グランプリ アムステルダム(オランダ)大会結果

[ 2011年11月19日 to 2011年11月20日. ] グランプリ アムステルダム(オランダ) 日  程2011年11月19日(土)~20日(日)派遣先名オランダ・アムステルダム会 場Sporthallen Zuid参加数64ヵ国・405名(男子249名、女子156名) 選手団名簿男子監督篠原 信一(天理大学)女子監督園田 隆二(警視庁)男子コーチ窪田 和則(警視庁)女子コーチ薪谷  翠((株)ミキハウス)賀持 道明(日本中央競馬会)情報戦略野口 順子(国立スポーツ科学センター)男子女子100kg超級高橋 和彦(新日本製鐵)3位78kg超級橋口ななみ(近畿大学3年)1回戦敗退上川 大樹(明治大学4年)欠場78kg級岡村 智美(コマツ)3位100kg級羽賀龍之介(東海大学2年)欠場70kg級上野 巴恵(三井住友海上火災保険)1回戦敗退90kg級吉田 優也(東海大学4年)5位大野 陽子(立命館大学4年)3位81kg級川上 智弘(國學院大学4年)3回戦敗退63kg級田中 美衣(了徳寺学園職)5位73kg級西山 雄希(筑波大学2年)3回戦敗退57kg級石川  慈(コマツ)3位66kg級森下 純平(筑波大学3年)3位52kg級橋本 優貴(金沢学院大学4年)2位60kg級山本 浩史(日本体育大学4年)5位48kg級十田 美里(近畿大学3年)5位 男子 階級順位60kg級66kg級73kg級81kg級90kg級100kg級100kg超級1位ダバードルジェドラクシックエルモントシュミットカミーログロルトルツァーモンゴルスロベニアオランダフランスブラジルオランダドイツ2位パビナシビリサンジャースーレンイサエフセデジュボプロソフラコフパスケビシウスグルジアモンゴルロシアスロベニアロシアカザフスタンリトアニア3位ヨンドンツァガンバーターレグランドアタフィアラーザダルウィッシュ高橋 和彦モンゴルモンゴルフランスモロッコスペインエジプト日本ムドラノフ森下 純平ウエマツニフォントフナイマンサッソンボアロシア日本スペインロシアスウェーデンイスラエルハンガリー5位サルミネンマゴメドフメンドンカバシレンコボラトナイダンリウ・ジアンオランダロシアブラジルウクライナカザフスタンモンゴル中国ミロウスラロスタタラシビリマリジャノビッチ吉田 優也ヴァン・デ・ギーストマカラウフランスフランスグルジアクロアチア日本ベルギーモルドバ山本 浩史コワルスキーダルベレエルモントリパルテリアニベターズウォジナロウィッチ日本ポーランドフランスオランダグルジアドイツポーランドアルシャンスキーザグロドニックサインジャーガルスタシアシェンカサインブヤスキークレパレクミハイリンイスラエルポーランドモンゴルモルドバウクライナチェコロシア日本選手結果山本 浩史森下 純平西山 雄希川上 智弘吉田 優也-高橋 和彦5位3位3回戦敗退< br />3回戦敗退5位-3位 100kg超級 高橋 和彦(新日本製鐵)3位 2回戦3回戦4回戦準決勝戦相手名シェレンバーグボルコフマカラウパスケビシウス国 名オランダロシアベラルーシリトアニア決り技一本勝(払腰)優勢勝(技有・指導3)優勢勝(技有・払腰)優勢負(技有・小外掛)90kg級 吉田 優也(東海大学4年)5位 1回戦2回戦3回戦相手名レマレンコヒデブランドアラーザ国 名モルドバドイツスペイン決り技一本勝(上四方固)一本勝(大内刈)一本負(内股)81kg級 川上 智弘(國學院大学4年)3回戦敗退 1回戦2回戦3回戦相手名ムシルマレッシュスタシアシェンカ国 名チェコドイツベラルーシ決り技一本勝(背負投)一本勝(小外掛)一本負(隅返)73kg級 西山 雄希(筑波大学2年)3回戦敗退 2回戦3回戦相手名ディ・クリストイサエフ国 名イタリアロシア決り技優勢勝(技有・体落)優勢負(有効・指導2)66kg級 森下 純平(筑波大学3年)3位 