日本代表応援グッズ販売について

全日本柔道連盟オフィシャルスポンサーであるミズノ様より 日本代表応援グッズが販売されることとなりました。 日本代表選手が着用するウエアで使用されるJAPANロゴを基調に デザインされています。応援に欠かせないアイテムを揃えております。 柔道日本代表を応援する方はもちろん、日本代表を目指す子供たちにも 必須アイテムとなるのではないでしょうか。 お買い求めは、ミズノオンラインショップにて販売しております。 <商品一覧> ●Tシャツ      カラー:ホワイト・ネイビー サイズ:S/M/L/XL/2XL/3XL 販売価格2,500円+税 ●スウエットパーカー カラー:グレー・ブラック  サイズ:S/M/L/XL/2XL   販売価格4,500円+税 ●フェイスタオル   カラー:ホワイト・ネイビー サイズ:約34×83cm    販売価格1,200円+税 ●マフラータオル   カラー:ホワイト・ネイビー サイズ:約20×107cm    販売価格1,200円+税 ●ハンドタオル    カラー:ホワイト・ネイビー サイズ:約34×38cm    販売価格600円+税 ...

Read More →

2017年ワールドマスターズ(ロシア/サンクトぺテルブルグ) 日本選手団名簿

2017年ワールド・マスターズ 開催国 2017年ワールド・マスターズ(ロシア/サンクトぺテルブルグ) 期 間 2017年12月16日(土)17日(日) ●Jsports生中継● 放送予定一覧   日本選手団名簿 【 役員 】 男子監督 井上 康生(東海大学) 女子監督 増地 克之(筑波大学) 男子コーチ 古根川 実(大阪府警察) 女子コーチ 守安 由充(警察大学校) トレーナー 廣瀬 和将(グローバルスポーツ医学研究所) トレーナー 磯部 昌彦(グローバルスポーツ医学研究所) 【 選手 】 男子 90kg級 長澤 憲大(パーク24(株)) 3位 73kg級 橋本 壮市(パーク24(株)) 優勝 60kg級 永山 竜樹(東海大学3年) 優勝 女子 63kg級 田代 未来(コマツ) 優勝 鍋倉 那美(三井住友海上火災保険(株)) 2位 57kg級 芳田  司(コマツ) 2位 52kg級 角田 夏実((学)了徳寺学園職) 7位 48kg級 渡名喜風南(帝京大学4年) 優勝 役員6名、選手8名 計14名   大会結果 男子 90kg級 長澤 憲大 3位 1回戦 2回戦 3回戦 3位決定戦 相手名 ボズバイエフ カルムルザエフ ガク トート 国名 カザフスタン ロシア 韓国 ハンガリー 決り技 一本勝(上四方固) 優勢勝(谷落) 反則負 優勢勝(GS隅落)   73kg級 橋本 壮市 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 決勝戦 相手名 ヤルチェフ マルゲリドン ハイドロフ シャブドアシビリ 国名 ロシア カナダ アゼルバイジャン ジョージア 決り技 一本勝(袖釣込腰) 一本勝(GS内股透) 優勢勝(袖釣込腰) 優勢勝(大外落)   60kg級 永山 竜樹 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 決勝戦 相手名 ウロズボエフ ムシュビドバゼ ダシュダバ ガリゴス 国名 ウズベキスタン ロシア モンゴル スペイン 決り技 優勢勝(背負投) 一本勝(逆背負投) 一本勝(背負投) 一本勝(一本背負投)     大会結果 女子 63kg級 田代 未来 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 バルコヴァ シュレシンガー アグベニュー 鍋倉 国名 ロシア イギリス フランス 日本 決り技 一本勝(袈裟固) 一本勝(大内刈) 一本勝(GS大内刈) 一本勝(GS内股)   63kg級 鍋倉 那美 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ワタナベ バルドルジ ダビィドヴァ 田代 国名 フィリピン モンゴル ロシア 日本 決り技 一本勝(横四方固) 優勢勝(崩袈裟固) 一本勝(横四方固) 一本負(GS内股)   57kg級 芳田  司 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ボロウスカ ネルソン シルバ ドルジスレン 国名 ポーランド イスラエル ブラジル モンゴル 決り技 一本勝(縦四方固) 一本勝(一本背負投) 一本勝(崩上四方固) 優勢負(指導2)   52kg級 角田 夏実 7位 1回戦 2回戦 敗者復活1回戦 相手名 グイカ ペレイラ クラスニック 国名 カナダ ブラジル コソボ 決り技 一本勝(崩上四方固) 優勢負(GS指導2) 優勢負(大外刈)   48kg級 渡名喜風南 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 カン コヤマ セルノビスキ ドルゴヴァ 国名 韓国 ブラジル ハンガリー ロシア 決り技 優勢勝(GS小外刈) 優勢勝(GS指導2) 一本勝(横四方固) 一本勝(崩袈裟固)   大会写真 #gallery-1 { margin: auto; } #gallery-1 .gallery-item { float: left; margin-top: 10px; text-align: center; width: 33%; } #gallery-1 img { border: 2px solid #cfcfcf; } #gallery-1 .gallery-caption { margin-left: 0; } /* see gallery_shortcode() in wp-includes/media.php */ 調整練習 大会会場 大会会場 集合写真(男子) 集合写真(女子) 表彰式(57kg芳田) 表彰式(63kg田代鍋倉) ...

