平成20年全日本柔道選手権大会(日本武道館)

[ 2008年4月29日; 22:00; ] 平成20年全日本柔道選手権大会(日本武道館) 前日記者会見 大会結果   日時 平成20年4月29日(祝・火) 午前11時開始(10時開場) 会場 日本武道館(地下鉄東西線・半蔵門線・都営新宿線九段下駅下車) テレビ放映 4月29日(祝・火) 16:00~17:30 NHK総合テレビで放送 主催 (財)講道館 (財)全日本柔道連盟 後援 朝日新聞社・NHK・財団法人日本武道館 特別協賛 東洋水産 組み合わせ ・組み合わせ表(PDF) そ の 他 出場選手 1.推薦選手 前年度優勝者、準優勝者及び2007年リオデジャネイロ世界選手権大会優勝者 2.地区選出選手 予選情報はこちら 35名とし、地区別の選出数は以下のとおり 北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州 合計 2 2 4 9 2 2 5 2 2 5 35 出場資格 1. 日本国籍を有し、全日本柔道連盟に登録している者 2. 地区選出選手は、その地区を構成する都道府県柔道連盟(協会)を通して、平成19年度の全日本柔道連盟登録手続きを行っており、その地区において居住、勤務、在学の実体の伴ういずれかの条件を満たしていること 3. 卒業、転勤等により、実体の伴う現住所の変更、勤務する会社、通学する学校の変更がある場合には、変更先の地区から出場することができる。ただし、この場合は速やかに登録変更の手続きを行わなければならない 審判規定 1. 講道館柔道試合審判規定で行い、試合時間は6分間とする 2. 優勢勝ちの判定基準は、規定第40条(3)により、僅少差で勝敗を決する 試合方法 体重無差別のトーナメント戦で行う(敗者復活戦は行わない) 組合せ抽選 3月28日(金) 講道館において行う ドーピング 世界アンチドーピング機構が定める禁止リストについて国際柔道連盟及び日本アンチ・ドーピング機構の規定に基づいて検査行う 皮膚真菌症(トンズランス感染症) 発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある 大会事務局 大会事務局を講道館総務部(Tel:03-3811-7152、Fax:03-3811-7151)内に置く チケット情報 予約/予約受付:3月3日(月)~3月31日(月) 受付場所:講道館総務部 TEL 03-3818-0891 受付時間:土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:00~17:00 前売り/前売り発売:4月1日(火)~4月28日(月) 発売場所:講道館財務部 TEL 03-3818-4179 チケットぴあ TEL 0570-02-9999 Pコード811-642 受付時間(講道館):土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:00~17:00 【入場料】 アリーナ席 7,000円 1階席   5,000円 2階席   1,500円 (大学生10名以上1,000円 高校生以下10名以上800円) ...

Read More →

平成20年全日本柔道選手権大会前日記者会見(08.4.28)

平成20年全日本柔道選手権大会前日記者会見(2008.4.28) 全日本柔道選手権大会を明日に控え、前日記者会見を行なった。 出席は、狙う鈴木桂治、棟田康幸、石井慧、井上康生の4選手。 連覇を狙う鈴木選手は、落ち着いた表情「選手説明会を終えて、 緊張感も高まってきている。明日、日本一が決まるかと思うと興奮してくる。いやでも 気持ちが高まってくる」と話した。 隣には、初優勝を狙う棟田選手が座り、鈴木選手からマイクを渡されると「オリンピックや、 世界選手権よりも自分にとっては位置付けの高い大会。自分の柔道を出して全力でぶつかる」。 一昨年の史上最年少優勝から、優勝奪還を狙う石井選手は、先般の選抜体重別選手権大会を 怪我で欠場後の試合。「怪我の状態も良い。是が非でも優勝したい。絶好調です」と笑顔を見せた。 取材に訪れた記者からも注目をあびた井上選手は「やるしかない。全力で一つ一つ戦い、頂点を極める。 明日全てを出し切り戦うだけ」と闘志を燃やした。 大会は11時開会。観戦チケットも前売り分は完売と、柔道ファンの注目も高まっている。 ...

Read More →

ロシアジュニア国際柔道大会結果(08.4.28)

