2014年ブレーメン国際大会 大会結果(14.3.22-23)

[ 2014年3月22日 to 2014年3月23日. ] ブレーメン国際大会 日程 平成26年3月22日(土)~23日(日) 派遣先名 ドイツ・ブレーメン 会場 Congress Centre Bremen,Messehalle 7 参加数 23ケ国・男子319名 日本選手団名簿 団長 賀持 道明(日本中央競馬会) 副団長 野田慎太郎(帯広農業高等学校) コーチ 鉄谷 竜三(警視庁) 21歳未満 100kg超級 藤井 靖剛(神奈川・桐蔭学園高校3年) 3位 100kg級 ウルフ・アロン(千葉・東海大浦安高校3年) 優勝 90kg級 木下 智貴(京都・京都学園高校3年) 5位 81kg級 尾方 寿應(神奈川・東海大相模高校3年) 優勝 73kg級 山本 悠司(北海道・帯広農業高校3年) 3位 66kg級 木戸 清孝(三重・四日市中央工業高校3年) 5位 60kg級 宮之原誠也(福岡・大牟田高校3年) 3位 55kg級 毎熊 拳太(長崎・西陵高校3年) 優勝 大会結果 ― 100kg超級 ― 優勝 FAGERHILL, Sebastian(SWE) 2位 BOUIZGARNE, Benjamin(GER) 3位 ELM, Paul(GER) 藤井 靖剛(日本) 5位 SILDVEER, Hennrich(EST) SILVA, Joao Marcos(BRA) 7位 FREIDENBERG, Edward(GER) NAZMITDINOV, Renat(UZB) 藤井 靖剛(神奈川・桐蔭学園高校3年)3位 1回戦 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 L.MARKUS H.SILDVEER B.BOUIZGARNE J.SILVA 国名 GER EST GER BRA 決め技 一本勝(小内刈) 優勢勝(指導2) 優勢負(技有・大内返) 一本勝(払腰) ― 100kg級 ― 優勝 ウルフ アロン(日本) 2位 HAGENEDER, Maximilian(AUT) 3位 GALANDI, Phillip(GER) VOS, Biko(NED) 5位 DOKAEV, Amir (GER) STRUBER, Leon (GER) 7位 RAKOV, Mikhail(KAZ) SOUZA, Gabriel(BRA) ウルフ・アロン(千葉・東海大浦安高校3年)優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 B.VOS H.HAASE P.GALANDI M.HAGENEDER 国名 NED BEL GER AUT 決め技 一本勝(合技) 一本勝(体落) 一本勝(合技) 一本勝(小外刈) ― 90kg級 ― 優勝 YESSEN, Samat(KAZ) 2位 GARCIA, Dario Kurbjeweit(GER) 3位 CHIODI, Thiago(BRA) SOLOVJOVS, Romans(LAT) 5位 木下 智貴(日本) SCHUTZ, Leonhard(GER) 7位 HERBST, Daniel(GER) MIHAILOVS, Glebs(LAT) 木下 智貴(京都・京都学園高校3年)5位 1回戦 敗者復活1回戦 敗者復活2回戦 敗者復活3回戦 3位決定戦 相手名 L.SCHUTZ F.GROB T.GUTHER D.HERBST T.CHIODI 国名 GER GER GER GER BRA 決め技 優勢負(指導2) 一本勝(縦四方固) 反則勝(指導4) 優勢勝(技有・小外刈) 一本負(背負投) ― 81kg級 ― 優勝 尾方 寿應(日本) 2位 MAKASTARIA, Sandro(GER) 3位 BURT, Jonah(CAN) DE WIT, Frank(NED) 5位 EL NAHAS, Mohab(CAN) HARDER, Rico(NED) 7位 SANTOS, Eduardo(BRA) VAN MONTFORT, Joep(NED) 尾方 寿應(神奈川・東海大相模高校3年)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 F.JADE B.KLIJNSTRA T.JASPERS J.VAN MONTFORT R.HARDER S.MAkASTARIA 国名 GER NED NED GER NED GER 決め技 一本勝(合技) 一本勝(合技) 一本勝(隅落) 一本勝(大外刈) 優勢勝(有効・小外刈) 一本勝(内股) ― 73kg級 ― 優勝 CAVELIUS, Timo(GER) 2位 BALDE, Thierno(NED) 3位 NEVES, Lincoln(BRA) 山本 悠司(日本) 5位 ALLANSSON, Victor(SWE) CZYBULKA, Peter(GER) 7位 HAVERALS, [...] ...

