青年海外協力隊員エルサルバドル柔道指導報告(08.7.30)

あの日見た夢を追い求めて・・・(青年海外協力隊員エルサルバドル柔道指導報告) 17年度3次隊 エルサルバドル 下谷 英克 1.協力隊への志望動機 私は、小学4年から父の影響で柔道を習い始め、中学、高校、大学、そして1997年、千葉県警察官を拝命し、2005年までの8年間、千葉県警察柔道特別 訓練員として全国大会初め各種大会に向けて優勝を目指し稽古に励んできた。この20年間どんな時でも常に夢は大きく持ち、その夢に向かって自分なりに精一 杯努力してきたつもりだった。 しかし、結局は納得のいく結果は出す事が出来ずに、その夢は叶うことなく監督から肩を叩かれ現役を退く形となった。勿論勝負の世界、弱者は去らなければい けないことは重々承知だった。しかし、私自身このまま夢を諦めて次へ進むという事がどうしてもできなかった。柔道は勝負に勝つということを前提にやってき たわけだが、果たしてそれだけなのであろうか?柔道とはもっと広く、もっと奥深いものではないのではないのだろうかという疑問も持ち始めていた。そんな 中、目に飛び込んできたのが、「青年海外協力隊」という募集であった。「これだ、これしかない、このチャンスを逃したら一生後悔する。」私は、一度は諦め かけていた柔道家の夢を海外の柔道家達ともう一度追い続けたい、柔道を外の世界から見つめ直してみたい、そういう思いで、職場、家族の理解を得て協力隊員 へと挑戦する事が出来た。 (駒ヶ根訓練所にて語学研修中) (サンサルバドル県中心街) 2.青年海外協力隊員として 青年海外協力隊について簡単に触れておきたい。「青年海外協力隊」とは日本政府が行う政発援助「ODA」の一環として、外務省が管轄する独立行政法人国際 協力機構「JICA」が技術協力を目的として実施する、海外ボランティア派遣制度である。募集年齢は20~39歳までで、派遣期間は2年間、家族がいると しても連れて行くことが出来ず、単身赴任としての派遣となる。では、技術協力といって具体的にはどういう活動をするかというと、派遣された国(世界約80 カ国)に現地の人々と共に生活し、現地の言葉を話し、相互の理解を図りながら、技術、知識を活かしながら発展途上国のよりよい国づくり、人づくりを目指し ていくものである。活動分野も多岐にわたり、農林水産、加工、保守操作、土木建築、保健衛生、教育文化、スポーツ、計画、行政の分野などがあり、約120 の職種がある。そして、協力隊員候補生として合格が決まると約70日間の派遣前訓練が福島県(二本松市)長野県(駒ヶ根市)で、派遣国によって振り分けら れ実施される。派遣前訓練とは、赴任国での公用語を集中的に学習するほか、協力隊員の理念、国際協力、異文化理解、赴任国事情の把握などを学び、充実した ボランティア活動が出来る様に行われるためのものである。 さて、隊員候補生として無事合格し、期待に胸を膨らませながら臨んだ長野県駒ヶ根での派遣前訓練ではあったが、その訓練は私の想像を遥かに絶するものであ り、何と言っても辛かったのが語学訓練だった。私の派遣国エルサルバドルは言語がスペイン語なのだが、英語を除く他の隊員の派遣国の言語(フランス語、ベ ンガル語、シンハラ語、ウルドゥ語、ネパール語)よりかは比較的簡単とされていた。しかし、現実にはそんなことは一切なく、周りの人よりも何倍も記憶力が 劣る私は毎日の授業時間(5時間)プラス、授業での宿題をこなす為にその時間より更に多い(5~7時間)勉強時間を要していた。授業内容は本当にハードな ものだった。しかし、それは当たり前の事である。何しろこのたった70間の訓練、そして、現地での1ヶ月の訓練を終えたら、派遣国で現地の言葉のみで2年 間生活しなければならなからだ。当然通訳など一切ない、危険な目に遭遇した時、あの単語一つさえ知っていれば命が助かったと言うケースも過去にあったとい う。訓練所長は、「言語は自分の命を救う為の最大の武器である」といっていた。本当にその通りだ。だから苦しい授業にも皆必死に耐えた。 終了試験前に差し掛かった時には、隊員の中には授業についていくことが出来ず、泣き出す者も何人もいた。朝のランニングの時間、廊下ですれ違う時、風呂に 入る時でも皆、経を唱えるかのように繰り返し口にして単語を覚えていた。一週間、派遣国の言語以外の言葉を口にしてはいけないという週もあった。スペル一 字間違えて書いてしまっただけでも、「その一字を甘く考えすぎている、その一字間違えただけで全く意味が通じなくなるんだ!」と、先生に激怒されたことも しばしばあった。とにかくこれでもかと言うくらい語学では追い込まされた。そして、それだけならまだしも、毎週のように行われた予防接種(計10本)と、 朝の急なアップとダウンしかない坂道3キロメートルのランニングが、毎晩寝不足で弱った体には容赦なく応えた。それでも、真夜中の休憩の一時、窓の外から 眺める満天の星空を見上げては、エルサルバドルの柔道家達と稽古している事を常に思い描いていた。気がつけば、この過酷な訓練によって私の派遣国エルサル バドルに対する想いがより強く、確かなものになっていった。 かくして、語学最終試験をクリアした私は、その10日後、2006年3月27日から2008年3月26日までの2年間、エルサルバドルでの活動をスタートする事となった。 (サンミゲル県 景色) (サンサルバトル県 ナショナルチーム) 3.エルサルバドル共和国 「エルサルバドル」という国名を聞いて、「あー、あの国か」とピンとくる人はどれ位いるであろう?恐らくごく僅かではないであろうか。私自身も合格通知が 届き任国「エルサルバドル」と書かれてあったのを見て、「一体何処の国だ!ここは?」と思ったのが正直な感想だった。職場の上司にも派遣国が決まりました と国名を告げても、必ずといっていいほど次の日に返ってくる国名は「お前が行く国エクアドルだよな?」だった。そこで、この文を読んで頂いた機会にエルサ ルバドルという国を是非知って頂きたいと思う。エルサルバドル(正式名称 エルサルバドル共和国)はアメリ大陸中央部(中米)に位置している国であり、そ の名前の意味はスペイン語で「救世主」と言われている。しかし、名前と裏腹に実に悲惨な歴史的な背景があり、1980年から1992年までの間には、内戦 が行われ死者7万5千人を出し、2001年には大震災に見舞われ約千人もの命が失われた。 (スチトト教会) (ププサ) エルサルバドルの位置関係は、隣国が北西にグアテマラ、北と東にはホンジュラス、南と西には太平洋と面している。人口は、約687万人(2005年)、面 積は、21、040平方キロメートルで日本の四国とほぼ同じであり、カリブ海諸国を除いては米州大陸国家では最小ではあるが、人口密度では米州最高を誇っ ている。地方行政区分は14の県に分かれている。首都はサンサルバドル県、私の2年間の活動はこのサンサルバドル県が主であった。日本との時差はマイナス 15時間、公用語はスペイン語で、宗教は伝統的にローマ、カトリックが主である。気候は熱帯気候であり、雨季(5月~10月)乾季(11月~4月)にはっ きり分かれている。しかし、地域によって気温は大きく異なり、首都サンサルバドル県は海抜690mの高地にあり、年間を通じて低湿で凌ぎやすいのだが、海 岸地方だと日本の盛夏のように蒸し暑い。首都に住むエルサルバドル人が地方都市を表す時のゼスチャーとして、額の汗を振り払うという仕草を見せるがそれも 十分頷ける。食文化は、トウモロコシを中心としたものが特に多く、エルサルバドル発祥であり代表的な食べ物が「ププサ」である。エルサルバドル風お好み焼 きとでも言っていいのだろうか、円形にしたトウモロコシの生地の中に、チーズや豚肉やフリフォーレス(小豆の甘さがないの)などを包み込み、熱したフライ パンで焼き上げるといったものだ。帰国して2ヶ月経つが、残念なことにこれといってエルサルバドルの料理が恋しいと感じたことはまだない・・ それから風俗、習慣であるが、スペイン統治から独立を果たしたラテン文化であり、いわゆる「ラテン気質」や「ラテン風」といったものを強く感じられるかと は思ったが、意外にもそれほどではなく、陽気度は他国に比べたら低い。しかし、音楽に合わせて自然に踊る姿は、さすがに日本人では決してまねの出来ないも のを感じた。それからエルサルバドルは中米国の中でも珍しくに真面目で勤勉であり、他国からは「中米の日本」と言われているそうだ。これは私自身の2年間 の活動でも随所に頷ける部分があった。しかし、その一方で治安の悪さも感じざるを得ない。犯罪にあっては武装集団による店舗襲撃、強盗、殺人等の凶悪犯 罪、または盗難、置き引きなど一般犯罪もとても多い。その中でも特に犯罪の中心となるのが青少年犯罪組織「マラス」の存在だ。青少年だからと言って甘く考 えていたら大間違いだ。彼らは通常、特定のエリアに生活しているのだが、万が一でもこの集団に手食わしたとしたら、無条件で彼らの指示に従うしかない。そ の場で何とかなると思い抵抗して逃げ切ったとしても、彼らは必ず復讐してくる。現地警察官でも逮捕の時には必ず覆面をしている。彼らに顔を覚えられたら必 ず復讐され殺されるからだ。今考えてもぞっとするが私も、けん銃で射殺された遺体を3回見た。どうみてもまだ犯行から間もない状況だ。しかし、何と言って もその殺され方は本当に惨い。大体3発撃たれているのが多いのだが、その内の一発は必ず顔面に命中されている。つまり間違いなく殺すという意識で撃ってい るのだ。そういうこともあり、とにかく何処を見渡しても睨みを効かせて機関銃を構えている警備員、警察官があちらこちらにいる。いつ何があるか分からない 状態だ、銃を手にしている指は常に引き金に掛かっている。私も恥かしい話ではあるが、けん銃使用によるバス内での強盗の被害に遭遇してしまった。しかし、 安全と言われている時間帯、場所だけであっただけに、どうにも仕方なかったと言わざるを得ない。つまりこの国に住んでいる以上、安全なところなどどこにも 無いのだ。また、仮に柔道5段、警察官という気持ちが働き、少しでも抵抗していたとしたら私の命は間違いなくなかったであろう。 4.エルサルバドル柔道家との出会い 3月27日にエルサルバドルに到着し、数日間の現地JICA事務所でのオリエンテーション、それから4月一杯の現地語学訓練を経て、いよいよ記念すべき5 月4日、職場であるエルサルバドル柔道連盟へとたどり着く事ができた。そして、いよいよ初日、扉を開け入った先には、目の前に「Bien Venido Profesor [...] ...