[ 2008年4月26日 to 2008年4月27日. ] ロシアジュニア国際柔道大会結果(2008.4.28) 2008年4月26日~27日にロシアにて開催されたロシアジュニア国際柔道大会の結果は下記の通り。 男子 女子 監 督 吉鷹 幸春(桐蔭横浜大学) 監 督 出口 達也(広島大学) コーチ 中田 善久(セコム株式会社) コーチ 田辺 勝(日本体育大学) 100kg超級 上川 大樹 (明治大学1年) 3位 78kg超級 田知本 愛 (東海大学2年) 優勝 100kg超級 百瀬 優 (国士舘大学1年) 5位 78kg級 佐藤 瑠香 (福岡・八幡工業高校2年) 優勝 100kg級 寺島 克興 (国士舘大学1年) 1回戦敗退 70kg級 田知本 遥 (富山・小杉高校3年) 3位 90kg級 吉田 優也 (東海大学1年) 2位 63kg級 菊川 優希 (宮崎・宮崎商業高校3年) 2位 81kg級 山邉 雄己 (筑波大学1年) 1回戦敗退 57kg級 大友 真貴子 (東海大学1年) 3位 66kg級 小倉 武蔵 (筑波大学1年) 2位 52kg級 津村 美希 (環太平洋大学1年) 2回戦敗退 60kg級 山本 浩史 (日本体育大学1年) 3位 48kg級 近藤 香 (帝京大学2年) 3位 男子 100kg超級 上川 大樹(明治大学1年) 3位 1回戦 2回戦 敗復1回戦 敗復2回戦 3位決定戦 相手名 パークナムク ケサエフ ベーカー スポルディング 百瀬 国 名 ベラルーシ ロシア フランス イギリス 日本 内 容 ○ △ ○ ○ ○ 決り技 内股 燕返 腕からみ 内股 GS判定(2-1) 100kg超級 百瀬 優(国士舘大学1年) 5位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ブリノフ ゴーブノフ バーカラヤ ナズムリノフ 上川 国 名 ウクライナ ロシア カザフスタン ロシア 日本 内 容 ○ ○ ○ △ △ 決り技 GS足車(有効) 送襟絞 足車 指導2 GS判定(1-2) 100kg級 寺島 克興(国士館大学1年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 コシャシユコフ 国 名 ロシア 内 容 △ 決り技 一本背負投(有効) 90kg級 吉田 優也(東海大学1年) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ラドゥ カンジャン マゴメダリエフ ムルタザリエフ サベリエフ 国 名 ルーマニア ロシア ロシア ロシア ロシア 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 合技(内股・内股) 肩固 送襟絞 大内刈 肩車 81kg級 山邉 雄己(筑波大学1年) 1回戦敗退 1回戦 相手名 シオットブーム 国 名 オランダ 内 容 △ 決り技 双手刈(効果) 66kg級 小倉 武蔵(筑波大学1年) 2位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ザンボリ ヤルツェフ バドリク バーダン アーマドフ 国 名 ハンガリー ロシア イギリス ウクライナ アゼルバイジャン 内 容 ○ ○ ○ ○ △ 決り技 小外刈 GS背負投 GS大内刈(有効) 背負落 肩車 60kg級 山本 浩史(日本体育大学1年) 3位 1回戦 敗復1回戦 敗復2回戦 敗復3回戦 3位決定戦 相手名 ガルスチャン マーモド アブドザリロフ マッケンジ チュキュウチ 国 名 ロシア エジプト ロシア イギリス フランス 内 容 △ ○ ○ ○ ○ 決り技 掬投 崩上四方固 内股 内股(技有) 大外刈 女子 57kg級 大友 真貴子(東海大学1年) 3位 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 シェツィナ プリエバ マルチェンコ スラカトバ 国 名 ロシア ウクライナ ウクライナ ロシア 内 容 ○ ○ △ ○ 決り技 内股 大外刈 GS背負投(効果) 大外刈 52kg級 津村 美希(環太平洋大学1年) 2回戦敗退 1回戦 2回戦 相手名 スミルノバ ヤルマノバ 国 名 ロシア カザフスタン 内 容 ○ △ 決り技 背負投(技有) 朽木倒(有効) 48kg級 近藤 香(帝京大学2年) 3位 1回戦 敗復1回戦 敗復2回戦 敗復3回戦 3位決定戦 相手名 ロジョ ナラモバ ガガリナ プレディナ クラウス 国 名 オランダ ロシア ロシア ロシア ドイツ 内 容 △ ○ ○ ○ ○ 決り技 小外刈(効果) 崩上四方固 崩上四方固 合技 崩横四方固 【日程表】 4月22日(火) 成田集合 4月23日(水) 成田発 サンクトペテルブルグ着 4月24日(木)~25日(金) 調整練習 4月26日(土)~27日(日) ロシアジュニア国際大会 4月28日(月)~30日(水) 国際合宿 5月1日(木) サンクトペテルブルグ発 5月2日(金) 成田着 ...

Read More →

アジア柔道選手権大会結果(08.5.1)