Read More →

第27回近代柔道杯全国中学生柔道大会(14.3.29-30)

[ 2014年3月29日 to 2014年3月30日. ] 大会要項 主催 公益財団法人全日本柔道連盟、株式会社ベースボール・マガジン社 後援 公益財団法人講道館、公益財団法人日本中学校体育連盟 主管 埼玉県柔道連盟、株式会社BBMスポーツ・コミッション 運営協力 埼玉県中学校体育連盟柔道部、東京都中学校体育連盟柔道部、平成国際大学 日程 平成26年3月29日(土)、30日(日) 会場 埼玉県立武道館(埼玉県上尾市日の出4-1877) 参加チーム 2014年度全日本柔道連盟に団体登録および競技者登録をし、大会当日同一の中学校1、2年に在籍している者で編成し参加を希望したチーム。外国人学校の出場も可能です。(2014年3月31日現在で、1、2年在籍生徒) スケジュール 2014年 3月29日(土) 大会1日目  開館   08:00 開会式  10:00 試合開始 10:15 2014年 3月30日(日) 大会2日目  試合開始 10:00 大会公式HPはこちら ...

Read More →

違反事案・処分報告書の様式を変更について

平成26年度4月1日より、新たに全柔連 倫理・懲戒規程が施行されることに伴い、各加盟団体による違反事案・処分報告書の様式を変更いたします。今後はこちらの様式をご使用ください。 全日本柔道連盟 倫理推進室 ...

Read More →

【国際委員会】2014年日本ベテランズ国際柔道大会(第11回日本マスターズ柔道大会)開催決定

2014年日本ベテランズ国際柔道大会(第11回日本マスターズ柔道大会) 30歳以上を対象とした上記大会を、今年も講道館で9月20日、21日に開催することが正式に決定しました。 9月20日(個人戦) 9月21日(団体戦・形の部) 参加資格 ・2014年12月31日時点で30歳以上の者(1984年以前に生まれた者) ・初段以上 ・過去1年間に日本代表選手として大会に出場していないこと 大会の詳細や申し込みについては、追って更新します。 *アジアグランドマスターズオープン柔道大会は、日本ベテランズ国際柔道大会に大会名を変更しました。       ...

Read More →

皇后盃全日本女子選手権大会での全柔連スマイルルーム(託児室)了徳寺学園協賛 ご利用について

この度、第29回皇后盃全日本女子柔道選手権大会において、本大会に関係する方々が利用できるスマイルルーム(託児室)を開設することとなりました。ご利用希望の際は、下記ご一読いただき所定の申込書にてお申し込みください。 1.主旨 大会期間中、児童を同伴する必要のある選手、大会役員、審判員、係員および監督・コーチの為の環境を整え、便宣を図り、男女とも同じ条件で大会に参加できること。 2.設置場所 第29回皇后盃全日本女子柔道選手権大会(横浜文化体育館) 3.使用条件 利用者資格:皇后盃に参加する選手、大会役員、審判員、係員、監督・コーチ 利用時間:開催期間中4月20日(日)8:30~18:00 対象:年齢0歳~12歳 定員:15名 4.使用目的 ①原則として保護者による食事および授乳(昼食持参) ②原則として保護者による着替え、おむつ取り替え ③託児室の定員に余裕のある場合は一時預かり可能な場合あり (IDカード所有者に限る)随時お問い合わせてください。 5.使用手続き ご利用希望者は所定の用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上FAXにてお申し込みください。 スマイルルーム申込書[PDF] 受付FAX№:03-3812-3995 3月10日より受付を開始し、先着順とさせていただきます。 確定された方には託児業者㈱ポピンズより連絡が入りますので、手続きを完了してください。 受付締切り:4月11日(金) *定員に達した場合、早期終了することがあります。 *キャンセル等により空きが出た際は、追加でご案内できる場合もあります。 ㈱ポピンズ 電話03-3447-2292 HPwww.poppins.co.jp 6.保険 スマイルルーム内での事故等に際し、㈱ポピンズにて賠償責任保険に加入いたしております。また、傷害保険の加入により対象児童の安全を担保することとしております。 7.個人情報 個人情報保護法に従い、利用申込書に記載の個人情報は本人の同意がある 場合、また法令上の正当な理由を除き、スマイルルーム使用目的以外では使用せず、第三者に開示、提供いたしません。個人情報の紛失及び漏洩などの予防に努めます。 ...

