ロッテルダム世界選手権大会第5日目結果(09.8.31)

[ 2009年8月30日; ] ロッテルダム世界選手権大会第5日目結果(09.8.31) 100㎏超級勝ち上がり表(PDF) 78㎏超級勝ち上がり表 100㎏級勝ち上がり表 準々決勝まではオール一本勝ちの穴井選手 敗者復活戦を制し銅メダルを獲得した 3位決定戦ではドイツのコニッツ選手を下した塚田選手 優勝は中国の佟文選手 銅メダルを獲得するも 悔しそうな表情を見せた穴井選手と塚田選手 棟田選手の3回戦 相手はモンゴルのガングヤグ選手 その試合中に肩と太ももを痛めてしまいました 写真提供:東京スポーツ新聞社 観戦記 (広報委員 中村勇) 大会5日目最終日は、重量級男子100kg級、100kg超級、女子78kg超級の3階級が行われた。 100kg級の穴井は緒戦でいきなり90kg級北京チャンピオンの強豪グルジアのチレキゼと対戦。穴井は自分のペースで試合をすすめ、相手に指導2がつく。相手の双手刈にしりもちをつきひやりとする場面もあったが、最後は一発逆転をねらう相手をつぶし抑え込んで「一本勝ち」。2戦目は腰をひいて軽快する相手を足車で「一本」。 100kg超級の棟田は緒戦で,元世界チャンピオンのミハイリン(ロシア)を破った地元オランダ選手と対戦。落ち着いた試合運びで十分な組手から内股を放って「一本」。 78kg超級の塚田は一回り大きい韓国選手を攻めきれず苦戦。指導2をもらって気持ちを切り替え攻め込み相手の「反則負け」で緒戦を突破。続く2戦目のプエルトリコ戦はつぶれた相手を抑え込んで「一本勝ち」を決めるが投げ技が決まらずペースが上がってこない様子であった。 ここまで3人とも勝ち上がってきたが、棟田の2回戦で異変が起きた。格下と思われたモンゴル選手と対戦中負傷し、技をかけられず「反則負け」、その試合場で続いて行われた穴井は対ガシモフ(アゼルバイジャン)戦でしかけた大外刈が空振りしたところ、相手にうまくひねられ背中から落下。あっけない「一本負け」を喫した。 さらにその直後に登場した塚田も開始早々、ライバルの中国トンの背負投から後袈裟固に抑えられ「一本負け」。同じ試合場で立て続けに3人とも敗退してしまった。 しかし敗者復活戦に臨んだ穴井と塚田は確実に勝ち上がり3位を確保した。 100kg級は地元オランダのグロルが会場の圧倒的声援の中順調に勝ち上がるが、足の怪我のせいか、決勝戦では不調。世界初タイトルをねらうカザフスタンのラコフに「一本負け」。ラコフは同国初の世界チャンピオンとなる。 78kg超級は実力通り中国のトンが圧倒的な力量差を見せつけ優勝。これで2003年以来、世界選手権の無差別か78kg超級のいずれかで毎回優勝していることになる。圧倒的な強さであった。 100kg超級はフランスのリネールとキューバのブレイソンが決勝を争った。中盤リネールが地力の差を見せつけ指導2で大会連覇を飾った。大会最後をしめくくる試合としては盛り上がりに欠ける試合であった。 最終的に日本は女子金メダル3個、男子0個であった。男女あわせた優勝者数では何とかトップとなった。女子は7階級中5階級でメダル獲得、男子はメダル2個。 男女の優勝者を見るとアジア8人、ヨーロッパ5人、南米1人、コロンビアとカザフスタンに初めてのチャンピオンが誕生した。 5日間にわたり行われた今大会は、地元オランダを始めヨーロッパ各地からの観客が会場を埋め尽くし、自国選手だけでなくいい試合には惜しみない拍手を送るなど非常に盛り上がった大会となった。 来年は東京での開催予定。 事務局写真レポート 来年の世界選手権大会の開催国である日本を代表して上村会長がヴィゼール会長からIJFの旗を譲り受けました ...

Read More →

ロッテルダム世界選手権大会第3日目結果(09.8.29)

[ 2009年8月28日; ] ロッテルダム世界選手権大会第3日目結果(09.8.29) 63kg級勝ち上がり表 81kg級勝ち上がり表 決勝 大外刈から抑え込み一本を奪った オール一本勝ちで表彰台の真ん中へ 笑顔の金メダル 惜しくも3回戦で敗れた塘内選手 写真提供:東京スポーツ新聞社 観戦記 (広報委員 佐藤伸一郎) 男子は81kg級の塘内選手が出場。2回戦の相手アルバのワンガ選手を内股で一蹴し、3回戦はスイスのケラー選手との対戦となった。軽快な体さばきで攻めたが場外際で中途半端な内股の仕掛けをケラーがうまく小外刈で返し極めがよく一本になってしまった。ここで負けては敗者復活戦もない。 女子の上野はオール一本勝ちで優勝。危なげない試合運びと大外刈が特に切れていた。決勝は地元オランダのビルボーデスとの対戦で、完全にアウェーな感じ。しかし、呼び込んでの大外刈で技有となりそのままガッチリ抑え込んで有無を言わせぬ勝利。会場内が一瞬シーンとなった。 さて、これで女子は金メダル3個となり上々な結果。男子はまだ金メダルが無い。明日以降の選手の奮起に期待する。 事務局写真レポート ...

Read More →

ロッテルダム世界選手権大会第4日目結果(09.8.29)

[ 2009年8月29日; ] ロッテルダム世界選手権大会第4日目結果(09.8.29) 90㎏級勝ち上がり表 70㎏級勝ち上がり表 78㎏級勝ち上がり表 3位決定戦で一本勝ちした渡辺美奈選手 悔しそうな表彰台での渡辺選手 日本選手団連日のメダルを死守した 3回戦で惜しくも敗退した小野選手 写真提供:東京スポーツ新聞社 観戦記 (広報委員) 男子90kg級は階級を81kg級から上げ、グランドスラムモスクワで優勝し上り調子の小野選手が出場。この階級は強豪選手が多く非常に厳しい戦いが予想されたが、3回戦でウズベキスタンのチョリエフ選手に掛け逃げ気味の技を連発され指導2で敗れた。チョリエフ選手は3位に入賞するが準決勝でロシアのデニソフ選手に破れ、そのデニソフ選手も決勝で韓国のリー選手に一本負け。選手達の実力が拮抗している階級ならではの結果となった。 女子は78kg級の中澤は1回戦でIJFランキング1位のルブランとの対戦。お互いに決め手が無かったが指導2で惜敗。70kg級の渡辺は一回戦から粘り強く勝ち上がったが準決勝でハンガリーのメザロス選手に谷落から抑え込まれて一本負け。3位決定戦でイギリスのコンウエイ選手との対戦となり、ゴールデンスコアにもつれ込んだ。コンウエイ選手が組手を嫌って切った瞬間の一本背負投が決まり銅メダルを手にした。 残り1日、男子には奮起を女子には有終の美を期待したい。 事務局写真レポート 見覚えのある掲示が 練習を終えて帰る選手たち。明日はいよいよ最終日です 29日練習会場は最終日 調整練習を行う棟田選手 3階級の選手のみなので少し寂しい 調整を行う塚田選手 練習会場のErasmus University 初日の練習を行った道場 道場が狭かった為トレーニング場に畳を引いて練習しました 現地大学の皆さんには協力していただきました 道場の入口 ...