[ 2008年4月26日 to 2008年4月27日. ] アジア柔道選手権大会結果(2008.5.1) 2008年4月26~27日に韓国・済州島で行われたアジア柔道選手権大会の結果は、16階級中8階級で優勝した。 なお、北京オリンピックの代表枠をまだ獲得していなかった60kg級、66kg級、81kg級、90kg級、100kg級、70kg級の6階級すべての階級で代表枠を獲得した。 【選手団名簿】 男子 女子 団長 吉村 和郎(警視庁) 監督 斉藤 仁(国士舘大学) 監督 日蔭 暢年(ミキハウス) マネジメントコーチ 木村 昌彦(横浜国立大学) コーチ 山本 洋祐(日本体育大学) コーチ 酒井 英幸(自衛隊体育学校) 持田 達人(警視庁) 岡田 弘隆(筑波大学) 園田 隆二(警視庁) 中村 行成(旭化成) トレーナー 杉山 悠 (グローバルスポーツ医学研究所) トレーナー 山崎 篤之 (グローバルスポーツ医学研究所) ドクター 宮崎 誠司(東海大学) 無差別 立山 広喜(日本中央競馬会) 3位 無差別 杉本 美香(コマツ) 優勝 100kg超級 片渕 慎弥(日本中央競馬会) 3位 78kg超級 立山 真衣(東海大学4年) 優勝 100kg級 竹谷 知記(警視庁) 5位 78kg級 穴井さやか(帝京大学4年) 3位 90kg級 泉  浩(旭化成) 優勝 70kg級 上野 雅恵(三井住友海上火災保険) 優勝 81kg級 小野 卓志(了徳寺学園) 3位 63kg級 小澤 理奈(山梨学院大学4年) 優勝 73kg級 大束 正彦(旭化成) 3位 57kg級 松本 薫(帝京大学3年) 優勝 66kg級 内柴 正人(旭化成) 5位 52kg級 中村 美里(三井住友海上火災保険) 1回戦敗退 60kg級 平岡 拓晃(了徳寺学園) 優勝 48kg級 山岸 絵美(三井住友海上火災保険) 優勝 男子 順位 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 無差別 1位 平岡 拓晃 ミレスマイリ マロウマ キムシェブン 泉 浩 シトケイエフ タングリエフ キムソンミン 日本 イラン イラン 韓国 日本 カザフスタン ウズベキスタン 韓国 2位 ハジャコンザデク ツァガンバータル イブラキモフ マイエクモハマティ サビエフ ジャンスンホ ロダキ ミラン イラン モンゴル カザフスタン イラン ウズベキスタン 韓国 イラン イラン 3位 ウタルバエフ キムジョジン 大束正彦 小野卓志 チョスンホ ツブシンバイエフ 片渕慎弥 立山広喜 カザフスタン 韓国 日本 日本 韓国 モンゴル 日本 日本 キムヨンジ シャリポフ ダシャダベ エンクバットエルデン ゴミホセイン クルバノフ キムソンボム ハシャク 北朝鮮 ウズベキスタン モンゴル モンゴル イラン ウズベキスタン 韓国 レバノン 5位 ボルドバタール 内柴正人 キムチェス ボゾロフ アリアンエルデン 竹谷知記 イクサンガリエフ サリアモフ モンゴル 日本 北朝鮮 タジキスタン モンゴル 日本 カザフスタン ウズベキスタン リブロフ パクチョミン ムミノフ バイロン アスランクロフ ラジャビ ザナグロフ ホシナ ウズベキスタン 北朝鮮 ウズベキスタン フィリピン タジキスタン イラン キルギスタン フィリピン 女子 順位 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 無差別 1位 山岸 絵美 パク 松本 薫 小澤 理奈 上野 雅恵 ハン 立山 真衣 杉本 美香 日本 北朝鮮 日本 日本 日本 中国 日本 日本 2位 パク バンドマ カン コン パク ジョン シェケロフ ジョー 北朝鮮 モンゴル 韓国 韓国 韓国 韓国 ウズベキスタン 韓国 3位 シャン カリエバ エディネット ワン ザンズノフ 穴井さやか イッサノフ セレンカンド 中国 カザフスタン モンゴル 北朝鮮 カザフスタン 日本 カザフスタン モンゴル チョン シ チョー バッツゥゲス ワン ルカメドル ゼレンカンド シェケロフ 韓国 台湾 北朝鮮 モンゴル 中国 モンゴル モンゴル ウズベキスタン 5位 ノルガジナ イェ ウラルベイバ ワン トングスリ アビケエバ シャイ アドラスロバ カザフスタン 韓国 カザフスタン 台湾 タイ カザフスタン 台湾 カザフスタン チェン ドジェラエバ ヤン チャードリー チョングタム プロスクラコバ キム シャイ 台湾 ウズベキスタン 台湾 インド インド キルギスタン 韓国 台湾 男子 60kg級 平岡 拓晃(了徳寺学園)優勝 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 サニ タナポルン ソビロフ ウタルバエフ ハジャホンザデク 国 名 インドネシア タイ ウズベキスタン カザフスタン イラン 内 容 ○ ○ ○ ○ ○ 決り技 送襟絞 内股 小内巻込 (有効)崩上四方固 大内刈 66kg級 内柴 正人(旭化成) 5位 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 キバエフ シャリポフ ミレスマイリ キムジョジン 国 名 カザフスタン ウズベキスタン イラン 韓国 内 容 ○ ○ △ △ 決り技 大内刈 有効(巴投) GS効果(双手刈) 払腰 73kg級 大束 正彦(旭化成) 3位 1回戦 2回戦 3回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ラミレス アビナダー アンゴロ イブラギモフ キムチョス 国 名 フィリピン レバノン インドネシア カザフスタン 北朝鮮 内 容 ○ ○ ○ △ ○ 決り技 体落 合技 大内刈 掬投 有効(背負投) 81kg級 小野 卓志(了徳寺学園) 3位 2回戦 3回戦 敗復2回戦 敗復3回戦 3位決定戦 相手名 ホラト キムジェブン マメドフ ユラコビロフ ボゾロフ 国 名 カザフスタン 韓国 キルギスタン ウズベキスタン タジキスタン 内 容 ○ △ ○ ○ ○ 決り技 内股 GS効果(双手刈) 効果(大内刈) GS効果(指導1) 指導1 90kg級 泉  浩(旭化成) 優勝 2回戦 3回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 カラフ アリアンエルデン アランクロフ ナビエフ 国 名 ヨルダン モンゴル タジキスタン ウズベキスタン 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 大内刈 内股 指導1 指導2 100kg級 竹谷 知記(警視庁) 5位 1回戦 2回戦 敗復2回戦 3位決定戦 相手名 プラテクドタナノ クルバノフ アリムニール ツブシンバイル 国 名 台湾 ウズベキスタン シリア モンゴル 内 容 ○ △ ○ △ 決り技 内股 技有(大内返) 技有(背負投) 朽木倒 100kg超級 片渕 慎弥(日本中央競馬会) 3位 1回戦 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 バヤルジャクラン パクン タングリエフ ザナグロフ 国 名 モンゴル インド ウズベキスタン キルギスタン 内 容 ○ ○ △ ○ 決り技 技有(小外刈) 払巻込 袖釣込腰 払腰 無差別 立山 広喜(日本中央競馬会) 3位 1回戦 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 カクサテル ホシナ ミラン サリアモフ 国 名 トルクメニスタン フィリピン イラン ウズベキスタン 内 容 ○ ○ △ ○ 決り技 不戦勝 内股 朽木倒 上四方固 女子 48kg級 山岸 絵美(三井住友海上火災保険) 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ウランチゲム チョン ノルガジナ パク 国 名 モンゴル 韓国 カザフスタン 北朝鮮 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 送襟絞 横四方固 有効(肩車) 有効(小内刈) 52kg級 中村美里(三井住友海上火災保険) 1回戦敗退 1回戦 敗復1回戦 相手名 パク シペイシュン 国 名 北朝鮮 台湾 内 容 △ △ 決り技 GS効果(背負投) 棄権 57kg級 松本 薫(帝京大学3年) 優勝 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 リュウ エディネット カン 国 名 中国 モンゴル 韓国 内 容 ○ ○ ○ 決り技 袖釣込腰 小外刈 指導1 63kg級 小澤 理奈(山梨学院大学4年)  優勝 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 ワン ワン コン 国 名 台湾 北朝鮮 韓国 内 容 ○ ○ ○ 決り技 効果(大外刈) GS技有(払腰) 効果(払腰) 70kg級 上野 雅恵(三井住友海上火災保険) 優勝 1回戦 2回戦 準決勝戦 決勝戦 相手名 バトキシグ トングスリ チョングタム パク 国 名 モンゴル タイ インド 韓国 内 容 ○ ○ ○ ○ 決り技 大内刈 送襟絞 縦四方固 技有(小外掛) 78kg級 穴井 さやか(帝京大学4年) 3位 1回戦 2回戦 準決勝戦 3位決定戦 相手名 ビッツゥ リン ジョン アビケエバ 国 名 インド 台湾 韓国 カザフスタン 内 容 ○ ○ △ ○ 決り技 大外刈 小外刈 技有(双手刈) 小外刈 78kg超級 立山 真衣(東海大学4年) 優勝 1回戦 準決勝 決勝戦 相手名 キム シャイ シェケロフ 国 名 韓国 台湾 ウズベキスタン 内 容 ○ ○ ○ 決り技 指導1 合技(支釣込足・縦四方固) 合技(内股・袈裟固) 無差別 杉本 美香(コマツ) 優勝 相手名シェケロフセレンカンドジョー 1回戦 準決勝 決勝戦 国 名 ウズベキスタン モンゴル 韓国 内 容 ○ ○ ○ 決り技 合技(内股・体落) 効果(小内刈) 内股 63kg級 優勝 小澤理奈 70kg級 優勝 上野雅恵 48kg級 優勝 山岸絵美 57kg級 優勝 松本薫 78kg超級 優勝 立山真衣 女子無差別 優勝 杉本美香 60kg級 優勝 平岡拓晃 90kg級 優勝 泉浩 78kg級 3位 穴井さやか 73kg級 3位 大束正彦 81kg級 3位 小野卓志 100kg超級 3位 片渕慎弥 男子無差別 3位 立山広喜 【日程表】 4月23日(水) 羽田空港出発→韓国・済洲島着 4月24日(木)~25日(金) 調整練習 4月26日(土)~27日(日) 大会 4月28日(月) 韓国・済洲島発→羽田空港到着 ...