2回戦3回戦4回戦準決勝戦相手名レフェベレリムコワルスキードラクシック国 名ベルギーカザフスタンポーランドスロベニア決り技優勢勝(有効・大内刈)優勢負(有効・大内刈)一本勝(内股)一本負(谷落)60kg級 山本 浩史(日本体育大学4年)5位 1回戦2回戦3回戦相手名ミラーレインバルダバードルジェ国 名イギリスフィンランドモンゴル決り技一本勝(内股)優勢勝(技有・指導3)一本負(小外掛) 女子階級順位48kg級52kg級57kg級63kg級70kg級78kg級78kg超級1位ヴァン・スニックハダッドBOUKOUVALAヴァン・エムデンBOSCHPUREVJARGALアルツァーマンベルギーアルジェリアギリシャオランダオランダモンゴルブラジル2位ENTE橋本 優貴クアドロスウィルボーダススマルWOLLERTキン・カンオランダ日本ブラジルオランダウクライナドイツ中国3位ドゥミトゥルCOXロコTESEDEVSUREN大野 陽子岡村 智美BRYANTルーマニアイギリスフランスモンゴル日本日本イギリスウー・シュウゲンケレメンディ石川  慈XU LILIアルベアーマルツァンPOLAVDER中国IJF日本中国コロンビアドイツスロベニア5位HORMIGOWOLFSLAGWANG HUIゾルニールブランコPOGORZELECADLINGTONポルトガルオランダ中国スロベニアスペインポルトガルイギリスKONDRATYEVAKRAEHQUINTAVALLELABAZINABOLDEAPRYSHEPAKONITZロシアドイツイタリアロシアオランダウクライナドイツ十田 美里MA YINGNANフィルツモザーAGBEBNENOUスラカVELENSEKカヤ日本中国オーストリアフランススロベニアスロベニアトルコブランコボナパヴィア田中 美衣CHEN FEIVERKERKUILENHOEDスペインフランスフランス日本中国オランダオランダ日本選手結果十田 美里橋本 優貴石井  慈田中 美衣上野 巴恵岡村 智美橋口ななみ5位2位3位5位1回戦敗退3位1回戦敗退----大野 陽子------3位-- 78kg超級 橋口ななみ(近畿大学3年)1回戦敗退 1回戦相手名POLAVDER国 名スロベニア決り技優勢負(有効・一本背負投)78kg級 岡村 智美(コマツ)3位 1回戦2回戦準決勝戦相手名MENTOUOPOUPRYSHCHEPAWOLLERT国 名フランスウクライナドイツ決り技一本勝(小外掛)一本勝(内股)優勢負(技有・大内刈)70kg級 大野 陽子(立命館大学4年)3位 1回戦2回戦3回戦準決勝戦相手名BARBIERIROBRABORDERBOSCH国 名イタリアスイスオランダオランダ決り技一本勝(袈裟固)一本勝(内股)一本勝(反則勝)優勢負(有効・払巻込)70kg級 上野 巴恵(三井住友海上火災保険)1回戦敗退 1回戦相手名CHEN FEI国 名中国決り技優勢負(技有・内股)63kg級 田中 美衣(了徳寺学園職)5位 1回戦2回戦3回戦相手名CAMPOSマルツァンヴァン・エムデン国 名ブラジルドイツオランダ決り技一本勝(腕挫十字固)一本勝(合技)優勢負(有効・小外掛)57kg級 石川  慈(コマツ)3位 1回戦2回戦3回戦準決勝戦相手名ROPERリチャードソンフィルツモザーBOUKOUVALA国 名ドイツオランダオーストリアギリシャ決り技一本勝(崩上四方固)一本勝(肩固)一本勝(大外刈)一本負(合技)52kg級 橋本 優貴(金沢学院大学4年)2位 1回戦2回戦3回戦準決勝戦決勝戦相手名SAMATHE HONGMEIKRAEHCOXハダッド国 名トルコ中国ドイツイギリスアルジェリア決り技一本勝(横四方固)一本勝(横四方固)一本勝(巴投)一本勝(崩上四方固)一本負(掬投)48kg級 十田 美里(近畿大学3年)5位 1回戦2回戦3回戦相手名AKKUSモレッティヴァン・スニック国 名トルコイタリアベルギー決り技一本勝(合技)一本勝(小内刈)一本負(朽木倒) ...