Read More →

ロッテルダム世界選手権大会 第2日目結果

[ 2009年8月27日; ] ロッテルダム世界選手権大会 第2日目結果 52㎏級勝ち上がり表 57㎏級勝ち上がり表 73㎏級勝ち上がり表 こん身の大外刈りで技あり奪取した中村美里選手 初出場で表彰台の真ん中に立ち笑顔を見せてくれました 金メダルを手に笑顔 準々決勝で痛めた右手をかばいながらも攻める松本薫選手 序盤に技ありを奪ったが惜しくも初戦敗退となった大束正彦選手 写真提供:東京スポーツ新聞社 観戦記 (広報委員 中村 勇) 大会2日目は男子73kg、女子52kg、57kgの3階級が実施された。 73kg大束は緒戦でいきなり強豪グルジアのケブキシビリとの対戦。しかし大束は背中を深くつかむ組手の相手をさばきながらかけた大外刈で「技あり」を奪い先行し、その後の相手の猛攻もしのぐ。残り30秒を切ったところで相手が掛けた大腰をしのぎきれず大きくまわされ「一本負け」。 決勝戦は世界大会史上初の韓国と北朝鮮の対決となり会場も盛り上がったが、韓国のワンが貫禄勝ちし大会連覇を果たした。 52kg中村は緒戦、2戦目と足技で相手を崩し追いつめる展開から、背負投や足技でポイントを取り、安定した立ち上がりを見せる。3戦目の中国戦はやや攻めきれず延長戦へ。中村もなかなか攻められない展開だが相手が掛け逃げぎみの背負投を連発し指導2を奪って勝ち上がる。 準決勝戦の北朝鮮戦は、間合いを保ち足技で相手を揺さぶる中村に対し相手は何もできず「反則勝ち」。 安定した戦いながらこの2戦、思い切った投げ技が決まらない中村だったが、決勝のキューバ,ベルモイ戦ではタイミングよくしかけた大外刈が決まり「技あり」をとり、念願の初優勝を果たす。 57kgの松本も足技や寝技で積極的に攻め、緒戦、2戦と順調に勝ち上がる。3戦目のブラジル戦でも終始圧倒し、「指導2」で勝ち上がる。しかし、試合終盤腕を痛めた様子でひやりとする場面があり、少し気になる。 準決勝でのフランス戦、3位決定戦のハンガリー戦は怪我のためか、まったく組手を使えずあっさりと「一本負け」をしてしまう。それまで順調な試合ぶりであったため、非常に残念な結果となった。 優勝は松本を下したフランスのリボーの初タイトル。 事務局員写真レポート 金メダルを持って笑顔を見せてくれた中村選手 中村選手(左)と研修団の徳久選手(右) 置物だけでなくマスコットのぬいぐるみも もらえるみたいですね 決勝戦直前の中村選手 26日男子の練習風景です ここから下は27日の練習風景です ...

Read More →

ロッテルダム世界選手権大会CS放送決定(09.9.16)

ロッテルダム世界選手権大会CS放送決定(09.9.16)  2009年8月26日~30日にオランダ・ロッテルダムにて行なわれた世界柔道選手権大会のCSでの放送が決定しました。 視聴方法など詳しくはフジテレビホームページをご覧ください。 放送日 放送時間 内容 9月20日(日) 12:00-15:00 60kg級・66kg級・73kg級・81kg級 48kg級・52kg級・57kg級・63kg級 9月21日(月・祝) 15:00-18:00 90㎏級・100㎏級・100㎏超級 70㎏級・78㎏級・78㎏超級 9月22日(火・休) 9:00-12:00 60kg級・66kg級・73kg級・81kg級 48kg級・52kg級・57kg級・63kg級 9月24日(木) 9:00-12:00 90㎏級・100㎏級・100㎏超級 70㎏級・78㎏級・78㎏超級 2009年世界柔道選手権大会日本代表選手団壮行式 開催!(09.8.18) 2009年8月18日(火)午後5時30分から、講道館大道場にて、2009年世界柔道選手権大会日本代表選手団壮行式が執り行われました。太鼓の音で開 会した式で、上村春樹全柔連会長は選手団に「十分な期待に沿える戦いをしてくれると思います。数々の合宿、練習をこなされてきた皆さんに、自信をもって戦 いきって欲しいと思います。がんばってください」 と激励しました。また、来賓を代表し、福田富昭日本オリンピック委員会副会長は「勝って日本のスポーツを盛り上げて欲しい。がんばってきてください」と祝辞を述べられました。 それを受けた選手団は篠原信一監督、園田隆二監督をはじめ、大会に向け一言づつ大会に向けた決意を述べました。 篠原信一男子監督 「私どものために盛大な壮行式を開いていただきありがとうございます。厳しい戦いが続くと思いますが、全階級メダル獲得を目指します。選手たちは皆さんの応援を力にして頑張ってくれると思いますので、応援宜しくお願い致します」 60㎏級・平岡拓晃選手 「試合では精一杯自分の力を出しきります」 66㎏級・内柴正人選手 「世界一を目指します」 73㎏級・大束正彦選手 「若さを生かし、思い切った柔道で優勝を目指します」 81㎏級・塘内将彦選手 「一戦一戦を大事に、自分の力を出します」 90㎏級・小野卓志選手 「昨年より1階級あげ、新たな気持ちで試合に臨みます」 100㎏級・穴井隆将選手 「一本をとる柔道を目指し、自分の力を出し切ります」 100kg超級・棟田康幸選手 「自分の力だし、一本の柔道を目指します」 園田隆二女子監督「4月に代表が決まり、それから月1回は合宿をしてきました。状態は万全です。若い力を発揮して、代表全員金メダルを取れるよう、オランダで暴れてきたいと思います。声援よろしくお願いします」 48㎏級 福見友子選手 「自分の力を出し切って、悔いの無い試合をします」 52㎏級 中村美里選手 「全力を出し切ってメダルを目指します」 57㎏級 松本 薫選手 「精一杯、自分の力を出し切ります」 63㎏級 上野順恵選手 「自信を持って試合に臨み、勝ちにいきます」 70㎏級 渡辺美奈選手 「全力を尽くします」 78㎏級 中澤さえ選手 「全力で金メダルを目指します」 78㎏級 塚田真希選手 「今は全力で戦うことしか考えていない。力を出し切ります」 式の後半には、本大会に日本人審判員として派遣される天野安喜子氏が紹介され、その後に講道館少年部の古谷映輝君による激励の言葉、続いて講道館少年部・全柔連サポーター会員(少年・少女)による花束贈呈がなされました。 最後には吉村和郎団長より「決意のことば」と称し、「選手たちは今日まで合宿・練習に明け暮れ確実に力をつけて来ました。あとは自分にどう打ち勝てるかというところだと思います。皆さんの想いが力になります。応援宜しくお願いします」と述べられました。 式は蓮見弘全柔連顧問の掛け声による会場全員の万歳三唱で幕をとじました。 ...

Read More →

ロッテルダム世界柔道選手権大会日本代表選手IJFランキング更新(09.7.21)

ロッテルダム世界柔道選手権大会日本代表決定(2009.4.5)  2009年4月5日に行われた男女強化委員会にてオランダ・ロッテルダムで行われる世界柔道選手権大会(8月26日~30日)の日本代表選手が決定した。 なお、100kg超級は4月29日全日本選手権終了後、78kg超級は4月20日全日本女子選手権終了後の強化委員会にて決定する。 男子 女子 60kg級 平岡拓晃((学)了徳寺学園職員) IJFランキング10位 48kg級 福見友子((学)了徳寺学園職員) IJFランキング2位 66kg級 内柴正人(旭化成(株)) IJFランキング1位 52kg級 中村美里(三井住友海上火災保険(株)) IJFランキング2位 73kg級 大束正彦(旭化成(株)) IJFランキング19位 57kg級 松本薫(帝京大学4年) IJFランキング3位 81kg級 塘内将彦(旭化成(株)) IJFランキング7位 63kg級 上野順恵(三井住友海上火災保険(株)) IJFランキング1位 90kg級 小野卓志((学)了徳寺学園職員) IJFランキング3位 70kg級 渡邉美奈(コマツ) IJFランキング3位 100kg級 穴井隆将((学)天理大学職員) IJFランキング1位 78kg級 中澤さえ(綜合警備保障(株)) IJFランキング9位 ※IJFランキングとはIJFワールドランキングの略。順位は2009年3月9日現在 ...