Read More →

第23回皇后盃全日本女子柔道選手権大会結果

第23回皇后盃全日本女子柔道選手権大会結果 北京オリンピック女子代表 最後の1席が決定! 4月20日(日)横浜文化体育館で行われた今年の皇后杯全日本女子選手権。女子柔道の最高峰を決める戦いは静かに始まった。 最初の見所はもちろん、北京五輪代表の有力候補、塚田真希の緒戦だ。対するは鳥谷部真弓。背負い投げを繰り出して積極的に攻めるが、塚田には通じない。何度目かの背負いを掛けにきたところを塚田がつぶして抑え込み「一本」。順調な勝ち上がりを見せた。 続いて会場を湧かせたのが、ベテラン・貝山仁美と若手・石本智子の対戦だった。 昨年の全日本ジュニア3位の18歳が有効ポイントを先取する。しかし、そこから30歳の経験値が冴えた。くるりと体勢を入れ替えて石本を抑え込み、崩れ袈裟固めで「一本」を決めたのだ。今大会前に「若いときにはない、大人の柔道で頑張ります」と言っていた貝山。その本領が発揮された。 薪谷翠の戦いも忘れてはならないだろう。今大会が現役最後の舞台。心に期するものがあることは、畳に上がる前から感じられた。何度も1人打ち込みを行うその姿に、いつになく気迫があったのだ。初戦を体落としと袈裟固めの合わせ技「一本」で勝ち上がると、昨年2位の堀江久美子、3位の立山真衣と次々に破って決勝の舞台へと駒を進めた。 そして、決勝は北京五輪を勝って決めたい塚田と、有終の美を飾りたい薪谷との対決となる。 実生活でも仲の良いことで知られる長年のライバル同士。戦いは気持ちと気持ちのぶつかり合いだった。薪谷は組み負けながらも、果敢に塚田に挑んだ。結果はの旗判定で塚田。互いの健闘を称え合って抱き合う2人に、会場からは惜しみない拍手が贈られた。 こうして、塚田は史上初の7連覇を成し遂げ、第23代目のチャンピオンとなって北京行きを決めた。ただ一つ残念だったのが、皇后盃という大きな大会にもかかわらず、観客席には空席が目立ったことだ。たくさんの観客がいてこそ、選手の士気もあがるはず。ぜひ、来年は会場へ足を運んでほしい。 ☆選手席から 2年連続、最軽量の選手として出場したのが宝寿栄選手だ。もともとは52kg級の選手。約86kgという平均体重のなか、小柄な体格が目を引いた。今回の対戦相手は、83kgの石川笑美子。背負い投げで果敢に攻めるがポイントにはつながらず、旗判定となり、3-0で敗れた。 最年長・木屋好絵選手 今大会、最年長選手として畳にあがったのが木屋好絵選手。32歳。3年ぶり、7回目の出場だ。妹の田知本遥に勝って本大会出場を決め、初戦で姉の田知本愛に旗判定で敗れた。 「自分では“勝った”と思ったんですけど(苦笑)。3年前に出場したときも29ですでに最年長だったんですよ。谷(亮子)さんと同い年。山下まゆみ、二宮美穂らみんな引退してしまったので、“まだ出てるの?”とよく言われます(笑)。長く続けられているコツ? 若いときに欲が足りなかったということがあるかもしれませんね。オリンピックへの強い気持ちがなかった。あのころ、もっと欲を持っていればよかったって今になって思います(苦笑)。でも、だからこそ、ずっと気持ちを保っていられるところがあるのかもしれませんね」 広報委員 永田千恵 結果 動画 優勝 塚田 真希(綜合警備保障) 決勝戦 塚田 真希 VS 薪谷 翠 準優勝 薪谷 翠(ミキハウス) 第3位 田知本 愛(東海大学) 準決勝戦 塚田 真希 VS 田知本 愛 立山 真衣(東海大学) 立山 真衣 VS 薪谷 翠 第5位 池田ひとみ(自衛隊体育学校) 準準決勝戦 池田ひとみ VS 塚田 真希 駒木奈緒美(綜合警備保障) 田知本 愛 VS 駒木奈緒美 石川笑美子(帝京大学) 石川笑美子 VS 立山 真衣 堀江久美子(兵庫県警察) 薪谷 翠 VS 堀江久美子 ...

