平成30年度第15回全国小学生学年別柔道大会 大会結果情報掲載(18.8.26)

[ 2018年8月26日; ] 大会結果 5年生男子45kg級 優 勝 三ツ石恵翔(徳島県・板野町柔道教室) 準優勝 彌永 康生(佐賀県・小城秀島道場) 第三位 宮崎 護大(熊本県・文政少年柔道クラブ) 第三位 日垣 翔心(京都府・八幡柔道クラブ) 5年生男子45kg超級 優 勝 河田 直人(大阪府・弥刀少年柔道クラブ) 準優勝 斉藤 豪騎(兵庫県・兵庫少年こだま会) 第三位 伊藤 志竜(秋田県・雄武館山中道場) 第三位 西村 和真(京都府・宇治柔道会) 6年生男子50kg級 優 勝 荒川 琉正(宮崎県・坂本柔道塾) 準優勝 秋吉 航輔(福岡県・大刀洗豪武館) 第三位 古賀  学(佐賀県・芦刈少年柔道クラブ) 第三位 吉田 壮汰(長崎県・吉井町少年柔道部) 6年生男子50kg超級 優 勝 野澤 貴哉(石川県・犀川柔道教室) 準優勝 空閑 大輝(福岡県・大刀洗豪武館) 第三位 柴田  陽(東京都・世田谷柔道クラブ) 第三位 竹吉 瑞樹(群馬県・田島道場) 5年生女子40kg級 優 勝 坂山  凛(三重県・松阪市武道館柔道教室) 準優勝 岡元 遥樺(鹿児島県・柔心館道場) 第三位 大掛 紗奈(愛知県・山北道場) 第三位 中野 瑠佳(宮城県・太陽塾) 5年生女子40kg超級 優 勝 荻野 友里(東京都・春日柔道クラブ) 準優勝 菅本 彩乃(山口県・福川柔道スポーツ少年団) 第三位 佐竹 優芽(兵庫県・北神柔道少年団) 第三位 秋山水乃里(福岡県・波多江柔道スポーツ少年団) 6年生女子45kg級 優 勝 大塚 翔稀(福岡県・安武道場) 準優勝 香月優奈子(山口県・下関警察柔道スポーツ少年団) 第三位 村松 舞琳(東京都・鈴木道場) 第三位 長谷 心美(埼玉県・朝霞体協柔道部) 6年生女子45kg超級 優 勝 本田 里來(福岡県・東福岡柔道教室) 準優勝 中道 咲桜(徳島県・藍住真導スポーツ少年団) 第三位 大多和 心(愛知県・大石道場) 第三位 大木 香凜(埼玉県・育徳館柔道クラブ) ・01小学5年生男子軽量級(PDFファイル) ・02小学5年生男子重量級(PDFファイル) ・03小学6年生男子軽量級(PDFファイル) ・04小学6年生男子重量級(PDFファイル) ・05小学5年生女子軽量級(PDFファイル) ※10/3一部修正 ・06小学5年生女子重量級(PDFファイル) ・07小学6年生女子軽量級(PDFファイル) ・08小学6年生女子重量級(PDFファイル) ※8/27 14:00 詳細記録を追加しました 大会前日受付時間について 日時:8月25日(土)15:30~16:15 場所:キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター1階 メインアリーナ前 ※詳しくは各都道府県あてに事前に通知された監督会議資料等を参照して下さい 組合せ 組合せ(PDFファイル) ※氏名や所属の誤りがありましたら「taikai@judo.or.jp」までご連絡下さい ※8/15一部氏名修正 スマイルルームについて 周南市柔道協会のホームページへ移動します 大会申込書類 ・大会要項(PDFファイル)  ※6/14後援修正  ※5/28後援、参加申込事項修正 ・参加申込用紙(EXCELファイル)  ※入力例(PDFファイル) ・選手変更届(EXCELファイル) ・出場同意書(PDFファイル) 大会要項 日時 平成30年8月26日(日) 午前9時30分 開会式 会場 キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター 〒745-0851 山口県周南市大字徳山427番地 Tel.0834-28-8311 主催 公益財団法人全日本柔道連盟 主管 一般社団法人山口県柔道協会 後援 スポーツ庁・公益財団法人講道館・公益財団法人日本スポーツ協会・ 一般財団法人東京スポーツ新聞格技振興財団・読売新聞社・ 山口県・山口県教育委員会・公益財団法人山口県体育協会・周南市・周南市教育委員会・ 公益財団法人周南市体育協会・一般財団法人周南観光コンベンション協会 実施種別 (1)小学5年生男子45kg級 (2)小学5年生男子45kg超級 (3)小学6年生男子50kg級 (4)小学6年生男子50kg超級 (5)小学5年生女子40kg級 (6)小学5年生女子40kg超級 (7)小学6年生女子45kg級 (8)小学6年生女子45kg超級 参加資格 (1)全日本柔道連盟競技者登録をしている者であり、各都道府県柔道連盟(協会)が選考した各種別1名とする。但し、開催地においては各種別に2名が参加できる。 (2)選手の年齢区分は次の通りとする。 小学5年生の部:平成19年4月2日以降に生まれた者 小学6年生の部:平成18年4月2日以降に生まれた者 ※但し、帰国子女等についてはこの年齢制限を適用せず、学年齢による種別に出場できる。 (3)監督は全日本柔道連盟公認指導者資格(B指導員以上)を保有し、全柔連登録をしている者とする。原則として、監督は男女それぞれ1名ずつとするが、男女兼ねて1名でも可とする。コーチは全日本柔道連盟公認指導者資格(C指導員以上)保有者を最大8名までエントリーすることができる。 