Read More →

ロッテルダム世界選手権大会 第1日目結果

[ 2009年8月26日; ] ロッテルダム世界選手権大会 第1日目結果 48㎏級勝ち上がり表   60㎏級勝ち上がり表 66㎏級勝ち上がり表     決勝戦では終始積極的な柔道を見せた   表彰台の中央で、やや控えめな笑顔を見せる(右は3位のジョシネ(フランス)) 世界選手権初出場初優勝で金メダルを手にした福見友子選手   得意の背負い投げで攻める、決勝の相手はザンタラヤ(ウクライナ) 悔しい銀メダルの平岡拓晃選手   五輪連覇の内柴正人選手は3回戦で姿を消した・・・ 写真提供:東京スポーツ新聞社 観戦記 (広報委員 中村 勇) 100カ国543人の出場選手が5日間、14階級のチャンピオンをめざす戦いが,オランダのナショナルカラーのオレンジが鮮やかな試合場の上でスタートした。 今回からベスト8未満は敗者復活戦にも出場できないため、緒戦から緊張感のある試合となるが、オリンピックチャンピオンら優勝候補が早々と姿を消す波乱含みの立ち上がりとなった。 日本期待のベテラン、66kg級の内柴選手は緒戦でポイントを先行され、なんとか逆転勝ちするが不安定な立ち上がり、続く試合で流れがまったくつかめないまま、あっさりと敗退してしまった。優勝は、低い変形スタイルが特徴のツァガンバータル(モンゴル)が初優勝した。 60kg級の平岡選手は2戦目を逆転勝ち、準決勝戦は延長戦の末、判定勝ちと決して楽ではないが落ち着いた試合運びで決勝進出。しかし、ウクライナのザンタライア選手に一瞬のすきに抱きつかれ背中からたたきつけられ無念の「一本負け」を喫し、初優勝を逃す。 女子48kg級の福見はライバルのジョシネ(フランス)らが敗退するなか、落ち着いて戦い順調に勝ち進む。準決勝戦では北京チャンピオンのドミトルを足技で下し決勝進出。その決勝戦ではスペインのブランコに対し終始優勢を保ち、結局、背負投「技あり」で念願の初優勝を果たす。 初日は各階級とも優勝候補が早々と敗れるなど波乱含みの展開となった。延長戦も少なめで比較的早いテンポで試合が進んでいった。 2日目の若い日本代表にも活躍を期待したい。 事務局員写真レポート 今大会日本選手団初の金メダル福見友子選手   研修団の伊部選手と(銀メダルは平岡選手のものです) 今大会の表彰品   大会のアップ会場で他の選手の応援をしています みなさんからの応援メッセージ   選手たちの力になっています 【番外編】近くの会場で行なわれている柔道教室   多くの子供たちが参加しています 今大会のキャラクターも登場して楽しそうです     ...

Read More →

平成21年度日本体育協会公認柔道コーチ養成講習会受講者募集(09.1.27)

平成21年度日本体育協会公認柔道コーチ養成講習会受講者募集(09.1.27)  財団法人全日本柔道連盟におきましては、来年度日本体育協会公認「柔道コーチ」養成講習会を下記の通り予定しております。 受講にあたりましては、ご登録されている各県柔道連盟(協会)からの推薦が必要となりますので、受講を希望される方は各県柔道連盟(協会)へお問い合わせ願います。 受講料・開催要項・カリキュラムにつきましては下記を参照にしてください。 なお、講習会は受講希望者が20名以上必要です。定員に満たない場合は、平成21年度の講習会を中止し、平成22年度以降の開催といたします。   記   講習会日程について ①専門科目講習会:平成21年8月24日(月)~28日(金)の5日間(全日本柔道連盟にて実施) ②共通科目講習会:平成21年7月から12月にかけて5日間で実施(日本体育協会にて実施) 申込について ①受講料  29,400円(共通科目:18,900円、専門科目:10,500円) ②適応コース承認校にて、スポーツ指導者養成講習会免除適応コースを履修された方は、共通科目の講習・試験の一部またはすべてが免除されます。(柔道専門科目の免除はございません) ③申込方法 ご登録されている都道府県柔道連盟(協会)へご連絡下さい。 ④申込締切 平成21年2月16日(月) 期日厳守 受講手順 ①専門科目60時間 ②共通科目Ⅰ(NHK通信講座「スポーツリーダー」を受講) ③共通科目Ⅱ ④共通科目Ⅲ ⑤検定試験 ⑥公認柔道コーチ資格取得 別紙添付ファイル ・専門科目開催要項・カリキュラム(全日本柔道連盟にて実施) ・共通科目開催要項・カリキュラム(日本体育協会にて実施) 共通科目講習と試験の免除については、下記のHPにてご確認下さい 日本体育協会スポーツ指導者(資格情報) http://www.japan-sports.or.jp/coach/qualification/qualification.html ...

Read More →

国際柔道連盟(IJF)総会開催(09.8.23)

国際柔道連盟(IJF)総会開催 国際柔道連盟(IJF)総会開催    2009年8月23日午前10時より、オランダ・ロッテルダムのDe Doelen会議場において、IJF総会が開催され、108カ国・地域の代表が出席した。 各大陸の参加国・地域数は、以下の通り。 アジア22カ国・地域 アフリカ16カ国・地域 オセアニア5カ国・地域 パンナムアメリカ21カ国・地域 ヨーロッパ44カ国・地域 総会では、スポーツ委員会、審判委員会から以下の通知が行われた。 「手を使って直接脚を攻撃することの禁止」や「審判員を3名から1名にする」などのルール改正案が出され、今年の10月に開催される世界ジュニア柔道選手権大会において、試験的に実施しすることが決まった。この後にスポーツ、審判、教育コーチング委員会で検証される。  最終的に、2010年1月から本採用とするかどうかを11月にアブダビ(アラブ首長国連邦)で開催されるIJF理事会において決定することが通知された。  また、現在パンナムが2つの団体に分裂している問題については、CAS(スポーツ仲裁裁判所)の決定が下るまで、パンナム柔道ユニオン(PJU)とパンナム柔道コンフェデレーション(PJC)のどちらを正式なパンナムの代表と認めるかは保留であることが報告された。  その他、「選挙時の委任状廃止」や「(委任状廃止に伴い)総会開催に必要な出席国数を全加盟国・地域の半数から3分の1に減らす」など規約の一部改正が提案され、投票の結果可決された。  日本からは、上村春樹全日本柔道連盟会長がIJF理事として、また、小野沢弘史専務理事、藤田真郎国際委員長が日本代表として出席し、来年東京で開催予定の世界柔道選手権大会について準備状況を報告した。 ...

Read More →

公認柔道コーチ 指導者資格養成講習会開催(09.8.24)

公認柔道コーチ 指導者資格養成講習会開催  2009年8月24日(月)から東京・講道館において、公認柔道コーチ 指導者資格養成講習会が財団法人日本体育協会と全柔連との共催により開催されて いる。地域において競技者育成のための指導にあたること、広域スポーツセンターや各競技別のトレーニング拠点において有望な競技者の育成にあたること、広 域スポーツセンターの巡回指導に協力し、より高いレベルの実技指導を行うことを目的としており、受講者は全国から13名が集められた。 初日となった24日は開校式が行われ、磯村元信教育普及委員、尾形敬史同委員会委員長、楢崎教子同委員会特別委員、鮫島元成同委員会副委員長がそれぞれ2時間づつ講義を行った。 5日間の日程で、講義と実習で計38時間というハードなスケジュールの中、受講者同士の交流も行われ、内容の濃い講習会となっている。   開校式の様子 『柔道の評価法』 磯村元信教育普及委員 『対象に応じた指導内容と技術』 尾形敬史教育普及委員会委員長 『対象に応じた指導法』~性別による指導法~ 楢崎教子教育普及委員会特別委員 2日目 形の実技の様子 2日目 『柔道の特性について』 2日目 『柔道の科学』 2日目 『柔道の安全対策』 この講習会は28日(金)まで行われている。 ...

