November 18, 2019

第2回全日本女子強化合宿(味の素ナショナルトレーニングセンター)

第2回全日本女子強化合宿(味の素ナショナルトレーニングセンター)  2009年6月10日(水)~19日(金)のあいだ東京・味の素ナショナルトレーニングセンターにて行われている第2回全日本女子強化合宿が、6月15日(月)の午後、報道陣に向けて公開された。 今回の合宿は10日から19日までと例年になく長期日程となっている。公開練習及び合同取材となった15日は、6日目とあり選手の表情はやや疲労がたまっている様子。 それでも女子ナショナルチームを率いる園田隆二監督は、「午前中には他の競技(水泳やハンドボール)を取り入れて、メリハリをつけた内容にしている。息抜きにもなるし、遊びの中でも動体視力を鍛えたり、集中できる面もある」と取り入れた効果を挙げている。 稽古中は監督自らが選手との乱取り相手となり、時には厳しい声を道場に響かせていた。 ...

Read More →

第2回全日本男子ジュニア強化合宿(講道館)

平成21年第2回全日本男子ジュニア強化合宿(講道館) 2009年6月10日(水)から講道館において第2回全日本ジュニア柔道強化合宿が行われている。この合宿は8月に行われる世界少年選手権大会の候補に最も近い高いレベルの選手を集め、日本体育大学の学生も加わり、約30名が参加している。 午前中には世界で戦える選手を育てるために対外国人対策を主にし、午後には打込や寝技を中心に基本をしっかりとした練習が行われている。 大迫明伸ジュニア強化ヘッドコーチは「外国人のスタイルはシニアもジュニアも似ている。この5日間でしっかり教え、各選手にはこの時期から対策をして、しっかりとスタイルを確立してほしい」とこの合宿の目標を語った。 合宿は6月14日(日)まで行われている。 ...

Read More →

第1回全日本男子強化合宿(天理大学)

平成21年第1回全日本男子強化合宿(天理大学)  2009年6月9日(火)から奈良県にある天理大学 体育学部の武道館において、男子の第1回全日本強化合宿が行われている。 この合宿は今年の8月に行なわれるオランダ・ロッテルダム世界選手権に向けた最初の代表合宿で、選手、コーチなど総勢62名が参加している。 午後の練習前の準備体操 集まった報道陣は60人以上 打ち込み練習 打ち込み練習 寝技の練習 乱取稽古 監督の話を真剣に聞く 世界選手権代表の選手たち 朝食を食べる前の練習 朝練 おんぶ走 100メートルダッシュ 100メートルダッシュ 100メートルダッシュ 会見を受ける100kg級・穴井隆将選手 60㎏級・平岡拓晃選手 66㎏級・内柴正人選手 81㎏級・塘内将彦選手 90㎏級・小野卓志選手 100kg超級・棟田康幸選手 篠原信一監督 公開取材日となった2日目の午後には各メディアから約60名が集まり、午後の練習前に世界選手権代表選手の取材がおこなわれた。 60kg級・平岡拓晃選手は「まずは世界選手権に向けてこの合宿をやりとげたい」と話し、66kg級・内柴正人選手は「今回の合宿からまた気持ちを新たにし世界選手県に向けて頑張りたい」と続き、81kg級・塘内将彦選手は「1試合1試合力を出し切って頑張りたい」と各々の気込みを語った。 また、世界選手権初代表に選ばれた73kg級・大束正彦選手と100kg級・穴井隆将選手は「思い切った柔道をして勝ちに行きたい」「勝つ為に、この合宿で心を新たに一つ一つに力を込めて練習をこなして行きたい」と勝ちにこだわる勢いを見せ、90kg級・小野卓志選手と100kg超級・棟田康幸選手はそれぞれ、「試合を楽しみ、自分の柔道を出せるように頑張りたい」「身体のケアも含めた自分の柔道をしたい」と各々の柔道を貫いて全力を出す姿勢を見せた。 この合宿は6月13日(土)の午前中まで行われる。 ...

Read More →

平成21年度女性柔道指導者セミナー(講道館)

平成21年度女性柔道指導者セミナー(講道館) 女性柔道指導者セミナー開催! 本連盟総務委員会及び指導者養成プロジェクトによる、平成21年女性柔道指導者セミナーが6月2日(火)・3日(水)の2日間、講道館において開催されました。初の試みとなった同セミナーには、全国から62名の女性、男性1名の指導者が参加しました。 このセミナーは、全国にいる女子柔道経験者を発掘し、女性指導者の増加とそれに伴う積極的な活動の場を推進することと、指導者としての総合的な資質向上を図ることを目的としています。 セミナー初日は、國安教善総務委員長の開講挨拶に続き、全柔連登録のしくみや問題点、安全指導などについて、大山昭三氏、山﨑立実氏の両総務委員、正木照夫総務副委員長による講習が行われました。 これをうけ、地域ごとにグループに分かれ、受講者たちによるグループディスカッションが行われました。ここではより活発な意見交換が行われ、その後はグループごとの代表者発表でしたが、「登録の仕方がわからない」、「柔道に係わるにも、家族の理解や職場の理解など制約がある」「女性教員の大会をやってはどうか」「ママさん大会や親子大会を実施してはどうか」など、積極的な意見がだされ、講師たちは驚きと手ごたえを感じていました。 2日目は、元国際柔道連盟教育コーチング理事で、筑波大学名誉教授の中村良三氏より「問題意識をもって」と題し、これまでの指導経験を中心に話されました。続く講義では日本ソフトボール協会ナショナルチームトレーナーの大石益代氏による「女性の特性を考えた体力トレーニング」について、パワーポイントを自ら使用しての判りやすいトレーニングの必要性や対処法など、指導者には興味深いお話でした。受講者からも、質問が出るなど有意義な講義となりました。 続いて三ツ谷洋子氏(女性スポーツ財団日本支部代表)をコーディネーターに、パネリストとして福田富昭氏(日本オリンピック委員会副会長)、山﨑浩子氏(日本体操協会理事=ロサンゼルス五輪日本代表)、増地千代里(筑波大女子柔道部コーチ=バルセロナ五輪柔道女子56㎏銅メダル)を迎え、「リーダーシップをとれる女性指導者を目指して」と題し、いかに女性が社会的に活動できるか、指導できるかについて意見が出されました。 受講者からは、「勉強になりました」「自分と同じ考えの方がいることがわかりました」などという声をきくことができたと同時に、多くの意見に耳を傾け、今後の活動に生かしていくことをより強く感じた2日間でした。 講演する山崎立実先生 大山昭三先生の講演にじっと聞き入る受講生の皆さん 熱弁を振るう正木照夫先生 グループディスカッションの様子① グループディスカッションの様子② グループディスカッション後の代表者発表にて Aグループ代表の上野和香子さん 島谷順子先生の「女性指導者の現状」についての講義 日本ソフトボール協会ナショナルチームトレーナー大石益代さんの講義の様子 左:福田富昭氏(日本オリンピック委員会副会長) 右:山﨑浩子氏(日本体操協会理事=ロサンゼルス五輪日本代表) 熱心にメモを取る受講生のみなさん 開催概要  2009年6月2日(火)~3日(水)の2日間、東京・講道館にて平成21年度女性指導者柔道セミナーを開催いたします。 参加を希望される方は、登録をしている都道府県柔道連盟(協会)へお問い合わせください。各都道府県柔道連盟の問い合わせ先はこちらへ 【目 的】 1978年より日本で女子柔道競技が開始され31年の歴史を重ねている。この間、日本女子柔道の競技レベルは大きく躍進し、世界トップレベルとなっている。そして多くの女子柔道経験者が育ち、昨年の北京オリンピックにおいては、初めて日本の女性審判員が選ばれるまでになった。 しかし、日本柔道界全体を見渡すと、近年、柔道人口の減少、重大事故の発生や柔道選手のふるまい、さらに国際大会における日本選手の不振などの問題が顕在化してきており、これらの諸問題に対しては男女を問わず日本の柔道人全体が力を合わせて取り組むべき課題であると認識している。 そこで、全日本柔道連盟では今年度、総務委員会と指導者養成プロジェクトとの合同で女性指導者を対象にセミナーを開催することとなった。総務委員会では、全国都道府県柔道連盟(協会)より推薦された女性柔道活動促進委員を中心に、地域における女子柔道経験者の女性達を積極的に発掘し、女性指導者を増やしてその活動を促進することを目的としている。また指導者養成プロジェクトでは、日本を代表する、あるいは地域において少年少女、中・高校生、大学生、社会人などの分野で活躍できる女性指導者の育成及び資質向上を目的としている。女性指導者の活動を促進するとともに、指導者として総合的な資質の向上を図ることは女子柔道のみならず、柔道界全体の発展につながることと期待するものである。 【日 時】平成21年6月2日(火)~3日(水) 1泊2日 【会 場】講道館 新館2F 教室 【参加者】都道府県柔道連盟より2名推薦(2日間参加できる方) 1.女性柔道活動促進委員1名 2.上記以外の女性指導者1名 【主 催】全日本柔道連盟 【担 当】総務委員会女性活動促進部会、指導者養成プロジェクト 【プログラム案】 第1日目 6月2日(火) 受 付 : 11:00~ 12:00より昼食をとりながら顔合わせ Ⅰ.ビデオ上映              12:45~13:05 オリンピック、世界選手権大会のハイライト(男女) Ⅱ.基調講演               13:10~13:40 Ⅲ.総務委員会 登録普及について 13:45~14:45 1.総務委員会より趣旨説明 全日本柔道連盟 総務委員長  国安 教善 2.女性指導者の現状 Ⅳ.グループディスカッション      15:05~16:15 Ⅴ.ディスカッション発表        16:25~17:25 懇親会                     18:00~20:00 第2日目 6月3日(水) Ⅰ.講演                  8:45~9:45 筑波大学名誉教授  中村 良三 Ⅱ.講義                  9:45~10:45 Ⅲ.パネルディスカッション       11:05~12:20 Ⅳ.講評 並びに 今後の抱負     12:20~12:40 全日本柔道連盟専務理事・指導者養成プロジェクトリーダー  小野沢 弘史 昼食後 解散 ...