Read More →

平成23年度講道館杯全日本体重別選手権大会 大会結果

平成23年度講道館杯全日本体重別選手権大会 大会結果 男子 階級 1位 2位 3位 60kg級トーナメント表 川端  龍 国士舘大学4年 高(髙)藤 直寿 東海大相模高校3年 石川 裕紀 (学)了徳寺学園職員 平岡 拓晃 (学)了徳寺学園職員 66kg級 トーナメント表 髙上 智史 日本体育大学2年 清水 健登 山梨学院大学2年 吉田 惟人 東海大学4年 福岡 政章 ALSOK 73kg級 トーナメント表 大束 匡彦 旭化成 榎本  収 新田クラブ 太田 慶一 東海大学3年 齋藤  涼 旭化成 81kg級 トーナメント表 長島 啓太 日本中央競馬会 川上 智弘 國學院大学4年 永瀬 貴規 長崎日本大学高等学校3年 春山 友紀 国士舘大学3年 90kg級 トーナメント表 西山 将士 新日本製鐵 加藤 博剛 千葉県警察 西山 大希 筑波大学3年 吉田 優也 東海大学4年 100kg級 トーナメント表 羽賀龍之介 東海大学2年 増渕  樹 旭化成 熊代 佑輔 ALSOK 羽沢 頼誠 国士舘大学3年 100kg超級 トーナメント表 石井 竜太 日本中央競馬会 棟田 康幸 警視庁 立山 広喜 日本中央競馬会 七戸  龍 九州電力 女子 階級 1位 2位 3位 48kg級 トーナメント表 浅香 夕海 東海大学4年 山﨑 珠美 三浦学苑高等学校3年 岡本 理帆 藤枝順心高等学校2年 伊部 尚子 ぎふ柔道クラブ24 52kg級 トーナメント表 加賀谷千保 山梨学院大学3年 橋本 優貴 金沢学院大学4年 宮川 拓美 小松大谷高等学校3年 浅海 静香 ジェイアール東日本スポーツ 57kg級 トーナメント表 石川  慈 コマツ 松本  薫 フォーリーフジャパン 宇髙 菜絵 コマツ 大友真貴子 東海大学4年 63kg級 トーナメント表 田中 美衣 了徳寺学園職員 谷本 育実 コマツ 太田 晴奈 淑徳大学1年 安松 春香 環太平洋大学2年 70kg級 トーナメント表 今井 優子 了徳寺学園職員 上野 巴恵 三井住友海上火災保険 田知本 遥 東海大学3年 髙橋 ルイ 環太平洋大学2年 78kg級 トーナメント表 佐藤 瑠香 コマツ 緒方亜香里 筑波大学3年 池田ひとみ 自衛隊体育学校 岡村 智美 コマツ 78kg超級 トーナメント表 田知本 愛 ALSOK 山部 佳苗 山梨学院大学3年 橋口ななみ 近畿大学3年 市橋寿々華 大阪府警察 入賞者一覧(PDF) 【大会概要】 目的 平成23年度後期の全日本強化選手を選考すると共に、2011年ロンドンオリンピックの日本代表選手第1次選考会とする 期日 平成23年(2011年)11月12日(土)、13日(日) 開会9:00/閉会16:00(両日とも) 会場 「千葉ポートアリーナ」千葉県千葉市中央区問屋町1-20 ℡043-241-0006 主催 財団法人全日本柔道連盟、財団法人講道館 主管 千葉県柔道連盟 後援 (財)上月スポーツ・教育財団、フジテレビ、読売新聞社、千葉県、千葉県教育委員会、千葉市、千葉市教育委員会 (財)千葉市スポーツ振興財団 特別協賛 コマツ 協賛 東建コーポレーション、ミズノ、近畿日本ツーリスト、日本航空、大塚製薬 セイコースポーツライフ、三井住友海上火災保険、シミズオクト、ALSOK、パーク24 学校法人了徳寺学園 出場資格 (1)日本国籍を有するもので、本連盟に登録をしている者 (2)強化委員会から選出された者 試合 (1)試合は、国際柔道連盟試合審判規定で行なう(2)優勢勝ちの判定基準は、「有効」又は「指導2」以上とする。得点差がない場合は、3分間の延長戦(ゴールデンスコア)により勝敗を決する (3)敗者復活戦は、ベスト8以上の選手が対象となる 日程 12日(土)男子81kg級,90kg級,100kg級,100kg超級 女子70kg級,78kg級,78kg超級  非公式計量 06:00~06:30 公式計量  06:30~07:00 試合・表彰 09:00~16:0013日(日)男子60kg級,66kg級,73kg級 女子48kg級,52kg級,57kg級,63kg級   非公式計量 06:00~06:30 公式計量  06:30~07:00 試合・表彰 09:00~16:00 テレビ放送時間 ・フジテレビ 地上波 11月20日(日) 25:15-26:15  ※ワールドカップバレー中継延長の場合、放送時間変更の可能性あり・BSフジ 11月12日(土)・13日(日) 17:00-18:55(両日)・CSフジテレビONE 11月14日(月)・15日(火) 20:30-22:30(両日) チケット情報 【入場料】一般1,000円 高校生以下500円(未就学児無料)【前売り販売】 2011年11月1日(火)~11月10日(木)まで全日本柔道連盟事務局にて販売【受取方法】全柔連事務局窓口にて直接購入【受付時間】土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:00~17:00 服装 白色の柔道衣のみを使用する(女子の黒帯は、白線入りの帯を使用すること) 表彰 各階級の1位~3位までを表彰する その他 (1)皮膚真菌症(トンズランス感染症)の発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。万が一、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある。(2)(財)全日本柔道連盟ドーピング防止規程によりアンチドーピング検査を行う。(3)大会にて出場選手の傷害保険に加入し、その費用を負担する(4)フジテレビ系列にてテレビ放映予定 ...