Read More →

平成21年度第6回全国小学生学年別大会結果(09.8.24)

[ 2009年8月23日; ] 平成21年度第6回全国小学生学年別柔道大会(松本市総合体育館)  2009年8月23日(日)に長野・松本市総合体育館にて第6回全国小学生学年別柔道大会が行われ8階級で小学生の日本一が決定した。 写真提供:ベースボール・マガジン社「近代柔道」 階級 優勝 第2位 第3位 第3位 小学5年生男子45kg級勝ち上がり表(PDF) 堤  亮貴(北海道・登別誠有館有櫛道場) 石郷岡秀征(茨城県・明野晴明館柔道会) 今村 達哉(大阪府・恵武館) 小林 礼弥(和歌山県・正木柔道場) 小学5年生男子45kg超級勝ち上がり表(PDF) 粟野 諒平(千葉県・大原町少年柔道教室) 辻  湧斗(神奈川県・朝飛道場) 冨安 一真(福岡県・脩柔舘柔道育成会) 加賀谷武弘(長崎県・福江武道館) 小学6年生男子50kg級勝ち上がり表(PDF) 古賀 颯人(神奈川県・古賀塾) 立川  新(愛媛県・宇摩柔道会) 佐藤 友哉(広島県・可部道場) 竹下 将樹(宮崎県・芦塚柔道場) 小学6年生男子50kg超級勝ち上がり表(PDF) 太田 彪雅(栃木県・岩舟柔道会) 竹村 昂大(広島県・有朋柔道塾) 大賀 興一(茨城県・力善柔道クラブ) 島田  陸(千葉県・柴崎柔道クラブ) 写真提供:ベースボール・マガジン社「近代柔道」 階級 優勝 第2位 第3位 第3位 小学5年生女子40kg級勝ち上がり表(PDF) 武田 亮子(京都府・宇治柔道会) 田中 美月(兵庫県・広畑柔道教室) 出村 花恋(福井県・福井県立武道館武道学園柔道教室) 松雪明日香(佐賀県・鳥栖少年柔道会) 小学5年生女子40kg超級勝ち上がり表(PDF) 粂田 晴乃(石川県・松任柔道スポーツ少年団) 小柳穂乃果(長崎県・大村柔道協会錬成会) 岡田  蛍(兵庫県・長田柔道会) 山本 千夏(東京都・臥牛館道場) 小学6年生女子45g級勝ち上がり表(PDF) 辻田 愛佳(大分県・USA s.j.c) 廣川 知夏(埼玉県・江南柔道塾) 中島 璃久(北海道・釧路太平洋スポーツ少年団) 藤山 未来(愛媛県・宇摩柔道会) 小学6年生女子45kg超級勝ち上がり表(PDF) 冨田 若春(東京都・松前柔道塾) 畠石 香花(茨城県・一心館菅谷道場) 小嶋  億(熊本県・秀光塾) 林 美七海(和歌山県・西部柔道クラブ) ※各階級準決勝・決勝の詳細はこちら 【雑感】 広報委員 永田千恵 長野県松本市で開かれた全国小学生学年別大会。全国から選ばれた少年少女柔道家が集まり、日本一をかけて戦いました。 選手たちの試合はもちろんですが、勝って喜び、負けて悔し泣きする子どもたち、観客席のお父さん、お母さんの声援、と見所はいっぱいあるのが小学生大会の面白さです。  子どもは出られなかったけれど、道場の応援に来たという山梨県の石和柔道会のお母さん。「判定が多かったけれど、見応えがありましたね。うちの娘は出られなかったけれど、面白かったです。娘には体を動かすために柔道をやらせたんですが、おかげで精神力も鍛えられましたし、何事にも挑戦してみようというふうになってきました。全国大会出場は無理かもしれませんが、出たいと思ってもらえるようになったら嬉しいですね」 予選リーグで大きな相手と当たり、惜しくも敗退してしまった村田圭祐選手(5年)のお父さん。「試合前に体調を崩し、十分ではなかったのに、よく頑張りました。ここまで連れてきてくれてありがとうといいたいですね」 長崎県の坂口今日香選手(6年)が「周りの選手がみんな強くなってました。負けて悔しいです」というと、すかさずお母さんが「練習不足よ。今からもっと頑張らないと」。 秋田県の大場悠斗選手(5年)のお母さんは「優勝した選手に負けちゃいました。でも、一生懸命やってくれたので嬉しかったですね」  選手はもちろん、家族一丸となって戦った暑い夏。みなさん、お疲れさまでした。 大会要項 日  時 平成21年8月23日(日)  午前9時00分開会式 会  場 松本市総合体育館  松本市美須々5-1 TEL 0263-32-1818 主  催 (財)全日本柔道連盟 主  管 長野県柔道連盟 後  援 文部科学省 (財)講道館 (財)日本体育協会 読売新聞社 長野県 長野県教育委員会 松本市 松本市教育委員会 (財)長野県体育協会(財)松本体育協会 松本市観光協会 信濃毎日新聞社 参加資格 (1)平成21年度全日本柔道連盟に競技者登録をしている者であり、指導者登録をしている監督が引率すること。(2)実施種目① 小学5年生男子45㎏級② 小学5年生男子45㎏超級③ 小学6年生男子50㎏級④ 小学6年生男子50㎏超級⑤ 小学5年生女子40㎏級⑥ 小学5年生女子40㎏超級⑦ 小学6年生女子45㎏級⑧ 小学6年生女子45㎏超級(3)各都道府県の参加者は、上記種目に出場する代表選手1名ずつ計8名と、男女それぞれの監督1名ずつとし、合計10名以内とする。また、監督は兼ねて1名でも可とする。また、開催県は各種別に2名出場できることとし、各種別の選手数は48名とする。(4)選手の年齢区分は次の通りとする。① 小学5年生の部:平成10年4月2日以降に生まれた者② 小学6年生の部:平成 9年4月2日以降に生まれた者※ 但し、帰国子女等についてはこの年齢制限を適用せず、学年齢による種目に出場できる。(5)選手本人の出場意志を確認し、健康に十分な配慮を行い保護者並びに学校の承諾を得ること。 審判規定 (1)講道館柔道試合審判規定少年規定で行う。(2)試合時間は2分間とする。(3)「優勢勝ち」の判定基準は規定第40条(3)により必ず勝敗を決する。 試合方法 (1)3人によるリ-グ戦を行い、リ-グ戦1位16名による決勝ト-ナメント戦を行う。(2)リーグ戦における勝敗数が同等の場合の順位は、次の通りとする。① 勝ちの内容による② 勝ちの内容も同等の場合は、負けの内容による③ 負けの内容も同等の場合は、再試合を行う 計  量 期日:平成21年8月22日(土)時間:16:30~17:30(非公式計量15:30~16:30)場所:松本市総合体育館 ゼッケン 各自でゼッケンを下記要領にて必ず縫い付けること。① ゼッケンのサイズは横30㎝~35㎝、縦25㎝~30㎝とする。② 縫い付ける位置は、後襟から5㎝~10㎝下部とし、必ず対角線にも縫い付けること。③ ゼッケンの表記は、上部2/3に苗字を、下部1/3に都道府県名を男子は黒文字で、女子は赤文字で記載すること。(県名がなければ失格とする)字体は、ゴシック又は楷書とする。 諸会議 (1)審判会議  8月22日(土)17:00~17:30  松本市総合体育館(2)監督会議  8月22日(土)17:30~18:00  松本市総合体育館 練習会場 松本市総合体育館 「サブアリーナ」8月22日(土) 13:00~16:00 8月23日(日) 8:00~14:00 ...

