【審判委員会】柔道衣の乱れに対する新たな罰則(指導)の施行について

国際柔道連盟では2019年3月8~10日に開催された、グランプリマラケシュ大会(モロッコ)より柔道衣の乱れに対する罰則を新たに導入しました。 今年開催される世界選手権東京大会、2020年東京オリンピック柔道競技でもこの罰則が適用される為、日本国内でも早急に適用する必要があります。 別紙全柔連主催大会では4月よりこの罰則を導入しますが、各主催団体におきましては、施行期間に猶予を設ける等、導入時期を検討して頂きますよう、お願いいたします。 ・新罰則(指導)の内容 試合中に柔道衣が乱れ、帯より外に上衣の裾(背部を含む)が出た場合、主審の「待て」から「始め」の間に、選手自ら素早く服装を直すこと。 主審が「待て」を掛けても、乱れた柔道衣を直そうとせず、放置し乱れたまま「始め」を待っている時に、主審より柔道衣を直すよう指示された場合、これを1回目とカウントし、2回目以降はその都度「指導」が与えられる。 合わせて帯も、本人が緩く結ぶことが原因で解け、自ら固く結び直さず主審から指示された場合もカウントの対象となる。 選手は「待て」から「始め」までの間に、自ら素早く服装を直し、帯を固く締めなければならない。 但し、積極的な試合展開で、例えば柔道衣の上衣がすっぽり脱げた場合に服装を直す指示を主審が行ってもカウントされない。 あくまでも、場外や寝技の停滞などで「待て」が掛かった場合、選手が柔道衣の乱れを放置し、主審から指示された場合にカウントされる。 「待て」の後、選手が自ら柔道衣を直そうとする場合、「髪の結直し」と同じく少し猶予を与える。 帯を解いて服装を直す場合は、従来通り主審の指示・許可がなければならない。 ※背部の裾の長さが臀部を覆っていない、体幹部が細く胸元の合わせ目が浅い等は、柔道衣の乱れやすさの一因である。上記罰則を導入するにあたり、柔道衣コントロールをより厳密に行う様に徹底して頂きたい。 平成31年3月26日 公益財団法人全日本柔道連盟 審判委員会委員長 大迫 明伸 【問い合わせ先】 公益財団法人全日本柔道連盟 大会事業課 電 話 03-3818-4392 メール shinpan@judo.or.jp 柔道衣の乱れに対する新たな罰則(指導)の施行について(PDFファイル) ...

Read More →

中高生に対する指導法の在り方を考える平成30年度「派遣講師研修会/東京」を開催

 教育普及MIND委員会・教育普及部会が、3月23日(土)講道館において、中高生等を対象に実施している全日本柔道連盟の「柔道教室」等に派遣される講師を対象に、正しい柔道と安心安全な柔道の普及のために必要な指導法の在り方を考える「派遣講師研修会」を開催しました。  参加した23名の講師(うち女性講師2名)は、基本指導(120分)を向井幹博講師、安全指導(60分)を磯村元信講師、技術指導(60分)を江種辰明講師から学ぶとともに、効果的な指導方法について情報交換を行い相互のレベルアップを図りました。         ...

Read More →

「全国少年柔道競技者育成事業」実施報告(平成30年度下半期)

 本連盟では、全国の小学校5年生から中学生を対象とした全国少年柔道競技者育成事業をスポーツ振興くじ(toto)の助成を受けて全国10地区で開催しています。  本事業は、全国に統一された指導法を確立させ、一貫指導体制を構築することで、オリンピックや世界選手権大会などの国際大会で活躍できる競技者を発掘し、育成していくことを目的としています。また、本事業は、柔道の技術指導だけではなく、栄養学、柔道の歴史などの講義も採り入れ、合宿形式で実施することで集団生活を学び、健全な青少年の育成を目的としています。  平成30年度下半期は、以下の通り実施いたしました。 地区 期日 会場 参加者数 北海道(中学生) 11/16~18 北海きたえーる武道場 選手53名、指導者17名 東京(中学男子) 11/18 講道館 選手30名、指導者9名 北海道(小学生) 1/12~14 北海きたえーる武道場 選手63名、指導者18名 東海(中学生) 1/12~14 豊田市武道館 選手96名、指導者37名 九州(中学生) 3/2~3 久留米アリーナ武道場 選手107名、指導者34名 *九州(中学生)は10月実施予定が台風の影響で中止になったため順延開催。  豪雨被害で中止となった合宿もありましたが、上半期・下半期を通し小・中学生計1,400名、指導者458名が参加しました。 #gallery-1 { margin: auto; } #gallery-1 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 50%; } #gallery-1 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-1 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */ 北海道(中学生)鷹木先生による座学 東京(中学男子)講道館での練習 東海(中学生)持田先生による礼法 九州(中学生)久留米アリーナでの寝技練習 九州(中学生)集合写真 ...