1チームあたり監督ID最大2枚、コーチID最大6枚を発行するが、各指導者は写真入り全柔連登録証を持参し、大会IDカードと共に提示した者のみが試合場フロアに入場できる。 (4)各都道府県連盟・協会は、選手本人の出場意志を確認し、健康に十分な配慮を行い、保護者の承認を得ること。 試合方法 (1)国際柔道連盟試合審判規定及び国内における「少年大会特別規定」を適用する。 (2)試合時間は3分間とし、トーナメント戦で行う。 (3)勝敗の決定基準は「一本」「技あり」「僅差」とする。「僅差」とは、双方の選手間に技による評価(技あり)がない、又は同等の場合、「指導」差が2あった場合に少ない選手を「僅差」による優勢勝ちとする。得点差が無く、かつ「指導」差が1以内の場合は旗判定で勝敗を決定する。(延長戦は行わない) (「指導」数によって勝敗が決する例=0対2) (「指導」数に差が出ても判定になる例=0対1、1対2) (4)本大会は、4間四方(32畳)の試合場で行う。 抽選 7月下旬掲載予定 計量 日時: 8月25日(土)16:30~17:30(非公式計量15:30~16:30) 場所: 男子(キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター メインアリーナ 控室1・2) 女子(キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター メインアリーナ 控室3・4) ※公式計量は1回のみの測定とする。非公式計量の時間中に必ず確認しておくこと。 ゼッケン 各自で下記の要領で縫い付けること。(無ければ失格とする) ①布地は白色(晒太綾)で、サイズは、横30cm~35cm、縦25cm~30cm。 ②上部2/3に苗字、下部1/3に所属を表記する。書体は楷書で、ゴシック体または明朝体を用いること。 ③男子は黒字、女子は赤字とする。 ④縫い付けの場所は後襟から5~10㎝下部とし、対角線にも強い糸で縫い付けること。 諸会議 (1)審判会議 8月25日(土) 15:00~16:30 ≪キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター カルチャールーム≫ (2)監督会議 8月25日(土) 16:45~17:15 ≪キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター カルチャールーム≫ 練習会場 キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター 試合会場 8月25日(土) 13:00~17:00 8月26日(日) 08:00~09:10 経費補助 (1)参加選手8名分の交通費は、別に定める規定により主催者が補助をする。 (2)宿泊費は各自の負担とする。 ※支給方法については、別添資料及び交通手配申込書を確認のこと 傷害保険 (1)主催者は、選手の傷害保険に加入し費用を負担する。(参加者は健康保険証を必ず持参すること。) (2)主催者は、大会中の不慮の負傷・疾病について応急処置を施し、傷害保険の範囲内で責任を負うものとする。 (3)万が一の事故の発生に備え、参加選手各自で傷害保険に加入するなどして、万全の事故対策を立てておくこと。 その他 (1)大切な成長過程にあることを重視し、減量を行ってはならない。 (2)皮膚真菌症(トンズランス感染症)の発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会へ出場ができない場合もある。 (3)個人情報、肖像権の取り扱いについて ・参加申込用紙に記載された個人情報は、大会プログラム、大会ホームページに掲載され、その他の報道機関(新聞、雑誌、テレビおよび関連ホームページ等)にも公開される場合があります。 ・大会中に撮影された写真、または動画の肖像権は全て主催者側に委ねられます。 ・提出された個人情報については、上記の利用目的以外に使用することはありません。 ・参加申込用紙の提出により、上記取り扱いに関する承諾を得たものとして対応をさせていただきます。 (4)大会に関する問合わせは下記まで 公益財団法人全日本柔道連盟 Tel 03-3818-4392 担当 競技部 大会事業課 一般社団法人山口県柔道協会 Tel 083-924-9510 担当 大会事務局 脳震盪対応について 選手および指導者は下記事項を遵守すること 1. 大会前1ヶ月以内に脳震盪を受傷した者は、脳神経外科の診察を受け、出場の許可を得ること。 2. 大会中、脳震盪を受傷した者は、継続して当該大会に出場することは不可とする。 (なお、至急、専門医(脳神経外科)の精査を受けること。) 3. 練習再開に際しては、脳神経外科の診断を受け、許可を得ること。 4. 当該選手の指導者は大会事務局および全柔連に対し、書面により事故報告書を提出すること。 過去大会情報 ◆平成29年度第14回北海道大会の情報はこちら ◆平成28年度第13回三重大会の情報はこちら ◆平成27年度第12回山梨大会の情報はこちら ◆平成26年度第11回岩手大会の情報はこちら ◆平成25年度第10回広島大会の情報はこちら ...