Read More →

アスリート・キャリア・トーク・ジャパン2018(ACT2018)参加者募集のお知らせ

JSC(日本スポーツ振興センター)のスポーツ庁委託事業「スポーツキャリアサポート推進戦略」による「アスリート・キャリア・トーク・ジャパン2018(ACT2018)」が2018年1月9日に開催されます。 ACT2018はアスリートのキャリア課題の解決に役立つ国内外情報、公的機関や民間企業等の取組などを一元的に集約したスポーツキャリア総合コンベンションです。参加希望者は下記参照の上、お申し込みください。 チラシ 開催要項 【開催日時】 2018年1月9日(火)10:00 – 16:30   【会場】 味の素ナショナルトレーニングセンター、国立スポーツ科学センター https://www.jpnsport.go.jp/hpc/access/tabid/606/Default.aspx 〒115-0056 東京都北区西が丘3-15-1(最寄駅:都営三田線本蓮沼駅)   【参加対象者】 ・ハイパフォーマンススポーツに関わるアスリート ・指導者 ・保護者 ・アスリートのキャリア支援を実施しているまたは関心のある企業 ・大学・高校などの教育機関関係者 ・国内競技団体 ・キャリア教育の関係者   【参加申込】 https://www.jpnsport.go.jp/corp/gyoumu/ACT2018/tabid/858/Default.aspx *参加費無料 *定員に達した場合、申し込みを締め切る場合がございます。   Facebookページ https://www.facebook.com/AthleteCareerTalks/       ...

Read More →

アジア形選手権大会 結果

2017年11月26日(日)にタイ・バンコクで行われたアジア形選手権大会の結果は下記の通りです。 参加国・地域数 / 組数 8か国 / 21組  固の形 下野龍司(京都文教高等学校)・大舘斗志爾(藤森中学校) 2位 極の形 佐藤幸範(神奈川県警察)・柴﨑文伸(神奈川県警察) 優勝 講道館護身術 上坂正語(大阪府警察)・池田広樹(大阪府警察) 優勝 ...

Read More →

【GS東京2017~1日目総評~】日本勢、初日は全階級制覇!