Read More →

第23回皇后盃全日本女子柔道選手権大会(横浜文化体育館)

[ 2008年4月20日; ] 大会結果   日   時 平成20年4月20日(日) 午前9時30分開会(9時00分開場) 会   場 横浜文化体育館(JR関内駅下車徒歩5分) 〒231-0032 横浜市中区不老町2丁目7番地 テレビ放映 4月20日(日) 13:35~14:55 NHK総合テレビで放送 主   催 (財)講道館 (財)全日本柔道連盟 主   管 神奈川県柔道連盟 後   援 文部科学省 NHK 東京新聞・東京中日スポーツ 神奈川県 神奈川県教育委員会 (財)神奈川県体育協会 特別協賛 トヨタ自動車 組み合わせ 組合せ表(PDF) そ の 他 出場選手 1.推薦選手  前年度優勝者、準優勝者及び2007年リオデジャネイロ世界選手権大会優勝者 2.地区選出選手 予選情報はこちら 34名とし、地区別の選出数は以下のとおり 北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州 合計 2 2 7 8 2 2 5 2 2 2 34 出場資格  1. 日本国籍を有し、全日本柔道連盟に登録している者  2. 大会当日において中学2年生以上の者  3. 地区選出選手は、その地区を構成する都道府県柔道連盟(協会)を通して、平成19年度の全日本柔道連盟登録手続きを行っており、その地区において居住、勤務、在学の実体の伴ういずれかの条件を満たしていること  4. 卒業、転勤等により、実体の伴う現住所の変更、勤務する会社、通学する学校の変更がある場合には、変更先の地区から出場することができる。ただし、この場合は速やかに登録変更の手続きを行わなければならない 試合方法  体重無差別のトーナメント戦で行う(敗者復活戦は行わない) 審判規定  1. 講道館柔道試合審判規定で行い、試合時間は5分間とする  2. 優勢勝ちの判定基準は、規定第40条(3)により、僅少差で勝敗を決する 組合せ抽選  3月28日(金) 講道館において行う ドーピング 世界アンチドーピング機構が定める禁止リストについて国際柔道連盟及び日本アンチ・ドーピング機構の規定に基づいて検査行う 皮膚真菌症(トンズランス感染症) 発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある チケット情報 2008年4月1日(火)~18日(金)まで全日本柔道連盟事務局にて販売 【入場料】 大人2,000円 高校生以下1,000円(小学生以下無料) 【受取方法】 (1)申込書(PDF)にて申込、現金書留か振込みで入金する。   入金確認後配達記録郵便にて発送(振込手数料及び郵送料はご負担下さい)  (2)全柔連事務局窓口にて直接購入  【受付時間】土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:00~17:00 大会事務局 全日本柔道連盟 東京都文京区春日1-16-30講道館内 TEL 03-3818-4392 FAX 03-3812-3995 ...