Read More →

グランドスラム・モスクワ(ロシア)結果(09.5.31)

[ 2009年5月30日 to 2009年5月31日. ] グランドスラム・モスクワ(ロシア)  2009年5月30日(土)~31日(日)にロシア・モスクワで行なわれたグランドスラム・モスクワ日本選手団の結果は下記のとおり。 男子は90kg級小野卓志選手、女子は48kg級福見友子選手、52kg級中村美里選手、57kg級松本薫選手、70kg国原頼子選手、78kg超級塚田真希選手の6階級で優勝した。 日本選手団は6月2日に帰国予定。 団長 吉村 和郎(全日本柔道連盟) 総務 木村 昌彦(横浜国立大学) 男子監督 篠原 信一(天理大学) 女子監督 園田 隆二(警視庁) 男子コーチ 窪田 和則(警視庁) 女子コーチ 田辺 勝(日本体育大学) トレーナー 畠中 卓也(グローバルスポーツ医学研究所) トレーナー 宇野 彰洋(グローバルスポーツ医学研究所) 男子 女子 100kg超級 高橋 和彦(新日本製鐵) 1回戦敗退 78kg超級 塚田 真希(綜合警備保障) 優勝 100kg級 穴井 隆将((学)天理大学職員) 2回戦敗退 78kg級 中澤 さえ(綜合警備保障) 5位 小林 大輔(日本大学4年) 2回戦敗退 90kg級 小野 卓志((学)了徳寺学園職員) 優勝 70kg級 國原 頼子(自衛隊体育学校) 優勝 吉田 優也(東海大学2年) 1回戦敗退 81kg級 塘内 将彦(旭化成) 2回戦敗退 63kg級 上野 順恵(三井住友海上火災保険) 2位 加藤 博剛(千葉県警察) 5位 73kg級 大束 正彦(旭化成) 3回戦敗退 57kg級 松本 薫(帝京大学4年) 優勝 粟野 靖浩(筑波大学3年) 3回戦敗退 宇髙 菜絵(コマツ) 5位 60kg級 平岡 拓晃((学)了徳寺学園職員) 5位 52kg級 中村 美里(三井住友海上火災保険) 優勝 福岡 政章(綜合警備保障) 2位 48kg級 福見 友子((学)了徳寺学園職員) 優勝 欠場選手情報(09.5.26)  2009年5月30日(土)~31日(日)にロシア・モスクワで行なわれるグランドスラム・モスクワに出場する日本選手に欠場選手が出ました。なお、代替選手はありません。 【欠場選手及び理由】      1.男子66㎏級   内柴 正人(旭化成)        腰椎椎間板障害のため、3週間の安静・加療が必要なため      2.男子100㎏超級  棟田 康幸(警視庁)       左大腿部挫傷、左殿部挫傷のため ...

Read More →

2009世界柔道マスターズ(ベテラン)選手権大会(ドイツ)最終日結果(09.5.31)

[ 2009年5月28日 to 2009年5月31日. ] 2009世界柔道マスターズ(ベテラン)選手権大会(ドイツ) 出場選手(日本選手) 【個人戦】 大会日 年齢区分 年齢 階級 氏名 所属 結果 5月28日 M10 75歳 60kg級 岡田 庫二郎 兵庫 優勝 M9 71歳 60kg級 永島 健次郎 千葉 2位 M9 73歳 66kg級 山本 健夫 東京 優勝 M9 74歳 73kg級 野口 宏水 東京 2位 M9 70歳 90kg級 栗本 忠弘 大阪 優勝 M8 68歳 60kg級 鬼柳 一宇 岩手 優勝 M8 68歳 73kg級 内藤 純 栃木 3位 M7 73kg級 佐藤 光憲 スペイン 5位 M6 58歳 81kg級 上木 保男 千葉 5位 5月29日 M2 39歳 73kg級 内村 直也 大阪 優勝 【団体戦】 4日目、最終日は団体戦が行われ、日本チームは60歳以上の部にエントリーしました。 このクラスへのエントリーは日本のほかに、ロシアとドイツ2チームの計4チームでした。 平均年齢70歳の日本チームは、それぞれ一階級上にエントリーし、ようやく5名そろえ、年齢でも体重でもかなりハンディがあり苦戦が予想されました。 しかし皆さん大変善戦し、1勝2敗で3位に見事入賞しました。 73歳66kg級山本 健夫 大会日 年齢 階級 氏名 結果 5月31日 68歳 60kg級 鬼柳 一宇 第3位 74歳 81kg級 野口 宏水 68歳 90kg級 内藤 純 70歳 90kg超級 栗本 忠弘   試合風景 試合場 優勝した岡田庫二郎さん 優勝した鬼柳一宇さんと2位の永島健次郎さん 優勝した山本健夫さん 2位の野口宏水さん 優勝した栗本忠弘さん 3位の内藤純さん 優勝した内村直也さん 日本選手団のみなさん IJF(国際柔道連盟)主催の標記大会が2009年5月28日(木)~31日(日)にかけて、ドイツ・ジンデルフィンゲンにて開催されます。 参加を希望される方は、全日本柔道連盟・国際課(TEL 03-3818-4199)に2009年5月7日(木)午後5時半までにご連絡ください。 受付は終了しました。 概要 本大会は、国際柔道連盟(IJF)が初めて開催する30歳以上(ベテラン)を対象とした大会で、IJFルールに沿って、個人戦、団体戦(男女各5人戦)を行う。 目的 IJFは、現役選手だけでなく、引退された柔道家に対しても末永く柔道に携わる環境作りを活動目的の一つとしている。その一環として、今年より年代別の世界大会を開催することが決定された。この大会を開催することにより、引退された柔道家が新たな目的を持ち、柔道に取り組まれることを目的としている。 今年の大会は、より多くの人に参加してもらうため、世界大会であるが国内予選は行われない。 全柔連としても、本大会の意義に賛同し、大会まで間もないが参加者を募ることとした。大会参加費については、全て自己負担となる。 大会について エントリー: 本大会へのエントリーは、IJFの加盟団体である全日本柔道連盟(全柔連)を通じて行 う。エントリー締切は、2009年5月7日。 エントリー料金:個人戦 1人につき 100ユーロ 団体戦 1チームにつき 100ユーロ 日程・会場: 2009年5月28日~31日 グラスパラスト・ジンデルフィンゲン (Sindelfingen)・ドイツ 大会公式ホームページ: http://wcjudo2009.de/index.en.php 年齢と試合時間 3分 年齢 30 – 34(M1/F1) / 35 – 39(M2/F2) / 40 – 44(M3/F3) / 45 – 49(M4/F4) / 50 – 55(M5/F5) / 55 ‐ 59(M6/F6) 2分 年齢 60 – 64(M7/F7) / 65 – 69(M8/F8) / 70 – 74 (M9/F9)/ 75歳以上(M10/F10) 階級 女子:-48kg、-52kg、-57kg、-63kg、-70kg、-78kg、+78kg 男子:-60kg、-66kg、-73kg、-81kg、-90kg、-100kg、+100kg 出場資格: 年齢 – 30歳以上(昭和54年12月31日以前に生まれた者)でなければならない 登録 – IJFの加盟団体(全柔連)に登録していなければならない。 過去2年間に国内外で開催されたIJF公式柔道大会に参加していないこと 各選手、性別証明書及び医療診断書を提出する必要はない。 柔道衣 – 青と白の柔道衣を着用しなければならない。 ホテル:以下のホテルのいずれかを選択 メルキュールホテル(4つ星)シングル68ユーロ/ツイン89ユーロ(1人・1泊) ホテル・エリクソン(4つ星)シングル68ユーロ/ツイン89ユーロ(1人・1泊) アバクス・ホテル(3つ星)シングル54ユーロ/ツイン69ユーロ(1人・1泊) 出場申請の流れ (全柔連のオフィシャルサプライヤーである、近畿日本ツーリストが、旅行手配等を行う。) ① 参加希望者から全柔連(03-3818-4199)に連絡 ② 全柔連から参加者へ申込書類送付 ③ 参加者から近畿日本ツーリストへ必要書類の送付 ④ 近畿日本ツーリストにて航空券等手配 ⑤ 近畿日本ツーリストから参加者へ航空券送付 ...

