東京運動記者クラブ柔道分科会記者クラブ賞決定!(09.3.6)

東京運動記者クラブ柔道分科会記者クラブ賞決定!  東京運動記者クラブ柔道分科会は、年間を通して最も活躍した選手に送られる記者クラブ賞受賞者を決定し、2009年3月5日に発表しました。  男子は66㎏級の内柴正人(旭化成)選手、女子は63㎏級の谷本歩実(コマツ)選手です。  この両選手は、昨年8月に行われた北京オリンピックでアテネに続く連覇を遂げたことが評価されました。  表彰は、2009年4月29日に行なわれる全日本選手権大会で行なわれます。 【写真提供:東京スポーツ新聞社】 ...

Read More →

ワールドカップワルシャワ(ポーランド)欠場選手について(09.2.20)

ワールドカップワルシャワ(ポーランド)欠場選手について 2009年2月28日(土)~3月1日(日)、ポーランド・ワルシャワで開催されるワールドカップワルシャワでの欠場選手がありました。 記 1.日  時:平成21年2月28日(土)男子60㎏級・66㎏級・73㎏級             3月 1日(日) 男子81㎏級・90㎏級・100㎏級・100㎏超級 2.場  所:アリーナ ウリシノウ ワルシャワ体育館 3.欠場選手:66㎏級 内柴正人(旭化成) 4.欠場理由:右下顎骨周囲炎のため        1週間から10日程度の入院、加療を要する。 5.代替選手:ありません ...

Read More →

ワールドカップ・ワルシャワ(ポーランド)結果(09.3.2)

[ 2009年2月28日 to 2009年3月1日. ] ワールドカップ・ワルシャワ(ポーランド) 日程 2009年2月28日(土)~3月1日(日) 派遣先名 ポーランド・ワルシャワ 会 場 参加状況 参加国数:ケ国 参加総数: 名 大会サイト EJUサイト 81kg級 高松 正裕(旭化成株式会社) 3位 海老 泰博(東海大学2年) 1回戦敗退 73kg級 金岡 真司(警視庁) 3回戦敗退 齋藤  涼(天理大学3年) 2回戦敗退 66kg級 小倉 武蔵(筑波大学1年) 3回戦敗退 海老沼 匡(明治大学1年) 2回戦敗退 60kg級 平岡 拓晃(学校法人了徳寺学園職) 2回戦敗退 矢野 大地(天理大学2年) 2回戦敗退 男子 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 ヴェルデ キム・ジョオ・ジン キム・ワン・ジュン シュンジカウ マダラズ ゼービ マカラウ イタリア 韓国 韓国 ベラルーシ ハンガリー イスラエル ベラルーシ 2位 ダヴティヤン リム ヴォエルク スタシアシェンカ バウザ ジマーマン ベルビジェ アルメニア カザフスタン ドイツ ベラルーシ リトアニア ドイツ オランダ 3位 ケルギアニ クリッシュ カイトマゾフ シャドフ ブリッソン マレット パダー グルジア ドイツ ロシア ロシア フランス フランス エストニア ザンタラヤ べア-トヘロット ウィルコミスキ- 高松正裕 ボプロソフ ゾルゾリアニ パスケビシウス ウクライナ フランス ポーランド 日本 ロシア グルジア リトアニア 5位 ブアジャン ファラルド シ・リジガワ チクラウリ ボラト ブロシェンコ オクロアシビリ ハンガリー イタリア 中国 グルジア カザフスタン ウクライナ グルジア スラプヤン ザグロドニク ラヴォゾフ バシレンコ ラレム シオマチェキン ウォジナロウィッチ アルメニア ポーランド イスラエル ウクライナ ポーランド ベラルーシ ポーランド 81kg級 高松 正裕(旭化成) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 プロタス アントニー ナギソルモッシ シャドフ スタシアシェンカ バシレンコ 国 名 イスラエル オーストラリア ハンガリー ロシア ベラルーシ ウクライナ 内 容 ○ ○ ○ ○ △ ○ 決り技 横四方固 一本背負投 横四方固 合技(一本背負投・腰車) 大内刈 技有(体落) 81kg級 海老 泰博(東海大学2年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 シュンジカウ 国 名 ベラルーシ 内 容 △ 決り技 隅返 73kg級 金岡 真司(警視庁) 3回戦敗退 1回戦 2回戦 3回戦 相手名 コタニディス ソロカ カイトマゾフ 国 名 ギリシャ ウクライナ ロシア 内 容 ○ ○ △ 決り技 技有(小外掛) 指導2 袖釣込腰 73kg級 齋藤 涼(天理大学3年) 2回戦敗退 2回戦 相手名 リアド 国 名 フランス 内 容 △ 決り技 GS肩車 66kg級 小倉 武蔵(筑波大学1年) 3回戦敗退 1回戦 2回戦 3回戦 相手名 ロペス アレクアニディス ベアートヘロット 国 名 ポルトガル ギリシャ フランス 内 容 ○ ○ △ 決り技 背負投 GS判定(2-1) 指導3 66kg級 海老沼 匡(明治大学1年) 2回戦敗退 2回戦 相手名 クルナック 国 名 スロバキア 内 容 △ 決り技 小外掛 60kg級 平岡 拓晃(学校法人了徳寺学園職) 2回戦敗退 2回戦 相手名 ケルギアニ 国 名 グルジア 内 容 △ 決り技 指導2 60kg級 矢野 大地(天理大学2年) 2回戦敗退 2回戦 相手名 ウタアバエフ 国 名 カザフスタン 内 容 △ 決り技 技有(掬投) ...

Read More →

ワールドカップ・プラハ(チェコ)結果(09.3.2)

[ 2009年2月28日 to 2009年3月1日. ] ワールドカップ・プラハ(チェコ) 日程 2009年2月28日(土)~3月1日(日) 派遣先名 チェコ・プラハ 会 場 Sportovni hala USK 参加状況 参加国数: ケ国・地域 参加総数: 名 大会サイト EJUサイト 63kg級 谷本 歩実(コマツ) 優勝 57kg級 藤田 康恵(筑波大学3年) 3回戦敗退 52kg級 森本奈々美(広島大学3年) 1回戦敗退 48kg級 伊部 尚子(筑波大学3年) 優勝 宝 真由美(コマツ) 3位 女子 順位 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 1位 伊部尚子 KUZYUTINA KARAKAS 谷本歩実 BLANCO 日本 ロシア ハンガリー 日本 スペイン 2位 PULKOSNIK HE BACZKO ZOLNIR WANG ポーランド 中国 ハンガリー スロベニア 中国 3位 宝真由美 NAREKS BOUKOUVALA CHEVREUIL IGLESIAS 日本 スロベニア イギリス フランス スペイン BASCHIN KELMENDI TRSTENJAKI AHRENS ROBRA ドイツ アルバニア スロベニア ドイツ スイス 5位 KONDRATYEVA BUNDMAA QUINTAVALLE LIN LKHAMDEGD ロシア モンゴル イタリア 中国 モンゴル BOGDAN TARANGUL ZHU SCHLESINGER THIELE ルーマニア ドイツ 中国 イスラエル ドイツ   順位 78kg級 78kg超級 1位 SAN MIGUEL POLAVDER スペイン スロベニア 2位 WOLLERT LIU ドイツ 中国 3位 LOUETTE ISSANOVA フランス カザフスタン COTTON SADKOWSKA カナダ ポーランド 5位 ROBERGE KONITZ カナダ ドイツ TSIMASHENKA IVASHCHENKO ベラルーシ ロシア 63kg級 谷本 歩実(コマツ) 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 KAVALLERI MALIKOVA LIN AHRENS ZOLNIR 国 名 ポーランド ウクライナ 中国 ドイツ スロベニア 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 指導2 払腰 払腰 払腰 有効(小内巻込) 57kg級 藤田 康恵(筑波大学3年) 3回戦敗退 2回戦 3回戦 相手名 SMAGULOVA BACZKO 国  名 カザフスタン ハンガリー 内  容 ○ △ 決り技 技有(内股透) GS判定 52kg級 森本奈々美(広島大学3年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 BUNDMAA 国  名 モンゴル 内  容 △ 決り技 送襟絞 48kg級 伊部 尚子(筑波大学3年) 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 CSERNOVICZKI ROSSENEU KONDRATYEVA BOGDAN PULKOSNIK 国  名 ハンガリー ベルギー ロシア ルーマニア ポーランド 内  容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 有効(払腰返) 腕挫十字固 技有(小外掛) 合技 GS判定 48kg級 宝 真由美(コマツ) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 FREITAS MORETTI BASCHIN LUSNIKOVA BGDAN 国  名 ポーランド イタリア ドイツ ウクライナ ルーマニア 内  容 ○ ○ △ ○ ○ 決り技 一本背負投 指導2 GS判定 GS技有(一本背負投) 一本背負投 ...

Read More →

~サポーター会員便り~(09.2.24)

~サポーター会員便り~(2008.12.5)  10月5日に行われた世界柔道団体選手権大会のゼッケン(サイン入)を抽選で2名の方にプレゼントしました。 見事当選した竹村亮太くんから写真つきで喜びのメッセージを頂きました。 今後もみなさまに喜んでいただけるような企画を考えておりますので、引き続き応援を宜しくお願いいたします。 次回は嘉納治五郎杯東京国際柔道大会ワールドグランプリ2008のゼッケンを抽選で4名の方にプレゼントいたします。詳細は、会員の皆様にメールまたは郵送にてお知らせいたします。お楽しみに。 サポーター会員についてはこちらから ...