Read More →

平成31年全日本柔道選手権大会 組合せ情報掲載(19.4.29)

[ 2019年4月29日; ] 組合せ ・組合せ(PDFファイル) 大会申込 大会申込ページはこちらから(要パスワード) 大会情報 大会公式サイトはこちらから 過去大会結果について ・平成30年度(2018)大会結果はこちらから ・平成29年度(2017)大会結果はこちらから ・平成28年度(2016)大会結果はこちらから ・平成27年度(2015)大会結果はこちらから ・平成26年度(2014)大会結果はこちらから 本大会のドーピング検査事業は、スポーツ振興くじの助成金を受けて実施しております。 ...

Read More →

2019年ブレーメンジュニア国際(ドイツ)大会結果・写真掲載(19.3.24)

[ 2019年3月24日; ] 2019年ブレーメンジュニア国際(ドイツ) 開催国 ドイツ 期 間 2019年3月24日(日) 日本選手団名簿 【 役員 】 コーチ 生田 秀和 (ALSOK) コーチ 各務 耕司 (愛知県警察) 高体連 世古 大和 (兵庫・村野工業高校)   【 選手 】 100kg超級 中野 寛太 (奈良・天理高校3年) 優勝 100kg級 清水 雅義 (国士舘大学1年) 2位 90kg級 長嶋 勇斗 (山梨・東海大学付属甲府高校3年) 優勝 81kg級 板東虎之輔 (千葉・木更津総合高校3年) 3回戦敗退 73kg級 内村 秀資 (大阪・東海大学付属仰星高校3年) 優勝 66kg級 西願寺哲平 (埼玉・埼玉栄高校3年) 5位 60kg級 鷲見 仁義 (北海道・札幌山の手高校3年) 2回戦敗退 役員3名、選手7名 計10名   [gallery ids="48129,48130,48165,48164,48166,48170,48169,48168"] 大会結果 100kg超級 中野 寛太 優勝 1回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 二クラス エドウラド エリク ジョナス 国名 ドイツ ベルギー ドイツ ドイツ 決り技 一本勝(大外刈) 一本勝(指導3) 優勢勝(GS・技有・袖釣込腰) 一本勝(内股透)   100kg級 清水 雅義 2位 1回戦 2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 アマウリ ユボ アンドリュー ドゥコ ダニエル 国名 フランス ドイツ イギリス オランダ スイス 決り技 一本勝 (一本背負投) 優勢勝 (GS・技有・体落) 一本勝 (横四方固) 一本勝 (腰車) 一本負 (合技)   90kg級 長嶋 勇斗 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ジャルノ トム エバン ルカ シロツロ ロイス 国名 ベルギー オランダ フランス ドイツ ドイツ ドイツ 決り技 一本勝 (大外刈) 一本勝 (合技) 反則勝 (指導3) 優勢勝 (技有・内股) 反則勝 (GS・指導3) 一本勝 (合技)   81kg級 板東虎之輔 3回戦敗退 1回戦 2回戦 3回戦 相手名 オレビ マチャス クレメント 国名 ドイツ チェコ フランス 決り技 一本勝(袖釣込腰) 一本勝(GS・背負投) 一本負(大内刈)   73kg級 内村 秀資 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 ギャビン 二クラス ルーク モハメット 国名 フランス ドイツ オランダ ドイツ 決り技 一本勝(合技) 一本勝(合技) 一本勝(谷落) 一本勝(上四方固) 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 クラウディオ キリアン ジェファーソン 国名 ルクセンブルグ ドイツ ブラジル 決り技 一本勝(腕挫十字固) 一本勝(合技) 一本勝(横四方固)   66kg級 西願寺 哲平 5位 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 ジョビク マテオ アルフレッド ジャナス 国名 フランス ドイツ スウェーデン ベルギー 決り技 一本勝(体落) 一本勝(背負投) 一本勝(合技) 反則勝(指導3) 準々決勝戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ミハエル イボ アダム 国名 イギリス オランダ スイス 決り技 一本勝(片手締) 一本負(GS・合技) 一本負   60kg級 鷲見 仁義 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 トム エメルソン 国名 ドイツ ポーランド 決り技 一本勝(背負投) 一本負(隅返)   ...