Read More →

2009年アジア柔道選手権大会結果総評・写真追加(09.5.29)

[ 2009年5月23日 to 2009年5月24日. ] 2009年アジア柔道選手権大会(チャイニーズタイペイ) 2009年5月23日(土)~24日(日)にチャイニーズタイペイ・台北で行なわれたアジア選手権大会の結果は下記のとおり。 日本選手団は25日に帰国予定。 男子 女子 団長 吉村 和郎(全日本柔道連盟) 男子監督 持田 達人(警視庁) 女子監督 酒井 英幸(自衛隊体育学校) 男子コーチ 賀持 道明(日本中央競馬会) 女子コーチ 薪谷 翠(ミキハウス) ドクター 紙谷 武(東京厚生年金病院) 階級 選手 結果 階級 選手 結果 無差別 立山 広喜(日本中央競馬会) 2位 無差別 立山 真衣(フォーリーフ・ジャパン) 3位 100kg超級 鈴木 桂治(国士舘大学) 2位 78kg超級 3位 100kg級 猪又 秀和(セコム上信越) 5位 78kg級 池田 ひとみ(自衛隊体育学校) 3位 90kg級 西山 将士(新日本製鐵) 優勝 70kg級 上野 巴恵(三井住友海上火災保険) 優勝 81kg級 高松 正裕(桐蔭学園高校) 2位 63kg級 谷本 育実(コマツ) 1回戦敗退 73kg級 齋藤 涼(天理大学4年) 1回戦敗退 57kg級 徳久 瞳(三井住友海上火災保険) 2位 66kg級 江種 辰明(警視庁) 優勝 52kg級 垣田 恵利(武庫川女子大学4年) 3位 60kg級 秋元 希星 ((学)了徳寺学園職員) 1回戦敗退 48kg級 伊部 尚子(筑波大学4年) 2位 報告 (広報委員 渡邉 昌史) 2009年アジア柔道選手権大会が5月23・24日に台湾台北市・台北アリーナで開催され、男女各7階級及び無差別が行われた。 日本勢の優勝は男子66㎏級の江種辰明、同90kg級の西山将士、そして女子70kg級の上野巴恵の3名であった。 国別のメダル獲得数では日本男子は金2、銀3の計5個であり、金4個と過半数を制した韓国が合計でも6個と日本を上回った。 日本女子は金1、銀2、銅4の計7個であり、金メダル数では中国が3、韓国の2と、そして日本1と続いた。   会場となった台北アリーナ 大会は両日ともに午後7時過ぎまで続いた   「アジア柔道選手権大会」は漢語でこのように表される 会場内アリーナは東京体育館と同規模 戦評 【男子】 決勝までコマを進めたのは、66㎏級の江種辰明、81kg級の高松正裕、100kg超級の鈴木桂治であった。 66㎏級の江種辰明は初戦から安定した試合運びで勝ち上がり、4回戦こそGSまでもつれ込んだものの、5試合中4試合で一本勝ちと危なげなく優勝した。 81kg級の高松正裕は決勝でキム・ジェ・ブン(韓国)に対し、組み手争いを有利に進めようとしたものの、十分に組めず、逆に小外掛などで「有効」2つを奪われ銀メダル。 90㎏級の西山将士の決勝はGSに持ち込まれたが互いにポイントがなく、手数がわずかに上回った西山に旗判定は揃い、金メダル。 100kg超級の鈴木桂治は決勝戦、キム・ソー・ワン(韓国)に対し大外刈「有効」で有利に試合を進め、さらに場外際で放った鈴木の両襟を持っての右内股にキムの体は大きく宙に浮き、内股が決まったかと思われた。だが、キムの体は回転することがなかった。キムは左足が着地した瞬間に鈴木に体をあずけると、鈴木の身体は逆回転して背中から畳に落ちた。 ビデオ確認となり、キムが内股返で一本勝ちとなった。鈴木は準決勝で相手の体を捨てながらの脇固で釣手の左肘を痛めており、その影響が出たか。 無差別に出場した立山広喜は決勝で払巻込「有効」を先取しながらも、逃げる相手に決め手を欠き、払腰「技あり」の逆転負けで銀メダル。 60㎏級の秋元希星、73kg級の齋藤涼はいずれも1回戦敗退。敗者復活戦にもまわれなかった。 男子66kg級表彰式。台湾先住民族アミ族の伝統衣装の女性が華を添えた   優勝した江種辰明選手 優勝した西山将士選手 【女子】 決勝へ進出したのは、48kg級の伊部尚子、57kg級の徳久瞳、70kg級の上野巴恵であった。 48kg級の伊部尚子の決勝の相手はチャン(韓国)。1分59秒、チャンの組み際の膝つき背負投に伊部はたまらず回転し「一本」。銀メダルにとどまった。 57kg級の徳久瞳の決勝はリン(北朝鮮)。徳久は内股を返されで「有効」を許すも、直後に大内刈「有効」で追いつく。4分過ぎ、徳久が大内刈に入ったところをリンが返して「一本」。徳久、攻めるもリンの“後の先”で銀メダルに。 70㎏級の上野巴恵は決勝でヤオ(中国)を46秒、内股で一蹴。鮮やかな技で日本勢最初の金メダル。 3位決定戦にまわったのは52kg級の垣田恵利、78kg級の池田ひとみ、そして78㎏超級と無差別に出場した立山真衣であった。 52kg級の垣田恵利はジョウ(北朝鮮)に対し1分44秒、大内刈「一本」。うっぷんを晴らすかのように、刈り倒し銅メダル。 78kg級の池田ひとみはカカロバ(キルギス)を合技で下し、3位入賞。 立山真衣は78㎏級、無差別ともに3位決定戦はシケロバ(ウズベキスタン)との同じ顔合わせ。初日の78㎏級では大内刈「一本」、2日目の無差別でも内股返と支釣込足の「技あり」2つでいずれも銅メダルを確保した。 63kg級の谷本育実は1回戦敗退で、敗者復活戦にも進めなかった。 優勝した 上野巴恵選手 総評 アジアで金メダル3個の現実 男女各7階級及び無差別で金メダル3個。これは世界選手権、ましてやオリンピックの成績ではない。アジア選手権での成績である。金メダルの数では男子は韓国、女子は中国が日本を上回っている。 北京オリンピックで世界の頂点を目指す日本の地位は「アジア」で大きく揺らいだ。 男子では7個のメダルを獲得したモンゴルなど、各国・地域の格闘技や選手の特性、身体能力を活かした戦い方が印象に残った。IJFランキングシステムの導入や各国における選手生活への便宜(兵役猶予)などの影響はあろうが、海外選手の気迫が日本勢を上回っていた。 女子では中国など、国内2番手以降の選手が確実に上位入賞を果たしていた。また、表彰台で号泣した選手もあり、勝つことへのひたむきさ、「アジアチャンピオン」への貪欲なまでの姿勢が垣間見られた。 対する日本勢の勝負に対する押し並べての淡泊さは、「未だ木鶏たり得ず」(双葉山)のような謙虚さとは相いれない、冷めた印象を禁じ得なかった。 アジアで開催される大会の意味 オリンピック、世界選手権もそうであるが、アジアで開催される国際大会は日本勢にとって大きな使命がある。しっかりと組んで正しい技「一本」で勝つこと。それは、とりもなおさず正しい柔道の手本を見せることである。 今大会の観客は多数とは言えない。だが、これから柔道を身につけて行く世代の子どもたちからの熱い視線が注がれていた。 筆者は、かつて台湾のある地方のごく一般的な小学校内の道場を訪問したことがある。そこでは、嘉納師範の姿と並び、世界で主流になりつつある変則変形的な柔道・技が目指す柔道として掲示されていた。このことは2つのことを教える。一つは、やはり志向するのは日本傳講道館柔道であること。だが、一方ではそれが必ずしも正しく理解されていないということである。 確かに、地道な教育普及とも重要であるが、本大会のような場で示す「正しい柔道」こそが、海外における異文化理解としての柔道の理解にとって何よりも効果的であるのは言うまでもないだろう。 