Read More →

【強化委員会】全日本柔道強化連携フォーラム 報告

昨年に引き続き、第2回の強化フォーラムを実施した。フォーラムの目的は関係所属との連携・協力関係を構築し、柔道界全体で世界を目指す体制を作ることでした。 フォーラムは3部構成で実施した。内容は以下のとおりである。 日 時:2014年3月6日(木)  15:00 ~18:30 場 所:味の素ナショナルトレーニングセンター 対 象:全柔連強化スタッフ、警察、実業団、大学、高等学校、中学校関係者 1部:男子強化フォーラム  2014年に向けた強化戦略プラン 【60分】 15:10~16:10 (ア) 男子の強化方針及び平成26年度事業計画 (イ) 男子ジュニア強化方針及び平成26年度強化事業 (ウ) 所属との意見交換(質疑) 休憩 10分 2部:女子強化フォーラム  2014年に向けた強化戦略プラン 【60分】 16:20~17:20 (ア) 女子の強化方針及び平成26年度事業計画 (イ) 女子ジュニア強化方針及び平成26年度強化事業 (ウ) 所属との意見交換(質疑) 休憩 10分 3部:パネルディスカッション 「2016年リオ五輪に向けて」  【60分】 17:30~18:30 パネリスト 山本洋祐、増地千代里(男女副委員長) 井上康生、南條充寿(男女監督) 古田英毅氏(ejudoメディア代表) フォーラムは宇野事務局長の挨拶で始まり、活発な意見交換が行われた。2016年のみならず、2020年東京オリンピックへ向けた強化戦略の必要性、情報をいかに分析、研究していくかの課題、さらに中学、高等学校における柔道人口の減少をいかに食い止め回復させるか等の意見、提言がなされた。最後は斎藤仁強化委員長の挨拶で、今後も関係所属と全日本との連携・強化を深め、邁進していく事を目指していくと締めくくられた。       ...

Read More →

【審判委員会】平成25年度地方審判員講習会(長崎)報告

実施日 平成26年3月2日 時 間 9:30~12:00 場 所 長崎県営野球場内会議室 参加者数 207名 講 師 川口孝夫(全日本柔道連盟審判委員会委員長) 講習会は、長崎県柔道連盟本村会長の挨拶で開会し、午前中に行なわれた。 2014年1月より国際柔道連盟が施行している試合審判規定の変更に関する内容が配布資料と動画に基づいて説明された。 国際柔道連盟試合審判規定の変更に関する資料はこちらから   ...

Read More →

2014年グランプリ・デュッセルドルフ(ドイツ) 大会結果【写真更新】(14.2.21-23)