Read More →

日本オリンピック委員会結団式・壮行会(08.7.29)

日本オリンピック委員会結団式・壮行会(2008.7.29)  2008年7月28日(月)都内のホテルで、日本オリンピック委員会(JOC)による第29回オリンピック競技大会(2008/北京)日本代表選手団の結団式及び壮行会が行なわれた。 結団式は、秋川雅史氏による国歌斉唱でスタート。 竹田恆和日本オリンピック委員会会長が「日々精進し、鍛錬し栄えある代表となった皆さん、体調管理し万全を期してください。己の力を存分に発揮し栄光を勝ち取れるよう期待します」と挨拶した。 日本代表選手団紹介では、福田富明団長をはじめ、本連盟専務理事の上村春樹総監督、主将を務める鈴木桂治選手に続き、本部役員以下、陸上競技をはじめに、各競技ごと代表選手団の紹介があり、柔道は15番目の紹介となった。 鈴木主将は「参加することを誇りに思い、栄光を勝ち取る決意を持ち、各国選手と友好を深め、世界平和に貢献することを誓います」と力強く決意表明した。 続く壮行式では福田康夫内閣総理大臣、鴨下一郎環境大臣から挨拶をいただき、森喜朗日本体育協会会長の発声で乾杯となった。 途中、激励ライブや激励メッセージなどで終始和やかな雰囲気で行なわれた。 壮行式後、会見に出席した鈴木主将は、「主将としてはじめての仕事をした感じ。日本チームの勢いを柔道でつけたい。何が何でも勝つという気持ちを前面に出して戦いたい」と話した。また同席した上村総監督も「やりきることをやった。残り10日間、自信をもって戦いきり、攻めきり、勝ちきりたい」と話した。 ...

Read More →

第33回全国教員柔道大会結果(08.7.28)

[ 2008年7月27日; ] 平成20年7月27日(日)に新潟市豊栄総合体育館にて第33回全国教員柔道大会が行われた。 接戦の末、神奈川県が4年ぶり5回目の優勝を果たした。 審判会議風景 監督会議風景 多年度出場表彰 左20回出場南睦志(滋賀県) 右15回出場鏑木文隆(神奈川県) 大会会場風景   表彰式 優勝 神奈川県チーム 勝ち上がり表(PDF) 【日  時】 平成20年7月27日(日)競技開始 午前9時00分 (午後3時15分終了予定) 【会  場】 新潟市豊栄総合体育館 ≪試合場4面≫ 〒950-3322 新潟市北区嘉山488-3  Tel (025)386-7511 Fax (025)386-8787 【計量】体重制限のある先鋒・次鋒に出場する選手は,下記の通り計量を受けること。 (1) 日 時  7月26日(土)午後3時20分~午後3時50分(非公式計量 午後2時50分~午後3時20分) (2) 会 場  新潟市豊栄総合体育館「第1会議室」 【練習会場】 (1) 場 所  新潟市豊栄総合体育館「中体育室」(3面) (2) 前日の開放時間  午後1時から午後5時まで 【審判規定】 (1) 講道館柔道試合審判規定で行い,試合時間は4分間とする。 (2) 「優勢勝ち」の判定基準は,規定第40条(2)号「有効」または「注意」以上とする。ただし,代表戦は同(3)号により僅少差をもって決する。 【試合方法】 (1) トーナメント方式による,都道府県対抗の団体戦で行う。 (2) チーム間の勝敗は次の方法により決定する。 ア 勝者数(「一本勝ち」,「優勢勝ち」を問わない)の多い方を勝ちとする。 イ アにおいて同等の場合は,「一本勝ち」(またはそれと同等の勝ちを含む)の多い方を勝ちとする。 ウ イにおいて同等の場合は,「技あり」または「警告」による「優勢勝ち」の多い方を勝ちとする。 エ ウにおいて同等の場合は,1名による代表戦で決する。 【諸会議】 (1) 審判会議 ① 日 時  平成20年7月26日(土)午後2時30分 ② 会 場  ホテルひさご荘 「弥生の間」 (2) 監督会議 ① 日 時  平成20年7月26日(土)午後4時30分 ② 会 場  ホテルひさご荘 「弥生の間」 ...

Read More →

ポーランドジュニア国際大会結果(08.7.31)