男子 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 無差別 1位 ボルドバーター 江種辰明 バン・ギーマン キム・ジェ・ブン 西山将士 ラコフ キム・ソー・ワン キム・ソー・ワン モンゴル 日本 韓国 韓国 日本 カザフスタン 韓国 韓国 2位 キム・ヨン・ジン アン・ジョ・ハン ヤダフ 高松正裕 チョリエフ ファン・ヒー・テ 鈴木桂治 立山広喜 北朝鮮 韓国 インド 日本 ウズベキスタン 韓国 日本 日本 3位 ソビロフ ミヤラグチャー ニャム ムミノフ ボラット テムーレン リュスクル トゥレンディバエフ ウズベキスタン モンゴル モンゴル ウズベキスタン カザフスタン モンゴル カザフスタン ウズベキスタン チョル・グウァン・ヘオ クバカエフ キム・チョル・ス グウォ・レイ ヘ・ヤンツ シャオ ラジャビ ガンクヤグ 韓国 キルギスタン 北朝鮮 中国 中国 中国 イラン モンゴル 5位 マジラシ イロム ヌルムハメドフ ダシュダバ ウォン・ユン・ウー 猪又秀和 リン・ユ・ヘン シンケイエフ サウジアラビア インド トルクメニスタン モンゴル 韓国 日本 台湾 カザフスタン ダルウィッチ パク・チョル・ミン ハン・チュン・タ カイナザロフ チャ・ハンダー クマー ムンカバーター アロタイビ シリア 北朝鮮 台湾 キルギスタン イラン インド モンゴル クェート 無差別 立山 広喜(日本中央競馬会) 2位 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 シンケイエフ ガンクヤグ キム・ソー・ワン 国 名 カザフスタン モンゴル 韓国 内 容 ○ ○ △ 決り技 指導3 内股 技有(払腰) 100kg超級 鈴木 桂治(国士舘大学) 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 タングリエフ カン ムンカバーター キム・ソー・ワン 国 名 ウズベキスタン パキスタン モンゴル 韓国 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 横四方固 内股 反則勝 内股透 100kg級 猪又 秀和(セコム上信越) 5位 1回戦 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 チャン・ロン・ペン プラトフ ラコフ テムーレン 国 名 マカオ ウズベキスタン カザフスタン モンゴル 内 容 ○ ○ △ △ 決り技 払腰 払腰 GS有効(掬投) 掬投 90kg級 西山 将士(新日本製鐵) 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 アリアルサレー チャン・チェアン ウォン・ユン・ウー チョリエフ 国 名 シリア 台湾 韓国 ウズベキスタン 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 横四方固 払腰 指導2 GS判定(3-0) 81kg級 高松 正裕(桐蔭学園高等学校) 2位 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 カサチェフ ダシュダバ グウォ・レイ キム・ジェ・ブン 国 名 カザフスタン モンゴル 中国 韓国 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 横四方固 有効(背負投) 一本背負投 有効(小外掛) 73kg級 齋藤 涼(天理大学4年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 ジュラコビル 国 名 ウズベキスタン 内 容 △ 決り技 隅返 66kg級 江種 辰明(警視庁) 優勝 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ソンボーン ザカリア ム・リトゥビリジェ ミヤラグチャー アン・ジョ・ハン 国 名 タイ イラン 中国 モンゴル 韓国 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 朽木倒 袖釣込腰 GS判定(3-0) 合技 浮落 60kg級 秋元 希星(学校法人了徳寺学園職員) 1回戦敗退 1回戦 相手名 チョル・ワン・へ 国 名 韓国 内 容 △ 決り技 袖釣込腰 女子 順位 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 無差別 1位 チャン ヒ リン リン 上野巴恵 ジョン イサノバ リ 韓国 中国 北朝鮮 中国 日本 韓国 カザフスタン 中国 2位 伊部尚子 ブンドマー 徳久瞳 ワン ヤオ ドゥルマ リ キム 日本 モンゴル 日本 北朝鮮 中国 モンゴル 中国 韓国 3位 ウランセトセ 垣田恵利 バッツグス ムンクザヤ ルクハンデグ ヒョン キム ドゥルマ モンゴル 日本 モンゴル モンゴル モンゴル 北朝鮮 韓国 モンゴル モオ ミンガゾバ ヌン アルディコバ ワン 池田ひとみ 立山真衣 立山真衣 中国 カザフスタン 中国 カザフスタン 韓国 日本 日本 日本 5位 デビィ バーディグロバ リエン カン ウルダバセワ サフゴロドンニャヤ ハン ハン インド ウズベキスタン 台湾 韓国 カザフスタン カザフスタン 台湾 台湾 ヒイトバ ソーダム イサコバ ビデル チョンタム シャルマ ソゴオ ワイ キルギス インド キルギス イラン インド インド モンゴル ベトナム 無差別 立山 真衣(フォーリーフ・ジャパン) 3位 2回戦 敗復最終戦 3位決定戦 相手名 リ ワイ シケロバ 国 名 中国 ベトナム ウズベキスタン 内 容 △ ○ ○ 決り技 裏投 不戦勝 合技 78kg超級 立山 真衣(フォーリーフ・ジャパン) 3位 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ハン リ シケロバ 国 名 台湾 中国 ウズベキスタン 内 容 ○ △ ○ 決り技 払腰 合技 大内刈 78kg級 池田ひとみ(自衛隊体育学校) 3位 1回戦 2回戦 敗復最終戦 3位決定戦 相手名 リ ジャン シャルマ カカロバ 国 名 中国 韓国 インド キルギス 内 容 ○ △ ○ ○ 決り技 背負投 有効(袖釣込腰) 背負投 合技 70kg級 上野 巴恵(三井住友海上火災保険) 優勝 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ウルダバセワ キム ヤオ 国 名 カザフスタン 北朝鮮 中国 内 容 ○ ○ ○ 決り技 払腰 技有(出足払) 内股 63kg級 谷本 育実(コマツ) 1回戦敗退 1回戦 相手名 カン 国 名 韓国 内 容 △ 決り技 有効(内股) 57kg級 徳久 瞳(三井住友海上火災保険) 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 カハニ イサコバ リエン リン 国 名 イラン キルギス 台湾 北朝鮮 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 大内刈 大外刈 GS判定 大内返 52kg級 垣田 恵利(武庫川女子大学4年) 3位 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ミンガゾバ ヒ ジョウ 国 名 カザフスタン 中国 北朝鮮 内 容 ○ △ ○ 決り技 一本背負投 背負投 大内刈 48kg級 伊部 尚子(筑波大学4年) 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 パク シエ モオ チャン 国 名 北朝鮮 台湾 中国 韓国 内 容 ○ ○ ○ △ 決り技 GS技有(大内刈) 有効(大内刈) 袈裟固 背負投 ...