Read More →

グランプリ・ハンブルク(ドイツ)結果(09.2.23)

[ 2009年2月21日 to 2009年2月22日. ] グランプリ・ハンブルク(ドイツ) 日  程 2009年2月21日(土)~2月22日(日) 派遣先名 ドイツ・ハンブルク 会 場 Alsterdorfer Sporthall Hamburg 参加状況 参加国数: ケ国 参加総数: 名 大会サイト EJUサイト 男子 100kg超級 棟田 康幸(警視庁) 3位 高井 洋平(旭化成株式会社) 2回戦敗退 100kg級 穴井 隆将(学校法人天理大学職) 優勝 優勝 小林 大輔(日本大学3年) 2回戦敗退 90kg級 吉田 優也(東海大学1年) 2位 西山 将士(新日本製鐵株式会社) 1回戦敗退 81kg級 加藤 博剛(千葉県警察) 5位 高松 正裕(旭化成株式会社) 5位 73kg級 大束 正彦(旭化成株式会社) 2回戦敗退 稲澤 真人(ダイコロ株式会社) 2回戦敗退 66kg級 秋本 啓之(学校法人了徳寺学園職) 3回戦敗退 60kg級 平岡 拓晃(学校法人了徳寺学園職) 3位 秋元 希星(筑波大学4年) 1回戦敗退 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 ソビロフ キム・ジョオ・ジン イサエフ マゴメドフ ダフレビーレ 穴井隆将 タングリエフ ウズベキスタン 韓国 ロシア ロシア フランス 日本 ウズベキスタン 2位 ピカー キム・ヒュン・ジュ シダコフ ネト 吉田優也 グロル ブライソン キューバ 韓国 ロシア ポルトガル 日本 オランダ キューバ 3位 ムーレン ガシモフ バン・ティシェル べナベンテ マンマドフ ツレキ-ゼ チェドリ- オランダ アゼルバイジャン ベルギー スペイン アゼルバイジャン グルジア チュニジア 平岡拓晃 ウンガバリ マロマット ニフォトフ スナヤブスキー ブラタ 棟田康幸 日本 ハンガリー イラン ロシア ウクライナ ルーマニア 日本 5位 ガルスチャン ラロセ ボンホーム 加藤博剛 デラクロエス ダアウィシュ ブライヤノフ ロシア フランス オランダ 日本 オランダ エジプト ロシア コロツン ドラクシック ウンガバリ クラウチク デニソフ ファブレ エルシャハバイ ウクライナ スロベニア ハンガリー ポーランド ロシア フランス エジプト ツレベコフ アワド ピナ ルシンチ ピンスケ ガシモフ ロビン カザフスタン エジプト ポルトガル アルゼンチン ドイツ アゼルバイジャン フランス チュビニーゼ ファシィー イブラギモフ 高松正裕 セイドフ バンデギースト ヴォイナロビッチ グルジア ルーマニア カザフスタン 日本 ウズベキスタン オランダ ポーランド 100kg超級 棟田 康幸(警視庁) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 相手名 リウ ボア ロビン ブライソン 国 名 中国 ハンガリー フランス キューバ 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 小外掛 内股 支釣込足 GS支釣込足 100kg超級 高井 洋平(旭化成株式会社) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 キム・スン・ミン ヴォイナロビッチ 国 名 韓国 ポーランド 内 容 ○ △ 決り技 指導3 小外掛 100kg級 穴井 隆将(学校法人天理大学職) 優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 小林大輔 ファブレ ブラタ グロル 国 名 日本 フランス ルーマニア オランダ 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 総合勝 大外刈 合技 不戦勝 100kg級 小林 大輔(日本大学3年) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 ジンマーマン 穴井隆将 国 名 ドイツ 日本 内 容 ○ △ 決り技 内股 総合勝 90kg級 吉田 優也(東海大学1年) 2位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 デデク ベニクレフ デニソフ スナヤブスキー ダフレビーレ 国 名 ドイツ アルジェリア ロシア ウクライナ フランス 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 合技 背負投 GS技有(背負投) 指導2 帯取返 90kg級 西山 将士(新日本製鐵株式会社) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ダフレビーレ 国 名 フランス 内 容 △ 決り技 指導2 81kg級 加藤 博剛(千葉県警察) 5位 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 ザイツセフ マレッシュ マゴメドフ 国 名 カザフスタン ドイツ ロシア 内 容 ○ ○ △ 決り技 後袈裟固 後袈裟固 大外刈 81kg級 高松 正裕(旭化成株式会社) 5位 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 スティ-ブンス クレアゲット ネト 国 名 アメリカ フランス ポルトガル 内 容 ○ ○ △ 決り技 技有(内股透) 技有(一本背負投) 袖釣込腰 73kg級 大束 正彦(旭化成株式会社) 2回戦敗退 2回戦 相手名 シダコフ 国 名 ロシア 内 容 △ 決り技 GS十字固 73kg級 稲澤 真人(ダイコロ株式会社) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 バン・リムッド バン・ティシェル 国 名 オランダ ベルギー 内 容 ○ △ 決り技 有効(小内刈) 掬投 66kg級 秋本 啓之(学校法人了徳寺学園職) 3回戦敗退 2回戦 3回戦 相手名 ダーン アワド 国 名 ドイツ エジプト 内 容 ○ △ 決り技 有効(巴投) 指導2 60kg級 平岡 拓晃(学校法人了徳寺学園職) 3位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 相手名 クニヒロ ゴジャエフ ツレベコフ ソビロフ 国 名 アメリカ アゼルバイジャン カザフスタン ウズベキスタン 内 [...] ...

Read More →

ワールドカップ・ウィーン(オーストリア)結果(09.2.16)

[ 2009年2月14日 to 2009年2月15日. ] ワールドカップ・ウィーン(オーストリア) 日程 2009年2月14日(土)~15日(日) 派遣先名 オーストリア・ウィーン 会 場 Matsumae Budocenter 参加状況 参加国数:32ケ国・地域 参加総数:174名 大会サイト EJUサイト 78kg超級 杉本 美香(コマツ) 2位 田知本 愛(東海大学2年) 3位 78kg級 穴井さやか(帝京大学4年) 2位 堀江久美子(兵庫県警察) 7位 70kg級 國原 頼子(自衛隊体育学校) 優勝 田知本 遥(富山・小杉高校3年) 2位 上野 巴恵(三井住友海上火災保険) 3位 岡 明日香(コマツ) 5位 63kg級 平井 希(東海大学4年) 2回戦敗退 小澤 理奈(山梨学院大学4年) 2回戦敗退 57kg級 松本 薫(帝京大学3年) 優勝 宇高 菜絵(コマツ) 2位 徳久 瞳(三井住友海上火災保険) 3位 52kg級 加賀谷 千保(静岡・藤枝順心高校3年) 3位 48kg級 浅見八瑠奈(山梨学院大学2年) 優勝 女子 順位 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 1位 浅見八瑠奈 シュウ 松本薫 ミスコヴィチ 國原頼子 ヤン トン 日本 中国 日本 クロアチア 日本 中国 中国 2位 ウ フクダ 宇高菜絵 ウィルボーズ 田知本遥 穴井さやか 杉本美香 中国 オーストリア 日本 オランダ 日本 日本 日本 3位 ベルモイ 加賀谷千保 カラカス シュ 上野巴恵 アントマウシ プラウダー キューバ 日本 ハンガリー 中国 日本 キューバ スロベニア サムイロフ ジマーマン 徳久瞳 ゾルニール ベレンス コットン 田知本愛 ロシア ドイツ 日本 スロベニア スロベニア カナダ 日本 5位 ドミトル ケルメンド シッツ ルシク グラフ ジョン キム ルーマニア アルバニア ルーマニア スロベニア オーストリア 韓国 韓国 ボグダン サンドバーグ クインタバル シュ 岡明日香 リ オルティス ルーマニア フィンランド イタリア 中国 日本 中国 キューバ 78kg超級 杉本 美香(コマツ) 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ミキタリヤン プラウダー オルティス トン 国 名 ロシア スロベニア キューバ 中国 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 払腰 大外刈 内股 横四方固 78kg超級 田知本 愛(東海大学2年) 3位 1回戦 2回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 キンゼルスカ キム リエッザ オルティス 国 名 ウクライナ 韓国 ドイツ キューバ 内 容 ○ △ ○ ○ 決り技 払腰 反則負 横四方固 有効(払腰) 78kg級 穴井さやか(帝京大学4年) 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 プレト ジョン リ ヤン 国 名 スペイン 韓国 中国 中国 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 大内刈 指導2 技有(隅落) 掬投 78kg級 堀江久美子(兵庫県警察) 7位 2回戦 敗者復活戦 相手名 ヤン コットン 国 名 中国 カナダ 内 容 △ △ 決り技 指導2 指導2 70kg級 國原 頼子(自衛隊体育学校) 優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ウェザー ヨウ グラフ 田知本遥 国 名 オランダ 中国 オーストリア 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 崩袈裟固 背負投 背負投 袖釣込腰 70kg級 田知本 遥(富山・小杉高校3年) 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 モソン エーテス トワイエ 上野巴恵 國原頼子 国 名 ルクセンブルグ フランス フランス 日本 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 大内刈 大外刈 有効(大内刈) 指導3 袖釣込腰 70kg級 上野 巴恵(三井住友海上火災保険) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 コルテス オウ ベレンス 田知本遥 岡明日香 国 名 キューバ 中国 スロベニア 日本 日本 内 容 ○ ○ ○ △ ○ 決り技 合技 合技 大内刈 指導3 GS指導2 70kg級 岡 明日香(コマツ) 5位 1回戦 2回戦 3回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 ワン ジョー グラフ ヤオ 上野巴恵 国 名 韓国 ハンガリー オーストリア 中国 日本 内 容 ○ ○ △ ○ △ 決り技 一本背負投 GS判定 谷落 大腰 GS指導2 63kg級 平井 希(東海大学4年) 2回戦敗退 2回戦 相手名 ドレクスラー 国 名 オーストリア 内 容 △ 決り技 腕挫十字固 63kg級 小澤 理奈(山梨学院大学4年) 2回戦敗退 2回戦 相手名 スザボ 国 名 ハンガリー 内 容 △ 決り技 有効(払巻込) 57kg級 松本 薫(帝京大学3年) 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 サン ラントイネ カラカス クインタバル 宇高菜絵 国 名 中国 フランス ハンガリー イタリア 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 指導3 送襟絞 大外刈 指導2 技有(隅返) 57kg級 宇高 菜絵(コマツ) 2位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 グラバンスティン ニキティナ ワン シッツ 松本薫 国 名 オランダ ウクライナ 中国 ルーマニア 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 大内刈 縦四方固 大外落 有効(大外落) 技有(隅返) 57kg級 徳久  瞳(三井住友海上火災保険) 3位 2回戦 3回戦 4回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 エスピノサ フリッツモザー シッツ ワン クインタバル 国 名 キューバ オーストリア ルーマニア 中国 イタリア 内 容 ○ ○ △ ○ ○ 決り技 送襟絞 有効(一本背負投) 合技 有効(大内刈) 横四方固 52kg級 加賀谷 千保(静岡・藤枝順心高校3年) 3位 2回戦 3回戦 4回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 ステインバウワー ラーラヤ シュウ カバジ サンドバーグ 国 名 オーストリア スペイン 中国 ポーランド フィンランド 内 容 ○ ○ △ ○ ○ 決り技 送襟絞 合技 GS有効(小内刈) 内股 有効(小内刈) 48kg級 浅見八瑠奈(山梨学院大学2年) 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 クビッカ エルデリー サモロバ ドミトル ウ 国 名 ポーランド ハンガリー ロシア ルーマニア 中国 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 体落 合技 袖釣込腰 背負落 指導2 ...