Read More →

全柔連だより 第43号(平成23年11月11日発行)

全柔連だより 第43号(平成23年11月11日発行) ・【P1】オリンピックへの道のり ・【P2~3】オリンピックへの道のり(続き)/国際柔道連盟60周年記念パーティ/東日本大震災復興支援日仏対抗親善柔道大会 ・【P4~5】世界柔道選手権大会 大会結果 ・【P6~7】世界柔道選手権大会 大会の裏側で~違反柔道衣について~(細川伸二氏) ・【P8~9】被災地だより(陸前高田市・岩﨑道場) ・【P10~11】柔道フェスタ2011 報告 ・【P12~13】第8回全国小学生学年別柔道大会 大会結果/平成23年度第1回理事会・評議員会 協議事項・報告事項 ・【P14~15】全柔連発行物の紹介/編集後記 ...

Read More →

コーチの役割について(11.11.11)

コーチの役割について(11.11.11)  IJFは試合中のコーチの役割を規制することに決定いたしました。  グランプリ・アムステルダム(2011年11月19日、20日)より、IJFによって開催され、世界ランキングリストに通じるすべての大会において本ルールが適用されます。 1.試合の最中は、コーチから選手に対して指示を与えることが許可されない。 2.試合が止まっている時間(「待て」の後)は、コーチから選手に対して指示を与えることが許可される。 3.試合再開(「始め」の合図)後、再びコーチは沈黙を守らなければならない。 4.本ルールに従わないコーチは、試合場から追い出される。 5.試合場の外から同じ行為を続ける場合、そのコーチは罰を受ける可能性もある。 ジャン‐リュック・ルージェ IJF事務総長 ...

Read More →

2011年世界ジュニア柔道選手権大会(大会結果)