日本勢、初日は全階級制覇! グランドスラム東京2017、開幕 1年の締めくくりとなるグランドスラム東京2017が幕を開けた。例年3日間で行われるが、今年は2日間に変更。初日は男子60kg級、66kg級、73kg級の3階級、女子48kg級、52kg級、57kg級、63kg級の4階級、あわせて7階級が行われた。 髙藤直寿、阿部一二三、橋本壮市、渡名喜風南、志々目愛と5人のブダベスト世界チャンピオンの登場、阿部・志々目・立川のきょうだい出場などもあって、会場は満員。その声援を受けて日本人選手は大活躍。阿部兄妹のアベック優勝をはじめ、全階級で金メダルを獲得した。 男子 60kg級 日本からは世界チャンピオンの髙藤、同じく世界選手権代表の永山竜樹、講道館杯覇者・宮之原誠也、ベテランの志々目徹の4人が出場。髙藤が東海大学の後輩・永山との日本人対決を制して決勝に上がり、ダシュアワー(モンゴル)と対戦。ゴールデンスコアにもつれ込んだ56秒、「浮腰」で一本勝ちした。 宮之原は初戦で敗退。永山と志々目は銅メダルを獲得した。 66kg級 昨年の大会覇者で世界チャンピオンの阿部、講道館杯で優勝した丸山城志郎、同大会2位の田川兼三、磯田範仁が登場。注目の阿部は初戦から切れのある試合を展開し、決勝まで勝ち上がる。もう一方のヤマからファイナルへ進出したのは、先日の講道館杯の優勝インタビューで「打倒・阿部」を誓った丸山。互いに勝利への強い執念を見せてゴールデンスコアとなるも、延長に入って間もなく、阿部が丸山を追い込み、大内刈りで「一本」。グランドスラム東京3回目の優勝となった。なお、田川は3回戦で敗退、磯田は3位となった。   73kg級 リオ五輪の金メダリストの大野将平が久しぶりに畳に上がることで注目が集まった。しかしその大野、初戦ではリスマンベトフ(カザフスタン)に「指導」により反則勝ちするも、ケガで次の試合を棄権。一方、ブダベストで頂点に輝いた橋本は立川新との準決勝で「指導」の反則で敗退。勝った立川が決勝へ上がり、ゴールデンスコアの末、カナダのマルゲリドンをやはり「指導」の差で破ってグランドスラム初優勝を決めた。なお、橋本は3位決定戦で勝って銅メダルを獲得。講道館杯2位の野上廉太郎は3位決定戦で敗れてメダル獲得はならなかった。 女子 48kg級 世界を制した渡名喜と、14年世界王者の近藤亜美が準決勝で対戦し、近藤が制して決勝へ。強豪・ムンフバット(モンゴル)と頂点を争った。試合はゴールデンスコアに入ってまもなく、ムンフバットが攻めてきたところで逆に近藤が上四方に抑え込んで「一本」。笑顔の勝利となった。近藤に敗れた渡名喜も敗者復活戦で勝ち上がり遠藤宏美をゴールデンスコアで退けて銅メダルを獲得。遠藤は準決勝でムンフバットに敗れていた。講道館杯覇者の森﨑由里江は2回戦で敗退した。   52kg級 会場の注目は阿部一二三の妹で高校生の阿部詩。初戦から期待通りの活躍を見せ、ブダペスト世界選手権の女王・志々目、2位の角田夏実に勝ったブシャール(フランス)を次々に破って決勝まで一気に勝ち上がった。一方、同じくきょうだいで今大会に出場している立川莉奈もランキング上位の選手を次々に破ってファイナルは日本人対決となった。決勝は阿部の一本背負いが見事に決まる。昨年の2位からレベルアップし金メダル、兄妹そろっての優勝となった。志々目は敗者復活戦から3位となった。 57kg級 世界選手権銀メダルの芳田司、講道館杯で復活Vを果たした山本杏が決勝で対決。勝負は本戦で決まらずにゴールデンスコアに入り、1分40秒、芳田の放った一本背負いで山本の背中が畳について、「技あり」。昨年に引き続き、大会連覇となった。講道館杯でケガを負った宇高菜絵と玉置桃も3位となり、表彰台を日本が独占した。 63kg級 リオ五輪代表の田代未来、講道館杯を制した土井雅子、鍋倉那美、津金恵が出場。田代が先の世界戦2位のゴルステニャックを破って決勝に。同じくランキング上位を破って上がってきた鍋倉と決勝を争った。試合開始2分27秒、田代が放った払巻込みが「技あり」となり、それが決め手となって勝負がついた。なお、土井と津金は準々決勝で敗退。津金は敗者復活に回り、3位に入賞した。 ...