Read More →

北京オリンピック柔道競技日本代表選手決定(08.5.1)

北京オリンピック柔道競技日本代表選手決定について(2008.5.1) 2008年4月21日全日本女子柔道選手権大会、4月29日全日本柔道選手権大会終了後に行われた強化委員会にて第29回オリンピック競技大会(2008/北京)柔道競技の日本代表選手が協議され、下記の通り決定した。また、代表候補の選手たちも4月27~28日に韓国にて開催されたアジア柔道選手権大会で出場枠を確保し、全階級に出場することが決まった。 男子 女子 60kg級 平岡 拓晃(了徳寺学園) 初出場 48kg級 谷 亮子(トヨタ自動車) 5回目 66kg級 内柴 正人(旭化成) 2回目 52kg級 中村 美里(三井住友海上火災保険) 初出場 73kg級 金丸 雄介(了徳寺学園) 初出場 57kg級 佐藤 愛子(了徳寺学園) 初出場 81kg級 小野 卓志(了徳寺学園) 初出場 63kg級 谷本 歩実(コマツ) 2回目 90kg級 泉 浩(旭化成) 2回目 70kg級 上野 雅恵(三井住友海上火災保険) 3回目 100kg級 鈴木 桂治(平成管財) 2回目 78kg級 中澤 さえ(綜合警備保障) 初出場 100kg超級 石井 慧(国士舘大学4年) 初出場 78kg超級 塚田 真希(綜合警備保障) 2回目 ...

Read More →

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会動画

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会動画 決勝戦動画 男子 女子 100㎏超級 井上康生 VS 生田秀和 78㎏超級 塚田真希 VS 立山真衣 100㎏級 鈴木桂治 VS 穴井隆将 78㎏級 平岡麻美 VS 穴井さやか 90㎏級 泉  浩 VS 今井敏博 70㎏級 岡 明日香 VS 國原頼子 81㎏級 小野卓志 VS 加藤博剛 63㎏級 谷本歩実 VS 上野順恵 73㎏級 金丸雄介 VS大束正彦 57㎏級 佐藤愛子 VS 松本 薫 66㎏級 寺居高志 VS 内柴正人 52㎏級 横澤由貴 VS 中村美里 60㎏級 浅野大輔 VS 平岡拓晃 48㎏級 谷 亮子 VS 山岸絵美 ...

Read More →

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会第2日目結果

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会第2日目結果 康生、復活! 火花散る大会2日目 満員御礼となった大会最終日。“北京”がかかった運命の1日は、63kg級の谷本歩実対吉澤穂波、上野順恵対田中美衣の試合で幕を開けた。 1回戦、女子は福見友子、西田優香が敗退したが、男子は順当な勝ち上がりをみせる。会場が一番注目していた谷亮子、井上康生の初戦では、畳の上と同じくらい観客席もヒートアップ。谷が伊部尚子を崩せばどよめきがおき、井上の足が立山広喜の両足の間に入れば、歓声があがった。 2回戦では井上と現世界王者・棟田康幸の対戦に注目が集まる。気持ちと気持ちがぶつかりあった戦いの軍配は井上にあがり、谷の対戦相手には山岸絵美が、西田が去った52kg級は中村美里、横澤由貴が、90kg級では泉浩、100kg級ではオール一本勝ちで勝ち上がってきた鈴木桂治が顔を揃え、決勝を迎えた。 そして、この日もやはり波乱が起きる。調子のよさを感じさせる試合で勝ち上がってきた谷が、山岸絵美に敗れたのだ。「今日は自分の中でもう一つ盛り上がりに欠けるところがあった」と谷。厳しい表情を見せた。また57kg級では、世界選手権3位の佐藤愛子が松本薫に敗れた。 激しい戦いは終わり、100kg超級、78kg超級をのぞいて北京代表(候補)も決まった。最後のひと席は今月20日(女子)、29日(男子)に決定する。 この日の優勝者は次の通り。 90kg級・泉  浩/100kg級・鈴木桂治/100kg超級・井上康生 48kg級・山岸絵美/52kg・中村美里/57kg級・松本 薫/63kg・上野順恵 ☆ 観客席から 北京オリンピック代表がかかった注目の大会とあって、会場にはたくさんの人たちが集まり、大会をさらに盛り上げてくれた。そんな観客席の声を紹介しよう。 この日、最初に目を引いたのが、背中に大きく「康生」と書かれたハッピを着た一団。井上選手の地元・宮崎からバスで駆けつけたという「井上康生君を励ます会」の面々だ。「宮崎を朝8時に出てやってきました。今日は“とにかく勝て”その一言です」とは井上選手の後援会役員をつとめる豊浦晃嗣さんと、柴田邦宏さん。「勝っておいしいビールを飲みながら帰ります」。帰り道中はさぞかし盛り上がったに違いない。 佐賀からお母さんに連れられて試合を見にきたという増本采佳(あやか)・禎子(ともこ)姉妹。ともに柔道をやっているという2人は鈴木桂治選手のファンだそう。トップ選手の試合は「技のキレ、動きなど、とても勉強になります」と笑顔を見せた。 「北京オリンピックの代表がかかった大会だということで、はじめて柔道を見にきました」というのは30代の会社員女性。「いつもはテレビで試合を見ているのですが、会場で見るとどう違うのか、興味がありました。でも、試合会場が比較的観客席と近くて、テレビで見るのとあまり違和感がありませんね。迫力ある試合は柔道がわからない私にも十分楽しめます」。柔道はやはり生で観てこそ醍醐味を味わえるもの。ぜひ、また試合会場に足を運んでください。 広報委員 永田千恵   ...