Read More →

【女子柔道振興委員会】女性で二人目の九段、誕生 〜 梅津勝子九段

 講道館女子部指導員として長年にわたり柔道指導にご尽力されてこられました梅津勝子さんが、故福田敬子さんに継ぎ女性で2人目の九段に昇段され、女性柔道家たちによる祝賀会が七夕の7月7日(土)、都内のホテルにおいて開催されました。  会には八段の石橋桂子さん、秋山澄子さん、若松節子さん、第1回世界女子柔道選手権代表の竪石洋美さん、笹原美智子さん、山口香さん、ソウル五輪代表の田辺陽子さん、北田典子さんをはじめとした、日本女子柔道の草創期を支えた女性たち30名が集合。懐かしい思い出話に話を咲かせ、後輩代表として「次は女性初の十段を目指してください」という山口さんの挨拶で締めくくられました。       梅津勝子九段 コメント 『私が小学5年生のときに終戦を迎え、禁止されていた武道が解禁になった中学1年生のとき柔道を始めました。とはいえ、いまのように簡単に女性の入門が許される時代ではありません。近くに古武道を教えている「隻流館道場」があり門を叩いたのですが、「女だてらに柔道なんかやるんじゃない」「なんのために女がやるんだ」と断られました。当時の女性は『三従の教え』、子どものときは親に、結婚したら夫に、老いたら子どもに従えと教えられていた時代で、男性たちには女性が柔道をやるなど考えられなかったからでしょう。  そんな時代でしたが、私があまりにも粘るので仕方がないと、門を叩いてから3ヶ月が過ぎた頃、「柔道をやっていい」という許可をもらいました。そのときに言われたことは、「男と同じところで着替え、素肌でやれ」ということ。裸で柔道衣に着替えて練習しろと言われたわけです。当時の私はまだ子どもだったので気にしませんでしたが、先生たちのなかには問題なのではないかと感じられた方もいらして、柔道衣にヒモをつけるということになりました。しかし、これは稽古を始めるとすぐにバチッと切れてしまいました。次にさらしをつけるということになったのですが、1回ジャンプするとストッと落ちてしまいました。そんな試行錯誤をしていたとき、ある他道場の先生から「女の子はシャツを着てやっている」ということを教えられ、柔道衣の下に下着を着ることが許可されたという経緯がありました。  そんな私も今年で84歳になりました。柔道を始めてもう70年です。こうして生きているということは、私にはまだやらなければいけないこと、使命があるのだろうと考えています。  子育てが終わった女性柔道家のみなさんが戻ってきてくれる日を講道館で待っています』 ...