[ 2008年7月26日 to 2008年7月27日. ] ポーランドジュニア国際大会結果(2008.7.31) 2008年7月26日~27日にポーランド・グダニスクにて行われたポーランドジュニア国際大会の結果は下記の通り。 【選手団名簿】 監督 窪田和則(警視庁) 100kg級 村上 祐二(日本体育大学1年) 5位 100kg級 寺島 克興(国士舘大学1年) 3回戦、敗復2回戦敗退 73kg級 八巻 祐(東海大学2年) 5位 60kg級 蓬田 克也(東海大学1年) 2位 男子 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 ランティンガ シュナイダー クルゼフ ポルヤンスコフ ホヴァニシアン フイスマン リナータス NED GER RUS RUS FRA NED LTU 2位 蓬田 モロゾフ ガットシュ ミエルカレク ヒデブランド サバティアー シャールシュミット JPN LAT GER POL GER FRA GER 3位 コピスケ バンデカマー トンデラ マリトーネ デラクロス ルチン ブリノフ GER NED POL FRA NED UKR UKR デュプラト バドリク フェルナンデス バンリーウェン ジョエーゲンセン マーツェヴィッチ ブレイトバード FRA GBR POR NED DEN BLR GER 5位 ベンネット マルコゼウスキー 八巻 コズォフスキ ニーマン 村上 スタンシウ NED POL JPN POL SWE JPN ROM ツキエフィック ビルコウスキー ウイリアムス スロットボーム ミナシュキン ボルコウィスキ スパルディング FRA POL GBR NED EST GER GBR 100kg級 村上 祐二(日本体育大学1年) 5位 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 フィレク ボコフスキー サバティアー ルチン 国 名 POL GER FRA UKR 内 容 ○ ○ △ △ 決り技 背負投 払腰 掬投 指導1 100kg級 寺島 克興(国士舘大学1年)  3回戦、敗復2回戦敗退 2回戦 3回戦 敗復2回戦 相手名 クビクキ フイスマン トウォーズドロ 国 名 POL NED POL 内 容 ○ △ △ 決り技 一本背負投 隅返 裏投 73kg級 八巻 祐(東海大学2年) 5位 1回戦 2回戦 敗復1回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 3位決定戦 相手名 クウィアトコウスキー クルゼフ ラマンシーク イディア クーキエビッチ トンデラ 国 名 POL RUS BLR FRA POL POL 内 容 ○ △ ○ ○ ○ △ 決り技 横四方固 技有(掬投) 技有(横四方固) 有効(一本背負投) 横四方固 GS有効(肩車) 60kg級 蓬田 克也(東海大学1年) 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ポニエック ブラツレスク メルニチェンコ デュプラト ランティンガ 国 名 POL ROM UKR FRA NED 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 背負投 掬投 合技 有効(一本背負投) 掬投 【日程表】 7月22日(火) 成田集合 7月23日(水) 成田発 ポーランド・グダニスク着 7月24日(木)~25日(金) 調整練習 7月26日(土) ポーランドジュニア国際大会1日目 7月27日(日) ポーランドジュニア国際大会2日目 7月28日(月)~30日(水) ポーランドジュニア国際合宿 7月31日(木) ポーランド・グダニスク発 8月1日(金) 成田着 ...

Read More →

第28回オリンピック競技大会柔道競技壮行式(08.7.27)

[ 2008年7月25日; ] 第28回オリンピック競技大会柔道競技 壮行式(2008.7.27) 広報委員 永田千恵 暑さ厳しい7月25日の夕暮れ。午後五時30分。北京オリンピックに向けての壮行式が開催された。いよいよ出陣だ。 会場となった講道館大道場には、平日の夕方にもかかわらず代表たちの姿を一目見ようと、親子連れや外国人などたくさんの人が詰めかけた。式典は、来賓代 表として竹田恆和・日本オリンピック委員会会長から「日本スポーツ界の屋台骨を支える柔道の活躍は重要。その底力をぜひ見せてほしい」とメッセージが贈ら れたあと、男女監督、選手たちが決意を語り、バンザイ三唱で壮行式は締めくくられた。 監督、選手の言葉は下記の通り。 【写真提供 講道館編集部】 吉村和郎/代表団長 「ケガ人が多く心配されたが、ここにきてようやく戦力が整ってきた。全階級制覇して帰ってきたいと思っている」 <男子代表> 斎藤 仁/男子監督 「昨年、ブラジルで行なわれた世界選手権では不本意な成績で終わり、その直後の10月1日から北京に向けて再スタートを切ってきた。ケガ人もでたが、仕上 がってきている。ここからは選手たちが各自の試合の日を逆算し、本番にベストパフォーマンスをだせるよう、調整に入る。命をかけて、命がけで金メダル奪還 に挑む」 60kg級/平岡拓晃 「一つひとつの試合を確実に戦い、目標の金メダルを持ち帰ります」 66kg級/内柴正人 「オリンピックは2回目ですが、気持ちは1回目と変わらず、精いっぱい頑張って金メダルを目指します」 73kg級/金丸雄介 「何が何でも、の気持ちで金メダルを目指します」 81kg級/小野卓志 「自分の柔道で精いっぱい頑張ります」 90kg級/泉 浩 「1試合1試合、必死に勝ち上がり、金メダルを目指します」 100kg級/鈴木桂治 「もう一度、鈴木桂治の強さ、日本柔道の強さを確かめてみたいと思います」 100kg超級/石井 慧 「頑張って『金』をとってきます」 <女子代表> 日蔭暢年/女子監督 「選手たちは万全な仕上がりを見せている。『金』を含む全階級メダル獲得を目指し、選手、コーチ、一丸となって戦う」 48kg級/谷 亮子 「この激励を胸に、オリンピック3連覇を目指して一生懸命頑張ります」 52kg級/中村美里 「自分の力を出し切って、金メダルを目指します」 57kg級/佐藤愛子 「自分らしい柔道で『金』をとりにいきたいと思っています」 63kg級/谷本歩実 「試合を全力で戦えるよう整えていきます」 70kg級/上野雅恵 「誰と当たっても全力で戦います」 78kg級/中澤さえ 「全力で戦って『金』を目指します」 78kg超級/塚田真希 「たくさんの応援を力に変えて、全力で戦ってきます」 ...