Read More →

2019年チューリンゲン国際大会(ドイツ)大会結果・写真掲載(19.3.23)

[ 2019年3月23日; ] 2019年チューリンゲン国際大会(ドイツ)日本選手団名簿 開催場所 チューリンゲン(ドイツ) 期 間 2019年3月23日(土) 大会資料[PDF] 詳細結果[大会ホームページ] 日本選手団名簿 【 役員 】 監督 野瀬 英豪 (淑徳大学) コーチ 矢﨑 利加 (国際武道大学) トレーナー 深井 美帆 (グローバルスポーツ医学研究所) 【 選手 】 78kg超級 髙橋 瑠璃 (東京・帝京高校3年) 優勝 78kg級 長谷川瑞紀 (兵庫・夙川学院高校3年) 3位 70kg級 新名 寧々 (兵庫・夙川学院高校3年) 3位 63kg級 勝部  桃 (京都・京都学園高校3年) 優勝 57kg級 堂﨑 月華 (三重・名張高校3年) 優勝 52kg級 藤本 彩月 (福岡・敬愛高校3年) 優勝 48kg級 渋谷  舞 (静岡・東海大静岡翔洋高校3年) 欠場 役員3名 選手7名 合計10名 写真 [gallery ids="48149,48150,48182,48181,48180,48179,48178,48177,48176"] 大会結果 78kg超級 高橋 瑠璃 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ハイメ カムパス リチエ ドウランド 国名 フランス オランダ イギリス フランス 決り技 一本勝(上四方固) 一本勝(払腰) 一本勝(合技) 一本勝(袈裟固)   78kg級 長谷川瑞紀 3位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ホーイ ブルステル ベラスチー スチミド デルマイン 国名 オランダ フランス フランス ドイツ フランス 決り技 一本勝 (縦四方固) 一本勝 (内股) 一本勝 (大内刈) 優勢負 (技有・小外刈) 一本勝 (腕絡)   70kg級 新名 寧々 3位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 グルネワード デハイベイ ベッテリ ペテーセン フェレオル 国名 ドイツ フランス スイス イギリス フランス 決り技 一本勝 (腕絡) 優勢勝 (GS・技有) 一本勝 (合技) 反則負 (指導3) 優勢勝 (GS・技有)   63kg級 勝部  桃 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 タナー フリーデン カラチテン ベレーザ リマ ポウル 国名 カナダ ドイツ オランダ ブラジル ブラジル ドイツ 決り技 一本勝 (縦四方固) 一本勝 (小外刈) 一本勝 (横四方固) 一本勝 (横四方固) 反則勝 (指導3) 一本勝(GS・ 縦四方固)   57kg級 堂﨑 月華 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 アリング テレンジ フィシャー アンデレデ コーンネリッセ 国名 ドイツ ブラジル ドイツ ブラジル オランダ 決り技 一本勝 (大外刈) 一本勝 (横四方固) 優勢勝 (GS・技有) 一本勝 (合技) 一本勝 (合技)   52kg級 藤本 彩月 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ボート べレイヤー マンナード タバ アペリティー 国名 オランダ ドイツ スイス ブラジル フランス 決り技 一本勝 (袖釣込) 一本勝 (横四方固) 一本勝 (合技) 優勢勝 (技有・背負投) 一本勝 (合技)   ...

Read More →

【お知らせ】柔道日本代表とゴジラがコラボレーション!「ゴジラジャパン」発表会見(3.19)