Read More →

【受付終了】2018年日本代表選手を応援しよう!!! SNS応援メッセージキャンペーン

  受付終了しました。 沢山の応援メッセージありがとうございました!!   8月29日(水)~9月1日(土)第18回アジア競技大会(ジャカルタ)、9月20日(木)~27日(木)バクー世界選手権大会(アゼルバイジャン)が開催されます。 そこで、皆さまから選手への応援メッセージを大募集します! メッセージを投稿していただいた方の中から、抽選でプレゼントを差し上げますので、たくさんの応募お待ちしています!   ■投票期間 8月20日(月)~27日(月)   ■プレゼント 抽選で下記いずれかの商品が当たります! ・2018年バクー世界選手権大会記念色紙(男女) 5名 ・2018年バクー世界選手権大会日本代表プロフィ―ルカード 10名 ・第18回アジア競技大会日本代表プロフィ―ルカード 10名 #gallery-1 { margin: auto; } #gallery-1 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 33%; } #gallery-1 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-1 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */ バクー世界柔道選手権大会記念色紙 世界代表 アジア代表   ■応募方法 ①全日本柔道連盟公式アカウントinstagram(@ajjf_official)またはtwitter(@ajjf_judo)をフォロー(両方も可。) ②自分の好きな画像等・投稿内容に#2018_ajjfをつけて第18回アジア競技大会・2018年バクー世界選手権大会代表選手へ応援メッセージを投稿。 ※注意事項 ・期間中の投稿のみ抽選対象となります。 ・Instagram、twitter両方のアカウントを使って応募可能です ・連盟オフィシャルより「いいね!」「リツイート」があった場合も当選するとは限りません。   ■当選者への連絡 当選者には、後日ダイレクトメール(DM)を使ってご連絡させていただきます。   ■その他 投票いただいた皆様の写真・理由は、全日本柔道連盟公式HP、SNS、全日本柔道連盟発行物に使用させていただくことがございます。 あらかじめご了承ください。   沢山の応援メッセージをお待ちしております! ...

Read More →

第49回全国中学校柔道大会 大会結果情報掲載(18.8.17-20)

[ 2018年8月17日 to 2018年8月20日. ] 結果速報サイト ◆第49回全国中学校柔道大会公式HP 大会情報サイト ◆第49回全国中学校柔道大会公式HP 大会日程 2018年8月17日(金) 08:00~ / 開場(予定) 12:00~12:40 / 開会式 13:00~17:00 / 女子団体戦 17:15~17:30 / 女子団体戦表彰式 2018年8月18日(土) 08:00~ / 開場(予定) 09:30~16:30 / 男子団体戦 16:45~17:00 / 男子団体戦表彰式 2018年8月19日(日) 08:00~ / 開場(予定) 09:00~17:00 / 女子個人戦 17:15~17:30 / 女子個人戦表彰式 2018年8月20日(月) 08:00~ / 開場(予定) 09:00~17:00 / 男子個人戦 17:15~17:30 / 男子個人戦表彰式、閉会式 大会会場 広島県立総合体育館 住所:広島県広島市中区基町4-1 電話:082-228-1111 全日本柔道連盟スマイルルーム(託児室)のご利用について 大会期間中、関係者が利用できる「スマイルルーム(託児室)」を設置いたします。 ご利用希望の方は、「実施要項」をご確認の上、こちらより申込書をダウンロード頂き、お申し込みをお願いいたします。(お申し込み締め切りは、8月6日(月)までとなります) 託児サービス案内資料はこちらからご確認ください。 ※募集人数に達した場合、申し込みの受付を終了させていただきます。 過去大会情報 ◆平成29年度(2017)福岡大会 ◆平成28年度(2016)新潟大会 ◆平成27年度(2015)北海道大会 ...

Read More →

平成30年度第2回公認形審査員試験 結果について

結果(8/16) 8月5日(日)に大阪で開催されました、平成30年度第2回公認形審査員試験の結果は下記の通りです。 第2回公認形審査員試験結果(pdf) 追って、郵送にて結果及び合格者へは認定証を送付いたします。 よろしくお願いいたします。 7/27 14:00時点形審査員研修会の開催について 7月28日(土)、29日(日)に愛知県で開催されます標記研修会は予定通り開催いたします。 ただし、7月28日(土)午前9時現在で東海道新幹線(東京~名古屋間)が運休した場合は、中止いたします。 なお、本年度が研修会参加期限年度の方で、台風の影響で研修会に出席できなかった方は期限年度延長等考慮いたしますので、くれぐれもご無理なさらないでください。 お問い合わせ先:全日本柔道連盟国際課03-3818-5009(平日9:30-12:00/13:00-17:45) 平成30年度第2回公認形審査員研修会のお知らせ 平成30年7月28日(土)、29日(日)に愛知県武道館にて標記研修会を開催いたします。 要項をご確認の上、希望者は申込書に記入し7月22日(日)までにFAXにてお申し込み下さい。 実施要項[pdf] 申込書[Excel] ...