Read More →

平成20年度講道館杯全日本体重別選手権大会(千葉ポートアリーナ)

[ 2008年11月15日 to 2008年11月16日. ] 平成20年度講道館杯全日本体重別選手権大会(千葉ポートアリーナ) 【大会結果】 大会結果 【大会概要】 選手への連絡事項(ルール変更含む)PDF ※既に選手へは発送済みです。確認下さい。 タイムテーブル(PDF) 目   的 平成20年度後期の全日本強化選手を選考すると共に、2009世界柔道選手権大会(オランダ・ロッテルダム)の日本代表第1次選考会とする 期   日 平成20年(2008年)11月15日(土)女子 16日(日)男子 開会9:00/閉会17:00(両日とも) 会   場 「千葉ポートアリーナ」千葉県千葉市中央区問屋町1-20 ℡043-241-0006 主   催 財団法人全日本柔道連盟、財団法人講道館 主   管 千葉県柔道連盟 後   援 千葉県、千葉県教育委員会、千葉市、千葉市教育委員会、財団法人千葉市スポーツ振興財団 フジテレビジョン、読売新聞社 特別協賛 コマツ 協   賛 旭化成、綜合警備保障、了徳寺学園、トヨタ自動車、コナミスポーツ&ライフ 東建コーポレーション、ミズノ、明治製菓、日本航空、大塚製薬、三井住友海上火災保険、近畿日本ツーリスト テレビ放映 11月16日(日)26:10~27:40 フジテレビ チケット情報 【入場料】全席自由 一般1,000円 高校生以下500円(未就学児無料) 【前売り販売】?2008年11月6日(木)~11月13日(木)まで全日本柔道連盟事務局にて販売 【受取方法】 (1)申込書(PDF)にて申込、現金書留か振込みで入金する。 入金確認後配達記録郵便にて発送(振込手数料及び郵送料はご負担下さい) (2)全柔連事務局窓口にて直接購入 【受付時間】土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:00~17:00 出場資格 (1)日本国籍を有するもので、本連盟に登録をしている者 (2)強化委員会から選出された者 試   合 (1)試合は、国際柔道連盟試合審判規定で行なう (2)優勢勝ちの判定基準は、「有効」又は「指導2」以上とする。得点差がない場合は、延長戦(ゴールデンスコア)により勝敗を決する (3)敗者復活戦を伴うトーナメント戦で行う 日   程 15日(土) 女子7階級 非公式計量 06:00~06:30 公式計量  06:30~07:00 試合・表彰 09:00~17:00 16日(日) 男子7階級 非公式計量 06:00~06:30 公式計量  06:30~07:00 試合・表彰 09:00~17:00 服   装 白色の柔道衣のみを使用する(女子の黒帯は、白線入りの帯を使用すること) 組合せ表 女子組合せ表(PDF) 男子組合せ表(PDF) ゼッケン (1)女子・・主催者が広告入りゼッケンを用意し、下記の要領で縫い付ける ①受 付: 14日(金) 13:00~14:00 ②引渡し: 14日(金) 17:00~18:00 ③場 所: 千葉ポートアリーナ「サブアリーナ」 (2)男子・・各自で用意し、下記の要領で縫い付けること ①布地は白色とし、苗字を上部2/3、所属を下部1/3にゴシック又は楷書の黒文字で記載すること ②サイズは横30cm~35cm、縦25cm~30㎝ ③縫い付けの場所は、後ろ襟から5~10㎝下部とし、対角線にも強い糸で縫い付けること ④スポンサー名が入っているものは使用不可とする。 表   彰 各階級の1位~3位までを表彰する その他 (1)皮膚真菌症(トンズランス感染症) 発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。 感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。 もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある。 (2)アンチドーピング検査 WADAによる使用禁止薬物を用いていないかをIJFの規則に準じて検査する (3)出場選手の傷害保険は、主催者が加入しその費用を負担する   【過去の結果】 平成19年 ...

Read More →

北京オリンピック日本選手団総監督就任上村春樹専務理事(08.7.22)

北京オリンピック日本選手団総監督就任 上村春樹専務理事(2008.7.22) 北京オリンピック競技大会が8月8日から24日まで開催され、柔道競技は開幕翌日の9日から15日まで、男女1階級ずつ行なわれます。 今回、北京オリンピック日本代表選手団総監督を、日本オリンピック委員会の理事を務めている、本連盟の上村春樹専務理事が務めることとなりました。 上村専務に総監督としての抱負を語っていただきました。 「このたび、オリンピック日本代表選手団総監督という重責を担うこととなりました。 前回のアテネオリンピックでは、柔道の金メダルラッシュが、日本選手団全体の活躍に大きな勢いをつけました。今回も、開会式翌日に柔道が始まります。チームジャパンのメダル獲得の牽引役となる柔道の活躍は不可欠です。 昨年の他競技の世界選手権大会を見てもわかるように、柔道も例外ではなく、全ての競技で厳しい戦いを覚悟しなければなりません。幸いにも柔道代表には、勝つ力を十分に備えています。何がなんでも勝ち、頂点に立ちたいという強い気持ちを持ち、最後まで攻め通し、あくまでも一本を取る柔道で沢山のメダルを獲得し、日本選手団に大きな勢いをつけてほしい。 私も現地では一つでも多く競技会場に足を運び、激励し、監督、選手と一丸となって戦う覚悟です。 本番はすぐそこまできています。皆様には他競技を含め、日本代表選手団に心強いご支援、ご指導をいただきたい。」 ...

