【お知らせ】柔道日本代表とゴジラがコラボレーション!「ゴジラジャパン」発表会見(3.19)

この度、公益財団法人全日本柔道連盟と東宝株式会社は、柔道日本代表選手団とゴジラの協働プロモーションを進めることとなり、柔道日本代表選手団の呼称を「ゴジラジャパン」といたしました。全日本柔道連盟科学研究部が日本代表選手団のサポート活動の一環として試合映像分析を行ってきました。この分析システムを関係者の間で通称「ゴジラ」としておりましたところ、東宝株式会社にも本活動の情報が届き、ゴジラが柔道日本代表選手団を応援、サポートすることのご提案をいただきました。全日本柔道連盟といたしましても柔道の持つ「日本発祥」「伝統」「力強さ」などのイメージがゴジラと共通することもあり、今回の協働プロモーションを進めるに至りました。 また、本年はゴジラ誕生65周年にあたり、5月31日にはハリウッド版映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』も公開されるなど、柔道同様日本発の国際的認知度の高いキャラクターです。 これを機にゴジラファンの皆様にも日本柔道を応援いただけることを期待すると共に、本年8月25日より日本武道館で開催される世界柔道選手権大会での好成績に向けて邁進する所存です。今後とも「ゴジラジャパン」へのご声援よろしくお願いいたします。 3月19日(火)には、味の素ナショナルトレーニングセンターにて柔道日本代表「ゴジラジャパン」に関する記者会見が行われました。全日本柔道連盟より井上康生 全日本男子監督、増地克之 全日本女子監督、東宝株式会社 取締役映像本部映像事業担当チーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO) 大田圭二が登壇し、今回の協働プロモーションへの想いなどを語りました。 【井上康生 全日本男子監督 コメント】 今日ゴジラを見て、太ももの大きさに驚きました(笑)。我々も格闘技の世界で強さを求める中で、非常に有難い 助っ人をいただいたと思っております。力を貸していただきながら、頑張っていきたいと思います。今後は総力戦だ と思っています。日本の総勢力を結集した上で、色んな方たちの協力を得ながら、成功へと導いていき、そして 日本の素晴らしさを世界に発信できる大きなチャンスかと思いますので、そのような気持ちで今後指導にあたりたいと考えています。 【増地克之 全日本女子監督 コメント】 今回このような強力なサポーターとして、柔道界に力を貸していただけるとのことで非常に嬉しく思います。「ゴジ ラ」といえば圧倒的な力強さの象徴ということで、全日本女子もゴジラに負けない力強さで、世界を目指して頑張っ ていきたいと思います。世界と戦う上では、攻撃を全面に出した戦いをしていきたいと思います。もちろん守備も大 事となってきますが、守らない積極性を世界に発信していきたいと考えております。 【東宝株式会社 取締役映像本部 映像事業担当チーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO) 大田圭二 様コメント】 ゴジラが 1954 年に第 1 作が公開され、今年がちょうど 65 周年の年となります。そのような記念の年に全日本柔道 と素晴らしいコラボレーションができることを非常に嬉しく思っております。ゴジラは日本のみならず、世界中で大活 躍しており、まさに最強の怪獣です。数多くの国際大会で全日本柔道を積極的に応援していきたいと思います。 #gallery-1 { margin: auto; } #gallery-1 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 33%; } #gallery-1 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-1 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */ ...

Read More →

当連盟とJADA「FAIR PRIDE アスリートインタビュー」のお知らせ

公益財団法人全日本柔道連盟(所在地:東京都文京区、会長:山下泰裕、以下 AJJF)と公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(所在地:東京都北区、会長:鈴木秀典、以下 JADA)は、スポーツの基盤となる「フェアネス(公平さ・公正さ)」の推進を目的とし、ロールモデルアスリートによるメッセージを収録した「FAIR PRIDE アスリートインタビュー」を協働して制作いたしました。 田代 未来選手へのインタビューの様子 #gallery-2 { margin: auto; } #gallery-2 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 50%; } #gallery-2 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-2 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */ 本動画では、柔道競技の田代未来選手(リオデジャネイロオリンピック女子63kg級代表)に参加頂き、以下の内容についてメッセージを収録しています。 ・ 柔道の魅力と次世代のアスリートたちへ伝えたいこと ・ アスリートに必要なアンチ・ドーピングに臨む意識と行動 AJJFとJADAは、本動画を通して、社会に広く、アンチ・ドーピングとアスリートのメッセージを届けます。そして、スポーツに関わるすべての人たちが、互いに尊重し合いながらフェアネスの精神にプライド(信念・誇り)を持って参画するアンチ・ドーピング活動の推進と、フェアでクリーンな環境でうまれるスポーツの価値の発展に貢献して参ります。 ≪特設URL≫https://www.realchampion.jp/fairprideinterview/ 山下泰裕 全日本柔道連盟(AJJF)会長コメント この度、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)様が制作された「FAIR PRIDEアスリートインタビ ュー」に、柔道界より田代未来選手が出演し、協働してクリーンなスポーツへのメッセージを発信できたことを心より喜ばしく思います。スポーツ選手のドーピング行為は、該当者だけの問 題ではなく、共に戦った仲間や相手選手、監督・コーチを初めとする指導者やアントラージュ の方々、ご家族・友人たちの心を深く傷つけ、さらに広い視点でとらえれば国民に対する裏切 り行為とも言えるものです。しかし残念なことにドーピング行為はなくなるどころか、後を絶ちま せん。今回、ひとりでも多くの方がこの動画をご覧になり、アンチ・ドーピングの大切さについ てご理解を深めていただければ、事態は一歩前進するものと思います。田代未来選手の柔道 にかける情熱と潔さは、必ずや次世代のアスリ―トのフェアネス精神に訴えかけるものがあると確信しております。 浅川  伸 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)専務理事コメント この度、全日本柔道連盟様にご協力を賜り、「FAIR PRIDE アスリートインタビュー」の制作とその発表ができることを非常に喜ばしく思います。このFAIR PRIDE アスリートインタビューでは、アスリート自身が競技人生を通して培ったアンチ・ドーピングに対する考え方や行動、次世代のアスリートへのメッセージを発信しており、アスリートに限らず、スポーツに関わるすべての人たちが、スポーツのフェアネスに対して、改めて同じ認識を共有できるものと信じております。また、本動画は、柔道連盟様以外の競技団体でも活用して頂けるものになっております。2019年、2020年と国内におけるスポーツへの気運が高まる中、スポーツを成り立たせる土台としての「フェアネス」の精神を、ひとりひとりの心に宿し、よりよい社会の実現を目指す活動が、競技種目や、スポーツの枠を超えて、社会全体に広がるムーブメントとなることを目指して参ります。 【公益財団法人全日本柔道連盟】 ■名称:公益財団法人全日本柔道連盟 ■所在地:東京都文京区春日1丁目16番30号講道館内 ■代表者:会長 山下泰裕 ■URL:http://www.judo.or.jp/ 【公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構】 ■名称:公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構 ■所在地:東京都北区西が丘 3-15-1 国立スポーツ科学センター内 ■代表者:会長 鈴木秀典 ■URL:https://www.playtruejapan.org/ <本リリースに関する問合せ先> 公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構 教育・国際部 教育・情報グループ 電話:03-5963-5708/Email:eig@playtruejapan.org ...

Read More →