Read More →

ワールドカップ・ブダペスト(ハンガリー)(09.2.16)

[ 2009年2月14日 to 2009年2月15日. ] ワールドカップ・ブダペスト(ハンガリー) 日程 2009年2月14日(土)~15日(日) 派遣先名 ハンガリー・ブダペスト 会 場 Korcsarnok 参加状況 参加国数:  ケ国・地域 参加総数: 名 大会サイト EJUサイト 100kg超級 上川 大樹(明治大学1年) 2位 100kg級 小林 大輔(日本大学3年) 3回戦敗退 竹谷 知記(警視庁) 2回戦敗退 高橋 達矢(東海大学4年) 1回戦敗退 90kg級 吉田 優也(東海大学1年) 7位 西田 泰悟(山梨学院大学3年) 3回戦敗退 西山 将士(新日本製鐵株式会社) 2回戦敗退 山本 宜秀(明治大学4年) 1回戦敗退 81kg級 加藤 博剛(千葉県警察) 2回戦敗退 河原 正太(京葉ガス) 1回戦敗退 73kg級 大束 正彦(旭化成株式会社) 2位 稲澤 真人(ダイコロ) 3回戦敗退 金岡 真司(警視庁) 1回戦敗退 66kg級 海老沼 匡(明治大学1年) 2位 秋本 啓之(学校法人了徳寺学園) 3位 荘司 和大(東海大学4年) 3回戦敗退 江種 辰明(警視庁) 1回戦敗退 60kg級 豊田眞太朗(警視庁) 5位 福岡 政章(綜合警備保障株式会社) 5位 男子 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 チョイ ドラクシック ウエマツ ルシンチ カズシオナック デスパイン カンジャリシビリ 韓国 スロベニア スペイン アルゼンチン ベラルーシ キューバ グルジア 2位 ピカー 海老沼匡 大束正彦 セデジェ ゴゴチョリ コヘア 上川大樹 キューバ 日本 日本 スロベニア グルジア ブラジル 日本 3位 クダヤコフ 秋本啓之 ソロカ バルコウスキー ガシエフ ファブレ ブライソン ロシア 日本 ウクライナ ベラルーシ ロシア フランス キューバ ベン・アリ クルナック ウンガバリ ナギソルモッシ リー・キュ・オン バタイレ ブイジェスタ-ズ フランス スロバキア ハンガリー ハンガリー 韓国 フランス オランダ 5位 豊田眞太朗 ベリチェコ タブリン バシレンコ ゲラシメンコ ロリアシビリ ボスタノフ 日本 ロシア ノルウェー ウクライナ ロシア グルジア ロシア 福岡政章 ラロセ ザレトスキー シソクンヤイ スチャーノファー ミューセン セラジェ 日本 フランス ロシア ハンガリー オーストリア オランダ スロベニア 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ウォジナロウィッチ パダー ブライソン カンジャリシビリ 国 名 ポーランド エストニア キューバ グルジア 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 内股 内股 内股 大外刈 100kg級 小林 大輔(日本大学3年) 3回戦敗退 2回戦 3回戦 相手名 トミック ミュ-セン 国 名 セルビア オランダ 内 容 ○ △ 決り技 内股 指導3 100kg級 竹谷 知記(警視庁) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 エアジャヴック サモロビッチ 国 名 スロベニア ロシア 内 容 ○ △ 決り技 大外刈 合技(背負投・足払) 100kg級 高橋 達矢(東海大学4年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ジャナタ 国 名 スロバキア 内 容 △ 決り技 一本背負投 90kg級 吉田 優也(東海大学1年) 7位 2回戦 3回戦 4回戦 敗者復活戦 相手名 ペッサナ トゥルゼイドロ ゴゴチョリ スチャーノファー 国 名 ブラジル ポーランド グルジア オーストリア 内 容 ○ ○ △ △ 決り技 背負投 指導2 袖釣込腰 掬投 90kg級 西田 泰悟(山梨学院大学3年) 3回戦敗退 2回戦 3回戦 相手名 スパソジェヴィク カズシオナック 国 名 スロベニア ベラルーシ 内 容 ○ △ 決り技 大内刈 大内返 90kg級 西山 将士(新日本製鐵株式会社) 2回戦敗退 2回戦 相手名 ゲラシメンコ 国 名 ロシア 内 容 △ 決り技 肩車 90kg級 山本 宜秀(明治大学4年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ガシエフ 国 名 ロシア 内 容 △ 決り技 GS指導2 81kg級 加藤 博剛(千葉県警察) 2回戦敗退 2回戦 相手名 トロイ 国 名 フランス 内 容 △ 決り技 技有(大内刈) 81kg級 河原 正太(京葉ガス) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ルシンチ 国 名 アルゼンチン 内 容 △ 決り技 出足払 73kg級 大束 正彦(旭化成株式会社) 2位 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 メセグエアー マジバエフ スタドレアー タイブリン ザレトスキー ウエマツ 国 名 フランス カザフスタン ハンガリー ノルウェー ロシア スペイン 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ △ 決り技 技有(背負投) 技有(隅返) 払腰 合技(大外刈・体落) 体落 指導2 73kg級 稲澤 真人(ダイコロ) 3回戦敗退 1回戦 2回戦 3回戦 相手名 トリトン クリュムバエフ アナチェンコ 国 名 カナダ カザフスタン ウクライナ 内 容 ○ ○ △ 決り技 有効(小内刈) 小外掛 大内刈 73kg級 金岡 真司(警視庁) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ジェレブ 国 名 スロベニア 内 容 △ 決り技 内股 66kg級 海老沼 匡(明治大学1年) 2位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ウンガバリ バイアリノフ ギロネス ベリチェコ ドラクシック 国 名 ハンガリー キルギスタン キューバ ロシア スロベニア 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 肩車 大外刈 袖釣込腰 肩車 朽木倒 66kg級 秋本 啓之(学校法人了徳寺学園職) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 デルガド クリシュ ロトバ-グ ベリチェコ ギロネス ラロセ 国 名 スペイン ドイツ エストニア ロシア キューバ フランス 内 容 ○ ○ ○ △ ○ ○ 決り技 GS技有(小内刈) 指導2 巴投 有効(朽木倒) 背負投 有効(袖釣込腰) 66kg級 荘司 和大(東海大学4年) 3回戦敗退 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 ジャキニ コバクス ラロセ 国 名 アルバニア ハンガリー フランス 内 容 ○ ○ △ 決り技 合技(巴投・大内刈) 技有(内股) 裏投 66kg級 江種 辰明(警視庁) 1回戦敗退 2回戦 相手名 ドラクシック 国 名 スロベニア 内 容 △ 決り技 技有(小外掛) 60kg級 豊田眞太朗(警視庁) 5位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 トルボック マガーズ クダヤコフ チョイ ベン・アリ 国 名 スロベニア ラトビア ロシア 韓国 フランス 内 容 ○ ○ ○ △ △ 決り技 背負投 合技(巴投・背負投) GS判定(2-1) 有効(小外掛) 技有(小外掛) 60kg級 福岡 政章(綜合警備保障株式会社) 5位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 カスティーロ マジャー ベン・アリ ピカー クダヤコフ 国 名 メキシコ ハンガリー フランス キューバ ロシア 内 容 ○ ○ ○ △ △ 決り技 不戦勝 有効(背負投) GS有効(背負投) 背負投 隅返 ...