Read More →

「小学5年生の顔写真付きプラスチック登録カード」の作成申込み(08.6.30)

「小学5年生の顔写真付きプラスチック登録カード」の作成申込み (平成20年度に、小学5年生になった登録競技者が所属する) (財)全日本柔道連盟登録団体・責任者、担当者 殿 財団法人 全日本柔道連盟 事務局長  津沢寿志    このたび本連盟におきましては、「小学5年生の顔写真付きプラスチック登録カード」を平成19年度に引き続き、無料で作成いたします。  つきましては公私ご多端の折柄とは存じますが、下記のとおりご案内をいたしますので、「顔写真付きプラスチック登録カード」希望者は別紙申込書によりお手続きをされますよう、ご回答・ご対応のほど、よろしくお願い申し上げます。  なお、今回は前年に引き続き、小学5年生を主な対象としたご案内です。 記 1.対象:平成20年4月現在・小学5年生(全日本柔道連盟の登録競技者) 2.期限:平成20年8月18日(月)まで(必着) 3.申込み要領: ①所定の用紙(3月末日までの全柔連データによる:過去の登録経験者含む)の内容を確認し、カード希望者は顔写真を貼付する(★別途、“登録”手続きが必要)こと。 ②団体の責任者等は、全柔連データにない者(未登録者含む、又は新・6年生で前年、このカードを申し込まなかった者も可)がカード希望するとき、別の余白のある申込書(数が不足のときはコピーをしてください)に必要な手続き(記載・顔写真)により、申し込む(★別途、“登録”手続きが必要)こと。 4.経費:カード(カードケース、ストラップ付き)作成・送付代金は無料(全日本柔道連盟負担) 5.手続き・流れ(日程)案:  ①全柔連→ 登録団体に、DM(平成20年7月下旬)  ②登録団体の責任者・担当者→ 全柔連に、申込書郵送(8月18日までに必着)  ③全柔連→ 申込書の確認(8月下旬までに)  ④カード作成業者→ カード作成(9月末日までに)  ⑤全柔連→ 登録団体に、カード郵送(10月中旬までに) 6.その他:次年度の案内は、平成21年3月現在・小学4年生のみを対象に行う。 申込書(PDF) ...

Read More →

第5回全日本女子強化合宿(NTC)(08.7.25)

第5回全日本女子強化合宿(NTC) 北京開幕まで、残すところあとわずか 本格的な合宿もこれが最後  梅雨があけ、夏休みに入った日本列島。連日、ニュースでは猛暑が伝えられている。しかし、それよりもさらに熱いのが東京・北区にあるナショナルトレーニングセンターだ。ここでは今週初めから、女子代表選手たちの本格的な合宿が行なわれている。  本番を想定した本格的な練習ができるのはこれが最後とあって、どの選手も一つひとつの稽古に熱が入る。とはいえ、そこに熱い気合いのかけ声もなければ、プレッシャーからくる緊張感といったものは感じられない。どの選手も黙々とこなしているように見えた。それもこれも、みな、自分のやるべきことが、しっかりわかっているからにちがいない。最年少で五輪初出場の中村美里(52kg級)も、「気持ちは平静。本番も緊張で力が出し切れないということがないよう、試合に臨む」と、本番が近づいたいまも冷静だ。選手たちがみなこの平常心とほどよい緊張感を保ったまま本番を迎えてくれれば、結果はおのずとついてくることだろう。  今日はいよいよ壮行式。それが終わったら、代表は調整に入る。 広報委員 永田千恵 合宿初日には、川口全柔連審判委員長が国際ルールについての解説を行った。 映像なども交え、最近の傾向などを解説した。 ...

Read More →

平成20年度Aライセンス審判員試験(08.7.25)

平成20年度Aライセンス審判員試験(2008.7.25) 平成20年度全柔連公認審判員Aライセンス試験が全国6ヶ所で行われ、96名が受験した。試験概要は下記の通り。 合格した受験者は2009年4月1日よりAライセンス審判員として活動する。 1.日時 第1受験日:平成20年7月5日(土)~6日(日) 開催地:兵庫県立武道館(兵庫県)・福岡武道館(福岡県) 第2受験日:平成20年7月12日(土)~13日(日) 開催地:埼玉県立武道館(埼玉県)・愛知県武道館(愛知県)・岡山県武道館(岡山県) 第3受験日:平成20年7月19日(土)~20日(日) 開催地:北海道立総合体育センター(北海道) 2.日程 第1日目(土曜日) 13:00~16:00 講習会 16:30~17:10 学科試験(40分) 第2日目(日曜日) 全日本ジュニア地区予選大会 実技試験 試験終了後結果発表 講習会風景 講習会風景 学科試験風景 朝の審判会議風景 実技試験風景 合否発表風景 ...