Read More →

第40回全国中学校柔道大会結果(09.8.26)

[ 2009年8月22日 to 2009年8月25日. ] 第40回全国中学校柔道大会(沖縄県立武道館) 大会結果 (広報委員 溝口紀子) 詳しい結果は こちら(大会公式サイト) 女子団体優勝 相原中学校(神奈川県) 女子団体 勝ち上がり表(PDF) 優勝 第2位 第3位 第3位 相原中学校 (神奈川県) 淑徳中学校 (東京都) 大成中学校 (愛知県) 広陵中学校 (奈良県) <決勝戦戦評> お互い攻め合うも決め手なく、時間終了。引き分け大将鳥海美幸△(上四方固/1:40)○佐藤安里 淑徳中(東京) △0-2○ 相原中(神奈川) 先鋒 金子洋花 △(横四方固/1:56)○ 芳田 司 中盤、芳田、金子の一本背負いを崩して寝技に移行し、横四方固め一本勝ち 中堅 橋本朱未 (引き分け/3:00) 田代未来 佐藤が払腰から寝技に移行し、上四方固、一本勝ち。 相原中が、寝技を活かした危なげない試合内容(2-0)で見事2連覇を達成した 男子団体優勝 企救中学校(福岡県) 男子団体 勝ち上がり表(PDF) 優勝 第2位 第3位 第3位 企救中学校 (福岡県) 小野中学校 (兵庫県) 大成中学校 (愛知県) 国士舘中学校 (東京都) <決勝戦戦評> 小野中(兵庫) △1-2○ 企救中(福岡) 先鋒 岡田大希 △(有効/3:00)○ 村上寛幸 序盤からお互い激しく攻め合い、岡田が、朽木倒しで有効を奪う。中盤、岡田の大外刈を、村上が小外刈で切り返し、技あり。 後半、村上が消極的柔道で教育的指導になるも試合終了 次鋒 河端祥也 ○(有効/3:00)△ 末永将洋 中盤、末永の朽木倒しを、河端が払腰で切り返し有効を奪う。後半、防御姿勢の末永に指導、さらに注意となり試合終了 中堅 田中嘉朗 △(有効/3:00)○ 竹内信康 前半、竹内が背負投で有効を先取する。お互い攻め合うも時間となり終了 副将 尾崎央達 (引分/3:00) 馬場圭佑 激しく攻め合うも決め手なく試合終了 大将 中井勇輔 (引分/3:00) 嶌田勝斗 中井が果敢に攻めるも決め手なく試合終了。昨年2位の企救中がリベンジで念願の初優勝を果たした 表彰式 44kg級優勝 森下麻衣選手 48kg級優勝 玉置桃選手 52kg級優勝 関花菜子選手 57kg級優勝 荻野香澄選手 63kg級優勝 田代未来選手 70kg級優勝 長内香月選手 70kg超級優勝 橋本朱未選手 女子個人戦 優勝 第2位 第3位 第3位 44kg級 勝ち上がり表(PDF) 森下麻衣(徳島・市場中) 岡本理帆(静岡・藤枝順心中) 納 杏奈(兵庫・鈴蘭台中) 松尾美沙(福岡・大刀洗中) 決勝戦 岡本理帆(静岡・藤枝順心中) △(僅差/3:00)○ 森下麻衣(徳島・市場中) お互い激しい組み手争いが続き、組ませなかった岡本に指導。決まり手のないまま、試合終了。判定(3-0)で岡本が勝つ 48kg級 勝ち上がり表(PDF) 玉置 桃(北海道・岩見沢光陵中) 小山亜利沙(群馬・塚沢中) 金子洋花(東京・淑徳中) 阿部菜那(秋田・本荘北中) 決勝戦 玉置 桃(北海道・岩見沢光陵中) ○(僅差/3:00)△ 小山亜利沙(群馬・塚沢中) 玉置は一本背負投と寝技、一方小山は一本背負投と大内刈でお互い激しく攻め合うも試合終了。判定(3-0)で玉置が勝つ 52kg級 勝ち上がり表(PDF) 関花菜子(北海道・琴似中) 米澤夏帆(高知・香長中) 忠政亮子(岡山・新田中) 飯塚貴恵(島根・出雲一中) 決勝戦 関花菜子(北海道・琴似中) ○(技あり/3:00)△ 米澤夏帆(高知・香長中) 関が序盤から積極的に背負投をかけて、寝技に持ち込むも8秒で解ける。後半、関が再度、寝技に持ち込み上四方固めで抑えるが、米澤が28秒(技あり)で逃れるも試合終了 57kg級 勝ち上がり表(PDF) 荻野香澄(埼玉・川越名細中) 松本千奈津(奈良・広陵中) 山西咲衣(徳島・松島中) 渡辺明里(静岡・富士宮第一中) 決勝戦 松本千奈津(奈良・広陵中) △(僅差/3:00)○ 荻野香澄(埼玉・川越名細中) お互い攻め合うも決め手なし。技の数が多かった荻野が判定(3-0)勝ち 63kg級 勝ち上がり表(PDF) 田代未来(神奈川・相原中) 津金 恵(長野・丘中) 千葉英里子(岡山・北陵中) 染野史栄里(埼玉・東松山南中) 決勝戦 田代未来(神奈川・相原中) ○(小外掛/1:42)△ 津金 恵(長野・丘中) 中盤、田代が小外掛を勢いよく仕掛ければ見事決まり一本勝ち。2連覇を達成 70kg級 勝ち上がり表(PDF) 長内香月(富山・芳野中) 吉田佳央理(東京・帝京中) 梅木真美(熊本・小国中) 中村友美(愛知・安城北中) 決勝戦 吉田佳央理(東京・帝京中) △(合わせ技/2:17)○ 長内香月(富山・芳野中) 中盤に、長内がすくい投げで技あり、さらに背負投で技ありを奪い、合わせ技一本で試合終了。長内の完勝であった 70kg超級 勝ち上がり表(PDF) 橋本朱未(東京・淑徳中) 藤原恵美(愛知・大成中) 堀 歩未(奈良・広陵中) 小島 ひかる(滋賀・八幡中) 決勝戦 橋本朱未(東京・淑徳中) ○(僅差/3:00)△ 藤原恵美(愛知・大成中) 序盤から橋本は払腰、藤原は袖釣込腰でお互い激しく攻め合う。決まり手のないまま判定になり僅差判定(2-1)で橋本が勝つ 表彰式 55㎏優勝 泉谷僚児選手 60㎏優勝 大島優磨選手 66㎏優勝 橋口祐葵選手 73㎏優勝 竹内信康選手 81㎏優勝 山本幸紀選手 90㎏優勝 杉山拓海選手 90kg超優勝 蔦田勝人選手 男子個人戦 優勝 第2位 第3位 第3位 55kg級 勝ち上がり表(PDF) 泉谷僚児(大阪・曙川中) 野村尚希(滋賀・田上中) 藤本貴大(岡山・鶴山中) 鈴木優希(静岡・常葉橘中) 決勝戦 泉谷僚児(大阪・曙川中) ○(技あり/3:00)△ 野村尚希(滋賀・田上中) 泉谷は序盤から積極的に技をしかけ肩車で技ありを奪う。中盤、肩車で有効、さらにもう一度肩車で有効を奪い試合時間終了 60kg級 勝ち上がり表(PDF) 大島優磨(徳島・阿波中) 上原貴哉(沖縄・与那原中) 廣川 諒(埼玉・江南中) 齋藤竣介(栃木・白鷗大学足利中) 決勝戦 大島優磨(徳島・阿波中) ○(背負投/0:55)△ 上原貴哉(沖縄・与那原中) 大島、思い切りよく背負投をかければ見事きまり一本勝ち 66kg級 勝ち上がり表(PDF) 橋口祐葵(東京・弦巻中) 渡邊風吹(愛知・大成中) 小林誠也(石川・北辰中) 元嶋一也(福岡・白光中) 決勝戦 渡邊風吹(愛知・大成中) △(僅差/3:00)○ 橋口祐葵(東京・弦巻中) お互い序盤から袖釣込腰をかけ激しく攻め合うも決まり手がなく、試合終了。技数の多かった橋口が判定勝ち(3-0) 73kg級 勝ち上がり表(PDF) 竹内信康(福岡・企救中) 村上洋平(愛媛・松山市立西中) 北浦大基(石川・高尾台中) 田村雅樹(静岡・浜松高台中) 決勝戦 竹内信康(福岡・企救中) ○(袈裟固/0:47)△ 村上洋平(愛媛・松山市立西中) 序盤から竹内が村上の背負投をくずし寝技に移行する。2度抑えるも村上が必至で逃れるが、3度目に袈裟固で抑え一本勝ち 81kg級 勝ち上がり表(PDF) 山本幸紀(神奈川・桐蔭学園中) 中上 駿(大阪・清風中) 松本吏世(滋賀・田上中) 渕原槙一(兵庫・姫路市立灘中) 決勝戦 中上 駿(大阪・清風中) △(小外刈/1:49)○ 山本幸紀(神奈川・桐蔭学園中) 序盤からお互い激しく攻め合う。中盤、山本が勢いよく小外刈にいけば見事に決まり一本勝ち 90kg級 勝ち上がり表(PDF) 杉山拓海(富山・芳野中) 渡邊大樹(熊本・天明中) 重松昌樹(広島・崇徳中) 岡田敏武(神奈川・桐蔭学園中) 決勝戦 杉山拓海(富山・芳野中) ○(僅差/3:00)△ 渡邊大樹(熊本・天明中) 両者、激しく攻め合うが決まり手がなく試合時間終了。杉山の判定勝ち(3-0) 90㎏超級 勝ち上がり表(PDF) 蔦田勝人(福岡・企救中) 後藤隆太郎(神奈川・神明中) 横山尭世(栃木・國學院栃木中) 神谷快(沖縄・南風原中) 決勝戦 蔦田勝人(福岡・企救中) ○(僅差/3:00)△ 後藤隆太郎(神奈川・神明中) 嶌田は内股、後藤は内股を返す展開で進むが試合終了。先手攻撃した嶌田が判定勝ち(3-0) 大会要項 主  催 (財)日本中学校体育連盟 (財)全日本柔道連盟 沖縄県教育委員会 那覇市教育委員会 主  管 九州中学校体育連盟 沖縄県中学校体育連盟 沖縄県柔道連盟 那覇地区中学校体育連盟 島尻地区中学校体育連盟 後  援 文部科学省 全日本中学校長会 全国都道府県教育長協議会 全国市町村教育委員会連合会 NHK (財)講道館 全国新聞社事業協会朝日新聞社 毎日新聞社 沖縄県 那覇市(財)沖縄県体育協会 沖縄県中学校長会 沖縄県PTA連合会 沖縄タイムス社 琉球新報社 沖縄テレビ 琉球放送 琉球朝日放送 期  日 (1) 開 会 式  平成21年8月22日(土)12時00分 ~ (2) 競   技  平成21年8月22日(土) 13時00分~8月25日(火) 4日間 (3) 閉 会 式  平成21年8月25日(火)15時45分 予定 会  場 沖縄県立武道館 〒900-0024 那覇市奥武山町52番地 TEL 098-858-2700 競技日程 日 程 摘  要 8月21日(金) [女子団体戦計量] 8月22日(土) 10:00~10:30 審判会議 10:50~11:30 監督会議 12:00~12:45 開会式 13:00~17:00 女子団体戦 17:15~17:30 女子団体戦表彰式 [男子団体戦計量] 8月23日(日) 8:30~8:50 審判打合せ 9:00~16:00 男子団体戦 16:15~16:30 男子団体戦表彰式 [女子個人戦計量] 8月24日(月) 8:30~8:50 審判打合せ 9:00~16:00 女子個人戦 16:15~16:30 女子個人戦表彰式 [男子個人戦計量] 8月25日(火) 8:10~8:30 審判打合せ 8:40~15:30 男子個人戦 15:45~16:15 男子個人戦表彰式 閉会式 ...