この度、公益財団法人全日本柔道連盟と東宝株式会社は、柔道日本代表選手団とゴジラの協働プロモーションを進めることとなり、柔道日本代表選手団の呼称を「ゴジラジャパン」といたしました。全日本柔道連盟科学研究部が日本代表選手団のサポート活動の一環として試合映像分析を行ってきました。この分析システムを関係者の間で通称「ゴジラ」としておりましたところ、東宝株式会社にも本活動の情報が届き、ゴジラが柔道日本代表選手団を応援、サポートすることのご提案をいただきました。全日本柔道連盟といたしましても柔道の持つ「日本発祥」「伝統」「力強さ」などのイメージがゴジラと共通することもあり、今回の協働プロモーションを進めるに至りました。 また、本年はゴジラ誕生65周年にあたり、5月31日にはハリウッド版映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』も公開されるなど、柔道同様日本発の国際的認知度の高いキャラクターです。 これを機にゴジラファンの皆様にも日本柔道を応援いただけることを期待すると共に、本年8月25日より日本武道館で開催される世界柔道選手権大会での好成績に向けて邁進する所存です。今後とも「ゴジラジャパン」へのご声援よろしくお願いいたします。 3月19日(火)には、味の素ナショナルトレーニングセンターにて柔道日本代表「ゴジラジャパン」に関する記者会見が行われました。全日本柔道連盟より井上康生 全日本男子監督、増地克之 全日本女子監督、東宝株式会社 取締役映像本部映像事業担当チーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO) 大田圭二が登壇し、今回の協働プロモーションへの想いなどを語りました。 【井上康生 全日本男子監督 コメント】 今日ゴジラを見て、太ももの大きさに驚きました(笑)。我々も格闘技の世界で強さを求める中で、非常に有難い 助っ人をいただいたと思っております。力を貸していただきながら、頑張っていきたいと思います。今後は総力戦だ と思っています。日本の総勢力を結集した上で、色んな方たちの協力を得ながら、成功へと導いていき、そして 日本の素晴らしさを世界に発信できる大きなチャンスかと思いますので、そのような気持ちで今後指導にあたりたいと考えています。 【増地克之 全日本女子監督 コメント】 今回このような強力なサポーターとして、柔道界に力を貸していただけるとのことで非常に嬉しく思います。「ゴジ ラ」といえば圧倒的な力強さの象徴ということで、全日本女子もゴジラに負けない力強さで、世界を目指して頑張っ ていきたいと思います。世界と戦う上では、攻撃を全面に出した戦いをしていきたいと思います。もちろん守備も大 事となってきますが、守らない積極性を世界に発信していきたいと考えております。 【東宝株式会社 取締役映像本部 映像事業担当チーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO) 大田圭二 様コメント】 ゴジラが 1954 年に第 1 作が公開され、今年がちょうど 65 周年の年となります。そのような記念の年に全日本柔道 と素晴らしいコラボレーションができることを非常に嬉しく思っております。ゴジラは日本のみならず、世界中で大活 躍しており、まさに最強の怪獣です。数多くの国際大会で全日本柔道を積極的に応援していきたいと思います。 #gallery-2 { margin: auto; } #gallery-2 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 33%; } #gallery-2 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-2 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */ ...