Read More →

ワールドカップ・ウィーン(オーストリア)結果

[ 2009年2月14日 to 2009年2月15日. ] ワールドカップ・ウィーン(オーストリア) 日程 2009年2月14日(土)~15日(日) 派遣先名 オーストリア・ウィーン 会 場 Matsumae Budocenter 参加状況 参加国数:32ケ国・地域 参加総数:174名 大会サイト EJUサイト 78kg超級 杉本 美香(コマツ) 2位 田知本 愛(東海大学2年) 3位 78kg級 穴井さやか(帝京大学4年) 2位 堀江久美子(兵庫県警察) 7位 70kg級 國原 頼子(自衛隊体育学校) 優勝 田知本 遥(富山・小杉高校3年) 2位 上野 巴恵(三井住友海上火災保険) 3位 岡 明日香(コマツ) 5位 63kg級 平井 希(東海大学4年) 2回戦敗退 小澤 理奈(山梨学院大学4年) 2回戦敗退 57kg級 松本 薫(帝京大学3年) 優勝 宇高 菜絵(コマツ) 2位 徳久 瞳(三井住友海上火災保険) 3位 52kg級 加賀谷 千保(静岡・藤枝順心高校3年) 3位 48kg級 浅見八瑠奈(山梨学院大学2年) 優勝 女子 順位 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 1位 浅見八瑠奈 シュウ 松本薫 ミスコヴィチ 國原頼子 ヤン トン 日本 中国 日本 クロアチア 日本 中国 中国 2位 ウ フクダ 宇高菜絵 ウィルボーズ 田知本遥 穴井さやか 杉本美香 中国 オーストリア 日本 オランダ 日本 日本 日本 3位 ベルモイ 加賀谷千保 カラカス シュ 上野巴恵 アントマウシ プラウダー キューバ 日本 ハンガリー 中国 日本 キューバ スロベニア サムイロフ ジマーマン 徳久瞳 ゾルニール ベレンス コットン 田知本愛 ロシア ドイツ 日本 スロベニア スロベニア カナダ 日本 5位 ドミトル ケルメンド シッツ ルシク グラフ ジョン キム ルーマニア アルバニア ルーマニア スロベニア オーストリア 韓国 韓国 ボグダン サンドバーグ クインタバル シュ 岡明日香 リ オルティス ルーマニア フィンランド イタリア 中国 日本 中国 キューバ 78kg超級 杉本 美香(コマツ) 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ミキタリヤン プラウダー オルティス トン 国 名 ロシア スロベニア キューバ 中国 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 払腰 大外刈 内股 横四方固 78kg超級 田知本 愛(東海大学2年) 3位 1回戦 2回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 キンゼルスカ キム リエッザ オルティス 国 名 ウクライナ 韓国 ドイツ キューバ 内 容 ○ △ ○ ○ 決り技 払腰 反則負 横四方固 有効(払腰) 78kg級 穴井さやか(帝京大学4年) 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 プレト ジョン リ ヤン 国 名 スペイン 韓国 中国 中国 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 大内刈 指導2 技有(隅落) 掬投 78kg級 堀江久美子(兵庫県警察) 7位 2回戦 敗者復活戦 相手名 ヤン コットン 国 名 中国 カナダ 内 容 △ △ 決り技 指導2 指導2 70kg級 國原 頼子(自衛隊体育学校) 優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ウェザー ヨウ グラフ 田知本遥 国 名 オランダ 中国 オーストリア 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 崩袈裟固 背負投 背負投 袖釣込腰 70kg級 田知本 遥(富山・小杉高校3年) 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 モソン エーテス トワイエ 上野巴恵 國原頼子 国 名 ルクセンブルグ フランス フランス 日本 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 大内刈 大外刈 有効(大内刈) 指導3 袖釣込腰 70kg級 上野 巴恵(三井住友海上火災保険) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 コルテス オウ ベレンス 田知本遥 岡明日香 国 名 キューバ 中国 スロベニア 日本 日本 内 容 ○ ○ ○ △ ○ 決り技 合技 合技 大内刈 指導3 GS指導2 70kg級 岡 明日香(コマツ) 5位 1回戦 2回戦 3回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 ワン ジョー グラフ ヤオ 上野巴恵 国 名 韓国 ハンガリー オーストリア 中国 日本 内 容 ○ ○ △ ○ △ 決り技 一本背負投 GS判定 谷落 大腰 GS指導2 63kg級 平井 希(東海大学4年) 2回戦敗退 2回戦 相手名 ドレクスラー 国 名 オーストリア 内 容 △ 決り技 腕挫十字固 63kg級 小澤 理奈(山梨学院大学4年) 2回戦敗退 2回戦 相手名 スザボ 国 名 ハンガリー 内 容 △ 決り技 有効(払巻込) 57kg級 松本 薫(帝京大学3年) 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 サン ラントイネ カラカス クインタバル 宇高菜絵 国 名 中国 フランス ハンガリー イタリア 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 指導3 送襟絞 大外刈 指導2 技有(隅返) 57kg級 宇高 菜絵(コマツ) 2位 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 グラバンスティン ニキティナ ワン シッツ 松本薫 国 名 オランダ ウクライナ 中国 ルーマニア 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 大内刈 縦四方固 大外落 有効(大外落) 技有(隅返) 57kg級 徳久  瞳(三井住友海上火災保険) 3位 2回戦 3回戦 4回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 エスピノサ フリッツモザー シッツ ワン クインタバル 国 [...] ...

Read More →

グランドスラム・パリ結果(フランス)

[ 2009年2月7日 to 2009年2月8日. ] グランドスラム・パリ結果(フランス) 日  程 2009年2月7日(土)~2月8日(日) 派遣先名 フランス・パリ 会 場 Palais Omnisports de Paris Bercy 参加状況 参加国数:50ケ国 参加総数: 388名(男子231名 女子157名) 大会サイト フランス柔道連盟サイト 【テレビ放送】 テレビ東京「柔道グランドスラム パリ2009」 2009年2月21日(土)12:30~13:25 【観 戦 記】 強化委員 岡田弘隆(筑波大学) パリ国際柔道大会は、今年からIJFの公式大会・グランドスラムに位置付けられ、賞金大会となった。グランドスラムの初戦となる今大会は、2月7日、8日の2日間、パリ・ベルシー総合体育館で開催された。 各階級にフランスからは4名、その他の国からは2名までエントリー可能で、日本からは100キロ超級を除く全ての階級に2名エントリーした。 100キロ超級は棟田、高井の欠場により日本選手が不在となり、若干寂しさを感じた。 また、大会参加人数は、昨年は男子のみでも360名出場していたのに対し、今年は男子230名、女子155名とかなり減少した。 オリンピックが終わり現役を退いた選手や、休養中の選手がいることによる影響も考えられるが、それ以上に各国の経費負担増加により参加できなくなった国や選手もかなりあるのではないかと想像される。 一方で、参加人数の減少および敗者復活戦がなくなったことにより、総試合数が大幅に減少し、試合時間が短縮された。 これは選手、コーチ、大会運営者、観客にとっても有り難いことである。 しかし、グランドスラムやグランプリにおいては敗者復活戦を行わず、準決勝で敗れた選手が3位(2名)、準々決勝で敗れた選手が5位(4名)ということになり、それに応じたポイントが与えられる。 その積み重ねによりランキングが変動する仕組みになっているため、選手にとって本当にこれが良いかどうかはわからない。 ところで、今大会の抽選結果を見て非常に驚いた。日本人同士が準々決勝で対戦する可能性のある組み合わせになっていたからである。 実際、女子の52キロ級で中村と西田は準々決勝で対戦した。 シード順位の1対8、2対7、3対6、4対5がベスト8で当たるようになっているため、第3シードの中村と第6シードの西田の対戦も仕方ない部分はある。 ただ今大会に関しては、ランキングシステムが始まったばかりで、前年までの暫定の順位を用いてシードされていたことを考えると、シード順よりも国を優先して抽選してほしかった。 48キロ級の準決勝もフランス人同士、日本人同士(山岸対福見)であった。テニス等ではよくあることかもしれないが、柔道では違和感があった。 さて、今大会を振り返ってみると、地元フランスの活躍が著しかった。 金メダル5つ(男子3、女子2)、銀メダル5つ(男子1、女子4)、銅メダル5つ(男子3、女子2)を獲得し、日本の金メダル4つ(男子2、女子2)、銀メダル2つ(男子1、女子1)、銅メダル4つ(女子4)を大きく上回った。 特に、日本選手不在の100キロ超級で優勝したリネールは、決勝でもミハイリンを問題にせず「一本」勝ちする等、圧倒的な強さで他を寄せつけなかった。 日本選手では、優勝した4選手(48キロ級の山岸、63キロ級の上野、66キロ級の内柴、100キロ級の穴井)は自信に満ちた堂々とした戦いぶりで、その階級で世界のトップレベルであることを証明した。 特にベテラン内柴の試合は、北京五輪の再現のような戦いで、見事であった。 また、決勝では敗れたものの、階級を上げて挑戦した小野の試合内容は素晴らしかった。そのスピード、技のキレ、勝負勘の良さは十分90キロ級で通用することを証明した。 全体的には、新ルールの採用により、試合内容は良くなってきたように感じた。 頭を付け合う低い姿勢での組み手争いや、組まない状態が長く続くという現象は以前に比べると減ってきた。 直接ズボンを握ることに対し罰則が与えられるようになったが、殆どの選手が適応しており、ズボンを握って罰則を与えられた選手はあまりいなかった。 姿勢が起きてきて、組み合っての攻防が増えるという現象は、柔道にとっても日本にとっても非常に喜ばしいことである。 今後、日本選手が世界で戦うためには、今まで以上に「一本」をとれる技を身に付けること、組み手の上手さと強さを身に付けること、適切な体さばきを身に付けること、受けの強さを身に付けること等が求められるだろう。 男子 100kg級 穴井 隆将(学校法人天理大学職) 優勝 小林 大輔(日本大学3年) 3回戦敗退 90kg級 小野 卓志(学校法人了徳寺学園職) 2位 西山 将士(新日本製鐵株式会社) 1回戦敗退 81kg級 加藤 博剛(千葉県警察) 5位 塘内 将彦(旭化成株式会社) 3回戦敗退 73kg級 粟野 靖浩(筑波大学3年) 5位 稲澤 真人(ダイコロ株式会社) 2回戦敗退 66kg級 内柴 正人(旭化成株式会社) 優勝 秋本 啓之(学校法人了徳寺学園職) 5位 60kg級 福岡 政章(綜合警備保障株式会社) 5位 秋元 希星(筑波大学4年) 2回戦敗退   順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 ドラジン 内柴正人 ワンキチュン ソンデナン ダフレビーレ 穴井隆将 リネール フランス 日本 韓国 韓国 フランス 日本 フランス 2位 パピナシビリ ダルベレ アレンシビア キムジェブン 小野卓志 ビアドリン ミハイリン グルジア フランス キューバ 韓国 日本 ベラルーシ ロシア 3位 チョイ ガンヘン アン ジョンファン シェンデル クレゲット デニソフ ブラタ ロビン 韓国 韓国 ドイツ フランス ロシア ルーマニア フランス ペイシャー ウンガバリ ボンホーム ニフォトフ ピンスケ ペテルス タングリエフ オーストリア ハンガリー フランス ロシア ドイツ ドイツ ウズベキスタン 5位 ウタルバヤフ プルヤエフ ラズボゾフ バルコウスキー デラクロス コレア ブライヤノフ カザフスタン ロシア イスラエル ベラルーシ オランダ ブラジル ロシア シャリポフ 秋本啓之 エルモント 加藤博剛 へ ヤンツ マゴメドフ ブライソン ウズベキスタン 日本 オランダ 日本 中国 ロシア キューバ 福岡政章 ユルマス 粟野靖浩 マゴメドフ リパルテリアニ マレット マカラウ 日本 トルコ 日本 ロシア グルジア フランス ベラルーシ ヤクティエル カルドネル イサエフ トーマ マンマドフ ゼービ ヴォイナロビッチ イスラエル フランス ロシア モルドバ アゼルバイジャン イスラエル ポーランド 100kg級 穴井 隆将(学校法人天理大学職) 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 シンキュオンソブ メトレビリ ゼービ ペテル ビアドリン 国 名 韓国 グルジア イスラエル ドイツ ベラルーシ 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 大内刈 大外刈 指導2 指導3 反則負による勝ち 100kg級 小林 大輔(日本大学3年) 3回戦敗退 2回戦 3回戦 相手名 ラコフ マゴメドフ 国 名 カザフスタン ロシア 内 容 ○ △ 決り技 GS有効(出足払) 上四方固 90kg級 小野 卓志(学校法人了徳寺学園職) 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 マクマドフ ベナビデ リパルテリアニ デニソフ ダフレビーユ 国 名 ロシア キューバ グルジア ロシア フランス 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 内股 内股 GS判定(2-1) 大内刈 GS技有(帯取返) 90kg級 西山 将士(新日本製鐵株式会社) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ダフレビーユ 国 名 フランス 内 容 △ 決り技 朽木倒 81kg級 加藤 博剛(千葉県警察) 5位 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 ハラス テキン ニフォノフ 国 名 ルーマニア オランダ ロシア 内 容 ○ ○ △ 決り技 腕挫腕緘 肩車 払巻込 81kg級 塘内 将彦(旭化成株式会社) 3回戦敗退 2回戦 3回戦 相手名 ムニノフ ニフォノフ 国 名 ウズベキスタン ロシア 内 容 ○ △ 決り技 GS指導2 合技 73kg級 粟野 靖浩(筑波大学3年) 5位 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 トリトン メセグエル ワン キチュン 国 名 カナダ フランス 韓国 内 容 ○ ○ △ 決り技 GS判定(3-0) 送足払 払巻込 73kg級 稲澤 真人(ダイコロ株式会社) 2回戦敗退 2回戦 相手名 バンティシェル 国 名 ベルギー 内 容 △ 決り技 掬投 66kg級 内柴 正人(旭化成株式会社) 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ファシエ ポピエル プルヤエフ アン ジョンファン ダルベレ 国 名 ルーマニア カナダ ロシア 韓国 フランス 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 横四方固 袖釣込腰 横四方固 有効(小外刈) 技有(払巻込) 66kg級 秋本 啓之(学校法人了徳寺学園職) 5位 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 イバノフ ベルトヘロット アン ジョンファン 国 名 ブルガリア フランス 韓国 内 容 ○ ○ △ 決り技 背負投 横四方固 小外刈 60kg級 福岡 政章(綜合警備保障株式会社) 5位 2回戦 3回戦 4回戦 相手名 レロイ モーレン チョイ ガンヘン 国 名 フランス オランダ 韓国 内 容 ○ ○ △ 決り技 有効(隅落) GS判定(3-0) GS判定(1-2) 60kg級 秋元 希星(筑波大学4年) 2回戦敗退 2回戦 相手名 パピナシビリ 国 名 グルジア 内 容 △ 決り技 掬投 女子 78kg超級 田知本 愛(東海大学2年) 3位 杉本 美香(コマツ) 2回戦敗退 78kg級 穴井さやか(帝京大学4年) 1回戦敗退 堀江久美子(兵庫県警察) 1回戦敗退 70kg級 國原 頼子(自衛隊体育学校) 3回戦敗退 岡 明日香(コマツ) 2回戦敗退 63kg級 上野 順恵(三井住友海上火災保険株式会社) 優勝 平井 希(東海大学4年) 2位 57kg級 松本 薫(帝京大学3年) 3位 徳久 瞳(三井住友海上火災保険株式会社) 5位 52kg級 中村 美里(三井住友海上火災保険株式会社) 3位 西田 優香(学校法人了徳寺学園職) 5位 48kg級 山岸 絵美(三井住友海上火災保険株式会社) 優勝 福見 友子(学校法人了徳寺学園職) 3位   順位 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 1位 山岸絵美 KUZYUTINA BOUKOUVALA 上野順恵 DECOSSE LEBRUN TONG 日本 ロシア ギリシャ 日本 フランス フランス 中国 2位 JOSSINET LA RIZA RIBOUT 平井希 PASQUET ZWIERS ORTIZ フランス フランス フランス 日本 フランス オランダ キューバ 3位 CLIENCE KIM HAREL KOVAL DOU YANG IVASHCHENKO フランス 韓国 フランス ロシア 中国 中国 ロシア 福見友子 中村美里 松本薫 MISKOVIC THIELE PRYSHCHEPA 田知本愛 日本 日本 日本 クロアチア ドイツ ウクライナ 日本 5位 MENEZES CARRASCOSA HOWELL WILLEBOORDSE 國原頼子 ANTOMARCHI KIM ブラジル スペイン イギリス オランダ 日本 キューバ 韓国 PAYET ZHU 徳久瞳 PAYET CONWAY RAMIREZ BISSENI フランス 中国 日本 フランス イギリス ポーランド フランス CHUNG TARANGUL CHITU XU SRAKA POSSAMAI SADKOWSKA 韓国 ドイツ ルーマニア 中国 スロベニア フランス ポーランド POLZIN 西田 MONTEIRO VAN EDEN HWAN WOLLERT QIN ブラジル 日本 ポルトガル オランダ 韓国 ドイツ 中国 78kg超級 田知本 愛(東海大学2年) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 相手名 ADLINGTON PROKOFYEVA QIN ORTIZ 国 名 イギリス ウクライナ 中国 キューバ 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 上四方固 払腰 合技 78kg超級 杉本 美香(コマツ) 2回戦敗退 2回戦 相手名 IVASHCHENKO 国 名 ロシア 内 容 △ 決り技 有効(裏投) 78kg級 穴井さやか(帝京大学4年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 LEBRUN 国 名 フランス 内 容 △ 決り技 大外刈 78kg級 堀江久美子(兵庫県警察) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 KAZANTSEVA POSSAMAI 国 名 ロシア フランス 内 容 ○ △ 決り技 合技 合技 70kg級 國原 頼子(自衛隊体育学校) 3回戦敗退 2回戦 3回戦 相手名 BOSCH DOU 国 名 オランダ 中国 内 容 ○ △ 決り技 GS判定 指導2 70kg級 岡 明日香(コマツ) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 IGLESIAS HWANG 国 名 スペイン 韓国 内 容 ○ △ 決り技 GS判定 小内返 63kg級 上野 順恵(三井住友海上火災保険株式会社) 優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 MINAKAWA XU MISKOVIC 平井希 国 名 ブラジル 中国 クロアチア 日本 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 合技 体落 袈裟固 総合勝 63kg級 平井 希(東海大学4年) 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 DEMIRALAY AHRENS PAYET KOVAL 上野順恵 国 [...] ...