Read More →

第16回環太平洋シニア柔道選手権大会結果(09.8.20)

[ 2009年8月15日 to 2009年8月16日. ] 第16回環太平洋シニア柔道選手権大会  8月15日(土)・16日(日)に台湾・台北市で第16回環太平洋シニア柔道選手権大会が開催されました。10の国と地域から総勢109名(男子57名、女子52名)の選手が集まり、争われた。 日本選手団とその結果は以下の通り。 団長 栗原 考至(東芝キャリア) 監督 郷田 博史(全日本実業柔道連盟 旭化成) 男子コーチ 小橋 秀規(綜合警備保障) 女子コーチ 平岩 朋二(セコム) マネージャー 春山 敏美(全日本実業柔道連盟) 男子 女子 無差別級 鈴木 龍(日本中央競馬会) 3位 無差別級 立山 真衣(フォーリーフジャパン) 優勝 100kg超級 市川 裕司(京葉ガス) 3位 78kg超級 立山 真衣(フォーリーフジャパン) 優勝 100kg級 奥井 真也(東芝プラントシステム) 優勝 78kg級 鳥谷部 真弓(セコム) 優勝 90kg級 有留 秀宜(綜合警備保障) 優勝 70kg級 植木 順子(セコム) 優勝 81kg級 山本 泰三(九州電力) 優勝 63kg級 阿部 香菜(三井住友海上火災保険) 優勝 73kg級 赤迫 諒介(戸髙鉱業社) 優勝 57kg級 宇髙 菜絵(コマツ) 優勝 66kg級 田畑 大地(センコー) 3位 52kg級 小島 愛子(自衛隊体育学校) 2位 60kg級 和泉 強志(自衛隊体育学校) 2位 48kg級 宝 真由美(コマツ) 優勝 ...

Read More →

第3回全日本男子合宿・第5回全日本女子合宿

第3回全日本男子合宿・第5回全日本女子合宿  8月17日(月)から20日(木)まで、味の素ナショナルトレーニングセンターにて、第3回全日本男子合宿、第5回全日本女子合宿がそれぞれ行われている。初日の17日午後の練習はマスコミ関係者にも公開された。世界選手権前の調整合宿ではあるものの、選手たちは練習に意欲的に取り組み、汗を流した。 練習の合間に、篠原信一・園田隆二両監督の囲み取材も道場で行われ、世界選手権に向けての想いを語った。 また、午後の練習前には、マスコミ関係者を集めての世界選手権に向けた勉強会も行われ、直前に迫った大会で日本選手のライバルとなる選手たち、会場について等、約1時間半にわたって説明がなされた。 勉強会の様子             篠原信一監督 「選手それぞれ厳しい稽古に耐えてきた。全員が金を取れる力を持っている。今までやってきたこと、それぞれの力を信じて世界選手権を戦ってほしい」 園田隆二監督 「自分たちのやってきた苦しい練習を出しきればメダルは取れる。1試合1試合を戦い抜いてほしい」 ...