Read More →

2018グランプリ・ブダペスト(ハンガリー)大会結果情報掲載(18.8.10-12)

[ 2018年8月10日 to 2018年8月12日. ] 2018グランプリ・ブダペスト(ハンガリー) 開催国 ブダペスト(ハンガリー) 期 間 2018/8/10-12 IJFリンク Budapest Grand Prix 2018  日本選手団名簿 【 役員 】 男子監督 井上 康生 (東海大学) 女子監督 塚田 真希 (東海大学) 男子コーチ 金丸 雄介 (了德寺大学) 女子コーチ 秋本 啓之 (了德寺大学) 男子トレーナー 廣瀬 和将 (グローバルスポーツ医学研究所) 女子トレーナー 磯部 昌彦 (グローバルスポーツ医学研究所) 【 選手 】 男子 100kg超級 影浦  心 (日本中央競馬会) 優勝 100kg級 ウルフ アロン ((学)了德寺学園職) 優勝 90kg級 向 翔一郎 (ALSOK) 7位 小林 悠輔 (旭化成㈱) 2回戦敗退 81kg級 小原 拳哉 (パーク24㈱) 2位 73kg級 立川  新 (東海大学3年) 3回戦敗退 海老沼 匡 (パーク24㈱) 2位 66kg級 田川 兼三 (筑波大学4年) 優勝 60kg級 永山 竜樹 (東海大学4年) 優勝 女子 78kg級 髙山 莉加 (三井住友海上火災保険㈱) 2位 梅木 真美 (ALSOK) 優勝 70kg級 新添 左季 (山梨学院大学4年) 優勝 63kg級 能智亜衣美 ((学)了德寺学園職) 優勝 津金  恵 (パーク24㈱) 2回戦敗退 57kg級 宇髙 菜絵 (コマツ) 5位 52kg級 角田 夏実 ((学)了徳寺学園職) 優勝 48kg級 遠藤 宏美 (ALSOK) 優勝 山﨑 珠美 (自衛隊体育学校) 2位 役員6名  選手18名  計 24 名 大会写真 [gallery ids="45904,45906,45952,45909,45910,45911,45918,45919,45920,45947,45948,45949,45950,45951,45943,45944,45942,45941,45946,45945"] 大会結果 男子 100kg超級 影浦  心 優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 サリコビッチ バシャエフ メイヤー ヘギー 国名 ボスニアヘルツェゴビナ ロシア オランダ オーストリア 決り技 反則勝(指導3) 優勢勝(GS・技有・背負投) 優勢勝(技有・谷落) 一本勝(GS・払巻込)   100kg級 ウルフ アロン 優勝 2回戦 3回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 サネブリゼ フィゼル マルギエフ パチェック フレイ 国名 ジョージア スロバキア ロシア スウェーデン ドイツ 決り技 一本勝 (小外刈) 一本勝 (内股) 優勢勝 (技有・隅落) 一本勝 (横四方固) 一本勝 (GS・大内返)   90kg級 向 翔一郎 7位 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝戦 敗者復活戦最終戦 相手名 ドソウヨボ ハムホエフ シュチュワート シェラザディシビリ クラマート 国名 ベネズエラ ロシア イギリス スペイン チェコ 決り技 反則勝(指導3) 不戦勝 優勢勝(技有・肩車) 反則負(GS・指導3) 一本負(小内刈)   90kg級 小林 悠輔 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 クチェラ シルバモラレス 国名 ポーランド キューバ 決り技 一本勝(大外刈) 反則負(GS・指導3)   81kg級 小原 拳哉 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ムシル パルラティ マセド ウェイチェル ザック デウィット フベツォフ 国名 チェコ イタリア ブラジル ドイツ オランダ ロシア 決り技 一本勝 (大外刈) 一本勝 (送襟締) 優勢勝 (技有・浮落) 不戦勝 一本勝 (GS・大内刈) 一本負 (GS・袖釣込腰)   73kg級 海老沼 匡 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ギガニ デグバリ カニベツ ボウチャード ガンバーター ウンガバリ 国名 ジョージア ハンガリー ウクライナ カナダ モンゴル ハンガリー 決り技 一本勝 (合技) 一本勝 (合技) 反則勝 (指導3) 一本勝 (一本背負投) 一本勝 (背負投) 一本負 (浮落)   73kg級 立川  新 3回戦敗退 1回戦 2回戦 3回戦 相手名 ルイス コシリアク マルゲリドン 国名 プエルトリコ ウクライナ カナダ 決り技 一本勝(合技) 一本勝(大内刈) 一本負(大外刈)   66kg級 田川 兼三 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 テメルコフ バンハーテン アブデゥル ザリロフ イアドフ ドブドン アブデル マゴウド 国名 ブルガリア オランダ ロシア ウクライナ モンゴル エジプト 決り技 一本勝 (小外刈) 優勢勝 (技有・小内巻込) 反則勝 (指導3) 一本勝 (十字固) 反則勝 (GS・指導3) 一本勝 (小内巻込)   60kg級 永山 竜樹 優勝 2回戦 3回戦 準々決勝戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 バム ラハグバジャンツ ディアス ガリゴス オグゾフ 国名 ネパール モンゴル アメリカ スペイン ロシア 決り技 一本勝(袖釣込腰) 一本勝(裏投) 一本勝(裏投) 一本勝(一本背負投) 一本勝(合技)   大会結果 女子 78kg級 梅木 真美 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ラミレス クカ アントマーチ パウエル 高山 国名 ポルトガル コソボ キューバ イギリス 日本 決り技 一本勝(送襟絞) 一本勝(払腰) 一本勝(三角絞) 一本勝(払腰) 一本勝(GS・谷落)   78kg級 髙山 莉加 2位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 リュウ ワグナー フェルケルク スティーンフィス 梅木 国名 中国 ドイツ オランダ オランダ 日本 決り技 一本勝 (合技) 一本勝 (大外刈) 一本勝 (崩袈裟固) 優勢勝 (技有・払腰) 一本負 (GS・谷落)   70kg級 新添 左季 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 バート ポレリス ベンホルム コンウェイ ヴァンディジュケ 国名 カナダ オーストリア スウェーデン イギリス オランダ 決り技 一本勝 (内股) 一本勝 (大外刈) 優勢勝 (技有・小外刈) 一本勝 (内股) 一本勝 (内股)   63kg級 能智亜衣美 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 カネルバ ヤン・ジュン ベルメア レスキー トラジドス 国名 フィンランド 中国 オランダ スロベニア ドイツ 決り技 一本勝 (内股) 反則勝 (指導3) 優勢勝 (技有・支釣込足) 優勢勝 (GS・技有・小外刈) 優勢勝 (技有・内股)   63kg級 津金  恵 2回戦敗退 2回戦 相手名 ヴォルコバ 国名 ロシア 決り技 一本負(合技)   57kg級 宇髙 菜絵 5位 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 マロッティ フジェンティス フェルツモザー クリムカイト ストロ デグチ 国名 イタリア アメリカ オーストリア カナダ ドイツ カナダ 決り技 一本勝 (大外刈) 反則勝 (指導3) 優勢勝 (技有・ 大外刈) 反則勝 (GS・ 指導3) 一本負 (GS・ 小外掛) 優勢負 (技有・ 大内刈)   52kg級 角田 夏実 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ペレスボックス コウシャー グイカ キツゥー バンスニック 国名 スペイン スイス カナダ ルーマニア ベルギー 決り技 一本勝 (腕挫十字固) 一本勝 (合技) 一本勝 (腕挫十字固) 反則勝 (指導3) 一本勝 (GS・小内刈)   48kg級 遠藤 宏美 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 バルガス ミラニ ニコリッチ クラスニッチ 山崎珠美 国名 チリ イタリア セルビア コソボ 日本 決り技 一本勝 (内股) 反則勝 (指導3) 一本勝 (崩横四方固) 一本勝 (GS・背負投) 優勢勝 (技有・背負投)   48kg級 山﨑 珠美 2位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 エディナリ キリック ジュウラ シュタンガー 遠藤宏美 国名 モロッコ トルコ ベルギー スロベニア 日本 決り技 一本勝 (横四方固) 一本勝 (払腰) 一本勝 (縦四方固) 一本勝 (合技) 優勢負 (技有・背負投) ...

