第23回皇后盃全日本女子柔道選手権大会結果

第23回皇后盃全日本女子柔道選手権大会結果 北京オリンピック女子代表 最後の1席が決定! 4月20日(日)横浜文化体育館で行われた今年の皇后杯全日本女子選手権。女子柔道の最高峰を決める戦いは静かに始まった。 最初の見所はもちろん、北京五輪代表の有力候補、塚田真希の緒戦だ。対するは鳥谷部真弓。背負い投げを繰り出して積極的に攻めるが、塚田には通じない。何度目かの背負いを掛けにきたところを塚田がつぶして抑え込み「一本」。順調な勝ち上がりを見せた。 続いて会場を湧かせたのが、ベテラン・貝山仁美と若手・石本智子の対戦だった。 昨年の全日本ジュニア3位の18歳が有効ポイントを先取する。しかし、そこから30歳の経験値が冴えた。くるりと体勢を入れ替えて石本を抑え込み、崩れ袈裟固めで「一本」を決めたのだ。今大会前に「若いときにはない、大人の柔道で頑張ります」と言っていた貝山。その本領が発揮された。 薪谷翠の戦いも忘れてはならないだろう。今大会が現役最後の舞台。心に期するものがあることは、畳に上がる前から感じられた。何度も1人打ち込みを行うその姿に、いつになく気迫があったのだ。初戦を体落としと袈裟固めの合わせ技「一本」で勝ち上がると、昨年2位の堀江久美子、3位の立山真衣と次々に破って決勝の舞台へと駒を進めた。 そして、決勝は北京五輪を勝って決めたい塚田と、有終の美を飾りたい薪谷との対決となる。 実生活でも仲の良いことで知られる長年のライバル同士。戦いは気持ちと気持ちのぶつかり合いだった。薪谷は組み負けながらも、果敢に塚田に挑んだ。結果はの旗判定で塚田。互いの健闘を称え合って抱き合う2人に、会場からは惜しみない拍手が贈られた。 こうして、塚田は史上初の7連覇を成し遂げ、第23代目のチャンピオンとなって北京行きを決めた。ただ一つ残念だったのが、皇后盃という大きな大会にもかかわらず、観客席には空席が目立ったことだ。たくさんの観客がいてこそ、選手の士気もあがるはず。ぜひ、来年は会場へ足を運んでほしい。 ☆選手席から 2年連続、最軽量の選手として出場したのが宝寿栄選手だ。もともとは52kg級の選手。約86kgという平均体重のなか、小柄な体格が目を引いた。今回の対戦相手は、83kgの石川笑美子。背負い投げで果敢に攻めるがポイントにはつながらず、旗判定となり、3-0で敗れた。 最年長・木屋好絵選手 今大会、最年長選手として畳にあがったのが木屋好絵選手。32歳。3年ぶり、7回目の出場だ。妹の田知本遥に勝って本大会出場を決め、初戦で姉の田知本愛に旗判定で敗れた。 「自分では“勝った”と思ったんですけど(苦笑)。3年前に出場したときも29ですでに最年長だったんですよ。谷(亮子)さんと同い年。山下まゆみ、二宮美穂らみんな引退してしまったので、“まだ出てるの?”とよく言われます(笑)。長く続けられているコツ? 若いときに欲が足りなかったということがあるかもしれませんね。オリンピックへの強い気持ちがなかった。あのころ、もっと欲を持っていればよかったって今になって思います(苦笑)。でも、だからこそ、ずっと気持ちを保っていられるところがあるのかもしれませんね」 広報委員 永田千恵 結果 動画 優勝 塚田 真希(綜合警備保障) 決勝戦 塚田 真希 VS 薪谷 翠 準優勝 薪谷 翠(ミキハウス) 第3位 田知本 愛(東海大学) 準決勝戦 塚田 真希 VS 田知本 愛 立山 真衣(東海大学) 立山 真衣 VS 薪谷 翠 第5位 池田ひとみ(自衛隊体育学校) 準準決勝戦 池田ひとみ VS 塚田 真希 駒木奈緒美(綜合警備保障) 田知本 愛 VS 駒木奈緒美 石川笑美子(帝京大学) 石川笑美子 VS 立山 真衣 堀江久美子(兵庫県警察) 薪谷 翠 VS 堀江久美子 ...

Read More →

第23回皇后盃全日本女子柔道選手権大会(横浜文化体育館)

[ 2008年4月20日; ] 大会結果   日   時 平成20年4月20日(日) 午前9時30分開会(9時00分開場) 会   場 横浜文化体育館(JR関内駅下車徒歩5分) 〒231-0032 横浜市中区不老町2丁目7番地 テレビ放映 4月20日(日) 13:35~14:55 NHK総合テレビで放送 主   催 (財)講道館 (財)全日本柔道連盟 主   管 神奈川県柔道連盟 後   援 文部科学省 NHK 東京新聞・東京中日スポーツ 神奈川県 神奈川県教育委員会 (財)神奈川県体育協会 特別協賛 トヨタ自動車 組み合わせ 組合せ表(PDF) そ の 他 出場選手 1.推薦選手  前年度優勝者、準優勝者及び2007年リオデジャネイロ世界選手権大会優勝者 2.地区選出選手 予選情報はこちら 34名とし、地区別の選出数は以下のとおり 北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州 合計 2 2 7 8 2 2 5 2 2 2 34 出場資格  1. 日本国籍を有し、全日本柔道連盟に登録している者  2. 大会当日において中学2年生以上の者  3. 地区選出選手は、その地区を構成する都道府県柔道連盟(協会)を通して、平成19年度の全日本柔道連盟登録手続きを行っており、その地区において居住、勤務、在学の実体の伴ういずれかの条件を満たしていること  4. 卒業、転勤等により、実体の伴う現住所の変更、勤務する会社、通学する学校の変更がある場合には、変更先の地区から出場することができる。ただし、この場合は速やかに登録変更の手続きを行わなければならない 試合方法  体重無差別のトーナメント戦で行う(敗者復活戦は行わない) 審判規定  1. 講道館柔道試合審判規定で行い、試合時間は5分間とする  2. 優勢勝ちの判定基準は、規定第40条(3)により、僅少差で勝敗を決する 組合せ抽選  3月28日(金) 講道館において行う ドーピング 世界アンチドーピング機構が定める禁止リストについて国際柔道連盟及び日本アンチ・ドーピング機構の規定に基づいて検査行う 皮膚真菌症(トンズランス感染症) 発症の有無を各所属の責任において必ず確認すること。感染が疑わしい、もしくは感染が判明した選手については、迅速に医療機関において、的確な治療を行なうこと。もし、選手に皮膚真菌症の感染が発覚した場合は、大会への出場ができない場合もある チケット情報 2008年4月1日(火)~18日(金)まで全日本柔道連盟事務局にて販売 【入場料】 大人2,000円 高校生以下1,000円(小学生以下無料) 【受取方法】 (1)申込書(PDF)にて申込、現金書留か振込みで入金する。   入金確認後配達記録郵便にて発送(振込手数料及び郵送料はご負担下さい)  (2)全柔連事務局窓口にて直接購入  【受付時間】土日・祝日を除く平日10:00~12:00、13:00~17:00 大会事務局 全日本柔道連盟 東京都文京区春日1-16-30講道館内 TEL 03-3818-4392 FAX 03-3812-3995 ...

Read More →