Read More →

ジャーマンオープン大会結果(08.7.8)

[ 2008年7月5日 to 2008年7月6日. ] ジャーマンオープン大会結果(2008.7.8) 2008年7月5日~6日にドイツ・ブラウンシュバイクにて行われたジャーマンオープン大会の結果は下記の通り。 【選手団名簿】 監督 中村 兼三(旭化成) コーチ 窪田和則(警視庁) 100kg超級 高井 洋平(旭化成) 3位 100kg級 猪又 秀和(セコム上信越) 7位 90kg級 萩本 貴章(国士舘大学4年) 3回戦、敗復2回戦敗退 81kg級 法兼 真(綜合警備保障) 7位 73kg級 西岡 和志(明治大学3年) 5位 60kg級 豊田 眞太朗(警視庁) 2位 浅野 大輔(自衛隊体育学校) 3位 男子 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 ドラジン ウンガバリ エルハディー マリシュ フイジンガ カズンス マカラウ FRA HUN EGY GER NED GBR BLR 2位 豊田 プルヤエフ ウングバリ ビシップ バートン ミウセン ヴァカヴィク JPN RUS HUN GER GBR NED BLR 3位 ミラー ダルベレ マダロニ ザレツスキー アシュワンデン ペターズ 高井 GBR FRA ITA RUS SUI GER JPN 浅野 ベルデ ベナマディ チアノ アブドエルアカー リワード ミハイリン JPN ITA ALG ITA EGY NED RUS 5位 ラロセ エルモント 西岡 バドラ バーグバンダー クレパレク アスラノフ FRA NED JPN TUN NED CZE RUS ペイシャー シェガー ラミレツ シュンディカウ プフェイファー ブラタ ロビン AUT GER ESP BLR GER ROM FRA 100kg超級 高井 洋平(旭化成) 3位 1回戦 2回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 3位決定戦 相手名 ワシン ミハイリン バハー ぺピック アスラノフ 国 名 GER RUS GER AUS RUS 内 容 ○ △ ○ ○ ○ 決り技 内股 GS効果(双手刈) 内股 大内刈 内股 100kg級 猪又 秀和(セコム上信越) 7位 1回戦 2回戦 3回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 相手名 アズスン ゲーザー ミウセン ピルレ ペターズ 国 名 ALG GER NED GER GER 内 容 ○ ○ △ ○ △ 決り技 払腰 払腰 GS有効(内股) 払腰 技有(朽木倒) 90kg級 萩本 貴章(国士舘大学4年) 3回戦、敗復2回戦敗退 1回戦 2回戦 3回戦 敗復2回戦 相手名 ケリー ムラー バーグバンダー ホラク 国 名 AUT GER NED CZE 内 容 ○ ○ △ △ 決り技 掬投 体落 技有(小外掛) 棄権 81kg級 法兼 真(綜合警備保障) 7位 1回戦 2回戦 敗復2回戦 敗復3回戦 敗復最終戦 相手名 ハック シュンディカウ トリク ファーシャー バドラ 国 名 GER BLR RUS AUT TUN 内 容 ○ △ ○ ○ △ 決り技 有効(掬投) 有効(隅落) 足払 横四方固 隅落 73kg級 西岡 和志(明治大学3年) 5位 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 3位決定戦 相手名 アワド マーコウ ポンドマン ベナマディ ゴンザレス マディック マダロニ 国 名 EGY GER NED ALG ESP BIH ITA 内 容 ○ ○ ○ △ ○ ○ △ 決り技 内股 合技 有効(内股) 技有(肩車) 指導1 指導2 有効(朽木倒) 60kg級 豊田 眞太朗(警視庁) 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ミラー ガスカード チモネダ ペイシャー ドラジン 国 名 GBR BEL ESP AUT FRA 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 効果(背負投) 背負投 十字固 腕固 技有(肩車) 60kg級 浅野 大輔(自衛隊体育学校) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 敗復2回戦 敗復最終戦 3位決定戦 相手名 マクケンジィー サルミネン ラロセ ニゴー ヤクティエル ペイシャー 国 名 GBR NED FRA GER ISR AUT 内 容 ○ ○ △ ○ ○ ○ 決り技 隅落 合技 十字固 背負投 背負投 大内刈 ...

Read More →

2008年アジアジュニア柔道選手権大会結果(08.7.8)