Read More →

アジア柔道連盟(JUA)総会報告(09.5.21)

アジア柔道連盟(JUA)総会報告(09.5.21) 【主な決定事項】 日時 : 2009年5月21日(木)10:00~12:30 場所 : 台湾・台北市 王朝大酒店(Sunworld Dynasty Hotel) 出席 : 28カ国・地域 日本人役員出席者:  川口孝夫 JUA審判理事  小俣幸嗣 JUA形委員長  小野澤弘史 専務理事、藤田真郎 国際委員長(総会日本代表)  大辻広文 国際副委員長、蒲原光一、森田さおり(アシスタント) 1.今後のJUA公式大会 2009年 11月20-23日 アジアジュニア&ユース選手権大会(台湾・高雄) 2010年  4月/5月  アジアジュニア&ユース選手権大会(シリア・ダマスカス) 2010年 11月  アジア競技大会(中国・広州) 2011年    アジア選手権大会(UAE・アブダビ) 2011年    アジアジュニア&ユース選手権大会(タイ) 2012年    アジア選手権大会(ウズベキスタン) 2012年    アジアジュニア&ユース選手権大会(カザフスタン) 2.今後の審判員試験 (1)IJFインターナショナル審判員試験  2009年 11月(サモア) (2)IJFコンチネンタル審判員試験  2009年 7月(タイ・バンコク)*タイ国際大会  2009年 11月(台湾・高雄)*アジアジュニア&ユース選手権大会 3.形 (1)JUA形セミナーおよび審査員試験  開催条件 10カ国・地域以上参加  2009年 7月9-12日(日本・東京)  2009年 9月23-27日 (カザフスタン・アルマティ) (2)形選手権大会  2009年 10月17―18日 第1回世界形選手権大会(マルタ)  2010年         JUA「形」テストイベント  2011年         第1回アジア「形」選手権大会 以上 ...

Read More →

東アジア柔道連盟総会報告(09.5.20)

東アジア柔道連盟総会報告(09.5.20) アジア柔道連盟(JUA)総会報告(主な決定事項) 日時 : 2009年5月21日(木)10:00~12:30 場所 : 台湾・台北市 王朝大酒店(Sunworld Dynasty Hotel) 出席 : 28カ国・地域 日本人役員出席者:   川口孝夫 JUA審判理事 小俣幸嗣 JUA形委員長 小野澤弘史 専務理事、藤田真郎 国際委員長(総会日本代表)     大辻広文 国際副委員長、蒲原光一、森田さおり(アシスタント)  1.今後のJUA公式大会    2009年 11月20-23日 アジアジュニア&ユース選手権大会(台湾・高雄)    2010年  4月/5月  アジアジュニア&ユース選手権大会(シリア・ダマスカス)   2010年 11月  アジア競技大会(中国・広州)                2011年    アジア選手権大会(UAE・アブダビ)    2011年    アジアジュニア&ユース選手権大会(タイ)              2012年    アジア選手権大会(ウズベキスタン)    2012年    アジアジュニア&ユース選手権大会(カザフスタン)       2.今後の審判員試験 (1)IJFインターナショナル審判員試験   2009年 11月(サモア) (2)IJFコンチネンタル審判員試験   2009年 7月(タイ・バンコク)*タイ国際大会   2009年 11月(台湾・高雄)*アジアジュニア&ユース選手権大会 3.形 (1)JUA形セミナーおよび審査員試験    開催条件 10カ国・地域以上参加    2009年 7月9-12日(日本・東京)   2009年 9月23-27日 (カザフスタン・アルマティ) (2)形選手権大会    2009年 10月17―18日 第1回世界形選手権大会(マルタ)    2010年         JUA「形」テストイベント   2011年         第1回アジア「形」選手権大会 東アジア柔道連盟総会報告(主な決定事項) 日時:2009年5月20日(水)17:00~17:30 場所:台湾・台北市 王朝大酒店(Sunworld Dynasty Hotel) 出席:6カ国・地域(日本、韓国、中国、中国香港、中国マカオ、チャイニーズタイペイ) 日本人役員出席者:   藤田真郎 国際委員長(東アジア柔連 [...] ...

Read More →

講話集「柔道への想い」

講話集「柔道への想い」について(09.5.21) このたび、柔道ルネッサンス委員会では、全日本柔道連盟指導者養成プロジェクトとの合同により、下記の趣旨・経過を経まして、講話集「柔道への想い」を発刊いたしました。  この講話集は、柔道の発展、青少年の健全育成に大きく寄与するものと確信しており、そのためには、これからの活用の在り方によるところが大きいと考えます。また、中学校武道必修化に伴い、教育の現場におきましても、柔道を指導する学校での活用を願い、文部科学省、教育委員会、小・中・高校校長会等への配布も予定しております。 つきましては、広く関係者にご周知いただきたく、講話集「柔道への想い」を一部500円にて頒布いたします。ご希望の方は、別紙FAX申込書にてお申込み下さい。 講話集の販売は終了いたしました。今のところ増刷の予定はございません。 記 【発刊の趣旨】 『「柔道への想い」の活用について』より抜粋 『柔道を学ぶ子供たちに、「柔道の心」を分かりやすく優しい言葉で伝えるために、3~5分程度で語り掛けられるようなお話をまとめた講話集を作成したい』という願いのもと、ご執筆の依頼を申し上げましたところ、全柔連各専門委員会及び各構成団体の多くの皆様方から、大変貴重な原稿をいただくことができました。  講話の一つ一つは、柔道を学ぶ子供たちに夢と希望をお与えいただける内容であると確信いたします。と同時に、柔道を指導されている方々、これから指導者になろうと考えていらっしゃる方々への明確な指導指針ともなり得る貴重な講話集になったものと考えています。』                                       以上 ...

Read More →

フランスジュニア国際大会結果(09.5.11)

[ 2009年5月9日 to 2009年5月10日. ] フランスジュニア国際大会結果(09.5.11) 2009年5月9日(土)~10日(日)にフランス・リヨンで開催されたフランスジュニア国際大会の日本選手団の結果は下記のとおり。 階級 氏名 結果 78kg超級 山部 佳苗(山梨学院大学1年) 2位 烏帽子 美久(埼玉栄高校3年) 3位 78kg級 佐藤 瑠香(八幡工業高校3年) 優勝 緒方 亜香里(筑波大学1年) 2位 70kg級 田知本 遥(東海大学1年) 優勝 63kg級 山本 小百合(筑波大学1年) 優勝 太田 晴奈(淑徳高校2年) 2位 57kg級 瓜生 愛子(帝京大学1年) 優勝 塩瀬 絢子(三井住友海上火災保険) 1回戦敗退、敗復2回戦敗退 52kg級 堀井 江梨子(立命館大学1年) 優勝 48kg級 黒江 優希(山梨学院大学2年) 優勝 遠藤 宏美(比叡山高校2年) 5位 ...