[ 2014年2月21日 00:00 to 2014年2月23日 00:00. ] グランプリ・デュッセルドルフ(ドイツ) 日程 平成26年2月21日(金)~23日(日) 派遣先名 ドイツ・デュッセルドルフ 会場 Mitsubishi Electric Halle 参加数 55ケ国・367名(男子212名・女子155名) 日本選手団名簿 100kg超級 原沢 久喜(日本大学3年) 5位 78kg超級 田知本 愛(ALSOK) 優勝 上川 大樹(京葉ガス㈱) 優勝 100kg級 増渕  樹(旭化成㈱) 1回戦敗退 78kg級 佐藤 瑠香(コマツ) 欠場 90kg級 西山 大希(新日鐵住金㈱) 3位 70kg級 新井 千鶴(三井住友海上火災保険㈱) 3位 81kg級 中井 貴裕(パーク24㈱) 3回戦敗退 63kg級 阿部 香菜(三井住友海上火災保険㈱) 3位 川上 智弘(國學院大學職) 1回戦敗退 73kg級 秋本 啓之((学)了徳寺学園職) 優勝 57kg級 松本  薫(フォーリーフジャパン㈱) 優勝 大野 将平(天理大学4年) 欠場 66kg級 海老沼 匡(パーク24㈱) 優勝 52kg級 橋本 優貴(コマツ) 2位 宮崎  廉(桐蔭横浜大学4年) 5位 60kg級 志々目 徹(日本体育大学4年) 優勝 48kg級 近藤 亜美(愛知・大成高校3年) 3位 大島 優磨(国士舘大学1年) 2位 ※73kg級 大野将平選手 怪我のため本大会を欠場(2.10) ※78kg級 佐藤瑠香選手 怪我のため本大会を欠場(2.14) 大会結果(男子) ― 100kg超級 ― 優勝 上川 大樹(日本) 2位 JABALLAH, Faicel(TUN) 3位 SILVA, Rafael(BRA) OKRUASHVILI, Adam(GEO) 5位 原沢 久喜(日本) MATIASHVILI, Levani(GEO) 7位 KRAKOVETSKII, Iurii(KGZ) BREITBARTH, Andre(GER) 原沢 久喜(日本大学3年)5位 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦戦 相手名 A.MIKHAYLIN A.OKRUASHVILI F.JABALLAH R.SILVA 国名 RUS GEO TUN BRA 決め技 反則勝(指導4) 優勢勝(指導2) 優勢負(指導3) 優勢負(有効・内股) 上川 大樹(京葉ガス㈱)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 S.HEINLE R.MEYER R.SILVA L.MATIASHVILI F.JABALLAH 国名 GER NED BRA GEO TUN 決め技 一本勝(出足払) 一本勝(合技) 一本勝(大外返) 一本勝(合技) 反則勝(指導4) ― 100kg級 ― 優勝 CORREA, Luciano(BRA) 2位 RAKOV, Maxim(KAZ) 3位 NAIDAN, Tuvshinbayar(MGL) BUZACARINI, Rafael(BRA) 5位 SAMOILOVICH, Sergei(RUS) FREY, Karl-Richard(GER) 7位 REMARENCO, Ivan(UAE) PFEIFFER, Dino(GER) 増渕  樹(日本)1回戦敗退 増渕  樹(旭化成㈱)1回戦敗退 1回戦 相手名 A.MSKHALADZE 国名 GEO 決め技 一本負(大外刈) ― 90kg級 ― 優勝 ILIADIS, Ilias(GRE) 2位 VAN T END, Noel(NED) 3位 西山 大希(日本) GOGOTCHURI, Zviad(GEO) 5位 GROSSKLAUS, Ciril(SUI) BUFFET, Romain(FRA) 7位 DONIYOROV, Erkin(UZB) VOPROSOV, Kirill(RUS) 西山 大希(新日鐵住金㈱)3位 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 M.ODENTHAL K.VOPROSOV N.VAN T END C.GROSSKLAUS 国名 GER RUS NED SUI 決め技 優勢勝(技有・内股) 優勢勝(指導1) 一本負(小内刈) 優勢勝(有効・払腰) ― 81kg級 ― 優勝 STEVENS, Travis(USA) 2位 MARESCH, Sven(GER) 3位 ARSLANOV, Shukhratjon(UZB) WIECZERZAK, Alexander(GER) 5位 SEMENOV, Stanislav(RUS) MAGOMEDOV, Sirazhudin(RUS) 7位 DUMINICA, Valeriu(MDA) MARGIANI, Ushangi(GEO) 中井 貴裕(日本)3回戦敗退 川上 智弘(日本)1回戦敗退 中井 貴裕(パーク24㈱)3回戦敗退 2回戦 3回戦 相手名 A.NTANATSIDIS A.WIECZERZAK 国名 GRE GER 決め技 反則勝(指導4) 優勢負(指導3) 川上 智弘(國學院大學職)1回戦敗退 1回戦 相手名 D.RESSEL 国名 GER 決め技 一本負(肩車) ― 73kg級 ― 優勝 秋本 啓之(日本) 2位 MUKI, Sagi(ISR) 3位 MOGUSHKOV, Musa(RUS) DRAKSIC, Rok(SLO) 5位 YKYBAYEV, Dastan(KAZ) DELPOPOLO, Nicholas(USA) 7位 ALLARDON, Jonathan(FRA) UEMATSU, Kiyoshi(ESP) 秋本 啓之((学)了徳寺学園職)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 S.VAN [...] ...

Read More →

【審判委員会】国際柔道連盟試合審判規定の全柔連導入について

国際柔道連盟(IJF)は、改正した試合審判規定を、2014 年1月より施行しています。 全日本柔道連盟としてはこの新たな審判規定の国内大会への適用について審判委員会において検討しました。 新しい規定の解釈と導入については以下の資料をご確認ください。 IJF審判規定の決定版(解釈)20140217[PDF] IJF審判規定の全柔連導入について(20140221)[PDF] ...

Read More →