Read More →

当連盟とJADA「FAIR PRIDE アスリートインタビュー」のお知らせ

公益財団法人全日本柔道連盟(所在地:東京都文京区、会長:山下泰裕、以下 AJJF)と公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(所在地:東京都北区、会長:鈴木秀典、以下 JADA)は、スポーツの基盤となる「フェアネス(公平さ・公正さ)」の推進を目的とし、ロールモデルアスリートによるメッセージを収録した「FAIR PRIDE アスリートインタビュー」を協働して制作いたしました。 田代 未来選手へのインタビューの様子 #gallery-3 { margin: auto; } #gallery-3 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 50%; } #gallery-3 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-3 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */ 本動画では、柔道競技の田代未来選手(リオデジャネイロオリンピック女子63kg級代表)に参加頂き、以下の内容についてメッセージを収録しています。 ・ 柔道の魅力と次世代のアスリートたちへ伝えたいこと ・ アスリートに必要なアンチ・ドーピングに臨む意識と行動 AJJFとJADAは、本動画を通して、社会に広く、アンチ・ドーピングとアスリートのメッセージを届けます。そして、スポーツに関わるすべての人たちが、互いに尊重し合いながらフェアネスの精神にプライド(信念・誇り)を持って参画するアンチ・ドーピング活動の推進と、フェアでクリーンな環境でうまれるスポーツの価値の発展に貢献して参ります。 ≪特設URL≫https://www.realchampion.jp/fairprideinterview/ 山下泰裕 全日本柔道連盟(AJJF)会長コメント この度、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)様が制作された「FAIR PRIDEアスリートインタビ ュー」に、柔道界より田代未来選手が出演し、協働してクリーンなスポーツへのメッセージを発信できたことを心より喜ばしく思います。スポーツ選手のドーピング行為は、該当者だけの問 題ではなく、共に戦った仲間や相手選手、監督・コーチを初めとする指導者やアントラージュ の方々、ご家族・友人たちの心を深く傷つけ、さらに広い視点でとらえれば国民に対する裏切 り行為とも言えるものです。しかし残念なことにドーピング行為はなくなるどころか、後を絶ちま せん。今回、ひとりでも多くの方がこの動画をご覧になり、アンチ・ドーピングの大切さについ てご理解を深めていただければ、事態は一歩前進するものと思います。田代未来選手の柔道 にかける情熱と潔さは、必ずや次世代のアスリ―トのフェアネス精神に訴えかけるものがあると確信しております。 浅川  伸 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)専務理事コメント この度、全日本柔道連盟様にご協力を賜り、「FAIR PRIDE アスリートインタビュー」の制作とその発表ができることを非常に喜ばしく思います。このFAIR PRIDE アスリートインタビューでは、アスリート自身が競技人生を通して培ったアンチ・ドーピングに対する考え方や行動、次世代のアスリートへのメッセージを発信しており、アスリートに限らず、スポーツに関わるすべての人たちが、スポーツのフェアネスに対して、改めて同じ認識を共有できるものと信じております。また、本動画は、柔道連盟様以外の競技団体でも活用して頂けるものになっております。2019年、2020年と国内におけるスポーツへの気運が高まる中、スポーツを成り立たせる土台としての「フェアネス」の精神を、ひとりひとりの心に宿し、よりよい社会の実現を目指す活動が、競技種目や、スポーツの枠を超えて、社会全体に広がるムーブメントとなることを目指して参ります。 【公益財団法人全日本柔道連盟】 ■名称:公益財団法人全日本柔道連盟 ■所在地:東京都文京区春日1丁目16番30号講道館内 ■代表者:会長 山下泰裕 ■URL:http://www.judo.or.jp/ 【公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構】 ■名称:公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構 ■所在地:東京都北区西が丘 3-15-1 国立スポーツ科学センター内 ■代表者:会長 鈴木秀典 ■URL:https://www.playtruejapan.org/ <本リリースに関する問合せ先> 公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構 教育・国際部 教育・情報グループ 電話:03-5963-5708/Email:eig@playtruejapan.org ...

Read More →

2019年グランドスラム・エカテリンブルグ(ロシア)大会結果掲載(19.3.15-17)