Read More →

グランプリ・チュニス(チュニジア)結果(09.5.11)

[ 2009年5月9日 to 2009年5月10日. ] グランプリ・チュニス(チュニジア) 2009年5月9日(土)~10日(日)にチュニジア・チュニスで行なわれたグランプリ・チュニスの結果は下記のとおり。日本選手団は男子が5日、女子は6日に出発し、12日に帰国予定。 男子 女子 監督 篠原 信一(天理大学) 監督 園田 隆二(警視庁) コーチ 窪田 和則(警視庁) コーチ 徳野 和彦(コマツ) トレーナー 畠中 卓也(グローバルスポーツ医学研究所) トレーナー 宇野 彰洋(グローバルスポーツ医学研究所) 100kg超級 上川 大樹(明治大学2年) 5位 78kg級 岡村 智美(コマツ) 2位 90kg級 山本 宜秀(日本中央競馬会) 1回戦敗退 70kg級 渡邉 美奈(コマツ) 3位 81kg級 海老 泰博(東海大学3年) 3位 63kg級 田中 美衣(仙台大学4年) 2位   73kg級 大束 正彦(旭化成) 5位 57kg級 宇髙 菜絵(コマツ) 優勝 66kg級 海老沼 匡(明治大学2年) 2回戦敗退 52kg級 加賀谷 千保(山梨学院大学1年) 優勝 48kg級 浅見 八瑠奈(山梨学院大学3年) 優勝 宝 真由美(コマツ) 3位 ...

Read More →

第29回全国少年柔道大会結果・合同練成を追記

[ 2009年5月5日; ] 第29回全国少年柔道大会 結果  2009年5月5日(火・祝)東京・講道館にて全国少年柔道大会が開催された。団体戦では昨年に引き続き神奈川県・朝飛道場が優勝した。 詳しい結果は下記のとおり。 総評などは東京都柔道連盟サイトへ 【団体戦】 順位 チーム名 技術優秀賞 決勝戦動画 優 勝 朝飛道場(神奈川県) 米山 魁人(6年) 先鋒戦(小野 VS 大賀) 辻  湧斗(5年) 小野 優太(5年) 次鋒戦(辻 VS 新井) 準優勝 力善柔道クラブ(茨城県) 大賀 興一(6年) 竹村 彰太(6年) 中堅戦(渡辺 VS 竹村) 新井 剛(5年) 第3位 羽島柔道少年団(岐阜県) 山田 伊織(6年) 副将戦(鈴木 VS 大賀) 河口 聖弥(6年) ミキハウス柔道教室(大阪府) 樋口 裕大(6年) 大将戦(米山 VS 新井) 山本 瑛介(4年) 【個人戦】 小学5年生個人戦 小学6年生個人戦 優 勝 辻  湧斗 朝飛道場(神奈川県) 太田 彪雅 岩舟柔道会(栃木県) 準優勝 原田 幹大 阿波市柔道教室(徳島県) 大賀 興一 力善柔道クラブ(茨城県) 第3位 三好 聖馬 宇摩柔道会(愛媛県) 菊池大史芽 剛柔舘藤田道場(青森県) 堤  大志 三重武道館(三重県) 東部 雄大 ミキハウス柔道教室(大阪府) 敢闘賞(第5位) 雑賀  聖 高尾警察少年柔道部(東京都) 佐々木健友 雄和柔道クラブ(秋田県) 焼谷 風太 誠道館道場(福岡県) 佐藤 友哉 可部道場(広島県) 古市 真愛 西之表黒潮柔友会(鹿児島県) 並木 泰雅 三重武道館(三重県) 新井  剛 力善柔道クラブ(茨城県) 東阪 泰輔 怒濤館石津道場(奈良県) 団体戦結果(PDF) 小学5年生結果(PDF) 小学6年生結果(PDF)   合同練成 2009年5月4日(月・祝)午後2時から午後4時まで、東京・講道館7階大道場にて合同練成が行われ、約200名が参加した。 円城寺力男(全日本柔道少年団・理事長代行)の挨拶 渡辺涼子(全柔連強化委員会女子コーチ)の講話 指導後には乱取りが行われた ...

Read More →

第1回全日本女子強化合宿(NTC)

平成21年第1回全日本女子強化合宿(NTC)  2009年4月30日(木)より東京・北区にあるナショナルトレーニングセンター(NTC)にて、全日本女子強化選手ナショナルチーム・シニアチーム・ジュニアチームの約70名が参加し、合宿が行われている。 公開練習及び公開取材日となった2日目の5月1日午後の練習には多くの報道陣が訪れた。吉村和郎強化委員長やナショナルチームの園田隆二監督をはじめ各コーチ陣の厳しい視線の中、体操、立技の打ち込み、乱取り等、約3時間の稽古に一人一人が積極的に練習に励み、汗を流した。8月に行われる世界選手権の代表が決まって以来、初めてとなる合宿となるだけに、いつもにも増して緊張感があった。 練習前に行われた合同取材では、78kg超級の塚田真希選手をはじめ、70kg級渡辺美奈選手や48kg級福見友子選手ら、世界柔道選手権大会の代表に選ばれた7選手が取材を受けた。 合宿は6日(水)まで行われる。           ...

Read More →

平成21年全日本柔道選手権大会結果(09.5.1)

[ 2009年4月29日; ] 平成21年全日本柔道選手権大会(日本武道館) 大会結果(PDF) 日時 平成21年4月29日(祝・水) 午前11時開始(10時開場) 会場 日本武道館(地下鉄東西線・半蔵門線・都営新宿線九段下駅下車) テレビ放映 4月29日(祝・水) 16:00~17:30 NHK総合テレビで放送 主催 (財)講道館 (財)全日本柔道連盟 後援 朝日新聞社・NHK・財団法人日本武道館 特別協賛 東洋水産 そ の 他 出場選手 1.推薦選手 前年度優勝者、準優勝者及び2008年北京オリンピック大会優勝者 2.地区選出選手 35名とし、地区別の選出数は以下のとおり 北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州 合計 2 2 4 9 2 2 5 2 2 5 35 出場資格 1. 日本国籍を有し、全日本柔道連盟に登録している者 2. 地区選出選手は、その地区を構成する都道府県柔道連盟(協会)を通して、平成20年度の全日本柔道連盟登録手続きを行っており、その地区において居住、勤務、在学の実体の伴ういずれかの条件を満たしていること 3. 卒業、転勤等により、実体の伴う現住所の変更、勤務する会社、通学する学校の変更がある場合には、変更先の地区から出場することができる。ただし、この場合は速やかに登録変更の手続きを行わなければならない 審判規定 1. 講道館柔道試合審判規定で行い、試合時間は6分間とする 2. 優勢勝ちの判定規準は、規定第40条(3)項とし、僅少差で勝敗を決する 試合方法 体重無差別のトーナメント戦で行う(敗者復活戦は行わない) 組合せ抽選 3月27日(金) 講道館において行う ドーピング 世界アンチドーピング機構が定める禁止リストについて国際柔道連盟及び日本アンチ・ドーピング機構の規定に基づいて検査行う 皮膚真菌症(トンズランス感染症) 発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある 大会事務局 大会事務局を講道館総務部(Tel:03-3811-7152、Fax:03-3811-7151)内に置く チケット情報 予約/予約受付:3月2日(月)~3月31日(火) 受付場所:講道館総務部 TEL 03-3818-0891 受付時間:土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:30~17:00 前売り/前売り発売:4月1日(水)~4月28日(火) 発売場所:講道館財務部 TEL 03-3818-4179 チケットぴあ TEL 0570-02-9999 Pコード813-756 受付時間(講道館):土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:30~17:00 【入場料】 アリーナ席 7,000円 1階席   5,000円 2階席   1,500円 (大学生10名以上1,000円 高校生以下10名以上800円) ...