Read More →

日本視覚障害者柔道連盟選手強化合宿(09.2.9)

日本視覚障害者柔道連盟選手強化合宿(2009.2.9) 2009年2月6日(金)より、日本視覚障害者柔道連盟と全日本柔道連盟の共催により、「日本視覚障害者柔道連盟選手強化合宿」が講道館にてスタートしました。 この合宿は教育普及委員会の事業の一つとして行われるもので、参加者は「第23回全日本視覚障害者柔道大会」入賞者及びコーチ、スタッフ合わせて約20名です。 将来選手となりうる視覚障害者の有望選手を対象に、技術、精神両面での向上を図り、今後の国際大会において上位入賞ができる人材を育成する。また、視覚障害者柔道の深い理解と、その普及発展を目的としています。   教育普及委員会副委員長の鮫島元成先生は「今、柔道の質が変わってきていて、全体的に弱体化していますが、この合宿を通じて勝敗だけではなく、人間的に交流を深め、本来の柔道の心を普及するためにも、わずかな期間ですが、少しでも多くの収穫があればと思います」と話しました。この言葉に、選手たちにも気合が入り、「おねがいします!」と元気よく挨拶しました。 14時からの稽古では、乱取り稽古中心になりがちだった強化合宿を見直し、投技や立技の基礎を確かめながら、基本に戻った稽古が行われました。 合宿は2月8日の16時まで行われ、最終日の午前には同じく講道館で行われている全日本ジュニアチームの合宿に参加し共に汗を流します。   合宿2日目 2月7日(土) 午前は固め技の基本練習・応用に取り組みました。 固技の説明時には指導者の声に真剣に耳を傾けていました。 練習時には、コーチ・選手と互いに固技の基本の流れを確認しながら真剣に練習に取り組みました。休憩時も自主的に練習するなど、積極的に取り組んでいました。   午後は大道場にて合同練習(拓殖大学・早稲田大学・立教大学等)に参加しました。 立技・寝技を中心とした練習、寝技(5分6本)、打込、立技(5分8本)を精力的にこなしました。 早稲田大学の小野沢先生からは「学生にとってもこういった機会はなかなかないので、お互いの環境を知ることができて良い刺激になる。組んで行う柔道を実践できる良い機会になるのではないか」とのお話を伺いました。   合宿3日目 2月8日(日) 午前は投げ技の基本練習を行いました。 途中から全日本ジュニアの合宿に合流し寝技・立技の練習を行いました。 ジュニアの強化選手を相手に、熱のはいった練習を行いました。ジュニアの選手たちもとても協力的で、上手に対応していただきました。   全日本ジュニアヘッドコーチの大迫先生からは「率直的に見て、すごくがんばっているなという印象を受けました。ジュニアの選手には刺激になったと思う。機会があれば、またこのような合宿を活用していただきたい」とのお話を伺いました。 午後はこれまでの内容をお互い確認しながらの反復練習と、簡単に実践できる筋トレ方法などの指導を行いました。   最後に、視覚障害者合宿の遠藤監督から選手たちに「初めての試みでしたが、このような合宿ができたことに感謝しています。選手自身が今回得た事を上手に活かしてくれることを期待しています」と話されました。 鮫島先生からは「あなたがたはこれからの視覚障害者柔道の核になる選手です。ロンドンパラリンピックが夢に終わらぬよう、日々精進して下さい」と話され、合宿を終了しました。 全日本ジュニア合宿に参加した感想(一部) 90kg級 初瀬 勇輔 選手 皆、強く元気で体力があり、楽しく練習が出来とても刺激になりました。良い経験になったと思います。 100kg超級 石川 信介 選手 学生時代を思い出し、強化合宿をとてもなつかしく思いました。やはりこれぐらいの練習をしないと強くならないのだと感じました。普段練習している道場の選手達がいたので、ぜひこれから頑張ってほしいと思いました。自分も負けないようにがんばっていきたい。 60kg級 廣瀬 誠 選手 とても勢いがあってよかった。柔道に対してもっとガツガツやろう!という気持ちをもらい、もっと強くなりたいと思いました。 57kg級 米田真由美 選手 とてもレベルが高かった。まだ私はその域に達してはいないが、技の入り方やタイミングなどを学ぶことができました。特に寝技などは人や学校によってレパートリーが全然違うので、大変勉強になりました。 ...

