学 〇2月18日(月)/仙台大学(参加者207名)  講 師:中村 勇、小林貴子、南條和恵  東北で初めて行われたセミナー。仙台カップ全国女子学生柔道大会の前日に開催されたこともあり、会場には多くの女子学生と指導者が集合した。公認指導者資格に関して、学生のうちに取得することのメリットや取得方法の具体的な説明が中村勇氏から行われた。その後先輩からのメッセージとして、立命館大学女子柔道部監督でコンチネンタル審判員でもある小林貴子氏、仙台大学女子柔道部監督の南條和恵氏が、それぞれの立場から学生へメッセージを送った。「何歳になっても指導者にも、審判員にもなれる」(小林氏)、「みんなが働きやすい環境になるまで頑張る」(南條氏)という先輩たちの話に、女子選手たちは真剣に耳を傾けていた。 小林貴子氏   南條和恵氏 ...

Read More →

平成31年度全日本カデ柔道体重別選手権大会 大会結果情報掲載(19.4.14)

[ 2019年4月14日; ] 大会結果 55kg 優 勝 佐藤 優磨 広陵高校3年 準優勝 五十嵐 雅人 埼玉栄高校1年 60kg 優 勝 辻岡 慶次 大成高校2年 準優勝 高田 顕矢 足立学園高校2年 66kg 優 勝 福田 大和 平田高校1年 準優勝 滝本 大翔 東海大学付属大阪相模高校1年 73kg 優 勝 小田桐 美生 国士舘高校2年 準優勝 朝田 隼 東海大学付属大阪仰星高校2年 81kg 優 勝 大竹 龍之助 大成高校3年 準優勝 鎌田 直人 高知高校2年 90kg 優 勝 戸髙 淳之介 延岡学園高校2年 準優勝 中山 康 大成高校1年 +90kg 優 勝 菅原 光輝 東海大学付属相模高校2年 準優勝 グリーンカラニ 海斗 日本体育大学荏原高校3年 44kg 優 勝 宮城 杏優菜 沖縄尚学高校3年 準優勝 出口 華 夙川高校2年 48kg 優 勝 吉岡 光 八千代高校2年 準優勝 田中 愛夢 新田高校2年 52kg 優 勝 多田 薫 敬愛高校2年 準優勝 坪根 和海 敬愛高校1年 57kg 優 勝 江口 凜 桐蔭学園高校1年 準優勝 五十嵐 日菜 国士舘高校2年 63kg 優 勝 矢澤 愛理 松商学園高校1年 準優勝 石岡 来望 創志学園高校1年 70kg 優 勝 桑形 萌花 夙川高校2年 準優勝 立川 真奈 新田高校2年 +70kg 優 勝 八巻 衣音 広陵高校3年 準優勝 竹村 安生 広島皆実高校2年 こちらから(PDFファイル) 結果速報・詳細 こちらから(SPORTSLINKサイトへ移動) 組合せ ・組合せ(PDFファイル) ※4/12欠場選手情報更新 4/8選手変更・欠場選手情報更新 3/26一部所属修正 大会要項(抜粋) 趣旨 平成31年度全日本カデ強化選手を選考する。 日時 平成31年4月14日(日)10時00分開会 16時00分閉会予定 会場 東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター) サブアリーナ (大阪府門真市三ツ島308-1 Tel:072-881-3715) ※旧「なみはやドーム」 主催 公益財団法人全日本柔道連盟 主管 大阪府柔道連盟 後援 公益財団法人講道館、朝日新聞社、大阪府、大阪市、大阪市教育委員会、公益財団法人大阪体育協会、大阪市体育協会 出場資格 日本国籍を有するもので、全日本柔道連盟に競技者登録している者。 全日本柔道連盟強化委員会から選抜された各階級12名、ただし、+90kg、+70kgは16名。 平成14年1月1日~平成16年12月31日までの出生者。 実施階級 男子:55kg級、60kg級、66kg級、73kg級、81kg級、90kg級、90kg超級 女子:44kg級、48kg級、52kg級、57kg級、63kg級、70kg級、70kg超級 組合せ 3月下旬に掲載予定 試合方法 最新の国際柔道連盟試合審判規定で行う。 トーナメント方式で行い、敗者復活戦は行わない。 ドーピング検査 日本ドーピング防止規程に基づくドーピング検査を実施する。 本大会参加者は、エントリーした時点で日本ドーピング防止規定に従い、ドーピング検査を受けることに同意したものとみなす。 本大会にて接取した検体からの禁止物質等の検出に限らず、ドーピング検査を拒否または回避した場合、検査員の指示に従わない場合、何らかの 理由によりドーピング検査手続きを完了させなかった場合においても、日本ドーピング防止規程および全日本柔道連盟ドーピング防止規程に基づき制裁等を受ける。 未成年者である本大会参加者のエントリーにおいては、ドーピング検査の実施について親権者からも同意を得た上でエントリーしたとみなす。 日本ドーピング防止規程の詳細内容およびドーピング検査については、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構のウェブサイト参照のこと。 全日本柔道連盟ドーピング防止規程の詳細はこちらから その他 主催者は、選手に対する傷害保険に加入し、試合場に医師を配置する。 皮膚真菌症(トンズランズ感染症)については、発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行うこと。なお、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある。 大会日程 内容 日時 場所 前日練習 13日(土)13:00~17:30 東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 選手説明会 13日(土)15:30~16:15 東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 審判会議 13日(土)16:00~17:30 東和薬品RACTABドーム 大会議室(AB)  非公式計量 13日(土) 16:30~17:00 東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 男女更衣室 公式計量 13日(土) 17:00~17:30 東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 男女更衣室 選手入場 14日(日) 8:00~ 東和薬品RACTABドーム サブアリーナ(観客席は9 時まで入れません) 観客入場 14日(日) 9:00~ 東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 開会式 14日(日) 10:00~ 東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 試合 14日(日) 10:30~16:00 東和薬品RACTABドーム サブアリーナ 過去の大会記録 平成23年~[PDF] 大会申込 大会申込ページはこちらから(要パスワード) 過去大会情報 ・平成30年度(2018)大会結果はこちらから ・平成29年度(2017)大会結果はこちらから ・平成28年度(2016)大会結果はこちらから ・平成27年度(2015)大会結果はこちらから ・平成26年度(2014)大会結果はこちらから ・平成25年度(2013)大会結果はこちらから ・平成24年度(2012)大会結果はこちらから ・平成23年度(2011)大会結果はこちらから ...

Read More →

【形部会からのお知らせ】公認形審査員研修会・試験について(北海道)

公認形審査員研修会・試験について(北海道) 平素より本部会の活動にご協力を賜り誠にありがとうございます。 この度、北海道にて公認形審査員研修会及び試験を下記の通り開催いたします。 なお審査員資格保有者の方は、資格取得後4年度内毎に1度、研修会にご参加頂く必要がございます。 ■日程: 5月25日(土) 公認形審査員研修会 5月26日(日) 公認形審査員試験 ■場所:開基記念総合武道館 要項をご確認の上、申込書を5月19日(日)までにFAX 03-3818-5447 でお送りください。 なお、審査員試験をご受験される方は、必ずご所属の都道府県柔道連盟の承認を得てください。 ・公認形審査員研修会 実施要項 [pdf] ・公認形審査員研修会 申込書 [Excel] ・公認形審査員試験 実施要項 [pdf] ・公認形審査員試験 申込書 [Excel] ...

Read More →