Read More →

当連盟事務局 夏期休業のお知らせ

当連盟事務局では、下記日程を夏期休業とさせていただきます。 期間 8月13日(月)~8月14日(火) 15日(水)より平常業務とさせていただきます。何卒ご理解の程お願い申し上げます。 ...

Read More →

2018年バクー世界柔道選手権大会 日本選手団壮行式を行いました!

2018年バクー世界柔道選手権大会 日本選手団壮行式 8月7日(火)、講道館 大道場にて、バクー世界柔道選手権大会の壮行式を行いました。 大会に出場する日本代表選手団が出席し、大会への意気込みを語りました。また、選手は、来場してくださったファンの皆様および関係者より万歳三唱をいただき、温かい拍手とともに見送られました。 大会は、9月20日~9月27日の期間、アゼルバイジャン・バクーで開催されます。皆様応援宜しくお願い致します。 <壮行式様子> <山下泰裕会長 挨拶> <激励の言葉> <全日本男子 井上康生監督挨拶> <全日本女子 増地克之監督挨拶> <花束贈呈> <金野 潤団長 決意の言葉> <万歳三唱>   2018年バクー世界柔道選手権大会 日本選手団壮行式開催のお知らせ 9月20日~9月27日、アゼルバイジャン・バクーで行われる世界柔道選手権大会に出場する日本選手団の壮行式を下記のとおり開催いたします。当日はどなたでも無料でご出席いただけますので是非、会場までお越し下さい。皆様からの暖かいご声援をお待ちしております。 [日 時] 8月7日(火)17:30~ [場 所] 講道館新館7階「大道場」※無料/一般の方は8階からご観覧いただけます。 [出席者] 日本選手団役員・選手 ※写真:昨年度の様子 ...