[ 2019年3月15日 to 2019年3月17日. ] グランドスラム・エカテリンブルグ(ロシア) 開催国 ロシア(エカテリンブルグ) 期 間 2019年3月15日~17日 IJFリンク(Ekaterinburg Grand Slam 2019) 日本選手団名簿 【 役 員 】 男子監督 井上 康生 (東海大学) 女子監督 増地 克之 (筑波大学) 男子コーチ 金丸 雄介 (了德寺大学) 女子コーチ 福見 友子 (JR東日本) 男子トレーナー 岩瀬 寛之 (グローバルスポーツ医学研究所) 女子コーチ 秋本 啓之 ((学)了德寺学園職) 女子総務コーチ 田村 昌大 (順天堂大学) 女子トレーナー 磯部 昌彦 (グローバルスポーツ医学研究所)   男子 100㎏超級 小川 雄勢 (明治大学4年) 2回戦敗退 太田 彪雅 (東海大学3年) 2回戦敗退 100㎏級 羽賀龍之介 (旭化成㈱) 1回戦敗退 90㎏級 田嶋 剛希 (筑波大学3年) 3位 81㎏級 永瀬 貴規 (旭化成㈱) 2位 66㎏級 藤阪 太郎 (大阪府警察) 5位 60㎏級 大島 優磨 (旭化成㈱) 2位 女子 78㎏超級 稲森 奈見 (三井住友海上火災保険㈱) 1回戦敗退 78㎏級 髙山 莉加 (三井住友海上火災保険㈱) 3位 泉  真生 (山梨学院大学4年) 優勝 70㎏級 田中 志歩 (環太平洋大学2年) 3位 57㎏級 舟久保遥香 (三井住友海上火災保険㈱) 3位 52㎏級 阿部  詩 (夙川学院高校3年) 欠場 48㎏級 山﨑 珠美 (自衛隊体育学校) 5位 ※3月5日付 女子52㎏級 阿部選手 怪我の為欠場 役員 8名、選手14名 計22名 写真 [gallery ids="48062,48063,48080,48082,48084,48085,48086,48083,48103,48106,48107,48102,48104,48105,48109"] 大会結果 男子 100kg超級 小川 雄勢 2回戦敗退 2回戦 相手名 バシャエフ 国名 ロシア 決り技 一本負(小外刈)   100kg超級 太田 彪雅 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 ザアリシビリ サッソン 国名 ジョージア イスラエル 決り技 反則勝(指導3) 反則負(指導3)   100kg級 羽賀龍之介 1回戦敗退 1回戦 相手名 アダミアン 国名 ロシア 決り技 優勢負(GS・技有・大内刈)   90kg級 田嶋 剛希 3位 1回戦 2回戦 準々決勝戦 敗者復活 最終戦 3位決定戦 相手名 コチマン マジドフ グビニアシビリ ムンガイ クコルジ 国名 イスラエル セルビア ジョージア イタリア セルビア 決り技 一本勝 (合技) 優勢勝 (GS・技有・移腰) 一本負 (小外掛) 一本勝 (袖釣込腰) 一本勝 (合技)   81kg級 永瀬 貴規 2位 2回戦 3回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 グリガラシビリ チョウチ カルムルザエフ デウィット ムキ 国名 ジョージア ベルギー ロシア オランダ イスラエル 決り技 一本勝 (GS・小外刈) 優勢勝 (技有・谷落) 優勢勝 (GS・足車) 一本勝 (GS・大内刈) 優勢負 (技有・背負投)   66kg級 藤阪 太郎 5位 1回戦 2回戦 準々決勝 敗者復活最終戦 3位決定戦 相手名 メドベス シャシゴフ フリッカー カルグニン ニニアシビリ 国名 イタリア ロシア イスラエル ブラジル ジョージア 決り技 一本勝 (大外返) 一本勝 (横四方固) 優勢負 (GS・技有・谷落) 優勢勝 (GS・技有・隅落) 一本負 (背負投)   60kg級 大島 優磨 2位 1回戦 2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ザイルベコフ キルギズバエフ タカバタケ ツァカドエア ハグバジャムツ 国名 ロシア カザフスタン ブラジル オランダ モンゴル 決り技 一本勝(合技) 反則勝(GS・指導3) 一本勝(合技) 反則勝(指導3) 反則負(指導3)   大会結果 女子 78kg超級 稲森 奈見 1回戦敗退 1回戦 相手名 セリッチ 国名 ボスニアヘルツェゴビナ 決り技 優勢負(GS・技有・払巻込)   78kg級 泉  真生 優勝 2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 スティーブンソン シメレヴァ パウエル アギアール 国名 オランダ ロシア イギリス ブラジル 決り技 一本勝(払巻込) 一本勝(大外刈) 一本勝(内股) 一本勝(送襟絞)   78kg級 髙山 莉加 3位 2回戦 準々決勝戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 カチョロブスカヤ アギアール チュメオ パウエル 国名 ロシア ブラジル フランス イギリス 決り技 一本勝(腕挫十字固) 一本負(体落) 反則勝(指導3) 一本勝(合技)   70kg級 田中 志歩 3位 1回戦 2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 テルツィドウ ファンダイク ニャン ポルテラ バルガス 国名 ギリシャ オランダ モロッコ ブラジル ドイツ 決り技 反則勝 (指導3) 優勢勝 (GS・技有・浮落) 一本勝 (GS・後袈裟固) 反則負 (指導3) 一本勝 (払腰)   57kg級 舟久保遥香 3位 2回戦 準々決勝戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ベルウストラ クリムカイト レン・チェンリン フィルツモサー 国名 オランダ カナダ チャイニーズタイペイ オーストリア 決り技 一本勝(横四方固) 一本勝(崩袈裟固) 優勢負(GS・技有・谷落) 一本勝(横四方固)   48kg級 山﨑 珠美 5位 1回戦 2回戦 準々決勝戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 ゲルスジェス リショニ― スタンガー キリアゾヴァ ドルゴヴァ 国名 オランダ イスラエル スロベニア ロシア ロシア 決り技 一本勝(大内刈) 一本勝(大内刈) 優勢負(技有・大腰) 一本勝(裏投) 一本負(合技)   ...