Read More →

ロッテルダム世界選手権男子日本代表選手 壮行式(09.8.12)

ロッテルダム世界選手権男子日本代表選手 壮行式(09.8.12)  8月12日(水)午後2時から、台場にある特設ステージにて、フジテレビと全柔連の共催の壮行会が行われ、世界選手権男子代表選手と篠原信一監督が出席し、観客や報道関係者あわせて800名以上が集まりました。 選手たちはそれぞれ世界選手権に向けての意気込みを述べ、会場に来ていた小学生からの質問にユーモアを交えて答えたり、平井理央アナウンサーを相手に背負い投げの仕方を見せるなど、会場は盛り上がりを見せました。 【代表選手の意気込み】 60㎏級・平岡拓晃選手 「世界一になりたい。表彰台の一番高いところに立ちたい」 66㎏級・内柴正人選手 「世界の舞台に立てることを感謝して世界一を目指します」 73㎏級・大束正彦選手 「一番年齢が若いですが、妥協することなく一戦一戦を戦い、優勝目指します」 81㎏級・塘内将彦選手 「一つ一つの試合を大事に自分の力を出し切り結果を残したい」 90㎏級・小野卓志選手 「一試合一試合 柔道を楽しみながら試合をしていきたい」 100㎏級・穴井隆将選手 「自分らしい一本をとる柔道をし、金メダルを目指して頑張ります」 100kg超級・棟田康幸選手 「立技でも寝技でも一本の柔道し、自分の力を発揮するだけです」 篠原信一監督 「7階級で金メダルを目指します。選手たちにはそれだけの稽古をさせてきました。あとは選手がいい状態で試合に臨むことがメダルにつながると思います。今日この縁をきっかけに応援してほしい。期待してください。」 ~全柔連からのお知らせ~ 2009世界選手権代表選手団 全日本柔道連盟の壮行式を開催します! 日時:8月18日(火) 時間:午後5時30分~午後6時 場所:講道館新館7階 大道場 一般の方も8階観覧席から参加できますので、ぜひ足を運んで選手団を激励しましょう! ...

Read More →

ドイツジュニア国際大会(09.8.10)

[ 2009年8月8日 to 2009年8月9日. ] ドイツジュニア国際大会 2009日8月8日(土)~9日(日)にドイツ・ベルリンで開催されたドイツジュニア国際大会の日本選手団の結果は下記のとおり。 階級 氏名 結果 100kg級 高木 海帆(東海大学1年) 優勝 90kg級 西山 大希(筑波大学1年) 優勝 81kg級 川上 智弘(國學院大學2年) 2位 北野 裕一(國學院大學1年) 7位 73kg級 中川 裕喜(日本大学1年) 3位 66kg級 小寺 将史(筑波大学1年) 優勝 森下 純平(筑波大学1年) 2位 60kg級 山本 浩史(日本体育大学2年) 優勝 松木 武志(国士舘大学1年) 2位 ※女子選手の派遣はありません。 ...

Read More →

平成21年度第58回全国高等学校柔道大会結果動画更新(09.8.18)

[ 2009年8月8日 to 2009年8月12日. ] 平成21年度第58回全国高等学校柔道大会(天理大学杣之内第一体育館)  2009年8月8日~12日の日程で奈良県・天理大学杣之内第一体育館にて行われていた第58回全国高等学校柔道大会は男子団体戦で神奈川県・東海大相模高等学校が昨年に引き続き優勝した。女子団体戦は埼玉・埼玉栄高等学校が4年ぶりに優勝した。 詳しくは下記の通り。 大会結果 【男子団体戦】 決勝戦動画 東海大相模高等学校 3-0 国士舘高等学校 先鋒 movie 野村 幸汰 ☓ 田中 大貴 次鋒 movie 王子谷剛志 ○指導2△ 手嶋将太郎 中堅 movie 藤井 岳 ☓ 浅沼 拓海 副将 movie 橋本 壮市 ○朽木倒△ 井上 貴裕 大将 movie 羽賀龍之介 ○内股△ 佐藤 雄哉 【男子個人戦】 階級 決勝戦動画 優勝 2位 3位 3位 60kg級 movie 志々目 徹(宮崎日大高校) 島 達人(京都学園高校) 駒杵 嵩大(白鴎大足利高校) 澤田 涼(清風高校) 66kg級 movie 横山 広伸(天理高校) 高上 智史(桐蔭学園高校) 清水 健登(京都共栄学園高校) 坂野裕次朗(岡豊高校) 73kg級 movie 六郷 雄平(大成高校) 西山 雄希(桐蔭学園高校) 石川 純平(近大福山高校) 森 勇貴(天理高校) 81kg級 movie 橋本 壮市(東海大相模高校) 渡辺 勇人(東海大浦安高校) 山根 士(鶴来高校) 清水 大樹(大成高校) 90kg級 movie 阿部 大治(豊栄高校) 樋口 涼(柳ケ浦高校) 臼井 郁人(土浦日大高校) 門脇 直生(松江北高校) 100kg級 movie 羽賀 龍之介(東海大相模高校) 小比類巻 裕(青森北高校) 土谷 雄輔(花咲徳栄高校) 古内 孝明(東北学院高校) 100kg超級 movie 水田 良一(福岡大大濠高校) 村上 拓(桐蔭学園高校) 渡辺 祥真(沼津高校) 奥村 達郎(東海大仰星高校) 【女子団体戦】 決勝戦動画 埼玉栄高等学校 3-0 淑徳高等学校 先鋒 movie 前田 奈恵子 ○優勢△ 金子 瑛美 中堅 movie 菅原 歩巴 ○優勢△ 太田 晴奈 大将 movie 烏帽子 美久 ○払い腰△ 川戸 郁香 【女子個人戦】 階級 決勝戦動画 優勝 2位 3位 3位 48kg級 movie 饒平名 知子(沖縄尚学高校) 太田 成美(埼玉栄高校) 臼井 茜(横須賀学院高校) 久賀 麻美(南筑高校) 52kg級 movie 谷本 和(南筑高校) 野々部 千尋(弥富高校) 角田 夏実(八千代高校) 中西 悠(比叡山高校) 57kg級 movie 武村 綾華(埼玉栄高校) 鳥居 加奈(南筑高校) 塚田 紗矢(国学院栃木高校) 金子 瑛美(淑徳高校) 63kg級 movie 馬場 菜津美(埼玉栄高校) 宮下 寿子(松商学園高校) 太田 晴奈(淑徳高校) 安松 春香(国東高校) 70kg級 movie 野田 亜海(東北高校) 結城 久美子(敬愛高校) 石井 優花(秋田北高校) 河野 愛美(国東高校) 78kg級 movie 佐藤 瑠香(八幡工業高校) 牧野 夢果(奈良育英高校) 松本 友紀子(東大阪大敬愛高校) 中島 美雪(名張高校) 78kg超級 movie 烏帽子 美久(埼玉栄高校) 井上 愛美(新田高校) 後藤 美和(阿蘇高校) 渡部 紫織(鶯谷高校) 大会風景 男子団体戦決勝戦1 男子団体戦決勝戦2 男子団体戦決勝戦3 表彰式 男子団体戦 優勝 東海大相模高等学校 男子団体戦 準優勝 国士舘高等学校 男子団体戦 第三位 大成高等学校 男子団体戦 第三位 上宮高等学校 男子個人戦 60㎏級・優勝 志々目徹 宮崎日大(宮崎) 66kg級・優勝 横山広伸 天理(奈良) 73kg級・優勝 六郷雄平 大成(愛知) 81kg級・優勝 橋本壮市 東海大相模(神奈川) 90kg級・優勝 阿部大治 豊栄(新潟) 100kg級・優勝 羽賀龍之介 東海大相模(神奈川) 100kg超・優勝 水田良一  福岡大大濠(福岡) 実施要項 主  催 (財)全国高等学校体育連盟 (財)全日本柔道連盟 奈良県 奈良県教育委員会 天理市 天理市教育委員会 後  援 文部科学省 (財)日本体育協会 日本放送協会 (財)奈良県体育協会 天理市体育協会 主  管 (財)全国高等学校体育連盟柔道部 奈良高等学校体育連盟 奈良県柔道連盟 協  賛 コカ・コーラ 期  日 (1) 開 会 式  平成21年8月8日(土)9時00分~ (2) 競   技  平成21年8月8日(土) [...] ...