2011年世界ジュニア柔道選手権大会 日  程 2011年11月3日(木)~6日(日) 派遣先名 南アフリカ・ケープタウン 会 場 Cape Town International Convention Centre 参加数 65ヵ国・527名(男子314名・女子213名) 選手団名簿 男子 女子 100kg超級 王子谷剛志(東海大学1年) 優勝 78kg超級 井上 愛美(山梨学院大学1年) 優勝 100㎏級 浅沼 拓海(国士舘大学1年) 3位 78㎏級 梅木 真美(阿蘇中央高等学校2年) 優勝 90kg級 長倉 友樹(修徳高等学校3年) 5位 70kg級 結城久美子(東海大学1年) 2回戦敗退 81kg級 丸山 剛毅(天理大学1年) 優勝 63kg級 太田 晴奈(淑徳大学1年) 優勝 73kg級 大野 将平(天理大学2年) 優勝 57㎏級 山本  杏(桐蔭学園高等学校2年) 優勝 66kg級 竪山  将(鹿児島情報高等学校3年) 優勝 52kg級 宮川 拓美(小松大谷高等学校3年) 優勝 60kg級 髙藤 直寿(東海大学付属相模高等学校3年) 優勝 48kg級 遠藤 宏美(筑波大学1年) 優勝 55kg級 泉谷 僚児(天理高等学校2年) 2回戦敗退 44kg級 濱田 早萌(大成高等学校2年) 優勝 大会結果(男子) 階級 順位 55kg級 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 ガジエフ 髙藤 直寿 竪山  将 大野 将平 丸山 剛毅 ザンキシエフ アルメンテロス 王子谷剛志 ロシア 日本 日本 日本 日本 ロシア キューバ 日本 2位 ザケタイエフ アン・バウル アクマロフ カルカマヌリィ コストエフ カリムラザエフ ディ・グイダ チョ・グハン カザフスタン 韓国 ロシア カザフスタン ロシア ロシア イタリア 韓国 3位 マエス セメトフ イ・ドンギョ ゾロエフ カビニアシビリ フレッチャー 浅沼 拓海 カリボボコフ ベルギー カザフスタン 韓国 ロシア グルジア イギリス 日本 ロシア メサブリシビリ クワバラ サビダツァシビリ ジュン・ヒージョ コブダル レティンスキー ダゼルモトフ ヘイレン グルジア ブラジル グルジア 韓国 カザフスタン ウクライナ ロシア ドイツ 5位 ツァン・ミンイェン カバ フォーチン・ディマーズ ムキ トス 長倉 友樹 ダルベレ ナティア 台湾 トルコ カナダ イスラエル ハンガリー 日本 フランス ルーマニア ズベレフ アジノビック クルレジェ シチュアート ムーンスターバーグ コレル キム・ヨンハン サルキシャン ロシア クロアチア フランス イギリス ドイツ オランダ 韓国 ロシア 日本選手結果 泉谷 僚児 髙藤 直寿 竪山  将 大野 将平 丸山 剛毅 長倉 友樹 浅沼 拓海 王子谷剛志 2回戦敗退 優勝 優勝 優勝 優勝 5位 3位 優勝 100kg超級 王子谷剛志(東海大学1年)優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ザラゴ ディブリン サルキシャン チョ・グハン 国 名 フランス ウクライナ ロシア 韓国 決り技 一本勝(浮落) 一本勝(大外刈) 一本勝(上四方固) 優勢勝(指導2) 100kg級 浅沼 拓海(国士舘大学1年)3位 1回戦 2回戦 3回戦 敗者復活最終戦 3位決定戦 相手名 ウルソフ ディブロバ アルメンテロス ニキフォロフ ダルベレ 国 名 ロシア ウクライナ キューバ ベルギー フランス 決り技 反則勝 一本勝(背負投) 優勢負(技有・肩車) 一本勝(合技) 優勢勝(GS技有・大内刈) 90kg級 長倉 友樹(修徳高等学校3年)5位 2回戦 3回戦 4回戦 敗者復活最終戦 3位決定戦 相手名 ストローティ コフツノフ カリムラザエフ バン・ヌフェル フレッチャー 国 名 ドイツ ウクライナ ロシア ベルギー イギリス 決り技 一本勝(大外刈) 一本勝(小外刈) 優勢負(有効・隅返) 一本勝(GS・小外刈) 一本負(片手絞) 81kg級 丸山 剛毅(天理大学1年)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ディアス デュアルテ ミランダ ルカグバシュレン ムーンスターバーグ コストエフ 国 名 ポルトガル アルゼンチン イタリア モンゴル ドイツ ロシア 決り技 一本勝(崩上四方固) 優勢勝(指導2) 一本勝(内股) 一本勝(内股) 優勢勝(GS判定(3-0)) 一本勝(内股) 73kg級 大野 将平(天理大学2年)優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 レンゴンホーベン チャパリン シチュアート ムキ カルカマヌリィ 国 名 南アフリカ アルメニア イギリス イスラエル カザフスタン 決り技 一本勝(送襟絞) 一本勝(大外刈) 一本勝(腕挫十字固) 一本勝(大外刈) 優勢勝(技有・袖釣込腰) 66kg級 竪山  将(鹿児島情報高等学校3年)優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ガザリャン ラクマツライエフ ディジレッツ イ・ドンギョ アクマロフ 国 名 アルメニア ウズベキスタン アメリカ 韓国 ロシア 決り技 一本勝(背負投) 優勢勝(指導2) 一本勝(背負投) 一本勝(送襟絞) 