Read More →

ベルギー国際大会(ビゼ及びアーロン)結果(09.2.4)

[ 2009年1月31日 to 2009年2月1日. ] ベルギー国際大会(ビゼ及びアーロン)結果 男子 日  程 2009年1月31日(土)~2月1日(日) 派遣先名 ベルギー・ビゼ 会 場 HALL OMNISPORTS DE VISE 参加状況 参加国数: ケ国 参加総数: 名 100kg超級 上杉 亮太(東京・国士舘高校3年) 1回戦敗退 100kg級 岩尾 敬太(東京・修徳高校3年) 7位 寺島 克興(国士舘大学1年) 1回戦敗退、敗復1回戦敗退 90kg級 穴井 航史(神奈川・東海大相模高校3年) 7位 81kg級 中井 貴裕(愛知・大成高校3年) 1回戦敗退 北野 裕一(栃木・國學院大栃木高校3年) 3回戦敗退 73kg級 中川 裕喜(三重・皇學館高校3年) 1回戦敗退 66kg級 小寺 将史(石川・鶴来高校3年) 4回戦敗退、敗復1回戦敗退 60kg級 山本 浩史(日本体育大学1年) 優勝 松木 武志(東京・足立学園高校3年) 3位 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 山本浩史 コーバル アルジャー コゼル デデキ クレパレック ベル 日本 フランス フランス ロシア ドイツ チェコ フランス 2位 ペッソア フラモンド シュカリンガー バシィレンコ スチャンフォファー プフェイファー ベアービジ カナダ ベルギー オーストリア ウクライナ オーストリア ドイツ オランダ 3位 松木武志 メサウディ レヴェアウ ショネディ ダムケ フィチョット ベンアラ 日本 オランダ フランス フランス ドイツ フランス フランス ノアー ストリック ボッティア ブリュウレ フィチョット ウォルスカ メデウフ フランス オランダ ベルギー イタリア フランス フランス フランス 5位 パルヘック ガシ スチェンデル ブガ ホフアニシアン オーイデータ バハー フランス ドイツ ドイツ ロシア フランス フランス ドイツ エングルマイヤー ベネット シャルレイ クヌーデ オーステルマン ジラード バンエムデン ドイツ ウクライナ ベルギー オランダ フランス 100kg超級 上杉 亮太(東京・国士舘高校3年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 バハー 国 名 ドイツ 内 容 △ 決り技 指導3 100kg級 岩尾 敬太(東京・修徳高校3年) 7位 1回戦 敗復1回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 相手名 ウォルスカ バイアースフェルナー ビゲン オーイデータ 国 名 フランス オーストリア オランダ フランス 内 容 △ ○ ○ △ 決り技 反則負 指導2 技有(払腰) 有効(裏投) 100kg級 寺島 克興(国士舘大学1年) 1回戦敗退、敗復1回戦敗退 1回戦 敗復1回戦 相手名 バフィファー ジラード 国 名 ドイツ フランス 内 容 △ △ 決り技 合技 横四方固 90kg級 穴井 航史(神奈川・東海大相模高校3年) 7位 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 敗復最終戦 相手名 ザベル ウォルスカ ホルアカ フィショット カリエレ 国 名 ドイツ フランス チェコ フランス フランス 内 容 ○ ○ ○ △ △ 決り技 肩車 背負投 袈裟固 背負投 十字固 81kg級 中井 貴裕(愛知・大成高校3年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ランベート 国 名 ドイツ 内 容 △ 決り技 掬投 81kg級 北野 裕一(栃木・國學院大栃木高校3年) 3回戦敗退 1回戦 2回戦 3回戦 相手名 イスハコス フェルシャー バロイス 国 名 ロシア オーストリア カナダ 内 容 ○ ○ △ 決り技 有効(払腰) GS大外刈 内股 73kg級 中川 裕喜(三重・皇學館高校3年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ランベート 国 名 ドイツ 内 容 △ 決り技 掬投 66kg級 小寺 将史(石川・鶴来高校3年) 4回戦敗退、敗復1回戦敗退 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 敗復1回戦 相手名 ベウ ゼイトラー センガ コーバル ベネット 国 名 ドイツ ドイツ フランス フランス オランダ 内 容 ○ ○ ○ △ △ 決り技 指導3 合技 技有(背負投) 有効(内股返) 朽木倒 60kg級 松木 武志(東京・足立学園高校3年) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 敗復1回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 3位決定戦 相手名 チャファー オーメン ノーアー サルミネン ボウテット カドックス パルヘック 国 名 ドイツ オランダ フランス オランダ フランス フランス フランス 内 容 ○ ○ △ ○ ○ ○ ○ 決り技 袖釣込 縦四方固 総合勝による負け 指導3 指導3 有効(背負投) 小内刈 60kg級 山本 浩史(日本体育大学1年) 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 スターボイス ベン オタッビアンニ ボンボイアー パルヘック ペッソア 国 名 ベルギー フランス フランス ベルギー フランス カナダ 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 内股 内股 三角絞 内股 内股 大外刈 女子 日  程 2009年1月31日(土)~2月1日(日) 派遣先名 ベルギー・アーロン 会 場 Centre sportif de [...] ...

Read More →

色紙当選者

色紙当選者 応援メッセージ ありがとうございました。 抽選の結果 下記の50名が当選しました。おめでとうございます。 今後とも柔道日本選手団の応援を宜しくお願いいたします。 なお、色紙の種類を選ぶことは出来ません。ご了承下さい。   【当選者】 まゆドンさん  TOKIさん  るさん  まぐろ少年さん  杏さん すみれさん  Fj山★さん  山本3兄弟さん  しんのさん  gorinさん 猫のララさん  しんのすけママさん  桑原五段さん  aiko★さん  しょうたろうさん なつ・せいさん  しゅーめいさん  Johnさん  九州一番さん  背負い投げマンさん よしきさん  ガンコちゃんさん  三四郎さん  朝から晩まで柔道さん  タカさん くろたぬさん  エリザベスさん  叔父山さん  林 かおるさん  になっちさん 柔道大好きママさん  はるりんさん  かんさん  メタボ父さん  北京桜子さん みさこmamaさん  俊さん  柔道さん  なおさん  カメさん 鈴木桂治後援会の後援会さん  gannbaさん  J-BOYさん  ゆんゆんjpさん 名寄地方の柔道家さん  親子鷹さん  hiroさん  メダルラッシュ!さん KAKUさん  もりりんさん 応援メッセージの受付は終了しました。 ▲上に戻る   応援メッセージ サポーター さん 2009/01/23 10:23 鳥居選手がんばれ!!   みっちゃん さん 2009/01/23 07:59 西山選手1年前からずっと応援してます!!最近いろいろな大会で活躍しているのでぜひぜひこれからもがんばってください★☆   ぺこ さん 2009/01/22 17:07 鳥居智男 松本薫 廣村麻衣 小寺将史選手 石川県勢頑張れ!   けろよん さん 2009/01/22 16:02 -73kg級 粟野選手 頑張ってください。ロンドンの畳に上がる姿をぜひ見たいです。 茨城の道場で指導をしていますが、粟野選手の 背負い投げを目指しています。 応援してます。   立石貴子 さん 2009/01/22 13:58 選手全員力を出し切り、全員が表彰台に立って下さい。   ko1 さん 2009/01/21 20:33 なんといっても、注目はフランス国際に出場する谷選手です。谷選手、優勝目指して頑張ってください!!塚田選手もはやく怪我を治して頑張ってほしいです!! チェコ国際に出場する谷本選手にも注目しています。全試合オール一本勝ちで優勝してほしいです!! 内柴選手などのベテラン勢、中村選手などの若手にも期待してます!!頑張ってください!! ところで、フランス国際は放送されるんですか?   みっくん さん 2009/01/21 17:54 穴井選手の大ファンです。あの豪快な内股をヨーロッパでも見せてください!!!!!   僕にとっては金メダル さん 2008/08/16 00:18 谷選手銅メダル獲得おめでとうございます。 ママになって、30代でのオリンピック出場は、本人のオリンピ ック出場に掛ける思いと努力はもちろん、ファンの応援。 しかし、それにもまして、家族の応援と支えがあったからこそ、 ここまでこれたのかと思います。 夫、佳知さんが、 「僕には金に見えるよ。」 と言った言葉が印象的です。 家族皆で掴み取った、今回のメダル。 金以上に、重みを感じます。   John さん 2008/08/15 22:41 えらいぞ石井ちゃん!! 金メダルおめでとう!!!   林 かおる さん 2008/08/15 21:31 塚田 真希さんへ 最高に感動しました。北京での全試合、すばらしかったです。 多くの人から同じようなメッセージが寄せられていると思いますが、 生きているのが困難な病気の私にとって、塚田さんは往復ビンタを 浴びせてくれました。 テレビの前で絶叫しました!世界一素晴らしい女性だと思います! 東京都 50歳 音楽家・画家   よこぴぃ さん 2008/08/15 00:16 塚田選手がんばれ!! リラックスしてオリンピックの舞台を楽しんでください!   take2354 さん 2008/08/14 21:56 選手の皆様、関係者の皆様連日ご苦労様です。 結果に一喜一憂する日々が私も続いております。 いよいよ明日は一番楽しみにしている石井選手の登場。 応援する私もハラハラドキドキですが、プレッシャーに負けずいつもの石井選手を見せて下さい!!   mando さん 2008/08/14 16:01 柔道日本のこれからを期待してます。 男子は次のオリンピックで借りを返してくれると信じてます。 女子は層も厚く、世界からマークされるでしょうが、それに負けることなくがんばってほしいです。 世界に『JUDO』ではなく『柔道』を発信していってください!   はるりん さん 2008/08/13 23:55 <日本柔道代表選手の皆さんへ>毎日テレビの前で家族みんなで応援しています。 いろいろな声もありますが、私は勝っても、負けても一生懸命試合に臨まれている皆さんの姿に感動しています。 また明日から表彰台で日本の国旗がセンターポールにあがる中継が見れるように、テレビの前で声援を送ります!! 柔道は日本のお家芸、頑張れ~、日本!!!   みー さん 2008/08/13 11:54 谷本選手 金メダルおめでとうございます。 1本をとる柔道の有言実行、素敵です。 五輪という最高の舞台で最大のライバルであるデコス選手との決勝での内股1本勝ちは本当に美技でした。 寝技も凄かったです。立技師であり寝技師ですよね。 感動をありがとう。   日本男児 さん 2008/08/13 10:08 日本代表の柔道選手へ。勝っても負けても本当の柔道というものを世界の選手に知らしめてください。本当の柔道は相手と組んで、正々堂々と一本とって勝つものだと見せ付けて下さい。 柔道はレスリングとは違うんです。 日本がんばれ!   親子鷹 さん 2008/08/13 03:58 頑張れ~石井! 日本柔道の真髄を世界に見せてやれ!   お節 さん 2008/08/12 21:58 谷本オール1本勝ち。お見事。圧巻です。これぞJUDOでなく柔道です。見てて気持ちいい。   カリ ナス さん 2008/08/12 20:38 谷本 歩実選手へ: 本当におめでとうございます。ぺ 金で金で最高です。   けんせいの父 さん 2008/08/12 17:26 私の息子(長男)小学3年生が柔道を習っています。息子は鈴木選手が大好きです。必ず金メダルを取り表彰台に上がって下さい。   ゆんころ さん 2008/08/11 23:59 小野選手 頑張って下さい! 七月末には次女のお子様が誕生されたそうで、二児の父として頑張り甲斐がありますね(^^)内柴選手のような“頑張る父親”の姿を見せて下さい。応援してます!   まさ さん 2008/08/11 23:26 小野卓志選手,激戦の81kg級ですが, あなたのがんばりを期待しています! そのハンサムさでメダルを取って一気にスターダムへ駆け上れ!   畳の向こう側 さん 2008/08/11 14:57 佐藤選手!もうじきですね。 女子57㎏級は競合ひしめき、厳しい戦いになるとは思いますが愛子スマイルで撃破してください! 目指せ金メダル!!   俊 さん 2008/08/11 10:03 佐藤愛子さんがんばれ みんなの夢を乗せて世界の頂点へ発進。 俊も応援しています。   東所パパ さん 2008/08/11 09:36 谷本さん あなたの一本を取りに行く柔道とても大好きです。 また、はにかんだ笑顔が私の疲れた心を洗い流してくれます。 8/12には世界のパワー柔道を本当の柔道で頂点を目指してください。日本から家族全員で応援しております。   東所パパ さん 2008/08/11 09:28 内柴さん パパでも『金』おめでとうございます。 日本の親父の代表として誇りに思います。 これからも奥様、息子様を大切に柔道家として、本当の柔道を世界に見せ付けてください。 応援しております。   願子ちゃん さん 2008/08/11 01:27 内柴選手の金メダル、中村選手の銅メダル、日本中を沸かせてくれましたね!バンザ~イ!\(^o^)/ この流れに乗って、金丸選手と佐藤選手もメダルをとりに 行って下さいネ!(^_-)-☆   コック [...] ...