Read More →

グランドスラム東京2017 大会結果情報掲載(17.12.2-3)

[ 2017年12月2日 to 2017年12月3日. ] ハイライト動画(IJF作成) 大会情報 組合せ結果(PDFデータ) 入賞選手一覧(PDFデータ) 国際柔道連盟HP(外部サイトへ移動) テレビ東京HP(外部サイトへ移動) 試合開始時間変更(11/27) 出場選手エントリー数の関係で、試合開始時間を予定の10時から9時に変更となります。 それに伴う時間変更は下記のとおりです。 当日券販売時間 8:00 入場時間 8:30 試合開始 9:00 三位決定戦・決勝戦開始 16:00 試合終了時間 18:45 選手変更 ●11.27付 100kg超級 欠場 原沢 久喜(日本中央競馬会) 追加 上川 大樹(京葉ガス㈱) 100kg級 欠場 羽賀龍之介(旭化成㈱) 追加 西山 大希(新日鐵住金㈱) ●11.28付 欠場 ウルフアロン(東海大学4年) 追加 熊代 佑輔(ALSOK) 日本選手団名簿 【 役員 】 団長 金野  潤(日本大学) 副団長 山田 利彦(了徳寺大学) 副団長 中村 兼三(旭化成株式会社) 副団長 渡辺 涼子(金沢学院大学) 男子監督 井上 康生(東海大学) 女子監督 増地 克之(筑波大学) 男子コーチ 鈴木 桂治(国士舘大学) 女子コーチ 守安 由充(警察大学校) 塚田 真希(東海大学) 山元 一歩(京都府警察) 上野 順恵(三井住友海上火災保険(株)) 塘内 将彦(旭化成株式会社) 福見 友子(JR東日本) 秋本 啓之(了徳寺大学) 古根川 実(大阪府警察) 浅見八瑠奈(コマツ) 女子総務コーチ 田村 昌大(順天堂大学) ドクター 紙谷  武(JCHO東京新宿メディカルセンター) ドクター 井汲  彰(筑波大学附属病院) 男子トレーナー 廣瀬 和将(グローバルスポーツ医学研究所) 女子トレーナー 磯部 昌彦(グローバルスポーツ医学研究所)   日本代表選手 【 選手 】 男子選手 女子選手 100kg 超級 王子谷剛志(旭化成㈱) 7位 78kg 超級 朝比奈沙羅(東海大学3年) 優勝 原沢 久喜(日本中央競馬会) 上川 大樹(京葉ガス㈱) 5位 井上あかり(環太平洋大学3年) 1回戦敗退 影浦  心(東海大学4年) 3位 素根  輝(福岡・南筑高校2年) 2位 小川 雄勢(明治大学3年) 優勝 稲森 奈見(三井住友海上火災保険㈱) 5位 100kg 級 ウルフアロン(東海大学4年) 熊代  佑輔選手(ALSOK) 3回戦敗退 78kg 級 梅木 真美(ALSOK) 5位 羽賀龍之介(旭化成㈱) 西山 大希(新日鐵住金㈱) 3回戦敗退 佐藤 瑠香(コマツ) 3位 飯田健太郎(国士舘大学1年) 7位 濵田 尚里(自衛隊体育学校) 優勝 下和田翔平(京葉ガス㈱) 3回戦敗退 和田梨乃子(愛知・大成高校3年) 2回戦敗退 90kg 級 向 翔一郎(日本大学4年) 3位 70kg 級 新井 千鶴(三井住友海上火災保険㈱) 2位 釘丸 太一(センコー㈱) 1回戦敗退 新添 左季(山梨学院大学3年) 7位 小林 悠輔(旭化成㈱) 2位 田中 志歩(環太平洋大学1年) 3位 長澤 憲大(パーク24㈱) 優勝 大野 陽子(コマツ) 優勝 81kg 級 佐々木健志(筑波大学3年) 3回戦敗退 63kg 級 土井 雅子(環太平洋大学4年) 5位 小原 拳哉(パーク24㈱) 3回戦敗退 田代 未来(コマツ) 優勝 山本 悠司(天理大学4年) 3回戦敗退 鍋倉 那美(三井住友海上火災保険㈱) 2位 藤原崇太郎(日本体育大学1年) 3回戦敗退 津金  恵(筑波大学4年) 3位 73kg 級 橋本 壮市(パーク24㈱) 3位 57kg 級 芳田  司(コマツ) 優勝 立川  新(東海大学2年) 優勝 山本  杏(パーク24㈱) 2位 野上廉太郎(筑波大学1年) 5位 玉置  桃(三井住友海上火災保険㈱) 3位 大野 将平(旭化成㈱) 3回戦敗退 宇髙 菜絵(コマツ) 3位 66kg 級 