Read More →

【受付終了】第10回世界ベテランズ国際柔道大会参加者募集のお知らせ

第10回世界ベテランズ国際柔道大会参加者募集のお知らせ 2018年10月17日(水)~20日(土)まで、メキシコ・カンクンにて第10回世界ベテランズ国際柔道大会が開催されます。 参加をご希望の方は、大会までの流れ及び大会要項をご確認の上、記入例を参考に下記書類を締切までにご郵送ください。 大会までの流れ[pdf] / 大会要項[pdf] / 申込書記入例[pdf] ——————– ①申込書[excel] ※写真(コーチ用IDご購入の方はコーチの証明写真も)必須 ②誓約書[word] ※必ず捺印してください。 ——————– ■郵送先 〒113-0033 東京都文京区本郷1-33-13 春日町ビル7階 全日本柔道連盟 競技部国際課 宛 ■締切 8月14日(火) ※ご質問等は競技部国際課までお願いします。 電話:03-3818-5009 平日9:30-12:00/13:00~17:45 ...

Read More →

平成30年度全国高等学校総合体育大会 柔道競技 大会結果情報掲載(18.8.8-12)

[ 2018年8月8日 to 2018年8月12日. ] 大会結果 大会結果(外部サイト) 組合せ・大会情報 7/3実施組合せ抽選結果(PDFファイル)外部サイトへ移動 ※7/5女子団体戦学校名修正 平成30年度全国高等学校総合体育大会 全国高等学校総合体育大会大会記録データベース(外部サイト) 大会日程 平成30年8月8日(水) 男子団体試合3回戦まで 平成30年8月9日(木) 男子団体試合4回戦~決勝戦 男子個人試合〔60kg級・66kg級・73kg級〕 平成30年8月10日(金) 男子個人試合〔81kg級・90kg級・100kg級・100kg超級〕 女子団体試合2回戦まで 平成30年8月11日(土) 女子団体試合3回戦~決勝戦,表彰式 女子個人試合〔48kg級・52kg級・57kg級〕 平成30年8月12日(日) 女子個人試合〔63kg級・70kg級・78kg級・78kg超級〕 大会会場 サオリーナ(津市産業・スポーツセンター) 〒514-0056 三重県津市北河路町19番地1 全日本柔道連盟スマイルルーム(託児室)のご利用について 大会期間中、関係者が利用できる「スマイルルーム(託児室)」を設置いたします。 ご利用希望の方は、「実施要項」をご確認の上、こちらより申込書をダウンロード頂き、お申し込みをお願いいたします。(お申し込み締め切りは、7月13日(金)までとなります) (延長しました お申し込み締め切りは、7月20日(金)までとなります) ※募集人数に達した場合、申し込みの受付を終了させていただきます。 ...

Read More →

「第1回全日本ID(知的障がい者)柔道選手権大会」大会情報掲載(2018.9.16-17)

[ 2018年9月16日 to 2018年9月17日. ] 全日本柔道連盟では、日本で初となる「第1回全日本ID(知的障がい者)柔道選手権大会」を開催することといたしました。 初の試みとなる本年は、 ●9月16日(日)に計量・クラス分け・交流練習会 ※試合参加資格のない選手も合同練習に自由に参加可能。 ●9月17日(月・祝)に試合 の日程で、それぞれ体重別・クラス別で実施します。 障がいを超えて柔道に親しむ多くの方に、柔道の楽しさや魅力をより一層感じていただき、多くの皆さまが柔道というスポーツを通じて相互の輪を拡げていけますよう、多くのご参加をお待ちしております。 なお、申込方法はFAX又はメールにて受け付けておりますので要項、申込書見本をよくお読みいただき、お申し込み下さい。 ※申込には①申込用紙②メディカルチェックシート③手帳写しの3点が必要です。 ※宿泊希望の方は「宿泊申込書」も併せて申込みください。 --------- ■実施要項[PDF]※修正済 1.申込用紙[Excel] / 申込用紙【記入例】[PDF] 2.メディカルチェックシート[Word] ※宿泊申込書(宿泊希望者のみ)[Excel] ...