Read More →

2009年ロシアジュニア国際大会結果(09.4.27)

[ 2009年4月26日 to 2009年4月27日. ] 2009年ロシアジュニア国際大会 2009年4月26日~27日にロシア・サンクトペテルブルグで行なわれたロシアジュニア国際大会の結果は下記のとおり。 なお、今大会の日本選手の派遣は下記の女子選手2名のみの派遣です。 52kg級 菊川優希(東海大学1年) 7位 1回戦 2回戦 3回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 相手名 スタラベレバ ファンデルツケン ブイオク パリコウスカ プリディナ 国 名 ベラルーシ ベルギー ウクライナ ポーランド ロシア 内 容 ○ ○ △ ○ △ 決り技 横四方固 有効(背負投) GS技有(隅落) 有効(巴投) GS判定0-3 63kg級 堀井江梨子(立命館大学1年) 7位 2回戦 3回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 相手名 シシキナ ホウツン マレイカ ベレホバ 国 名 ロシア オランダ ベラルーシ ロシア 内 容 ○ △ ○ △ 決り技 上四方固 内股透 有効(内股) GS判定0-3 ...

Read More →

UAE柔道と共に30年(09.4.20)

UAE柔道と共に30年 国際委員会在外委員 米田 豊明     はじめに UAEに足を踏み入れて、今年でもう30年、現在、在UAE日系企業に勤めながら、その間、曲がりなりにもずっと一途に、柔道普及活動をしてきた。 1973年海外で柔道指導をとの思いで、ウィーンで3年間指導、その後イラン柔道連盟コーチとしてイランに滞在。78年11月に東京で第一回嘉納杯国際柔道大会が開催され、イランチームの監督として参加。試合終了後、東京からテヘラン・メヘラバード空港に到着予定だったが、イランの政情が不穏で、そのままトルコのイスタンブールにオーバーフライトした。パンナムのジャンボ機に乗客はほとんどいなかった。客室乗務員に尋ねると、これはイラン在住米国人救出用の特別機だと言う。内心不安が募ったが、試合結果報告任務のため再度、テヘランへ向かう。到着後、やはり、テヘラン市内の目抜き通りは革命デモで、外資系ホテルや銀行が焼き打ちとなり、100万人デモで大騒乱状態であった。試合結果を報告すべき連盟会長はアメリカへ亡命。 1)UAEに柔道普及活動を始める。 私自身も身の危険を感じ、歴史の荒波にもまれ、途方に暮れながら、知人のつてを頼り、79年にUAEに入国。 それから、また新天地で柔道普及活動を目指す。まず、UAEの柔道クラブの存在を調べたが、皆無であった。当時、世界的映画スター、ブルースリーのカンフー映画全盛の時代で「カンフー」、「KARATE」は誰でも知っており、空手クラブはすでに沢山あり、人気もあったが、柔道はその言葉すら全く知られていず、これからの普及活動の難しさを予感した。 柔道が不毛な砂漠の地に、どうやって柔道を普及させていくか。そこで、最初に、柔道採用の可能性がある警察にアプローチした。その時、ちょうどタイミングが良く、ドバイ警察で、最初に柔道と合気道のデモンストレーションを行う機会を得た。 ―1- 当時、伊藤忠ドバイ所長で、現在、日本合気道協会顧問で伊藤忠理事の木暮浩明氏がドバイ警察で合気道の演武をするというので、柔道も一緒に演武の便乗をお願いした。柔道演武の相手役は木暮氏だった。翌81年、第一回中東派遣日本伝統スポーツ団をUAEに迎え、ドバイ、アブダビで派遣選手団と共に演武を行った。82年、シャルジャー警察でデモンストレーション。この時は野外でマットを敷き、観客はシャルジャー警察幹部候補生で、柔道の試合形式を披露、演武者のお相手は柔道経験者で、当時、兼松江商ドバイ所長の赤井豪太氏にお願いした。現在はジェブラリフリーゾーンの日本市場担当役員でドバイ在住である。 このような、地道な活動がシェイクモハメッド現首相に認められ、ドバイトレードセンターの近くにあるモハメッド首相の私設武道館に於いて、柔道クラスを開設したのが、UAE柔道普及の幕開けだった。この私設武道館の壁には木刀や杖などが掛けられ、日本式神棚まで祭られているのが、驚きだった。 翌年、ドバイ警察機動隊に初めて柔道を指導。この中には、後に国際交流基金の支援で、1か月の指導者養成コースで筑波大学へ研修に送った者も含まれていた。そのうちの一人の生徒は現在、UAEレスリング・柔道連盟で活躍している。 84年第2回日本伝統スポーツ団を迎えた時は、ドバイのアル・アハリ体育館で開催され、柔道の演武では片倉邦雄前大使も児童生徒と大変楽しそうに、乱取をされ、場内を大いに沸かせて頂いた。派遣選手達は一流レベルの実力者揃いだったので、現地の人たちに与えたインパクトは強烈だった。国内の柔道普及活動を徐々に充実させながら、これからのUAEの国際競技大会参加を目指して、94年に広島アジア競技大会に参加した。そこで、初めてUAE柔道連盟が国際柔道連盟の加盟国となる。 その後、オマーンの日本週間で演武、フランスで指導講習など、国内外で普及活動しながら、2005年カイロの世界選手権、2006年カタールアジアオリンピックでUAEチームの監督として、国際大会に出場。その戦績は私の責任でもあるが、かなり、失望させられた。しかし、翌年アブダビで開催されたGCC大会ではUAEチームが大変、良い結果を残した。その結果、連盟の予算は一挙に増加した。北京オリンピックではUAEから初めて、柔道競技73kg級にサイード・クベイシが出場することができた。これも出場するだけに終わったが、これから期待の持てる選手なので、ロンドンオリンピックには是非、何らかの結果を残してほしいと思っている。 -2- UAEナショナルチームは毎年、講道館で1カ月間程、合宿し、講道館と各大学で強化を行っている。2009年11月にはアブダビで国際柔道グランプリ大会が開催される。日本選手をはじめ、世界の柔道選手が参加する。 一方、底辺の柔道人口を増やすために、現在、アブダビでは公立5校、アルアインで2校、柔道が課外活動として、採用され、実際に指導強化がされている。女子柔道については、私自身もかなり、驚いているが、比較的戒律が厳しいイスラム国UAEで、女子柔道が胎動するとは、考えてもいなかった。 しかし、現在、女子公立校2校が課外活動で柔道が採用された。先日、連盟の要請で、アブダビで女子のコーチ候補6名に、3日間の指導講習を実践した。彼女たちはヘジャーブで頭を覆いながらの練習だったが、実技指導には支障無く、全く違和感もなかった。その国の宗教、習慣等を尊重しながら、指導することは当然なことである。実際に行われている国内試合では、すでに複数の女子審判員を試験的に採用している。先日も連盟からアブダビシェイクのご令嬢が柔道を習いたいので、誰か相応しい女子コーチがいないかと問い合わせがあった。 UAEの柔道もまだまだ発展途上国であるが、ほんの少し、芽が出て、育ってきたかなと、肌で感じるようになってきた。 2)ドバイでの柔道指導 アブダビの活動は柔道連盟を軸として、活動している。ドバイでの指導は柔道が好きな人たちが集まって、練習に励む。どんな人でも柔道に興味がある人なら、気楽に参加できる自由なクラブを目指しているので、55歳で初めて柔道をする人、ナショナルチャンピオンレベル、ヘビー級レスリングチャンピオン、元サンボ選手等構成は様々、国籍もUAE、アラブ、ヨーロッパ、ロシア、アジア、日本と30カ国ぐらいを数える。もちろん職業も多士済々である。ラシッド病院医師、アメリカンホスピタル看護士、エミラーツ航空パイロット、飛行機整備士、コンピューター技師、ナキール社勤務、アエロビックインストラクター、空道コーチ、エアバステストパイロット等、ドバイの経済発展の最先端に関わっている人達でもある。 -3- しかも、皆、練習に大変熱心で、柔道が好きである。アメリカンホスピタルの看護士はアメリカ人だが、ドバイ赴任の条件は柔道クラブがあることというのが、重要な条件だったと語ってくれた。ちなみに、彼の年齢は42歳である。エミラーツ航空のスペイン人パイロットは11月に開催された、アブダビUAEオープン柔道大会の試合当日、ニューカッスルからドバイまでのフライト任務を終え、ドバイに着陸後、アブダビまで車で疾走、試合では73kg級に出場、3時間しか眠っていなかったが、見事優勝した。 国籍、人種、年齢、多種多様な人々と一緒に柔道ができるのは、世界でもここドバイだけかもしれない。日本で生まれた柔道を通して、国籍、言語、文化、イスラムのスンニー派、シーア派、キリスト教など、これまでに背負ってきた様々な違いを乗り越えて、一緒に練習し、汗を流し、投げたり、投げられたりする。そこから生まれる共通の爽快感を思うと、ある種の感動すら覚えることがある。 3)おわりに 真夏には、気温が45度以上にも上昇するUAE。それでも30年以上、この地で大過なく暮らしてこられたのは、UAEの人たちのコスモポリタンな考えと基本的に外国人にやさしい制度、親日のお陰であると、感謝している。それと、アラブのユックリズムが体質に合っていたのだろう。 柔道の活動では、普通の社会生活では接点の無い、およそ会える機会の無いような人でも柔道を通して可能になり、多くの友人生徒達と出会えたことがうれしい。今ではお互い、兄弟と呼び合っているようなUAE人の親友もいる。この柔道普及活動を通して、一人でも多くの親日UAE人を生み出す一助にでもなれば、これ程、嬉しいことは無い。 最後に、今日まで私の活動を支えてくれた家内をはじめ、友人、講道館、全柔連、大使館、領事館、国際交流基金の皆様及び、現在勤務しているAGSS社にこの紙面をお借りして、感謝の気持ちを捧げたいと存じます。 ...