一本勝(横四方固) 60kg級 髙藤 直寿(東海大学付属相模高等学校3年)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ユコラ ポリアック ギウナシビリ カラシャオフ セメトフ アン・バウル 国 名 コンゴ スロバキア グルジア ロシア カザフスタン 韓国 決り技 一本勝(肩車) 一本勝(内股) 一本勝(内股) 一本勝(腕挫手固) 優勢勝(指導3) 優勢勝(指導3) 55kg級 泉谷 僚児(天理高等学校2年)2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 レチビアン メサブリシビリ 国 名 シブチ グルジア 決り技 一本勝(合技) 優勢負(GS判定(0-3)) 大会結果(女子) 階級 順位 44kg級 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 1位 濱田 早萌 遠藤 宏美 宮川 拓美 山本  杏 太田 晴奈 ブラフ 梅木 真美 井上 愛美 日本 日本 日本 日本 日本 ブラフ 日本 日本 2位 シルバ グズネツソバ スターコバ ベルハーゲン <モハメド/TD> ツェンドゥアユシュ ユン ウエイス ブラジル ロシア ウクライナ オランダ ポーランド モンゴル 韓国 ドイツ 3位 カサス クレメント ストゥーブ ゼルトゥナー アグベブノー シュナイダー ステーンナイス サベルクルス スペイン フランス オランダ オーストリア フランス ドイツ オランダ オランダ ウイリス チョー ビエンズ コーチャー リヤリナ チェン ティルマヌス ジョ イギリス 韓国 スイス スイス ウクライナ 中国 ドイツ 韓国 5位 ロンヒー リー バレンティム ゼヒール ヤツブロウン ペロー ソアレス オラズバエバ フランス 中国 ブラジル トルコ イギリス フランス ブラジル カザフスタン ザビック サヒン リュー オハイ アンドリアンチアナ マティク スティーブンソン バビンチェバ セルビア トルコ 中国 ロシア マダガスカル クロアチア オランダ ロシア 日本選手結果 濱田 早萌 遠藤 宏美 宮川 拓美 山本  杏 太田 晴奈 結城久美子 梅木 真美 井上 愛美 優勝 優勝 優勝 優勝 優勝 2回戦負け 優勝 優勝 78kg超級 井上 愛美(山梨学院大学1年) 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 タラソバ バビンチェバ サベルクルス ウエイス 国 名 ウクライナ ロシア オランダ ドイツ 決り技 一本勝(払腰) 総合勝 一本勝(崩袈裟固) 一本勝(崩袈裟固) 78㎏級 梅木 真美(阿蘇中央高等学校2年) 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 プロコペンコ ダンケル ハス スティーブンソン ユン 国 名 ロシア ドイツ 台湾 オランダ 韓国 決り技 一本勝(合技) 一本勝(腕絡) 優勢勝(指導2) 一本勝(内股) 一本勝(崩上四方固) 70kg級 結城久美子(東海大学1年)2回戦敗退 2回戦 相手名 マツニヤゾバ 国 名 ウズベキスタン 決り技 一本負(払巻込) 63kg級 太田 晴奈(淑徳大学1年)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 アンタールラザシャー ヘルマンソン アグベブノー リヤリナ モハメド 国 名 オーストリア スウェーデン フランス ウクライナ ポーランド 決り技 一本勝(内股) 一本勝(大外刈) 一本勝(合技) 優勢勝(有効・内股) 一本勝(払腰) 57kg級 山本  杏(桐蔭学園高等学校2年)優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ロドリゲス バブシェンコ ゼルトゥナー ベルハーゲン 国 名 ブラジル ポルトガル オーストリア オランダ 決り技 優勢勝(指導2) 一本勝(背負投) 優勢勝(GS技有・袖釣込腰) 一本勝(縦四方固) 52kg級 宮川 拓美(小松大谷高等学校3年)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 キム フロリアン バレンティム リュウ スターコバ 国 名 韓国 ロシア ブラジル 中国 ウクライナ 決り技 優勢勝(技有・小外刈) 一本勝(体落) 一本勝(肩固) 一本勝(横四方固) 一本勝(袖釣込腰) 48kg級 遠藤 宏美(筑波大学1年)優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ジャグバラル ザビック ギリィー シルバ 国 名 モンゴル セルビア フランス ブラジル 決り技 優勢勝(技有・小内刈) 優勢勝(指導3) 一本勝(合技) 優勢勝(GS判定(3-0)) 44kg級 濱田 早萌(大成高等学校2年)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 フェイフェアー レゾーグ クレメント サヒン グズネツソバ 国 名 ドイツ アルジェリア フランス トルコ ロシア 決り技 一本勝(大内刈) 一本勝(小内刈) 優勢勝(有効・背負投) 優勢勝(有効・大内刈) 優勢勝(有効・背負投) ...

Read More →