Read More →

第43回全国教員柔道大会 大会結果情報掲載(18.8.4)

[ 2018年8月4日; ] 大会結果 ・組合せ結果(PDFファイル) 組合せ ・組合せ7/26(PDFファイル) 大会申込書類 ・大会要項(PDFファイル) ・参加申込書(EXCELファイル) ・選手変更申込書(EXCELファイル) 大会要項(抜粋) 日時 平成30年8月4日(土) 開会10:00/閉会16:00(予定) 会場 講道館(〒112-0003 東京都文京区春日1-16-30) 主催 (公財)全日本柔道連盟 主管 (公財)東京都柔道連盟 後援 スポーツ庁、(公財)講道館、日本武道協議会、朝日新聞社 参加者 (1) 各都道府県柔道連盟(協会)から1チームの参加とする。 (2) チーム編成は監督1名、選手5名とし、監督と選手の兼任を認める。 (3) 選手・監督は、本年度の全日本柔道連盟登録を出場する都道府県柔道連盟(協会)を通じて完了している者であること。 (4) 参加チームの監督は、全日本柔道連盟公認指導者資格(B指導員)以上を保有していること。監督不在のチームの参加は認めない。 (5) 選手は出場する都道府県内の小・中・高等・盲・聾・養護学校及び幼稚園に常勤している教員のほか、高等専門学校及び大学の教員1名までの参加を認める。但し、非常勤講師及び事務職員は参加できない。なお、平成30年4月30日以前から、大会当日まで引き続き当該校に勤務していること。 (6) 選手区分は、次の通りとする。 (先鋒)体重73kg以下の者で年齢制限なし。 (次鋒)体重90㎏以下の者(下限なし)で年齢制限なし。 (中堅)体重無差別で昭和61年4月1日以前の出生者。 (副将)体重無差別で年齢制限なし。 (大将)体重無差別で年齢制限なし。 競技方法 (1) トーナメント方式による団体戦で行う。 (2) チーム間の勝敗は次により決定する。 ア 勝者数の多いチームを勝ちとする。 イ アで同等の場合は、「一本」(それと同等の勝ちを含む)による勝者数の多いチームを勝ちとする。 ウ イで同等の場合は、「技あり」による勝者数の多いチームを勝ちとする。 エ ウで同等の場合は、「引き分け」であった対戦の中から抽選で1組を選び、3分間のゴールデンスコア方式の代表戦により、勝敗を決する。(先に「技あり」以上の技評価を得た選手が勝ちとなり、先に「指導」を与えられた選手が負けとなる。)両者のポイント、指導が無かった場合、旗判定で勝敗を決定する。 審判規定 (1) 最新の国際柔道連盟試合審判規定を適用する (2) 試合時間は3分間とする (3) 勝敗の決定基準は「一本」「技あり」「僅差」とする。「僅差」とは、双方の選手間に技による評価(技あり)がない、又は同等の場合、「指導」差が2以上あった場合に少ない選手を「僅差」による優勢勝ちとする。得点差が無く、かつ「指導」差が1以内の場合は「引き分け」とする。 抽選 7月上旬に主催者が行う。 計量 体重制限のある選手区分に出場する者は、下記の通り計量をうけなければならない。 日時:8月4日(金) 15:30~16:00 (非公式計量15:00~15:30) 場所:講道館新館4階更衣室 柔道衣 (1) 全日本柔道連盟柔道衣規格に合格した柔道衣(上衣、下穿、帯)を着用すること。 (2) ゼッケンを各自で下記の要領にて必ず縫い付けること。(無ければ失格とする) ①布地は白色(晒太綾)で、サイズは、横30cm~35cm、縦25cm~30㎝。 ②上部2/3に苗字、下部1/3に所属を表記する。書体は楷書体とし、ゴシック体または明朝体を用いること。 ③色は黒字とする。 ④縫い付けの場所は後襟から5~10㎝下部とし、対角線にも強い糸で縫い付けること。 諸会議 (1) 審判会議 日時 8月4日(土) 9:30~9:50 会場 講道館新館7階大道場「控室」 (2) 監督会議 日時 8月3日(金) 16:30~17:00 会場 講道館新館2階「教室」 練習会場 8月3日(金) 13:00~16:00まで、講道館新館5階「女子部道場」を使用することができる。 過去大会情報 ◆第42回大会結果はこちら ◆第41回大会結果はこちら ◆第40回大会結果はこちら ...

Read More →