Read More →

第32回近代柔道杯全国中学生柔道大会 組合せ情報掲載(19.3.23-24)

[ 2019年3月23日 to 2019年3月24日. ] 組合せ こちらから(外部サイト) 大会要項 主催 公益財団法人全日本柔道連盟、株式会社ベースボール・マガジン社「近代柔道」 後援 公益財団法人講道館、公益財団法人日本中学校体育連盟 主管 埼玉県柔道連盟、株式会社BBMスポーツ・コミッション 運営協力 埼玉県中学校体育連盟柔道部、東京都中学校体育連盟柔道部、春日部工業高校、伊奈学園高校 日程 平成31年3月23日(土)、24日(日) 会場 埼玉県立武道館 参加資格(抜粋) (1)出場するチームは全日本柔道連盟に今年度の団体登録をしていること。 (2)選手は、競技者登録をしており、大会当日に同一中学校の1、2年生に在籍しているもの。 ※同一中学校からの複数チームの出場は認める。その場合は、チーム名の最後に順番にアルファベットを割り当てる。(例;近代柔道中学校A、近代柔道中学校B) ※単一校でチームを編成できない場合は、合同チームで出場できる。ただし、同一市区町村内で2校の合同チームであること。(合同チームの規定については別紙をご参照ください) ※外国人学校の出場も可能(海外チームの招聘については予定しておりませんが、自費での参加については可能です。海外チームの参加資格は主催者が協議のうえ決定する) ※参加資格の特例(全国中学校柔道大会と同様) ・学校教育法第134条の各種学校(1条校以外)に在籍し、都道府県中学校体育連盟に参加を認められた生徒であること。 ・参加を希望する各種学校は以下の条件を具備すること。 ①全国大会の参加を認める条件 ア)(公財)日本中学校体育連盟の目的および長年にわたる活動を理解し、それを尊重すること。 イ)生徒の年齢および就業年限が、我国の中学校と一致している単独の学校で構成されていること。 ウ)参加を希望する学校にあたっては、運動部活が学校教育の一環として、日常継続的に当該校顧問教師の指導のもとに、適切に行われていること。 ②全国大会に参加した場合に守るべき条件 ア)全国大会開催基準を守り、出場する競技種目の大会申し合わせ事項等に従うとともに、大会の円滑な運営に協力すること。 イ)全国大会参加に際しては、責任ある当該校校長または教員が生徒を引率すること。また、万一事故の発生に備え、傷害保険等に加入するなどして、万全の事故対策を立てておくこと。 (3) 監督は、全柔連公認指導者資格(B指導員以上)を有し、コーチは、全柔連公認指導者資格(C指導員以上)を有した、いずれも今年度の全柔連登録を完了した者とする 上記の場合の監督・コーチは、資格あるものであれば当該校所属でなくても可とする 単独の学校で複数チーム出場する場合は、当該校に限り監督、コーチの兼務を認める 大会公式HPはこちら ...

Read More →

【JICA】3月18日(月)柔道指導者研修見学会について

JICAでは、これから青年海外協力隊・柔道隊員として海外へ 赴任する人たちに対して、柔道指導者研修を行っています。 この研修では、これから海外で指導する人達にとって必要な柔道指 導法や技の理論、形等を教えています。 今回、柔道隊員を志望している人、興味のある人を対象にこの研修 の見学会を3月18日(月)に開催することになりました。 合格者の話も聞けるので興味のある方は是非参加してください。 【柔道指導者研修】見学会について(pdf) ...

Read More →

2019世界柔道選手権東京大会並びに2020東京オリンピック試合用畳を発表!4月選抜体重別にて世界初披露

この度、国際柔道連盟(IJF)と本連盟は、Park24 Group presents 2019世界選手権大会において新色の畳を採用することに合意いたしました。 0312New tatami colours to be used at the 2019 World Judo Championships ※IJF発表記事 またIJFによると、新色の畳は2020東京オリンピックにおいても使用予定であり、今年8月25日に開幕する世界選手権大会においてテストされることとなります。この畳は2019年4月6日、7日の全日本選抜体重別選手権大会において世界で初めて披露され、各階級のトップ選手たちが2019世界選手権大会と同じ畳の上で日本代表の座を賭け、熱い闘いを繰り広げます。 山下泰裕本連盟会長のコメント 『使用する畳や色が決定したことで、選手達は世界選手権大会や東京オリンピックをより具体的にイメージ出来るのではないかと思います。2020東京オリンピックまであと500日となりましたが、最高の舞台で選手たちが全力を尽くし、国民に夢や希望を与えられるよう、関係者一丸となり準備に邁進する所存です。』 新色の畳はIJFオフィシャルパートナーである中国のタイシャン社製で、試合場内が青色(305C)、場外は赤色(032C)であり、観客やテレビ視聴者にとってより見やすい色を検討し、今回の変更に至っております。新色の上記大会以外における使用については現在のところ未定です。色のイメージについては以下をご参照下さい。 ...