Read More →

あなたもメールに“ルネ・キャッチ”!!

あなたもメールに“ルネ・キャッチ”!! <<< 柔道愛好者の皆様へ >>>   あなたもメールに“ルネ・キャッチ”!!   礼節を重んじマナーの良い柔道愛好者を増やそうと,柔道ルネッサンス委員会で小・中・高生を対象に公募したキャッチフレーズの入賞作品を,メールの署名欄を利用して,より多くの方々に知ってもらいませんか? 方法は簡単。全柔連HP(http://www.judo.or.jp/)の「柔道ルネッサンス」のページに掲載されている『キャッチフレーズ公募入賞作品』の中から,気に入ったキャッチフレーズを一文付け加えるだけ。 皆様がメールを送るたびに,“柔道ルネッサンス・キャッチフレーズ”を通じて本来の柔道の心を多くの方々に伝えましょう!! ◇メール署名欄(ソフトによって名称は違うかもしれません)の利用例 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 東京都文京区春日1−16−30 柔道ルネッサンス委員会 山下 泰裕 http://www.judo.or.jp/ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ という署名の上部や下部などに,一文“ルネ・キャッチ”を付け加えます。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 磨いた技に黒帯を いつも心に白帯を ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 東京都文京区春日1−16−30 柔道ルネッサンス委員会 山下 泰裕 http://www.judo.or.jp/ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 〜 身近な事から 柔の心を 取り戻そう 〜 柔道ルネッサンス委員会 広報部会 ...

Read More →

2009年冬季欧州国際大会結果一覧

応援メッセージありがとうございました いただいた応援メッセージはこちら グランドスラム グランドスラム・パリ(フランス) グランプリ グランプリ・ハンブルク(ドイツ) ワールドカップ ワールドカップ・トビリシ(グルジア)   ワールドカップ・ソフィア(ブルガリア)   ワールドカップ・ウィーン(オーストリア)   ワールドカップ・ブダペスト(ハンガリー)   ワールドカップ・ワルシャワ(ポーランド)   ワールドカップ・プラハ(チェコ)   オープン大会 ベルギー国際大会 (ビゼ)   ベルギー国際大会 (アロン)   ...

Read More →

ワールドカップ・トビリシ(グルジア)結果(09.1.28)

[ 2009年1月24日 to 2009年1月25日. ] ワールドカップ・トビリシ(グルジア)結果 日程 2009年1月24日(土)~25日(日) 派遣先名 グルジア・トビリシ 会 場 Sports Palas 参加状況 参加国数: 20ケ国 参加総数: 157名 大会サイト EJUサイト 100kg超級 立山 広喜(日本中央競馬会) 3位 100kg級 猪又 秀和(セコム上信越株式会社) 1回戦敗退 81kg級 塘内 将彦(旭化成株式会社) 優勝 河原 正太(京葉ガス) 2回戦(初戦)敗退 武藤 力也(学校法人了徳寺学園職) 2回戦(初戦)敗退 73kg級 齋藤  涼(天理大学3年) 3位 粟野 靖浩(筑波大学2年) 2回戦敗退 66kg級 江種 辰明(警視庁) 5位 鳥居 智男(学校法人了徳寺学園職) 不参加 60kg級 浅野 大輔(自衛隊体育学校) 3位 矢野 大地(天理大学2年) 2回戦敗退 男子 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 パピナシビリ ケレツコフ ソロカ 塘内 将彦 リペリテイアニ カイブラエフ オクロアシビリ グルジア ロシア ウクライナ 日本 グルジア ロシア グルジア 2位 チュビニドゼ ケルギアニ ケデラシビリ チクラウリ カズシオナック ビアドュリン グジェジアニ グルジア グルジア グルジア グルジア ベラルーシ ベラルーシ グルジア 3位 浅野 大輔 カザリアン パポシビリ ジェアンニ ヒシェア セルネガ ステルコフ 日本 ウクライナ グルジア フランス スイス モルドバ ロシア シュクバニ ラロス 齋藤 涼 シンジカシビリ セメノフ ロリアシビリ 立山 広喜 グルジア フランス 日本 グルジア ロシア グルジア 日本 5位 チャマルチン 江種 辰明 イエファノフ ケラー ビュフェ ブロセノコ ボンダレンコ スイス 日本 ウクライナ スイス フランス ウクライナ ウクライナ ラブレンティエフ オアテス バルダニアン クチシビリ マムリキシビリ デニソフ カンジャリアシビリ ロシア イギリス アルメニア グルジア グルジア ウクライナ グルジア 参加選手数 19名 25名 28名 30名 20名 17名 18名 100kg超級 立山 広喜(日本中央競馬会) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 プールファイナル 3位決定戦 相手名 ボンボイジン ダビタシビリ イリアディス グジェジアニ ボンダレンコ 国 名 フランス グルジア ギリシャ グルジア ウクライナ 内 容 ○ ○ ○ △ ○ 決り技 指導2 GS判定(3-0) 棄権負による勝ち 大外返 上四方固 100kg級 猪又 秀和(セコム上信越) 2回戦(初戦)敗退 2回戦 相手名 ゾルゾリアニ 国 名 グルジア 内 容 △ 決り技 有効(小内刈) 81kg級 塘内 将彦(旭化成) 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 プールファイナル 決勝戦 相手名 オゼーラー ガバシェリシビリ サルキシアン シンジカシビリ チクラウリ 国 名 トルコ ウクライナ グルジア グルジア グルジア 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 指導3 小内巻込 小内巻込 横四方固 GS横四方固 81kg級 河原 正太(京葉ガス) 2回戦(初戦)敗退 2回戦 相手名 チクラウリ 国 名 グルジア 内 容 △ 決り技 裏投 81kg級 武藤 力也(学校法人了徳寺学園職) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 シャドフ クチシビリ 国 名 ロシア グルジア 内 容 ○ △ 決り技 内股透 肩車 73kg級 齋藤  涼(天理大学3年) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 ゴシエウスキー クプラシビリ イエファノフ ナビザダ バルダニアン 国 名 イギリス グルジア ウクライナ アゼルバイジャン アルメニア 内 容 ○ ○ △ ○ ○ 決り技 体落 GS縦四方固 指導2 崩上四方固 小外刈 73kg級 粟野 靖浩(筑波大学2年) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 アバリアニ ガシモフ 国 名 グルジア アゼルバイジャン 内 容 ○ △ 決り技 技有(肩車) 技有(朽木倒) 66kg級 江種 辰明(警視庁) 5位 1回戦 2回戦 3回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 アレクサニディス モグシコフ ケルギアニ カルダバ カザリヤン 国 名 ギリシャ ロシア グルジア グルジア ウクライナ 内 容 ○ ○ △ ○ △ 決り技 袖釣込腰 GS小外刈 指導2 朽木倒 朽木倒 60kg級 浅野 大輔(自衛隊体育学校) 3位 2回戦 3回戦 プールファイナル 3位決定戦 相手名 ジャミラシビリ シュクバニ チュビニドゼ チャマルチン 国 名 ベラルーシ グルジア グルジア スイス 内 容 ○ ○ △ ○ 決り技 内股 一本背負投 GS掬投 背負投 60kg級 矢野 大地(天理大学2年) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 セイフリッツ ラブレンティエフ 国 名 スイス ロシア 内 容 ○ △ 決り技 大外刈 指導2 ...