Read More →

第24回皇后盃全日本女子柔道選手権大会結果動画を更新(09.5.19)

[ 2009年4月19日; ] 第24回皇后盃全日本女子柔道選手権大会(横浜文化体育館) 欠場選手情報 欠場選手:北信越地区代表 広村 美樹(陸上自衛隊) 欠場理由:右膝内側側副靱帯損傷のため 代替選手:北信越地区代表 中川 友紀子(加茂農林高校教員) 大会概要 日時 平成21年4月19日(日) 午前9時30分開会(9時00分開場) 会場 横浜文化体育館(JR関内駅下車徒歩5分) 〒231-0032 横浜市中区不老町2丁目7番地 テレビ放映 4月19日(日) 13:35~14:55 NHK総合テレビで放送 主催 (財)講道館 (財)全日本柔道連盟 主管 神奈川県柔道連盟 後援 文部科学省 NHK 東京新聞・東京中日スポーツ 神奈川県 神奈川県教育委員会 (財)神奈川県体育協会 組み合わせ 組合せ表(2009.4.10訂正) そ の 他 出場選手 1.推薦選手 前年度優勝者、準優勝者及び2008年北京オリンピック大会優勝者 2.地区選出選手 34名とし、地区別の選出数は以下のとおり 北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州 合計 2 2 7 8 2 2 5 2 2 2 34 出場資格 1. 日本国籍を有し、全日本柔道連盟に登録している者 2. 大会当日において中学2年生以上の者 3. 地区選出選手は、その地区を構成する都道府県柔道連盟(協会)を通して、平成20年度の全日本柔道連盟登録手続きを行っており、その地区において居住、勤務、在学の実体の伴ういずれかの条件を満たしていること 4. 卒業、転勤等により、実体の伴う現住所の変更、勤務する会社、通学する学校の変更がある場合には、変更先の地区から出場することができる。ただし、この場合は速やかに登録変更の手続きを行わなければならない 試合方法 体重無差別のトーナメント戦で行う(敗者復活戦は行わない) 審判規定 1. 講道館柔道試合審判規定で行い、試合時間は5分間とする 2. 優勢勝ちの判定規準は、規定第40条(3)項とし、僅少差をもって決する 組合せ抽選 3月27日(金) 講道館において行う ドーピング 世界アンチドーピング機構が定める禁止リストについて国際柔道連盟及び日本アンチ・ドーピング機構の規定に基づいて検査行う 皮膚真菌症(トンズランス感染症) 発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある チケット情報 2009年4月6日(月)~17日(金)まで全日本柔道連盟事務局にて販売 【入場料】 大人2,000円 高校生以下1,000円(小学生以下無料) 【受取方法】  (1)申込書(PDF)にて申込、現金書留か振込みで入金する。 入金確認後特定記録郵便にて発送(振込手数料及び郵送料はご負担下さい) (2)全柔連事務局窓口にて直接購入 【受付時間】土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:00~17:00 大会事務局 全日本柔道連盟 東京都文京区春日1-16-30講道館内 TEL 03-3818-4392 FAX 03-3812-3995 ...

Read More →

国際オリンピック委員会(IOC)委員視察(09.4.17)

国際オリンピック委員会(IOC)委員視察(09.4.17)  国際オリンピック委員会(IOC)の評価委員会のナワル・ムータワキル委員長(モロッコ)ら評価委員13人が、2016年夏季オリンピックを目指す東京を視察するため2009年4月14日(火)に来日しました。16日(木)~19日(日)までの4日間、会場の視察や、東京が提出した企画案について質疑応答が予定されています。 視察2日目の17日(金)午後3時からは柔道競技が行われる日本武道館において、少年少女の柔道教室、及び会場視察が行われました。 全柔連をはじめ、武道団体から総勢100名を超す関係者が評価委員を拍手で出迎えました。館内では、本連盟の上村春樹会長とロス五輪金メダリストの山下泰裕氏によるプレゼンテーションが行われ、併せて女子63㎏級の谷本歩実選手が80名ほどの子供たちに柔道指導を行いました。 (写真提供:フォート・キシモト) ...

Read More →

2016東京オリンピック・パラリンピック決起集会(09.4.14)

2016東京オリンピック・パラリンピック開催決定をめざす日本スポーツ界決起集会  2009年4月13日(月)15時より東京・芝公園にあるザ・プリンスパークタワー東京にて2016東京オリンピック・パラリンピック開催決定をめざす日本スポーツ界決起集会が行われた。 会場には多くの賛同者、報道関係者が集まり、用意された椅子が足りなくなるほどの盛り上がりをみせた。 財団法人日本オリンピック委員会会長の竹田恆和氏は「以前の東京オリンピックの感動を、今の子供たちに伝えたい。スポーツ界が一丸となって、是非とも2016年のオリンピック東京開催招致を成功させましょう!」と意気込みを語った。 また、計17名のオリンピックメダリストたちも出席し、柔道界からは上野雅恵選手と谷本歩実選手が出席した。 上野選手は「オリンピックは4年に一度の大事な大会。是非日本国民の皆さんに東京で見ていただけるようがんばります」と語り、谷本選手は「1964年の東京オリンピックの施設を7割も使うという伝統を重んじ、視察される方を笑顔でお迎えして、2016年に東京に活力とパワーを与えられるよう東京招致をがんばります」と意気込みを語った。 本連盟からは上村会長をはじめ数名が出席し、2016東京オリンピック招致に向け、気持ちを新たにした。 詳しくは東京オリンピック招致委員会ホームページへ ...

Read More →