Read More →

【大会取材】平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会 所属関係団体

≪メディアガイド≫ ●2019選抜体重別 メディアガイド(所属団体)PDF ≪申請≫お一人様一回取材申請をお願いいたします。 会社名 (必須)    媒体名    新聞 雑誌 テレビ その他 取材者氏名 (必須)    電話番号 (必須)    メールアドレス (必須)    分類    ペン スチールカメラ ENG 取材希望日    4/5(金) 4/6(土) 4/7(日)   ...

Read More →

【大会取材】0406,07 平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会 一般報道(4.3.12時まで)

≪メディアガイド≫ ●2019選抜体重別 メディアガイドpdf ≪申請≫お一人様一回取材申請をお願いいたします。 会社名 (必須)    媒体名    新聞 雑誌 テレビ その他 取材者氏名 (必須)    電話番号 (必須)    メールアドレス (必須)    分類    ペン スチールカメラ ENG 取材希望日    4/16女子稽古 4/17男子書道 4/18男子稽古   ...

Read More →

【国際貢献事業】2019年2月タイ指導者派遣 報告

 この度、タイ柔道協会より、タイのペチャブーン県において開催されるコーチングセミナーへの柔道講師派遣要請があり、2月20日~25日の6日間、竹内文汰さん(OGAWA警備所属)を講師として派遣いたしました。 竹内さんコメント 「言葉の壁がありましたが、通訳の方にもお手伝いいただき初めて英語で柔道の指導を行ってきました。言葉だけでなく、実際に技を見せるなどジェスチャーを交えて指導をしてきました。今回の講習会の受講者は、コーチが中心でしたが立技や寝技の基本動作や理論を中心に指導してほしいとのことでした。現在、私は東海大学においてコーチとして指導しておりますが、その経験を活かして出来るだけ受講生に伝わるよう心がけました。今回の講習会を通じて、多くの経験が出来たこと、また滞在中に周りのサポートをしてくださったタイ柔道協会の皆さんに感謝しています」     ...

Read More →

【審判委員会】全柔連公認審判ネクタイのデザイン変更について(19.3.4)

全柔連ではこの度、審判員ネクタイのデザインを変更する運びとなりました。現在着用しているネクタイは男性のみで、女性はリボンを着用しておりましたが、新しいデザインにおきましては男女ともにネクタイを着用して審判活動を行っていただきます。 ご理解、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。 1.デザイン 2.導入時期 全柔連主催大会・・・2019年4月(全日本選抜体重別大会)より着用開始 ※5月までは全柔連より貸与いたします その他の大会・・・・2020年3月31日まで移行期間として従来のネクタイ・リボンとの併用を認める 3.金額・発注先 単価…2,500円(税込) ※サイズ2種類(レギュラー・ロング) 全柔連より都道府県柔道連盟に対し初回発注分の数量を確認後、5月末日までにアカツキ商事より指定の宛先へ納品されます。 6月より都道府県ごとに販売を開始予定ですので、ご所属の都道府県柔道連盟でお買い求めください。 4.問合せ先 (公財)全日本柔道連盟大会事業課  TEL:03-3818-4392 平成31年3月4日 公益財団法人全日本柔道連盟 審判委員長  大迫 明伸 ...

Read More →

2019年全日本柔道形競技大会 大会情報掲載 (19.10.27)

[ 2019年10月27日; ] 大会要項 ・2019年全日本柔道形競技大会 要項(PDFファイル) ・2019年全日本柔道形競技大会 全国枠要項(PDFファイル) ・2019年全日本柔道形競技大会 全国枠申込書(PDFファイル) ・趣旨 講道館柔道において「形と乱取」は「文法と作文」に例えられるように修行の一体をなしている。「形」と「乱取」を修行することによって、勝負の理を体得し、修行の成果を得、柔道の奥義に進むことができる。 特に「形」は柔道技術の基本形態の攻防の原理を学ぶ心身研磨の道である。 ここに、修行の意味を改めて認識し、「形」を通じて柔道の普及・振興を促進することを目指し、講道館柔道の「形」による競技大会を開催する。 ・期日 2019年10月27日(日) 開会9:30/閉会16:00(予定) ・会場 講道館大道場 ・主催 公益財団法人講道館、公益財団法人全日本柔道連盟 過去大会情報 平成30年(2018)大会結果はこちら 平成29年(2017)大会結果はこちら 平成28年(2016)大会結果はこちら 平成27年(2015)大会結果はこちら ...

Read More →