Read More →

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会第1日目結果

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会第1日目結果 大波乱の幕開け! 野村、上野ら有力選手が次々に敗れる いよいよ本番だ。午前8時30分、会場が開くと同時にたくさんの観客が押し寄せた。準備に追われる関係者、アップをする選手たち、そこにファンが加わって、緊張感が会場を包む。選手たちの応援団も熱い。ミキハウスの「赤」、了徳寺学園の「緑」、綜合警備保障の「青」、コマツの「黄色」と、カラフルな色で観客席を染めている。なかには鉢巻きを頭に巻いた人もいて、戦闘モード満々だ。 盛り上がる会場に比例したのか、試合は荒れた。 1回戦で78kg級・中澤さえが平岡麻美に抑え込みで、78kg超級・薪谷翠が駒木奈緒美に敗れると、2回戦で60kg級・野村忠宏、66kg級・秋本啓之、81kg級・高松正裕が姿を消す、という大波乱になってしまった。その一方で、アテネ以降不調が続いた内柴正人、世界戦3位の金丸雄介、60kg級注目の平岡拓晃、今大会5連覇がかかっている塚田真希らが順調に勝ち上がり、決勝を迎えた。 ドラマティックだったのは81kg級の決勝戦だ。小野卓志対加藤博剛。ポイントは加藤の「効果」2と、指導による小野の「効果」1。果敢に小野が攻めるが決まらない。そのまま試合は流れ、ブザーが鳴り、会場の誰もが加藤の勝利だと思った瞬間、審判の「指導」が加藤に入り、小野の劇的な勝利が決まった。小野の応援団からはため息から喜びの悲鳴に変わった。 喜びの涙、悔しい涙、たくさんの涙が見られた大会初日が終わり、北京代表争いはまったくわからなくなった。 優勝者は次の通り 60kg級・平岡拓晃/66kg・内柴正人/73kg・金丸雄介/81kg・小野卓志 70kg級・岡 明日香/78kg級・穴井さやか/78kg級・塚田真希 ☆ 観客席から 大会終了後に開かれる「九州選抜中学生柔道体重別団体優勝大会」に出場する選手たちが、熱い声援を送っていた。 渡邉英貴君(坊泊中3年) 「野村選手の柔道が好きです。試合での組み手、練習前の打ち込みなど観ていると参考になります。まだマネはできないけど、午後、僕も頑張って、いずれはこの舞台に立てるようになりたい」 保池泰成君(田検中3年) 「鈴木桂治選手のファンです。今日は鈴木選手は出てないけれど、トップ選手たちばかりなので、やはり技に入るタイミングとか勉強になります。僕もいつかこの舞台に立てるようになりたいです」 広報委員 永田千恵   ...

Read More →

平成20年全日本選抜体重別選手権大会欠場選手(2008.4.3)

平成20年全日本選抜体重別選手権大会欠場選手(2008.4.3) 2008年4月5日(土)・6日(日)の両日、福岡市・福岡国際センターにて開催されます、平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会の欠場選手がありましたのでお知らせいたします。 欠場選手:100㎏超級  石井 慧(国士舘大4年) 欠場理由:左大殿筋断裂、診断の結果3週間の安静・加療が必要なため 石井選手のコメント 「北京オリンピック代表選考会の大会を欠場するのは非常に無念ですが、オリンピック出場はあきらめていません。4月29日の全日本選手権大会にすべてを懸けます。」 代替選手:加藤光将(愛知県警察) ...

Read More →

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会前日記者会見(2008.4.4)

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会前日記者会見(2008.4.4) いよいよ、明日。運命の時を迎える! 全日本選抜柔道体重別大会を明日に控えた4日。午後2時30分から博多エクセル東急ホテルにて、選手説明会と記者会見が開かれた。試合に出場する選手総勢112名が参加。試合に関する注意事項、ドーピングについて、といった連絡事項が伝えられた後、選手たちの記者会見が行なわれた。 どの選手も激しい練習を積んできたのだろう。厳しい、いい顔をしている。激しい代表争いとなることはまちがいない。 <各選手コメント> 48kg級 谷 亮子 「世界選手権での勝利で大きな自信をつかみました。ヒザのケガはありましたが、順調な回復で試合への影響はありません」 52kg級 西田優香 「世界選手権では外人対策だったが、今回は日本人対策を十分にやってきました。3回勝つよう頑張ります」 52kg級 中村美里 「調子はまあまあです。新しい所属になり、トレーニングを増やしてやってきました」 63kg級 谷本歩実 「調子はまあまあです。試合ではできることをやるだけと思っています。頑張ります」 63kg級 上野順恵 「やれることはすべてやってきました。本番では、やってきたことをすべて出し切れるよう頑張ります」 60kg級 野村忠宏 「いま、身体中が痛いです。その痛みをとってくれるのは明日の優勝だけ。周りの選手については意識していません。自分の柔道ができれば勝てる。代表にならなければ終わりという危機感を持って試合に臨みます」 100k級 鈴木桂治 「すべてはこの大会に向け、ここで優勝するために福岡まで来ました。とにかく優勝を目指して頑張ります」 100kg超級 棟田康幸 「いつも通りの練習をやってきました。いまは全日本選手権のこと、代表のことは考えていません。ここで勝つことだけです。明後日の試合、全力で頑張ります」 100kg超級 井上康生 「体調は普段通りです。やるべきことはすべてやってきました。全力で戦います」 100kg超級 高井洋平 「体調は普段通りです。とにかく、明後日、自分の柔道ができればいいと思っています。頑張ります」 ...