Read More →

ワールドカップ・ソフィア(ブルガリア)結果(09.2.10)

[ 2009年1月24日 to 2009年1月25日. ] ワールドカップ・ソフィア(ブルガリア)結果 日程 2009年1月24日(土)~25日(日) 派遣先名 ブルガリア・ソフィア 会 場 ソフィア ユニバーシアード ホール 参加状況 参加国数: 25ケ国・地域 参加総数: 172名 大会サイト EJUサイト 78kg超級 立山 真衣(東海大学3年) 3位 石山 麻弥(帝京大学3年) 5位 78kg級 岡村 智美(コマツ) 5位 池田ひとみ(自衛隊体育学校) 優勝 70kg級 田知本 遥(富山・小杉高校3年) 3位 63kg級 田中 美衣(仙台大学3年) 優勝 57kg級 岩田 千絵(コマツ) 3位 52kg級 垣田 恵利(武庫川女子大学3年) 5位 48kg級 浅見八瑠奈(山梨学院大学2年) 優勝 女子 順位 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 1位 浅見八瑠奈 ナレックス モンティロ 田中美衣 ジョー 池田ひとみ イバンシュチェンコ 日本 スロベニア ポルトガル 日本 ハンガリー 日本 ロシア 2位 ボコダノバ カラエハ ウェクトレ アーレンス ヤクエス プリシェチパ ポラボテツレ ロシア ドイツ ドイツ ドイツ ベルギー ウクライナ スロベニア 3位 ルスニコバ カラスコサ 岩田千絵 プファル スラカ ベルケルク 立山真衣 ウクライナ スペイン 日本 ドイツ スロベニア オランダ 日本 レスチェンカ クズチナ ボウコウバラ ウィルボーゼ 田知本遥 カザンツェバ コンツ ベラルーシ ロシア ギリシャ オランダ 日本 ロシア ドイツ 5位 エンテ 垣田恵利 カラカス ザカンスカ チュクリナ ロベルグ 石山 オランダ 日本 ハンガリー ポーランド ウクライナ カナダ 日本 セルノビツキィ マロス トレステニァ ミロセビッチ コンウェイ 岡村 アドリントン ハンガリー ハンガリー スロベニア スロベニア イギリス 日本 イギリス 参加選手数 20名 26名 30名 30名 27名 25名 14名 78kg超級 立山 真衣(東海大学4年) 3位 1回戦 2回戦 プールファイナル 3位決定戦 相手名 リンペロポウロウ プロコフエバ イバシェチェンコ 石山麻弥 国 名 ギリシャ ウクライナ ロシア 日本 内 容 ○ ○ △ ○ 決り技 払腰 内股 横四方固 有効(大外巻込) 78kg超級 石山 麻弥(帝京大学3年) 5位 1回戦 2回戦 敗者復活戦 3位決定戦 相手名 コサツルク アドリントン ヤロンカ 立山真衣 国 名 トルコ イギリス ウクライナ 日本 内 容 ○ △ ○ △ 決り技 指導3 GS判定(0-3) 大外刈 有効(大外巻込) 78kg級 池田ひとみ(自衛隊体育学校) 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 プールファイナル 決勝戦 相手名 オルヤシコバ サンミゲル ツルクス カザンツェバ プリシェチェパ 国 名 ブルガリア スペイン ウクライナ ロシア ウクライナ 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 大内刈 大内刈 横四方固 合技 上四方固 78kg級 岡村 智美(コマツ) 5位 1回戦 2回戦 3回戦 敗者復活戦 決勝戦 相手名 カンペストリン レベスクエ プリシェチェパ ドミトリエバ カザンツェバ 国 名 スイス カナダ ウクライナ ロシア ロシア 内 容 ○ ○ △ ○ △ 決り技 谷落 谷落 小外掛 有効(内股) 合技 70kg級 田知本 遥(富山・小杉高校3年) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 プールファイナル 3位決定戦 相手名 イグレシアス ロブラ スラカ ヤクエス コンウェイ 国 名 スペイン スイス スロベニア ベルギー イギリス 内 容 ○ ○ ○ △ ○ 決り技 GS大外刈 有効(内股) 内股 反則負(ダイビング) 大外刈 63kg級 田中 美衣(仙台大学3年) 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 プールファイナル 決勝戦 相手名 シェラーゼ ガスパー ミロセビッチ プファル アーレンス 国 名 グルジア ハンガリー スロベニア ドイツ ドイツ 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 袈裟固 足固 横四方固 横四方固 崩上四方固 57kg級 岩田 千絵(コマツ) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 プールファイナル 3位決定戦 相手名 バツコ イリエバ トレステニァ ウェクトレ カラカス 国 名 ハンガリー ブルガリア スロベニア ドイツ ハンガリー 内 容 ○ ○ ○ △ ○ 決り技 払腰 内股 内股すかし 谷落 大内刈 52kg級 垣田 恵利(武庫川女子大学3年) 5位 1回戦 2回戦 3回戦 プールファイナル 3位決定戦 相手名 カバジャ べロバ マロス カラエハ カラスコサ 国 名 ポーランド ロシア ハンガリー ドイツ スペイン 内 容 ○ ○ ○ △ △ 決り技 有効(内股) 技有(内股) 合技 内股 朽木倒 48kg級 浅見 八瑠奈(山梨学院大学2年) 優勝 1回戦 2回戦 3回戦 プールファイナル 決勝戦 相手名 ベルシッチ コンドラテバ ルスニコバ セルノビツキィ ボコダノバ 国 名 スロベニア ロシア ウクライナ ハンガリー ロシア 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 上四方固 大内刈 合技 体落 体落 ...

Read More →

2008年度日本スポーツ賞表彰式写真を更新(09.1.19)

2008年度日本スポーツ賞表彰式(2009.1.16)  2008年1月16日(金)午前11時より東京・千代田区にある帝国ホテル2階「孔雀の間」において、2008年度日本スポーツ賞の表彰式が催されました。 この賞は、昭和26年(1951年)に読売新聞社が制定したもので、毎年スポーツ競技団体から推薦された優秀選手、またはチームを日本スポーツ賞委員会により慎重な選考を行い、受賞者を決定するものです。 近年の柔道界では2004年度にアテネオリンピックで柔道初、日本個人初の3連覇を成し遂げたという理由で野村忠宏選手が大賞を受賞、2001年度には世界選手権48kg級で前人未到の5連覇を成し遂げたという理由で谷亮子(当時は田村)選手が2度目の大賞を受賞しています。 そして本2008年度には大賞は逃したものの、競技団体別最優秀賞に全日本男子強化選手ナショナルチームの内柴正人選手が選ばれました。 粛々と落ち着いた雰囲気の中、真剣な面持ちで壇上を見つめていた内柴選手でしたが、トロフィーを受け取り式が終わると、とてもいい笑顔を見せてくれました。 その後、同会場で行われた受賞パーティーにも出席した内柴選手は、他の受賞者と楽しげに話をするなど、とてもリラックスしていた様子で、「賞をいだたけて光栄です。やればやっただけ評価されるのでその評価に値する努力をこれからもしたい。ガチンコで、何事も全力でやりたい」と話しました。 ...

Read More →

朝日スポーツ賞・ビックスポーツ賞表彰式及び実柔連懇親会(09.1.19)

朝日スポーツ賞・ビックスポーツ賞表彰式及び実柔連懇親会(2009.1.16)  2009年1月15日(木)午後5時から東京・港区にあるザ・プリンスパークタワー東京にて、スポーツの分野で優れた成績をあげた個人または団体に贈られる、「2008年度第43回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」表彰式が催されました。 今回からは朝日新聞社「朝日スポーツ賞」、テレビ朝日「ビッグスポーツ賞」表彰式を合同で実施することになり、昨年よりもより盛大に執り行われました。 会場には各界で功績をあげた選手が名を連ねる中、当連盟からは全日本男子強化選手ナショナルチームの内柴正人選手、同じく女子強化選手ナショナルチームの上野雅恵選手と谷本歩実選手の3名がビッグスポーツ賞を受賞しました。 内柴選手は「このような名誉ある賞をいただきましてありがとうございます。今年も一生懸命がんばりますので応援よろしくお願いします」と話しました。 3人には緊張した感じはなく、むしろ会場の華やかな雰囲気を楽しんでいるように見えました。     また、同日午後6時から東京・千代田区にある帝国ホテルにて全日本実業連盟の懇親会が開かれ、テレビ朝日ビッグスポーツ賞に参加していた内柴正人選手、上野雅恵選手、谷本歩実選手に加え、同じく女子強化選手ナショナルチームの塚田真希選手、中村美里選手も参加して行われました。 会場はあちらこちらで笑い声が聞こえてくるなど和やかな様子で、選手たちもとてもリラックスし楽しんでいた様子でした。   ...

Read More →

第9回全日本女子/第5回全日本女子ジュニア強化合宿(09.1.15)

第9回全日本女子/第5回全日本女子ジュニア強化合宿(2009.1.15) 1月11日(日)より東京・北区にあるナショナルトレーニングセンター(NTC)にて、全日本女子強化選手ナショナルチーム・シニアチーム・ジュニアチームの約100名が参加して新年初合宿が行われています。 公開取材日となった3日目の13日午後の練習には、多くの報道陣が訪れました。ナショナルチームの園田隆二監督をはじめ各コーチが厳しい視線を向ける中、体操のあと寝技に続き、立技の打ち込み、乱取りを、約2時間半の稽古に一人一人が積極的に練習に励み、汗を流しました。 園田監督は「選手たちには我先にと自ら率先して前に出て行く心を持ってほしい。一つ一つの練習に意味を持たせて、何を目標にその練習をしているかを考えさせるようなトレーニングを行いたい」と話しました。 練習後に行われた合同取材では、塚田真希選手、谷本歩実選手をはじめ、ナショナルチームの選手が取材を受けていました。 また、同日19時30分からシニア強化選手には、メディアトレーニング講習が行われ、講師には長野オリンピック代表で元ノルディックスキー複合選手の荻原次晴氏が迎えられました。 取材を受けた際のインタビューでの基本的な礼儀、マナー、答え方、態度、服装についての講義を受けたり、萩原氏を相手に本番さながらにインタビューの練習をしたりと、現場は荻原氏の冗談を盛り込んだ講義に、選手たちはリラックスしながらも真剣に話を聞いていました。 合宿は16日(金)の午前中まで行われます。 ...

Read More →