阿部一二三(日本体育大学2年) 優勝 52kg 級 志々目 愛((学)了徳寺学園職) 3位 丸山城志郎(㈱ミキハウス) 2位 角田 夏実((学)了徳寺学園職) 7位 田川 兼三(筑波大学3年) 3回戦敗退 阿部  詩(兵庫・夙川学院高校2年) 優勝 磯田 範仁(国士舘大学4年) 3位 立川 莉奈(福岡大学3年) 2位 60kg 級 髙藤 直寿(パーク24㈱) 優勝 48kg 級 渡名喜風南(帝京大学4年) 3位 永山 竜樹(東海大学3年) 3位 近藤 亜美(三井住友海上火災保険㈱) 優勝 宮之原 誠也(国士舘大学4年) 1回戦敗退 遠藤 宏美(ALSOK) 5位 志々目 徹((学)了徳寺学園職) 3位 森﨑 由理江(宮崎大学教員) 2回戦敗退 役員21名、選手56名  計77名   チケット販売について 【一般発売】10月30日(月) 10:00~(予定) アリーナ指定席 前売り1,700円/当日1,900円 スタンド指定席 前売り1,200円/当日1,400円 スタンド自由席 500円 指定席は3歳以下無料。但し、席が必要の場合は有料となります。 ※アリーナ席ご購入の際のご注意 アリーナ席の構造上、寝技や足技など一部見えない場合がございます。予めご了承ください。 【チケット取り扱い】 ローソンチケット TEL:0570-000-732(10:00~20:00) Lコード:33984 【中学生以下の全柔連登録者への特典】 無料入場できる条件 ・平成29年度全日本柔道連盟に登録している中学生以下の方 ・この入場票を印刷し、必要事項を記入の上、大会当日入場口にて提出 ・入場票1枚につき1名1日に限り入場可能 ※画像をクリックすると印刷用PDFファイルに移動します 【少柔協の会員証カード提示者の特典(小学生以下)】 昨年に引き続き、全国少年柔道協議会(少柔協)への加盟団体に所属する小学生以下の方々にプレゼントいたしました顔写真入り「会員証カード」を入場口でご提示いただくことによりご本人に限りスタンド自由席(500円)を無料とさせていただきます。 【問い合わせ先】 柔道グランドスラム事務局 電話:03-4405-5930 (平日9:00~18:00) メール: judo@eightman.jp 大会要項 期日 平成29年12月2日2日(土)・3日(日) 開場9:00 8:30(11/27変更)/試合開始10:00(予定) 9:00(11/27変更) 会場 東京体育館(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17) JR総武線 千駄ケ谷駅、都営大江戸線 国立競技場駅A4出口出てすぐ 主催 公益財団法人全日本柔道連盟 特別後援 テレビ東京、公益財団法人講道館 後援 スポーツ庁、外務省、観光庁、東京都、公益財団法人日本体育協会、公益財団法人日本オリンピック委員会、朝日新聞社(以上予定) 協力 公益財団法人東京都柔道連盟 日程 2日(土)男子 60kg級, 66kg級, 73kg級, 女子 48kg級, 52kg級, 57kg級, 63kg級 3日(日)男子 81kg級, 90kg級,100kg級,100kg超級 女子 70kg級, 78kg級, 78kg超級 参加人数 各チームの出場できる選手数は下記の通りとする。 ① 各国/地域は1階級につき2名までの選手を出場させることができる。 ② 日本チームは各階級4名の選手を出場させることができる。 試合方法 ① 試合はIJFスポーツ・運営規定およびIJF試合審判規定に則り行われる。 ② 体重区分は男女各7階級とする。 柔道衣 IJF規定に準じる。 組み合せ 組み合わせ抽選 12月1日(金)14:00~ 表彰 各階級の3位までの入賞者を表彰する。 過去大会 ◆2016年大会はこちら ◆2015年大会はこちら ◆2014年大会はこちら ◆2013年大会はこちら ◆2012年大会はこちら ◆2011年大会はこちら ◆2010年大会はこちら ◆2009年大会はこちら ...

Read More →