Read More →

平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会結果 決勝動画更新

[ 2008年4月5日 to 2008年4月6日. ] 平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会(福岡国際センター) 前日記者会見 欠場選手情報 大会1日目結果 大会2日目結果 決勝戦ハイライト動画 日   時 平成20年4月5日(土) 9時30分開会式 10時試合開始 14時30分終了予定  【男子】60kg級/66kg級/73kg級/81kg級 【女子】70kg級/78kg級/78kg超級 平成20年4月6日(日) 14時30分試合開始 19時55分終了予定  【男子】90kg級/100kg級/100kg超級 【女子】48kg級/52kg級/57kg級/63kg級 会   場 福岡国際センター テレビ放映 4月5日(土) 15:00~16:25 フジテレビ系列で放送 4月6日(日) 19:00~20:54 フジテレビ系列で放送 主   催 (財)全日本柔道連盟 共   催 九州柔道協会 西日本新聞社 主   管 福岡県柔道協会 福岡地区柔道協会 後   援 (財)講道館 福岡県 福岡市 福岡県教育委員会 福岡市教育委員会 フジテレビ テレビ西日本 特別協賛 東建コーポレーション トヨタ自動車 組合せ表 男子組合せ表(PDF) 女子組合せ表(PDF) そ の 他 出場選手 全日本柔道連盟より選抜された14階級(各階級8名)112名 体重区分 60kg級 66kg級 73kg級 81kg級 90kg級 100kg級 100kg超級 48kg級 52kg級 57kg級 63kg級 70kg級 78kg級 78kg超級 試合方法 1. IJF(国際柔道連盟)試合審判規定で行う。 2. ト-ナメント方式で行い、敗者復活戦は行わない。 計量 4月5日(土)  非公式計量 05:30~06:30 公式計量 06:30~07:00 4月6日(日)  非公式計量 05:30~06:30 公式計量 06:30~07:00 (計量会場 博多エクセルホテル東急) ドーピング 世界アンチドーピング機構が定める禁止リストについて国際柔道連盟及び日本アンチ・ドーピング機構の規定に基づいて検査行う 皮膚真菌症(トンズランス感染症) 発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある 安全対策 主催者は選手に対する傷害保険に加入し、試合場に医師を配置する チケット情報 3月5日(水)10時より発売開始 売切れ次第終了 チケットぴあ P コード 811-655 ローソンチケット L コード 825051階指定席 4,000円(前売り3,600円) 2階指定席 2,000円(前売り1,800円) 3階指定席 1,000円(前売り  900円) 大会事務局 九州柔道協会 福岡市中央区大濠1-1-1 福岡武道館内 TEL 092-714-1558 FAX 092-714-1559   ...

Read More →

2008年度(平成20年度)大会日程表(08.5.8)

2008年度(平成20年度)大会日程表 月 日 大会 4月 5-6 平成20年全日本選抜柔道体重別選手権大会(福岡・福岡国際センター) 20 第23回皇后盃全日本女子柔道選手権大会(神奈川・横浜文化体育館) 26-27 2008年アジア柔道選手権大会(韓国・済州島) 28 平成20年全国柔道高段者大会(東京・講道館) 29 平成20年全日本柔道選手権大会(東京・日本武道館) 5月 4-5 第28回全国少年柔道大会(東京・講道館) 6月 7-8 第58回全日本実業柔道団体対抗大会(神奈川・横浜文化体育館) 14-15 都道府県対抗第24回全日本女子柔道大会(岡山・岡山武道館) 28-29 平成20年度全日本学生柔道優勝大会(東京・日本武道館) 7月 3-5 アジアジュニア選手権大会(イエメン・サナア) 22-24 平成20年度金鷲旗高校柔道大会(福岡・マリンメッセ福岡) 27 第33回全国教員柔道大会(新潟・新潟市豊栄総合体育館) 8月 上旬 第43回全国高等専門学校体育大会柔道競技 3 平成20年度全日本少年武道(柔道)錬成大会(東京・日本武道館) 5-9 第57回全国高等学校柔道大会(埼玉・埼玉県立武道館) 10 第39回全国高等学校定時制通信制柔道大会(東京・講道館) 9-15 第29回オリンピック競技大会柔道競技(中国・北京) 19-22 第39回全国中学校柔道大会(石川・松任総合運動公園体育館) 23-24 第5回全国小学生学年別柔道大会(静岡・浜松アリーナ) 30-31 第38回全日本実業柔道個人選手権大会(兵庫・尼崎市記念公園総合体育館) 9月 12 平成20年度全国警察柔道選手権大会(東京・日本武道館) 13-14 平成20年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会(埼玉・埼玉県立武道館) 20-21 2008年東アジア柔道選手権大会(台湾・台北) 21 平成20年度全日本選抜少年柔道大会(東京・東京武道館) 28-30 第63回国民体育大会柔道競技(大分・大分県立総合体育館) 10月 5 2008世界柔道団体選手権大会(東京・東京武道館) 11-12 平成20年度全日本学生柔道体重別選手権大会(東京・日本武道館) 15 平成20年度全国警察柔道大会(東京・日本武道館) 23-26 2008年世界ジュニア柔道選手権大会(タイ・バンコク) 26 平成20年全日本柔道形競技大会(東京・講道館) 11月 1-2 第10回全日本学生柔道体重別団体優勝大会(兵庫・尼崎市記念公園総合体育館) 8 第57回全国青年大会柔道競技(東京・講道館) 15-16 平成20年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(千葉・千葉ポートアリーナ) 23 第56回全日本産業別柔道大会(東京・講道館) 24 第23回全日本視覚障害者柔道大会(東京・講道館) 12月 12-14 2008年嘉納治五郎杯東京国際柔道大会(東京・東京体育館) 20-21 2008世界無差別柔道選手権大会(フランス・ルバロワ) 2009年3月 20 第31回全国高等学校柔道選手権大会(東京・日本武道館) 27-28 第22回近代柔道杯全国中学生柔道大会(東京・東京武道館) ...

Read More →