Read More →

平成21年度全日本少年少女武道錬成大会 結果(09.8.7)

[ 2009年8月2日; ] 平成21年度全日本少年少女武道錬成大会 2009年8月2日(日)、日本武道館にて、41回を数える、平成21年度全日本少年少女武道錬成大会が行われた。 大会は、基本錬成と試合錬成で構成され、試合錬成は、低学年(3、4年生)の部と、高学年(5、6年)の部に分かれて行われる。今年は全国から基本錬成に164道場、試合錬成高学年の部に318道場、低学年の部に247道場が参加した。 午前8時40分の入場に始まり、すべての試合が終了したのは午後6時39分だった。 試合は、日本武道館内に15試合場を作り、試合場周りは参加する小学生たちでふくれあがった。試合が進んでいくと同時に、各試合会場では、しっかりと組み、一本をとる柔道が沢山みられ、日々の稽古の成果を存分に発揮していた。 試合結果は次の通り 【高学年の部】 優秀賞 ▽ 第1ブロック 羽田野道場(愛知) ▽ 第2ブロック 橿原市柔道クラブ(奈良) ▽ 第3ブロック 松前柔道塾(東京) ▽ 第4ブロック 朝飛道場(神奈川) 優良賞 ▽ 第1ブロック 羽島柔道少年団(岐阜) ▽ 第2ブロック 岩舟柔道会(栃木) ▽ 第3ブロック 竹野道場(石川) ▽ 第4ブロック 力善柔道クラブ(茨城) 敢闘賞 ▽ 第1ブロック 一心館菅谷道場(茨城) 西部柔道クラブ(和歌山) ▽ 第2ブロック 高尾警察少年柔道部(東京) 一成塾柔道場(宮崎) ▽ 第3ブロック 鈴木道場(東京) 臥牛館道場(東京) ▽ 第4ブロック 一道館田代道場(東京) 下妻優心塾(茨城) 【低学年の部】 優秀賞 ▽ 第5ブロック 臥牛館道場(東京) ▽ 第6ブロック 黒田庄柔道協会(兵庫県) ▽ 第7ブロック USA sjc(大分) ▽ 第8ブロック 無心塾飯島道場(茨城) 優良賞 ▽ 第5ブロック 橿原市柔道クラブ(奈良) ▽ 第6ブロック 東福岡柔道教室(福岡) ▽ 第7ブロック 朝飛道場(神奈川) ▽ 第8ブロック 守口東部少年柔道教室(大阪) 敢闘賞 ▽ 第5ブロック 静岡錬心館(静岡) つくばユナイテッド柔道(茨城) ▽ 第6ブロック 寒川柔友会(神奈川) 大津柔道協会(滋賀) ▽ 第7ブロック 都賀少年柔道教室(栃木) 国士舘少年柔道教室(東京) ▽ 第8ブロック 吉田道場(東京) 野木町柔道クラブ(栃木) 会場には15試合場 稽古の様子 第1ブロック 羽田野道場(愛知) 第2ブロック 橿原市柔道クラブ(奈良) 第3ブロック 松前柔道塾(東京) 第4ブロック 朝飛道場(神奈川) 第5ブロック 臥牛館道場(東京) 第6ブロック 黒田庄柔道協会(兵庫県) 第7ブロック USAsjc(大分) 第8ブロック 無心塾飯島道場(茨城) 表彰式 優秀賞 ...

Read More →

2009年世界カデ選手権大会結果(09.8.10)

[ 2009年8月6日 to 2009年8月9日. ] 2009年世界カデ選手権大会(ハンガリー・ブダペスト)  2009年8月6日(木)~9日(日)にハンガリー・ブダペストにて行なわれた世界カデ選手権大会の日本選手団の結果は16階級中6階級で優勝した。選手は8月2日に成田を出発し、11日に帰国予定。 団長 斉藤  仁(国士舘大学) 副団長 浅野 哲男(大泉北中学校) 男子監督 大迫 明伸(旭化成) 女子監督 野瀬 清喜(埼玉大学) 男子ジュニアコーチ 小嶋 新太(日本体育大学) 女子ジュニアコーチ 三戸 範之(秋田大学) 女子ジュニアコーチ 松雪 博(兵庫県警察) 男子ジュニアコーチ 松本 勇治(神奈川県警察) 女子ジュニアコーチ 渡辺 涼子(金沢学院大学) 女子ジュニアコーチ 阿武 教子(警視庁) 男子 女子 90kg超級 遠藤 翼(東京・国士舘高校1年) 3位 70kg超級 藤原 恵美(愛知・大成中学校3年) 2位 90kg級 五十嵐 涼亮(東京・国士舘高校1年) 優勝 70kg級 内尾 友紀(神奈川・白鵬女子高校1年) 5位 81kg級 富沢 裕一(神奈川・東海大学相模高校1年) 3回戦敗退 63kg級 田代 未来(神奈川・相原中学校3年) 優勝 73kg級 松原 悠(埼玉・埼玉栄高校1年) 2回戦敗退 57kg級 岡本 悠理(京都・京都学園高校1年) 2位 66kg級 丸山 城士郎(神奈川・桐蔭学園高校1年) 2回戦敗退 52kg級 宮川 拓美(石川・北陸大谷高校1年) 3位 60kg級 高藤 直寿(神奈川・東海大学相模高校1年) 優勝 48kg級 遠藤 宏美(滋賀・比叡山高校2年) 優勝 55kg級 藤澤 征憲(東京・足立学園高校1年) 優勝 44kg級 森下 麻衣(徳島・市場中学校3年) 優勝 50kg級 泉谷 僚児(大阪・八尾市立曙川中学校3年) 1回戦敗退 40kg級 安達 沙緒里(島根・出雲第一中学校3年) 3位 ...

Read More →

ロッテルダム世界選手権女子日本代表選手 壮行式(09.8.6)

ロッテルダム世界選手権女子日本代表選手 壮行式(09.8.6)  2009年8月6日(木)午後、世界柔道選手権大会日本女子代表選手7名と園田隆二監督が、東京台場で行われたフジテレビとの共催壮行会に出席した。 7月31日から北海道・釧路で行われていた合宿最終日となったこの日、午前中のトレーニングを終え、空路帰京後すぐに会場へと向かった。 多くの観客が見守るなか、日の丸の付いた白柔道衣をまとった選手7名と、スーツ姿の園田監督。合宿の疲れも見せることなく、会場に集まった観客の前で、各選手は世界選手権へ向けての意気込みを述べた。 【代表選手の意気込み】 48㎏級 福見友子選手 「自分らしい柔道で優勝を目指します」 52㎏級 中村美里選手 「北京(オリンピック)の悔しさを思い出して、全力で金メダルをとりにいきます」 57㎏級 松本 薫選手 「力を出し切り、金メダルを目指します」 63㎏級 上野順恵選手 「自信を持って、思いきりのある柔道をします」 70㎏級 渡辺美奈選手 「相手にスキを与えないくらい、ガツガツと攻めていきたいです」 78㎏級 中澤さえ選手 「2大会(エジプトとブラジル)銀メダルで悔しい思いをしたので、その思いを試合にぶつけたい」 78㎏超級 塚田真希選手 「北京(オリンピック)のあと、気持ちが折れそうにもなりましたが、いろいろな方の応援の後押しがありました。皆さんの応援は力になります。頑張りたいです」 園田隆二女子監督 「仕上がりは万全です。代表全員金メダルを取れる、金メダルに近い位置にいる選手。力を出し切ってほしいと思います。皆さんの大きな声援を宜しくお願いします」 男子代表選手7名と篠原信一監督は、12日(水)に同所にて壮行会に参加する。 また、8月18日(火)には、講道館にて全日本柔道連盟の壮行式が男女選手団全員揃って行われる。入場無料・全席自由で8階の大道場から観覧できます。ぜひお越しください。 ...

Read More →