[ 2008年7月3日 to 2008年7月7日. ] 2008年アジアジュニア柔道選手権大会結果(2008.7.8) 2008年7月3~7日にイエメン・サナーで行われたアジアジュニア柔道選手権大会の日本代表選手の結果は下記の通り。女子は出場全階級で優勝した。 【選手団名簿】 男子 女子 監督 吉鷹 幸春(桐蔭横浜大学) 監督 出口 達也(広島大学) コーチ 中田 善久(セコム) コーチ 田辺 勝(日本体育大学) トレーナー 宇野 彰洋(グローバルスポーツ医学研究所) 100kg超級 百瀬 優(国士舘大学1年) 優勝 78kg超級 田知本 愛(東海大学2年) 優勝 100kg級 寺島 克興(国士舘大学1年) 3位 78kg級 佐藤 瑠香(福岡・八幡工業高等学校2年) 優勝 90kg級 吉田 優也(東海大学1年) 優勝 70kg級 上野 巴恵(三井住友海上火災保険) 優勝 81kg級 山邉 雄己(筑波大学1年) 優勝 63kg級 菊川 優希(宮崎・宮崎商業高等学校3年) 優勝 73kg級 中矢 力(東海大学1年) 2位 57kg級 出場なし 66kg級 海老沼 匡(明治大学1年) 3位 52kg級 加賀谷 千保(静岡・藤枝順心高等学校3年) 優勝 60kg級 山本 浩史(日本体育大学1年) 優勝 48kg級 浅香 夕海(東海大学1年) 優勝 男子 順位 55kg級 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 1位 アジゾフ 山本 イサクハノフ リーソンス 山邉 吉田 ニクビン 百瀬 UZB JPN KAZ KOR JPN JPN IRI JPN 2位 ボウラド リーチェンヘン ジャンウォンキー 中矢 ハバロフ リージャエヨン ユツンユン アーマドザリコフ SYR TPE KOR JPN UZB KOR TPE IRI 3位 ハリハ コウスロフ 海老沼 サイドゥザロル ホンスクウン ラーナマジョーザン 寺島 バーカラヤ IRI YEM JPN TJK KOR IRI JPN KAZ コウスロフ ジャムシェロフ カーボノフ ボズバイェフ カハディム アビルダウリ ヤンジュンフン ハンチュンヒ YEM TJK UZB KAZ IND KAZ KOR KOR 5位 ガンバーグド テルマノフ ダルグンダバスレン アブカリザリ カーケー センハンチェ アブバカ ザハナグロフ MGL KAZ MGL YEM SYR TPE TJK KGZ アリアドナニ モハメド アルジャルラー アジモフ マメドフ クチィカロフ ナザバヤエフ ブヒムシン KSA KSA YEM UZB KGZ UZB KAZ IND 100kg超級 百瀬 優(国士舘大学1年) 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ブヒンシン デハナグロフ アーマドザリコフ 国 名 IND KGZ IRI 内 容 ○ ○ ○ 決り技 不戦 内股 内股 内股 100kg級 寺島 克興(国士舘大学1年) 3位 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ヤンジャンフー ニクビン ナザルバエフ 国 名 KOR IRI KAZ 内 容 ○ △ ○ 決り技 効果(縦四方固) 効果(内股透) 有効(大内刈) 90kg級 吉田 優也(東海大学1年) 優勝 1回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ラナマジョーザン アビルダウリー リージェーユン 国 名 IRI KAZ KOR 内 容 ○ ○ ○ 決り技 大内刈 上四方固 上四方固 81kg級 山邉 雄己(筑波大学1年) 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ハンクーチェン ホンスクウン カーケー ハバロフ 国 名 TPE KOR SYR UZB 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 大外刈 小内掛 送襟絞 GS指導1 73kg級 中矢 力(東海大学1年) 2位 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 アジモフ アルカブザリ リースンス 国 名 UZB YEM KOR 内 容 ○ ○ △ 決り技 不戦勝 送襟絞 腕挫十字固 双手刈 66kg級 海老沼 匡(明治大学1年) 3位 1回戦 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 モクレシュ ダルグンダバスレン イサクハノフ アルジャラー 国 名 SYR MGL KAZ YEM 内 容 ○ ○ △ ○ 決り技 肩車 技有(浮技) 掬投 合技(肩車・小内巻込) 60kg級 山本 浩史(日本体育大学1年) 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ザマナコフ テルマノフ ホウスロフ リーチェンヘン 国 名 KGZ KAZ YEM TPE 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 内股 技有(内股) 有効(大外刈) 内股 女子 順位 48kg級 52kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 1位 浅香 加賀谷 菊川 上野 佐藤 田知本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 2位 ポドリャドバ ソロング チャウドレイ ヒュイドラム リン セイティモバ カザフスタン モンゴル インド インド 台湾 カザフスタン 3位 パク シン キム・ソル・ジ チェン マトムラトバ リー・ユン・ジュ 韓国 韓国 韓国 台湾 ウズベキスタン 韓国 シン ロヒニー アブドラマノバ キム・シ・ナ カハロバ 台湾 インド ウズベキスタン 韓国 キルギスタン 5位 ユンナム ホウ チャン バディムナ タディアル ファン・ズ・シン インド 台湾 台湾 イエメン インド 台湾 アボファティ マ アブディルマナ カブディガリノバ チンギスカノバ イラン マカオ キルギスタン カザフスタン カザフスタン 78kg超級 田知本 愛(東海大学2年) 優勝 リーグ1回戦 リーグ2回戦 決勝戦 相手名 リー・ユン・ジュ カマンダニ セイティモバ 国 名 韓国 イラン カザフスタン 内 容 ○ ○ ○ 決り技 縦四方固 横四方固 払腰 78kg級 佐藤 瑠香(八幡工業高等学校2年) 優勝 準決勝戦 決勝戦 相手名 マトムラトバ リン・ウェイ・ニ 国 名 ウズベキスタン 台湾 内 容 ○ ○ 決り技 崩横四方固 大内刈 70kg級 上野 巴恵(三井住友海上火災保険) 優勝 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 バディムナ キム・シナ ヒュイドラム 国 名 イエメン 韓国 インド 内 容 ○ ○ ○ 決り技 合技 有効(小外掛) 小外掛 63kg級 菊川 優希(宮崎商業高等学校3年) 優勝 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 キヤルベコバ キム・シュ・ジ チャウダハリ 国 名 カザフスタン 韓国 インド 内 容 ○ ○ ○ 決り技 内股 横四方固 払腰 52kg級 加賀谷 千保(藤枝順心高等学校3年) 優勝 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 シン・シュ・キ ロヒニ・バブロ ソロング 国 名 韓国 インド モンゴル 内 容 ○ ○ ○ 決り技 袈裟固 横四方固 合技 48kg級 浅香 夕海(東海大学1年) 優勝 1回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 パク・リー・シュ シェン・ツ・ホイ ポドリャドバ 国 名 韓国 台湾 カザフスタン 内 容 ○ ○ ○ 決り技 上四方固 袖釣込腰 GS上四方固 ...

Read More →